戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節外れの【NITI】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


来年1/27にNHK文化センター神戸、2/9に神戸アートビレッジセンターにて剪紙のワークショップが決定しました。
旧正月の時期にちなんだ干支などのおめでたい柄を切る予定です。
詳細が決まり次第また宣伝させていただきます。


今年の夏、「ふわふわのかき氷が食べたい!」と思いたち、あれこれ探していた所、京都の「NITI」に行き当たりました。
栃木日光の氷職人が作る天然氷でつくったかき氷だって。
お値段1200円!贅沢だな〜。食べてみたい!
と言う訳で夏の間京都へ行った折り、何度か店の前まで行ってみました。
一度目はすでに閉店、がっくり。
二度目は店の前に大行列!ありえへんわ〜。猛暑の中並ぶ気力もなくさっさと諦めました。
雑誌やら新聞やらで紹介されてたもんなぁ。
とはいえ、美味しいかき氷を食べようと真剣に思った事が今までなかったんで、この大行列はちょっとしたカルチャーショックでした。

じゃあ夏がダメなら寒い時期にいこうやないの。
意固地になった私はかき氷の本来の意味をすっかり忘れて再訪を誓いました。

で、先日、ついにリベンジの時が。
この季節の夕刻なら絶対大丈夫やろうと、勇んで花見小路へ。

121030_1.jpg

表通りには観光客がたくさんいたのでちょっと不安になりましたが、店の前に列はなし。
季節外れの「氷」が自信を物語ってるようです。でも知らんと見たら「?」やんね。
店に入ると問題なく入れました。よかった!

121030_2.jpg

モダンで上品なお店のカウンターの横には大きな手回し式のかき氷器が置いてあります。
私らは奥のテーブルについたので、ついたての陰でちゃんと見えずでした。。
この時期のお味は季節商品の柿と定番の宇治抹茶。柿苦手なんで宇治抹茶をチョイス。
しばらくするとかき氷器を回す音が聞こえてきました。
いかにも削ってます〜なゴリゴリいう音か思ったらショリショリととても軽やかな音でした。


121030_3.jpg

ほどなくはこばれてきました。大きいな〜。さっそくいただきます〜。
口に入れるとふわふわ!冷たさを感じる間もなくほろっとほどける食感は氷じゃないみたい。
こんな氷は初めて。上品な抹茶の風味も何だか優雅な気分にさせてくれます。
かき氷は夏祭りなんかで食べる庶民的なもの!という意識が遠のいて行く。。
こんなお上品な嗜好品にもなるんどすえ。
下の方にはには小豆と練乳プリンが入っていました。
これまた優しい甘さでほっとしますな。

あとに入って来たお客さんも次々氷を注文してました。
うちらは物好きか思てたけど、フツーにいるんやね、さすが名店。

だんだんと暮れなずむ坪庭を眺めながら贅沢なひとときを過ごしました。
かき氷といえど侮れず。さすが京都ですな。
食べ終わっても全然体冷えず。こんどは真冬にいってみよかな。



スポンサーサイト

見てびっくり、食べて美味!

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


日の経つのがほんとに早いです。。もう6月も終わり。
そして今年も半分終わっちゃいました。
そんな感傷とは無縁ですが、最近びっくりした食べ物を。


120621_2.jpg

見た目デカ盛りですが、そういうお店に行ったのではありません。
個人的にはあの手のお店あまり好きやないです。。。

和歌山の淡島神社へ行った折に食してきました。
この神社の境内にある「満幸商店」。
よくメディアでも取り上げられているお店です。
新鮮な魚介をリーズナブルな価格でおなか一杯食べられるお店です。
この店の名物が上の「しらす丼」。

私らはビールと薄造り、イカ一夜干しを炙ったもの(←完全につまみ)と最後にしらす丼をいただきました。

120621_3.jpg

写真が少ないので横から見た図も。
こんな山ほどのしらすをいっぺんに食べたんて初めてだわ。。
こちらノーマルサイズ(700円)で、定食屋のミニうどんサイズの丼で出てきました。

わさびソースをかけていただくのですが、どこまでいっても米が出てきまへん。
どんぶりのふち位まできてようやくごはんに到達。
こんだけ大量のしらすやったら別々の皿のが食べやすいやろけど、やっぱり丼のが画的におもしろいよね。
最大は向かいの人の顔が完全に隠れるトリプルサイズ(!)。
一人で完食した事あるよ!と元気なおかみさんが話してくれました。すごい!

ホカホカのごはんに釜揚げしらす、わさびがよく合います。
卵かけごはんに通じる飽きのこないシンプルな美味しさ。
お腹も落ち着いたとこにこんなに食えるんか?と思いましたが、さらさらっと収まってしまいました。


このあと人形供養で有名な淡島神社に参拝して、その後ひなびた港町を散策するつもり…が、ちょっと歩くだけで服も足下もびしゃびしゃの豪雨に見舞われました。
で、参拝もそこそこ、散歩もできずで早々に立ち去るハメに。。
思い出は上のしらす丼のみ(泣)
大量に食われたしらすの恨みか?

ごめんね○○~♫

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。



映画のあとはお腹を満たそう、ということで…。

120525_2.jpg

梅田・ぶらり横町の串カツ屋で軽く一杯。
ここ、初めて来ましたが地下街の雰囲気に溶け込んでます。
土曜の昼間なんで人少ないけど平日はおぢさまたちがぎゅうづめなんでしょうねえ。
名前の通りぶらり立ち寄ってサク飲みな雰囲気です。


天満に移動しました。
こちらで3軒飲み食い歩きましたが、今回ステキやったのは「ごめんねジロー」。

120525_1.jpg

ずーっと前に行ったけど満席で入れんかった店なんよね。今日は人少ない!ラッキーでした。

スタンダードな洋食屋…なんですが、カウンターのおっちゃん二人の独特な雰囲気と何か昭和な(レトロやなくてダサい昭和)内装に何故か食べる前から味へのこだわりを感じてしまいます。
そして冷蔵庫には予約が書かれたメモがびっしり。人気のお店みたいです。
店にいる間もしょっちゅう予約と思われる電話がかかってました。
しかし呼び出し音が全然聞こえへんのにすぐ電話に出はるねん。どうやって気づいてるんだろう。。

120525_4.jpg

メニュー黒板。
たくさんの美味しそうなメニュー名もそそられますが、中でも気になるのが一番上の「おすすめ特にありません」。
ポジなんかネガなんか、ジョークなんか。狙った風もなくさらっと主張がええ感じ。

120525_3.jpg

ドリンクメニューにも何かの意思があるような、ないような。

2軒目(梅田の串カツ入れて3軒目)なんでお腹は大体満たされてるので、とりあえず前菜盛りにワインで。

120525_5.jpg

結構なボリュウムでお値段520円は安い~。味もええよ~。

お腹はさらに張ってきましたが、横のおねえさま方が色々食べてるのが気になって気になって。
結局もう一品、しかも揚げモノ。腹一杯のくせに。でも洋食言うたら揚げもん食いたいねん。

120525_6.jpg

卵のクリームコロッケ。こちらもなかなかの大きさでした。
アツアツ、サクサク、トロトロ、デミグラスソースと卵とクリームの相性ばっちり。
美味すぎるー。420円はとっても安く感じます。

メニューはどれもこれも美味そうでしたがさすがにお腹がついていかへん。
お店も気づけば満席です。このおいしさと安さはそらほっとかれんよなー。
何度もお客さんがお店をのぞいて残念そうに去って行っておりました。
4杯2品で2600円也。また足を運びたいお店です。


よせばええのに、さらにオッサン居酒屋で枝豆とらっきょうをアテに瓶ビールで〆。
久しぶりのハシゴ酒食い倒れ。楽し。

新開地で本格広東料理

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。来週くらいには展示のお知らせができる…はず(汗)
よろしければこちらからどうぞ。


ああ~。すごい間空いちゃった。
誰も読まなくてもやめませんよー。

子供が実家暮らしとはいえ、ある程度の歳(うちの場合二人とも三十路とっくにオーバー)になっちゃうと、家族でゴハンなんていかないもんですかね。
先日家族でゴハンよく行くというと、「仲いいねえ」なんて言われちゃいましたが。
別に仲が良い訳ではありませんが、美味しいものを食べにいく口実とでもいいましょうか。。

で、先日おいしいものを食べに行って参りました。
場所は神戸のディープスポット・新開地。
ええ~、なんて言わないでね~。実は美味しいお店いっぱいあるんですよ。
今回は気になっていたけどまだ行った事のなかった広東料理「えん」へ。


110823_10.jpg

本格的な広東料理のお店として知られているそうですが、店内は堅苦しい雰囲気は全然なく、先客は8人程の常連さんファミリー。
地元の定食屋にいるようなラフな感じで盛り上がってました。
さてさて、何をたべよっかな~。


110823_1.jpg

食べる前に呑む!で、紹興酒の呑み比べセット。
左から「古越龍山」、「颶美人」、「陳年老酒」。
銘柄のことは全然知りませんが、それぞれ味が全く違います。
私は甘味の強い「陳年老酒」が美味しかったなと。

110823_2.jpg

海老の釜揚げ。私以外はみんな大の海老好き。
かなり美味かったそうで。頭も全部食べてました。。


110823_3.jpg

季節のスープ。この日は冬瓜。カニ身も入ったやさしい味。


110823_4.jpg

海老焼売。
行儀悪いけど海老の身を取って食べました(ダシはOKな勝手者なんです)。
こちらもあっさりしてますが、魚介のコクが効いていて何もつけずでも美味しくいただけます。


110823_5.jpg

干し魚入り蒸しハンバーグ
ハムユイという塩漬け発酵魚が乗った蒸しもの。
「ちょっとクセありますが」と言われたけど、若干香りに魚醤みたいな発酵臭があるものの味はぜんぜんクセがなく美味でした。
でも魚の塩味がキツいので、ご飯が欲しい~。


110823_6.jpg

海鮮三種の自家製X0醤炒め
この辺から食いに走って写真を忘れがち。。
すでに取り分けてからあわててぱちり。以前食べてお気に入りになった金針菜が入ってました。


110823_7.jpg

焼豚の煮込みそば
この日食べた中では一番気に入りました。
くにくに歯ごたえの麺に濃いめの焼豚味のとろみスープがからみ、するする入っちゃいます。
細切りの焼豚もよいお味です。


110823_9.jpg

〆は海老ワンタンで。
あっさり出汁の汁そば、大好きなんで美味しくいただきました。ごちそうさま~。
あ、ワンタンも美味やったそうです。


すっかり撮影を忘れてましたが、この前にミンチのレタス包みと炒飯も食べてます。。。

どんだけ食うねん!な感じですが、実は一皿の量が3人前くらい。
味付けもあっさりしているのでどんどん入っちゃうんですよね。。
にしても食べ過ぎか。ですがこれだけ飲み食いして一人あたま3000円ちょっとくらい。

最後にサービスで烏龍茶のゼリーが出てきましたがこれまた美味~。
コース料理も充実してるし、お値打ちなランチセットもあります。
新開地へお出かけの折にはぜひぜひどうぞ~。

食べログ

眼福、そして口福!@京都【その2:四富会館にて】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。



目の保養のあとは胃袋の滋養をとらねば。行ってみたかった四富会館へ向かいます。
なんでもレトロ(古い?)ビルに小バコのお店がひしめいているらしい。

京都ではかなりの確率で方向が分からんくなる私。
ですが、この会館、四条通と富小路通の交差するあたりにあるから「四富(よんとみ)会館」と言うのだそうで。
四条通を東へ歩きつつ、南北の通りの名前の看板とにらめっこしていると、あった!
すぐ分かりました。よかった~。

110728_4.jpg

なるほど~。確かにひしめいてる感じだわ。

110728_2.jpg

110728_3.jpg

夜はこんなん。知らんかったら入りにくいかも。。。

110728_6.jpg

中もこんなん。写真に撮ったら怪しさ倍増。
まだ早い時間ですが、奥の店からはすでに賑やかな声も聞こえてきます。
行ってみたいお店「焼き魚Bar ざんぐり」を探すも、開店時間過ぎてるけど看板の電気消えてる…。
もしや臨時休業?
店の前まで行って覗いたら、開いてる。しかもお客さん座ってるし。
でも主人おらんでー、と思ったらお客さんが振り向いて「わっ、びっくりした」。
こちらがマスターでした。私もびっくりした。。

平日なんでゆっくりめに準備されてたそうで。
人気のお店なんで入れへんかったら嫌や~と思って時間通りに来たんが裏目にでてしまった。。。申し訳ない。

準備が整うのを待たしてもらっている間に撮らせてもらいました。

110728_7.jpg

6人入れば満席のこじんまりしたお店。この狭さ、居心地よいです。

110728_8.jpg

壁には成田一徹氏の切り絵。来店されたことがあるそうで。

110728_9.jpg

そしてマスターの素敵な笑顔も。


初めてなので、2000円のコースをお願いしました。

110728_10.jpg

生ビール+先付。歩き疲れた体に沁みる~。
左の麺、不思議な食感。蒲鉾の麺だそうで。初めて食べました。

110728_11.jpg

八寸。
季節柄の鱧尽くし。寿司やマリネになってる鱧も初めてです。
鱧は韓国産が最高級なんですね。教えてもらうまで全然知りませんでした。
鱧の他にも少しづつ色々味わえ、見た目にも食しても楽しいお品でした。

110728_13.jpg

焼き物。
手羽元のトムヤム風。
濃いめの味ですが、さわやかなトムヤム風味でさっぱりいただけました。
美味し~。お酒が進みます。
せっかくの綺麗な料理やのに写真汚くて残念。でも酔っぱらいにこれ以上要求しないでください。。

ここで、「待ってもろたから」と気を遣ってさらに一品出してくれはりました。

110728_12.jpg

勝手に待ってただけやのにこの心遣い、本当に嬉しかったんですが…。
いかんせん海老が食せません。いっつも最初に言うねんけど、浮かれてて忘れてたよ…。大失敗。
海老は食べられない事をお伝えしました。。もう一品の卵は意地汚く頂きましたが。
大丈夫ですよーと爽やかに言ってくれはりましたが、ほんとにごめんなさい。

この辺までお客さんが来なかったんで、とっても気さくなマスターに色々お話を聞かせていただきました。
美味しいお料理に楽しいお話、幸せな時間をありがとうございました~。
あ、でもまだ終わりませんよ。

110728_15.jpg

最後はハモ。山芋の短冊がくるまれ、上には海苔の佃煮。
韓国産の鱧だそうです。家で食べてるような代物とは比べるのも申し訳ない。

お客さんも入って来たし、お腹も2軒目の余裕もあるし、ぼちぼちおあいそ…と思ったら、横に座ってはった常連さんがおもむろに「カレーは食べた?」と。カレー?
その方はお仕事でアジア諸国に行かれる事が多いそうで、「現地のカレーはたくさん食べ歩いたけど、ここのは絶品。ぜひ食べてみて。」と。
気になるじゃないですか~。でもお腹どうやろか。
「大丈夫、さらさらっといけるから。」
そうか~。じゃ。と〆にカレーをいただいてしまいました。

110728_14.jpg

タイのグリーンカレーぽいですが、ココナッツ具合が絶妙でほんとにサラサラいける!
お勧めにのっかって良かった~。美味しいです。あとから来る辛みも良い感じです。
焼き魚Barで〆はタイカレーって不思議。ですが、どれもとても美味しくいただきました~。
ごちそうさまでした。

ああ~。結構しっかり食べてしもた。でもここで帰るのんは惜しい。
ええわ、今日は腹くくって(開いて?)食い倒れよ。



110728_16.jpg

てな事で、「ざんぐり」の通路挟んで向かいの「天ぷらBar 亀亀」へ。
(手前の看板が「亀亀」、奥が「ざんぐり」)
今から揚げ物食うんかい。

110728_17.jpg

再びのビール、お通し。こちらにも蒲鉾の麺。
ネタは100円~。良心的。本日のお勧めは奥のホワイトボードに書いてました。
天ぷら以外もあるんやね。しかしスペアリブは入らへんなぁ。。

110728_18.jpg

こちらのマスターの笑顔も素敵です。

110728_20.jpg

鱧・生麩(食いかけ。。)。

110728_19.jpg

オクラ。

110728_21.jpg

隠元とスナップえんどう。

揚げたての天ぷらはヤバい。さくさく入っちゃいます。ああ危険、でも美味。
オリジナルの焼酎をちびちびしながら烏賊もいただいてしまいました。
今日はほんと食い倒れた~。

カップルにお勧めのコースセットとか、リーズナブルなコースがいくつかありました。
一軒目やったら絶対ここお得。

だらだらしてたら終電が迫ってきてしまいました。
京都から家までの距離が憎いですが今宵はこれまで。駅が近いのが救いです。

雰囲気も良くて美味しい料理を食べて呑んで。2軒しかお邪魔してませんが満喫しました~。
女子独り呑みもぜんぜん大丈夫な雰囲気です。(全部のお店行ってないし分かりませんが)

「ざんぐり」のマスターも、お一人様率は圧倒的に女性が高いと言ってはりました。
男性は建物の感じでぼったくられるんちゃうかとか思うんじゃないかなと。なるほど。
「男はあかんたれや」って。ははは。
昼のシュヴァンクマイエル展も女子多し、そしてここでも女子強し。
やはり時代は女子なんやねえ。って、どんな締めくくりやねん。



Top|Next »

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。