戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのゼリーを通販で!〈とくれん〉

日の神戸ウォーカーで見つけてしまった。
あのゼリー「とくれん」の通販が始まったのを。
神戸出身の人はピンとくるはず。学校の給食のデザートで出てたので覚えてない人はおらへんのんちゃうかしら。オレンジ味のあのゼリー。シャリシャリの半凍り食感がたまらんあのゼリー!
というわけで一人で盛り上がって即注文してしもた。
入金から2日。早くも届いたので今年のシメはなつかしのゼリーの話題で。

1231_02.jpg


わあ、ウン10年ぶりの再会。テンション上がるわ~。これこれ、このパッケージ!
九州出身の相方はこんなチープなパッケージに喜ぶ私に「?」顔。
雑誌にも書いてあったけど、この商品は徳島で作られていたのだが、当の徳島では市販も給食にも出されておらず、出身地では全く知名度がないちょっと可愛そうな経緯を持っている。「とくれん」の名称も当時の製造元「島県加工農業協同組合合(長い!)」からなのに。
で、どういうわけか神戸市と神戸市周辺地域となぜか北海道でしか知られていないご当地周辺スイーツ(北海道は周辺ちゃうけど)となっている。

さて、届いくないなや喜びいさんで手に取ったが、一カ所違うことに気付いた。
何と容器が変わっているではないか。
私が小学生やったときのおなじみ花形のプラ容器ではなく、普通の紙の丸い容器になっている。なぜに??
ふと見ると配送の箱に何やら入っている。

1231_03.jpg


気合い入ってますな~。読んでみよう。

「桜組とくれん通信第1号」によると、とくれんの通販を扱っているこの会社の社長さんは神戸出身。ふと給食の「とくれん」を思い出したことから通販までこぎつけはったらしい。
ふむふむ。そしてとくれんの製造会社は99年に別の会社へ変わったらしい。それで容器が変わったんやね。納得。
もう「とく島県加工農業協同組合れん合」とは関わりがないのに商品名を継続してるなんて粋やね~。

ウン10年前に生き別れた(?)商品やなのに「とくれん」の名前はもちろん、「プデナーオレンジ80」の名称までしっかり覚えていた。なにげに記憶してたけど「プデナー」とは何??
これもしっかり書いてあった。かゆいところに手が届く。というか、皆思うところは同じなのか。

「プデナー」とは「リンみたいなザート」という意味の造語やとか。へえ~。
でも「」は?「プデザー」やったらゴロが悪いからか?
それか「リンみたいなザートやナー」か?

ひとしきりとくれんトリビアを楽しむ。で、味はどうなんやと。
冷凍庫から出して放置20分。いただきまーす。

ああ~、蘇るよ~!子供のころのあんな事やこんな事が。
と、思わず遠い目になるくらい全く同じ味!シャリシャリぷるんな食感も変わらへん。
容器は変われど味は変わらず。さすが(?)とくれん!

当時よりウン10年(くどいか)、きょうだいも増えたらしい。

1231_04.jpg


こっちはまだ未食。正月のおやつにしようっと。
12コ入りで1080円(送料全国600円)、ご注文は「株式会社 桜(←クリックでサイトへジャンプ!)」
から!

今年最後のブログもチープな話題でシメとなりました。
みかんちゃんもにまめちゃんもごあいさつしなされ。

1231_01.jpg


みかん・にまめ:…

バイトを舐めるのに忙しいらしい。ごあいさつよか目の前のフェレットバイトのが重大問題やんね、君たちには。


ふと気付けばブログ生活も1年過ぎてた。いつもコメント入れてくれる方も読んでくださってる方もどうもありがとでした。来年もこんな感じですがヨロシクです。
今年最後のポチポチポチっをよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ
スポンサーサイト

広東の下町へ〈東亜食堂〉

to-a_01.jpg


こんな看板とネーミングに誘われ入った鯉川筋の中華料理屋「東亜食堂」。
家庭料理っていうのはよくあるけど、「下町」料理ってあんまり聞かないような…。

to-a_04.jpg


真っ赤な扉を押し開けて中をのぞく。
一階の手前のテーブルは何だかいろいろ物が雑然と置かれていて店というよりも「家」感覚な店内。奥の奥にはテーブルが2つちんまり置かれているだけ。そして左手には二階へ上がる階段が。そうか、2階なのね。
「いらっしゃい」と出て来た愛想のいいオバちゃんに聞いてみた。
「2階?」
「いや、1階。」ええっ?てことは奥のちんまりテーブルなの?
愛想良くそのテーブルを指差されたのでさすがに逆らえない。心の中で「お邪魔します」とつぶやき奥へ。

初めての中華料理店ではいつも焼きそばを頼むのが私の習慣となっているので、ここでも例に漏れず五目焼きそばを注文。
私のテーブルのすぐ脇には料理運搬用の小さなエレベーターが。厨房は上らしい。やっぱりメインルームは上なのでは…??

to-a_02.jpg


なにげに見た横のテーブル。なんと支柱がストーブ!新しいというかデンジャラスというか。テーブルとして使うもんではないと思われるが。でもテーブルの上には調味料が並んでるよなぁ。謎。

しばらくして気付いた。この店、何の音もしない…。
客もいないしBGMもない、料理も上で作ってるしオバちゃんも静かーに座ってはる。
お尻がむずかゆくなるこの静寂。私は何しに来たのか、と一瞬思ってしまう。
例えるなら友達の家に遊びに来たら丁度外出中で、友達のおばちゃんに「すぐ帰るからそこに座って待ってて。」と言われ応接間にぽつんと座って待ってるような感覚か。
そんなことを考えてたら、上からお客さんが降りて来た。そして続けてまた一組。もしかして上は大繁盛?
それに比べて私の居場所はまったく店らしくないやん。このほったらかされっぷりも下町感覚なのか?

ゴトゴト音がしてエレベータが下りて来た。焼きそばの到着也。

to-a_03.jpg


一般的な五目焼きそばに揚げ目玉が乗っかっており、なかなか美味しそうではないか。いただきまーす。
味は濃いめの一般的な広東風焼きそばの味。このあたりでは平均的な美味しさかと。そこそこかなーと思った時、あんの中から出て来たのはほぐれてない麺の塊。
ああ~、これはイカン。粉っぽい麺の味が口に広がって悲しい気持ちになることしばし。ややテンション下がる。この雑さも下町風か。

このお店、六甲道にも支店があり、昭和30年からの老舗だそう。
牛バララーメンで有名だそう。私は中華料理の牛肉に多用される八角があんまり好きではないのでちょっと遠慮願いたい。

あんまり褒めてへんし、味も超美味!という店ちゃうけどこの下町情緒は悪くないと思ってしまった。また行ってしまうかも。決してオシャレでもええ感じの古さでもないんやけど。。。あと2階も気になるし。
看板に偽り無し!本場の下町気分を味わいたいならぜひどうぞ~。


今日は会社の元同僚達と忘年会。今年のシメに文字通りデトックスなひとときを楽しみました。たくさん笑うのはええ事ですなぁ。
お読みいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

チキンなクリスマス

クリスマスも終わっちゃいましたね。
ほんとに意味があるのは今日なんでしょうが、気分的には終わってる。仕事あるし。イエス様ごめん。
イヴはイヴニングのイヴということと、なぜUSJのクリスマスイベントは年を越してもやってるかという事を昨日初めて知りました。
イベントは根付いても意味合いは根付かんもんなんやね。。。(←前々回から引きずってるらしい)

さて、クリスマスという日は誰の上にも降ってくる。うちにもいちおう降ってきた。
とくにメリーでもないフツーの一日やったけど。
イベントといえば、フローリングにワックスをかけたくらい。だけど、これはただの家事の一環か?
そんな地味ーなクリスマスやけど、食事は少し気分をだしてみた。昨日の話。

去年初丸鶏のローストに挑戦するも、濃い塩水に浸けすぎたせいでバッサバサの何とも味気ない味になってしまい完敗。
ということで今年は!の意気込みで再チャレンジ、というかリベンジ。もはやクリスマスというより因縁の対決に。

で、ネットで新たなレシピを探していざ!

・丸鶏を水洗い。内蔵抜いてある鶏なんで楽や~。
・ハーブ入りソルトを鶏全体に擦り込み、ブラックペッパーをまぶす。
・腹の空洞にローリエと粗くつぶした大蒜を放り込み、
・オリーブオイルをまぶして220度のオーブンへ突っ込む!

ふー。とりあえずできたできた。
20分ほど焼いたとこで一度取り出し、周りに野菜を敷き詰めて再度投入。
で、30分後。

1224_1.jpg


こんなんできました。美味しそう~。まずは自画自賛しとこう。
付け合わせは野菜のポタージュとクリームチーズ添えクラッカー。
高カロリー食、もといクリスマスディナーのできあがり~。

さて、お味は?
ジューシーさはバッチリ!が、ちょっと焼きが足らん。。。さらにオーブンへ戻すこと10分。
あと塩味が弱い。ちょっと継ぎ足し。でも焼野菜はとっても美味。
なんで、できとしては65点くらいかなぁ。。微妙。丸鶏の免許皆伝は今回も得られず。
また来年へ課題を残してしもた。。。さらに高みのスタッフィングにチャレンジできるのは何年後や?でもなんのかんの言いつつしっかり完食。

ケーキは「グレゴリー・コレ」の濃ゆいチョコムースをいただきました。うう、美味~。今月3度目のケーキ尽くし!!
実はケーキ屋経営の会社におりながら自社のケーキは全くスルー。もうPOPで見飽きた!それに愛社精神ないし!
給料も休日も少ないから仕事以外に奉仕はしません、絶っ対に!
ああっ、クリスマスなのになんて心の狭い…。キリエ・エレイソン!(こんな時だけ…)



最後グチになりましたがご覧いただき感謝です。皆様はメリーなクリスマスを過ごされましたか?
丸鶏は奥が深いっす。簡単なようで難しい~。
ランキング、あまり良くないです。。。お読みいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

描写(BlogPet)

きのうにかんが、田舎者風もリニューアルした。
だけど、ぱるぷんては描写された。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

ジャケ観映画〈長江哀歌〉とカワイイお菓子

久しぶりにリアルタイム上映中の映画のハナシ。

choukou.jpg


何ヶ月か前に映画館で手に取っていっぺんに気に入ってしまった「長江哀歌」のチラシ。
ジャケ買いならぬジャケ観ということで新開地アートヴィレッジセンターへ足を運んだ。

ダム建設のために水の底に沈む運命にある長江・三峡の街、奉節での人々を描いたドラマ。
ド派手なCGも甘い恋愛模様もない渋~い映画のせいか、50人程入ったお客のほとんどが50代くらい。多分私が最年少やったんちゃうか。

売買結婚で一緒になるものの、16年前に家出した妻を捜しに来た男と、2年間音信不通の夫を捜しに来た女の物語が別々に描かれていく。

何が素晴らしかったかって、ストーリーもさることながら、水没の運命にある街・奉節の街の描写が何とも言えん。
曇り空の下には崩れかけのボロ家が並び、そこでぎりぎりの生活を営む人々。林立する廃墟寸前のマンション群、そしてすぐ近くでは立ち退きの住んだ建物が日雇いの男達の手で少しづつ解体されている。
ぼろぼろの部屋のテーブルに置かれた「生活」が染み込んだ食器や調味料、古びた魔法瓶たち。
立ち退きを迫られ貧しい生活を営む者が大半なのだが、ダム建設で富を得る一握りの「成功」者もいる。
コテコテのイルミネーションをつけた橋と、ボロボロの石橋との対比がそれをさりげなく物語る。

お洒落とかスタイリッシュという言葉とは無縁の世界なんやけど、美しいと思ってしまう。
心をわしづかみにするエネルギッシュで強烈に人や街の匂いを感じる映像。画面からは汗まみれのおっさんたちの体臭まで感じられるかのようやった。
ジャケ観大当たり!この映像だけでも一見の価値有り。

大人しい田舎者風の男が妻を捜すために腰を落ち着けた奉節の街にだんだん馴染んでゆく様子や、女がようやく再会した夫に告げる(恐らく嘘だと思われる)告白などの心の機微が細やかで、劇中描かれる様々な人間関係はまさに「哀歌」そのもの。

長江とやがて沈みゆく街の風景、人の暮らしが心に染みた113分。観に行って良かった~。
しかし途中の奇妙な建物が飛び立つCGと、男の娘と思われる少女の服にはちょっと目をむいてしもた。服に縫い付けられた「MICRY」のロゴの下にはあの耳の大きなネズミのイラストが…。




fukushindo.jpg


帰りにアートヴィレッッジのはす向かいにある和菓子屋「福進堂」の前でワゴンに並んだお菓子に目が止まって思わず購入。

paripori.jpg


障子せんべい「パリ」とビンズせんべい「ポリ」。ってそのまんまやん!

遠目にも版ズレがハッキリわかるユルい印刷もナイス(笑)。上の「ビンズせんべい」「障子せんべい」の色のチョイスも駄菓子感の演出に一役買ってる。あ、駄菓子よりは高級か。
買わへんかったけど同シリーズで野菜カステラ「ヤキヤキ」ちゅうのんもあった。
さすが昭和8年創業の老舗和菓子屋。ええセンスしてはるわ。

「パリ」は落花生風味の甘さ控えめ素朴な昔ながらのお菓子。「ポリ」は鬼ビンズ等他の市販品よりも甘さと油っぽさ控えめの素朴な味。じいちゃんばあちゃんが買って帰らはるんやろな~。それか競艇に行くオッサンか。

こういう素朴な店とオッサン満載の街新開地。なぜか惹き付けられて仕方ないねんな。映画を観に行く楽しみもあるけどここの街を歩く楽しみも確実にある。



お読みいただき感謝です。映画はほんとにオススメ。なんやかんやお騒がせの中国やけどいいもんはいいんです!
お菓子のネーミングはブンセンの「アラ!」を彷彿。で、ここのホームページを覗いたけどいやはや、面白ネーミング満載。「昆布つくだ煮」「しょう油・たれ」「進物品」のネーミングが特にナゾ(笑)。お閑ならご覧あれ。って世間はクリスマスまっただ中か。。。
ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

シュトーレンで想うクリスマス

仕事柄、クリスマスには2ヶ月位も前から関わっている。
クリスマスケーキの予約POPやの、カフェのクリスマス限定メニューの作成やのを延々やっていると、半ばクリスマスアレルギーになってくるらしい。

クリスマスケーキなんか見たくねー、絶対食わへん!と飽和状態になる頃ようやくクリスマス責めが収束に向かい、やれやれと思ったのもつかの間、気付けば街中がクリスマス一色ではないか。
ごてごてに飾られたツリーの横を通るたびに、飾りをむしり取ってやろうかと大人気ない衝動にかられてわが心の荒みっぷりにがっくりする日々。
仕事が悪いのか性格が悪いのか、クリスマスは単なる金儲けのイベントやんかと思ってしまう心のさぶいオバハンになってしまったようだ。。。

そんな折、同僚から「シュトーレン」をいただいた。シュトーレンとはドイツの伝統的なクリスマス菓子。

1222_2.jpg


ここ最近パン屋でもよく見かけるので今年は食べてみようかなと話していたら、買う前に食べてみてはといただきものをお裾分けしてくれたのだ。
ドライフルーツがぎっしりつまったパンのようなケーキのようなこのお菓子、ドイツではクリスマスの4週間前、キリスト教の降臨節にこれを準備して、クリスマスまでの間少しづつ切り分けて食べながらクリスマスを指折り数えて待つそうな。

なんてステキな習慣なんでしょう!
お金ではなく伝統の重みと温かみを感じるではないか。お金の香りがぷんぷんただよう我が国のクリスマスとはひと味違う。過剰な個人宅のイルミネーションや3万も5万円もするケーキって一体何のためなんや~??
カーラジオではDJが「今日はイブイブイブ!」とか言ってたし。
狂ってるよ…。21日は21日やんか。

そう思いながらいただいたシュトーレン、薄い一切れながら中身はずっしり濃ゆいお味。本場ドイツの直輸入もので、小麦粉ではなく、アーモンドと砂糖を練ったマジパンが使われているよう。そりゃ重いわな~。

ふと思い立ち、トースターで5分程焼いてみた。
通常のパンの様にカリっと焼けると思いきや、多量のアーモンドのせいか逆にしんなりとしてドライフルーツの甘さが引き立ってよりどっしり重い味に。
美味!ではないけど、素朴でじんわり優しいおいしさが口に広がる。ああ~、これを食しながらクリスマスを待つよその(国の)子に生まれたかったな~。
私は好きやなーと思ったけど、甘い物やドライフルーツ嫌いには罰ゲーム的な味かも。
海外のステキなクリスマスの習慣に少しだけ触れました。同僚Hさまありがとう!


そしてさんざ日本のクリスマス批判をした私は24日、今月3度目(!)のケーキを買いに走るのさ。
やっぱり日本で育ったコですから。
えへへっ。アレルギー治りました~。



本日の2人羽織ならぬ2匹いたち。

1222.jpg


みかん:にまめちゃん、どいてぇ~。
にまめ:…


クリスマスの毒に犯され、妙な文章になってしまった。戯れ言をお読みいただき感謝です。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

黒いたちの鼻を見る

美琴さんとこのブログで以前いたちの鼻について書いてたことがあり、気になったので自分ちのにまめの鼻も見るようになった。

写真に撮ってアップ!と思ったものの、にまめは警戒心が強くてなかなか写真撮らせてくれへん。
フラッシュはもちろん、赤目補正の光もデジカメの電源を入れた時の機械音でもいやーな顔。
無理矢理撮ったからなんかいじめてるみたいな写真になってしもた…。ごめんよ~。

nimame1.jpg


鼻の付け根のとこが塗り残したみたいになってる。写真には写らへんかったけど、付け根付近にはうぶ毛がきれ~に生えてて、こんな細かいとこまでよく出来てるもんやと思わず感心。
真っ黒や思てたけど、所々に斑点があるし、全然気にした事なかったけどよくよく見るとフシギなもんやねー。
動物の普段見ないとこをじっくり見てみるとなかなか面白い。

nimame02.jpg



そしてこの色と肌感、冷やっこい感触で同類項があることに気がついた。
生ダコの皮膚。似て蝶やない??

nimame03.jpg


みかん:私のも見る?

サービスショットありがとう。


ご覧いただき感謝です。鼻の「塗り残し」はみんな一緒なんかしら??
鼻を指でちょっと上に押し上げるとコウモリ顔になって笑えます。こんなことばっかしやってる訳ではありません、ちゃんと可愛がってるよ~。
お読みいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

ぱるぷんて(BlogPet)

きょうにかんがぱるぷんては注文された!

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

なんていい香りなの!〈ケーキ屋サ・ソ・ボン〉

先着300名にプレゼント進呈」に惹かれて、先週金曜に元町にリニューアルオープンしたケーキ屋「サ・ソ・ボン」へ行ってみた。

すぐ近くの「グレゴリー・コレ」は知ってたけどここの店は全然知らん。

1217_4.jpg


元町商店街「凮月堂」の角っちょに突然現れた、絵に描いたような洋館建て。
ベタな商店街やすぐ横の中華街とあまりにも対照的。何でも、凮月堂の系列だそうで。それで地図にも「凮月堂」がしっかり載ってるんねんな。
中へ入って2度びっくり。すごい人出!

リニューアル初日やし、私同様「プレゼント」に惹かれたと思われるいやしんぼのお客(私だけか?)でごったがえす店内。対してカウンターの中にいるのはたった二人のねーちゃんだけ。相当テンパってはって、注文してもいいかと聞く私への返答もしどろもどろ。途中からおっちゃん店員さんが手伝いに入ったけど、予想外の忙しさやったんやろう。

待たされそうなんで諦めようかと一瞬思うものの、食い地には勝てん。結局注文するまでに10分も待ったけど何とか注文完了。
でも待ってる間に売り切れてたモンブランができ上がって来た。ラッキー。
ようやく会計を済ませ、何とか店を後に。ひー、疲れた。

1217_1.jpg


モンブラン。大きな栗が中に入ってて食べ応え満点!紅茶と合いますな~。美味。

1217_3.jpg


チョコと何とかのムース(名前忘れた。)
先に食べたモンブランが濃い味やったせいか、あんまし味が分からんかったのが残念。モンブランより高かったのに~。

1217_2.jpg


そしてプレゼント!
クッキー7個入り。これが今回の原動力でした。なのに気づいたら相方が完食って。私の努力が!!

そしてそれより重大な事が。先週も誕生日でケーキ食べたやん。
ケーキ食い過ぎ!!
脂肪がたまる音が聞こえるわ。来週はクリスマス。どうする?!




ご覧いただき感謝です。人のごったがえす場所はキライ。やのに今回は何かに取り憑かれたかのごとく行く気満々で足を運んでしもた。
凮月堂といえばゴーフル。薄っぺらいせんべいに安っぽいクリームが挟まった神戸銘菓。
フレンチパピロ」のような味でござい。同じく地元銘菓「瓦せんべい」と並んで地元民は滅多に食べる事ないけどたまーに妙に恋しくなる懐かし菓子。
お読みいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

神戸の丼、すじ玉丼〈糀屋〉

先日紹介した沖縄料理「くるくる」の向かいにあるどんぶり屋さん「糀屋」。うまいらしいと聞き及んでいたので、ある日の昼に入ってみた。
表はに関西で知らん人はおらへんアナウンサー、宮根誠司が取材に来た写真が貼ってある。なんでも「すじ玉丼」で有名だそうな。「長蛇の列ができることも」あるそうやけどこの日はがら空き。ラッキー。

カウンター8席のこぢんまりした店。席に着いたが勝手が分からずきょろきょろ。まずは注文せねば。すじ玉のメニューは小盛り・並盛り・大盛りの3種。
「並ください。」というと、カウンターの中からおばちゃんが、「小盛りが通常の並くらいやけどええの?」と言ってくれた。いっとっ亭の失敗もあるし、小盛りを注文。ありがとう、おばちゃん。
会計は前払い。600円払ってしばし待つ。メニューをよく見るとカロリー表示と塩分表示が。

1215_2.jpg


女の子にも嬉しい気配りやね。そして焼き肉屋でもないのになぜか板ガムが。

5分ほどで運ばれて来た。時間のない昼休みにはウレシイ早さ。ええにおい~。いただきまーす。

1215.jpg



すじ肉の使い道というと、カレーにおでん、煮込み料理にお好み焼きくらいやと思ってたけど、丼にとは目ウロコ。というかなぜこれが定番になってないのか??と思うくらいベストマッチ。外の看板で宮根アナが「うまい!!」と言うてるのも納得。さすがぼっかけ発祥の神戸ならではやね。

甘辛トロトロのすじ肉に絡んだ半熟卵。そしてたっぷり乗ったねぎがまた相性ええわ~。具がご飯と合う合う!
セットのみそ汁は大根やら人参やらが入ったほっとする家庭の味。

食べやすいようにとの心遣いからか、丼にはれんげやなくて小ぶりのスプーンがついていた。
大きなレンゲって丼の底の方になると食べにくいんよね。箸やとすくいにくいし。このスプーンのおかげで最後の一粒までストレスなくいただけました。
多くも少なくもない量でマル。ごちそうさまでした~。



ご覧いただき感謝です。「なぜ定番ではないのか?」と書いたけれど、テレビのおかげかB級グルメ好き達の口コミか、この店評判ええらしい。専用ホームページで地方発送までやってはる。
スジ好きにはお薦め、ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

たまごパックが好きやねん〈動画〉

にまめ(黒)のほぼ日課、それはゴミ箱漁り
果敢にゴミ箱にダイブ、お宝(ゴミ)を次々ゲットしてはお宝隠し場所のソファ裏へ運び込む。
彼女のハンティングが始まるとたいていみかん(白)がどこにいても飛んできて、素敵なお土産(ゴミ)を捕ろうと格闘するにまめを期待のまなざしで待っている。

しょっちゅう狙われるゴミ箱。お菓子等のフィルムやアルミの袋・布きれ・紙等食うと危険なゴミは入れられへんのでほとんどゴミ箱の役目を果たしてへん。
じゃ、フタ付きにしろっちゅう話やけど。。。

さて、数あるゴミの中でも執着度トップクラスなんはこのたまごパック。これはゴミ箱には入れず直接あげることがよくある。群がるイタチたちを録ってみた。



ハンターの血が濃いと思われるにまめは獲物へのアプローチが巧い。さすがやね。この能力何かに使えんもんやろか。
一緒に~。とみかんが寄ってくるものの、うろうろしてるだけでなかなか獲物にタッチできん。にまめの踏み台にされてるし、同じイタチとは思えんくらいどんくさい(笑)。

が、にまめは隠し場所へ運ぶという任務を終了すると獲物への執着はなくなるらしい。最終的にたまごパックはみかん一人のオモチャとなる。
にまめに捕ってきてもろた(捕らせた?)獲物を心ゆくまで噛んで大満足のみかん。コイツはトロいように見えて実は意外と知能犯なんかも。。。?



たまごパックのペコパコいう音、実は私も結構かなりツボ。意味もなく押してにやっとすることしばしば…。だから執着する2フェレの気持ち分かるナァ~。この音、良くないっすか??
ご覧いただき感謝です。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

名物?味噌漬けチーズ〈チーズショップカマンベール〉

以前より気になっていた「チーズの味噌漬け」を北野の「チーズショップカマンベール」で購入。
目的は、「味噌漬けもっつぁれら」やったけど、その横に「味噌漬けチーズ」なるものを発見。

cheese1.jpg


こっちはプロセスチーズにモッツァレラ入りというやや廉価版の商品やったけど、普通の味噌とコチュジャン味噌の2種類で800円。いやしんぼな私は色々食べられるこっちに惹かれ、味噌漬けチーズ2個セットに決めた。
土産チックな箱の中には味噌を塗られたチーズが一本づつパック。切った断面はスモークチーズみたいやけどお味はいかに?

まずはそのままで。

cheese2.jpg


以外と合うもんなんや~。チーズにしみ込んだ濃厚な味噌の味。酒のアテによさげ。コチュジャンの方ははさらにピリッとした辛さもプラス。どっちかっていったらコチュジャンの方が好き。
が、不味くはないねんけど、いかんせんチーズが普通なんで思ったより期待ハズレ感が…。
よし、アレンジしてみよう。

揚げ豆腐を作って乗せてみた。

cheese3.jpg


豆腐を揚げ焼にしてひっくり返した後チーズを乗せてフタをして蒸すこと約1分。チーズがとろけて良い感じ。
が、しっかり下味を付けてなかったせいで薄味に。。。でも豆腐とチーズの食感も似てるし悪くない。これは私の腕のせいやな。
しかしもっとインパクトのある食い方はないもんか。手放しで「美味いっ!」と言いたいんや~。

ちょっと早いが最終兵器ちくわを投入。

cheese4.jpg


おおっ、さすがゴールデンコンビ!イケるやん。オーブントースターで焼くとチーズがとろけてなお美味~。

最後にちょろっと残ったチーズ達をクラッカーに乗せ、ネギを散らして焼いてみたが。。。フツー。


終わってみればちくわの一人勝ち。
このチーズ自体個性的やねんけど、迎え撃つ素材もそれなりのもんを用意せんとアカンらしい。ここにきてチーズが底を尽いて実験、もとい料理終了。

という訳で今回食べなかった「味噌漬けもっつぁれら」の実力がとても気になる。こっちはパスタとかできるんちゃう?100%モッツァレラやし。パッケージも竹包みの本気モードやし。
試してみたい~。というわけで味噌漬けチーズは第二ラウンドへ突入する!予定!

お読みいただき感謝です。相方の冷たい視線にも負けず頑張りました。ええレシピ募集中~。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

宮迫~?なんて言わないで〈蛇イチゴ〉

hebi.jpg


香川輝之×オダギリジョー「ゆれる」で高い評価を得た西川美和監督のデビュー作、「蛇イチゴ」を鑑賞。

主演は雨上がり宮迫とつみきみほのWキャストのブラックコメディ。
なんで宮迫なんや?と思ったが、観始めると納得。こりゃハマリ役!
「ゆれる」もやけど、この監督の作品、キャスト全員がハマり役の役者さんばかりで、俳優さんたちの動きやセリフから目が離せん。

冒頭、朝の食卓。じいちゃん(笑福亭松之助)が独りパンを食べている様子が淡々と映し出される。
よーく観ているとちょっとこのじいちゃん、ちょっと様子がおかしい。どうやらボケてはるらしい。
見た事あるようなないような俳優さんやねんけど、異常に演技うまいっ。知らんかったらモノホンか?と思うくらいのボケっぷり。彼の演技だけでも一見の価値有り。まぁ汚らしい食いっぷりはお世辞にも美しいもんちゃうけど。
ちなみにこのジイさん、さんまの師匠と言われてる人らしい。へー。
あと、つみきみほの冴えへんボンボン風の婚約者も妙にリアルやったな。

一見して平凡やけど幸せそうに見える一家。でもそれぞれのひずみが会話やシーンの端々にちょっとづつ見え隠れする。
小学校の先生をしている妹(つみきみほ)が、ホームルームの時間にある生徒に質問されて言葉を詰まらせてしまうシーン、印象的やったな。

人を一面だけで判断してはいけない。とよく言うけど人の本音とタテマエがコミカルかつ絶妙に描かれていて、そこが面白くもあり身につまされるようでもあり。とにかくセリフや一瞬の表情がみんなめっちゃうまいねん。

ボケじいちゃんの死をきっかけにストーリーは急展開。
何年も前に家を出て、家族からも勘当同然の兄(宮迫)が偶然葬式に居合わせ、父親の大ピンチを鮮やかな手口で救う。
何で偶然葬儀場にいて何のピンチかは観てのお楽しみってことで。

ここからイモヅル式に全ての歯車が合わなくなり、家族が崩壊寸前となってしまう。
金の為なら妹の下着だって売ってしまうというどうしようもない兄やったはずやのに状況が一変、両親は兄の悪知恵にすがって安心しきってしまう始末。
それがどうしても許せない正義感の強い妹。
この妹はといえば、恋人からは見放されるわ、母親からは「あの子はつまんないのよ。お兄ちゃんの方が面白くていいわ~。」なんて陰口までたたかれるわ気の毒この上ない。

ところがそんな憎い兄のはずやのに、一緒に昔話にふける妹の表情は何だか楽しそうだから不思議なもんである。蛇イチゴを採りに行った話のあと兄が言う。「今から蛇イチゴを探しに行こう。」と。そして。。。

ラストが全く予想つかずやったけど、実に鮮やかで思わずニヤリ。この家族の将来は考えるだけでお先真っ暗なんやけど、この妙な爽やかさは何やろ。

監督自ら見つけたというバンドの音楽が妙にアンバランスやったけどこれも一種の効果と思えば全然悪くない。
ビミョーな映画やったけど、同じく家族の崩壊&再生を描いた三池崇史「ビジターQ」を思い出した。主演は遠藤憲一。宮迫によう似てる俳優さんやねん。
だから何やって話やけど、少し共通項があったもんで。


お読みいただき感謝です。シメの文は余計ですが、「蛇イチゴ」、絶対オススメですよ~。ちょっと早いけどお正月にいかが?
ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

がっつり食いたいときは!〈カレー屋いっとっ亭〉

最近くいものの話題が多いけど。

先日の昼休み。カレーの口やったので久しぶりにと思い、センタープラザ東館B1の「サヴォイ」へ向かった。
先日紹介した「くるくる」は西館B1。東館メイン通りはフツーの飲食街で平日昼間もサラリーマンやおばちゃんたちでいつもにぎやか。

メインを外れて細い北側通路に入ると人通りがぐっと減り、上記の「サヴォイ」やら「グリル金プラ」、「ベトナム食堂タン★カフェ」等々穴場的な店がちらほら。
「どん底」なんていう名前のバーまである。この看板を見るといつも「笑ぅセールスマン」の「スナック魔の巣」を思い出すねんな。あのヒゲのマスターがおりそうやもん。

で、件の「サヴォイ」、店につくと「月曜定休」の張紙が。
ああ~そうやったぁ~。
時間もないので少し気になっていた近くのカレー屋「いっとっ亭」へ入ってみた。

メニューは「ビーフカレー」のみ。
カウンターだけの小さい店。「サヴォイ」よりはずっと明るくて雰囲気はないけど何か空気が似てる。
横のおっさんが喰らっているカレーのご飯はメガ盛り。すげえ~。
座るや否や、愛想の良いおばちゃんが「ご飯どうしましょ。」ええと、量のことやんね。「普通で。」

カウンターにはキュウリのピクルス、ニンジンのピクルス、ラッキョウ、福神漬けがそれぞれ入ったキャニスター。これも「SAVOY」に似てんなー。

「お待たせしました。」渡された皿を見て目を剥いてしもた。

ittottei.jpg


さっきのおっさんと同じ、茶碗山盛り3倍はあるんちゃうかと思う量のご飯が!
これで「普通」って。。。一瞬半泣きになったが腹が減っていたことを思い出した。気を取り直していただきまーす。

味はなかなかええ感じ。じっくり煮込んだビーフカレー。奥にピリッと辛さが潜んでいる。
野菜の歯ごたえもしっかりなピクルスも美味しい。
そして3たび、SAVOYと似ている…。
決して似てるのが悪いと言ってるのではなく、美味しいので悪しからず。値段もこの量で650円て良心的でしょ。しかし、この値段設定も同じやん…??

色々ネットで見てみたらやっぱり無関係ちゃうかった。「SAVOY」のスタッフの方が独立して作らはったお店だそう。しかしなんでこんな目と鼻の先で?
何か深い事情があったよう。店の名前にまで意味深を感じてしまったり。世の中って、人間関係って難しいねぇ。。。
でも無責任ないち消費者は、「SAVOY」が行列でもこちらで美味しいカレーが食べられるので満足なのであった。

オススメです。ただ、一般女性は「少なめ」とオーダーした方がよろしいかと。ご飯の量だけはこっちの方がずいぶん多い気がしたぞ。完食できんでゴメンおばちゃん。。。


お読みいただき感謝です。「SAVOY」ほど超有名店でもないし、カウンターだけの店構え的にちょっと敬遠されるかもですが、はよ出てくるし時間ない時にもええですよ。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

きのうは理解する(BlogPet)

きのうは理解する?

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

武庫之荘のケーキ屋とハッピーバースデー!〈動画〉

お迎えからはや2年。本日うちの2フェレは2歳になりました。

誤飲で開腹手術したり(みかん)、脱走して警察に保護されたり(にまめ)、先代のぽんきちの比にならんくらいあれやこれややらかしてくれた二人。
全部丸く収まったからこそ今笑い話なのですが、人がどんだけ気をつけてやらんといかんかが身に染みました。。。

私の誕生日も昨日やったので、合同で祝う(?)事に。
武庫之荘の「ケーキハウス ショウタニ」でバースデーケーキを買う事に決定!
前一度行ったときもやったけど、日曜やからか人がひっきりなしに出入りして大盛況。

繁盛の秘訣の一つは絶対価格にあると思う!何とほとんどのケーキが300円台やねん。本気ケーキの店では今時珍しい価格設定やなー。
ショーケースには和テイストの飾り付けをしたケーキがずらり。うまそ~。
私はカットケーキでも良かったけど、相方が「丸いのやないとアカン!」というので数種の中からシンプルなショートケーキのホールをチョイス。

で、アホやなぁと思いつつも2フェレ用お誕生日プレートを書いてもらったよ。口頭で言って「にまめ?ですか??」と聞き返されるのが恥ずかしいから、ペンを借りて紙に書いて渡しました。待つことしばし。

みかんちゃんとにまめちゃんのプレートでお待ちの方~!!」…大声で呼ばれた。
わざとか?、オイ!

それと前から食べてみたかった和風クッキー「和心」のきなこ味も一緒に買って帰宅。

shoutani01.jpg


ころっとした一口サイズのクッキーにはご丁寧に袋入りのきな粉がついていて、お好みで追加してもよいとのこと。
さすが13個で840円もするだけあるわ。仕事丁寧やん。
口に入れるときめ細かい歯触りでほろほろっと溶けるようになくなっていく。ちょっと甘めやけど上品で美味しい~。

そして夜はバースデーケーキ。甘いもんづくし。うひょ。

cake.jpg


こちらもホイップがやや甘め。でもスポンジしっとりで美味しい!
ケーキは甘いのんが王道や!な方には「ショウタニ」のスイーツはオススメですよ~。

そして2フェレの誕生プレゼントには新しいベルカラーをプレゼント。にまめちゃん、つけてみよか。



アンタ、おもちゃやありまへんで。

ともかく、ハッピーバースデー!
これからも私らを楽しませてちょうだいね~。
お読みいただき感謝です。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

三宮センタープラザ西館B1〈くいもんや くるくる〉

三宮の中心センター街に位置する三宮センタープラザ西館B1はプチディープエリア
ごく狭いエリアやねんけど鮮魚屋や青果屋が立ち並び、その合間に食い物屋が挟まっている。
いっつも行列の有名店かつ丼「吉兵衛」の界隈。
10000歩譲ってもお世辞にもオシャレとは言い難いんやけど、ちょっとアジア的雑多さ・汚らしさが割と好きなもんで、たまに昼休みオッサンに混じって飯食ってます。
せっかくやからブログのネタにしよ。

先日の店は、「ほんまもんや くるくる
名前がちょっと…ですが、沖縄料理のお店。普段あんまり食べへんねんけどこの日は何故か沖縄そばの口やったので。

メニューには琉球そば、沖縄そばとある。麺の太さが違うらしい。麺が太い方の沖縄そばにしよう。感じ良さげなおばあがオーダーを聞いてくれた。

待つ事しばし、厨房にいた兄ちゃんが運んで来てくれた。これまた感じよく、「『こーれーぐす』を入れると味がまた変化しますよ。」と爽やかに説明してくれた。ここがディープエリヤやったことを一瞬忘れたわ。では、いただきまーす。

kurukuru.jpg


かつおやらいりこと思われる和風ベースのダシはアッサリやけどしっかりコクがあって美味しい。
そばとの絡みもとっても良く、麩のような食感の沖縄かまぼこも珍しくてよろし。
こーれーぐすの事を思い出し、数滴たらしてみた。

ほんの数滴やのにこんどはまろやかな味に変貌。そしてその後に唐辛子のぴりっとした辛さがアクセント。ええね、これ。もうちょっと足してみよ。
数滴でやめとけばよいもんを大分振りかけたもんやから、泡盛味が効いたスープに…
入れすぎ危険、下戸の人は要注意。ナメたらアカンでこーれーぐす。
ていうかアンタ仕事中や。

ここの主人は和食出身とのこと。なるほど。ダシの味はそういうことやったのね。ていうことは沖縄の人ではないのかな。でも美味しかったからいいってことで。
こんどは「泡盛で5時間炊いたラフテー丼」に挑戦しようかしら。いやてびち(豚足)そばかな~。
ごちそうさまでした。


お読みいただき感謝です。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。