戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剪紙あれこれ

前回のカエルが地味でイマイチやったので再チャレンジ。
剪紙「蟾蜍与抓髻娃娃」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。
作ったはいいねんけど、もともと画才がないもんでなかなかかわいくできへん。
中国の剪紙を見てると細かかったり、ダイナミックやったりすごく個性的で面白いんだけど、自分が日本で育っているせいか、それだけやなくてそこにもうちょっと日本人が好む丸みを帯びたかわいさのようなものを求めている気がする。
剪紙は絵ではなくデザインだと捉えているんやけど、やっぱりかわいい方がいいなぁ。。
でもイラストの勉強って気にはどうしてもならへんねんなぁ。別に絵を描くのって好きちゃうし。

イラストの勉強はちょっと…ということで、柄やハサミの練習にと思い買ったのがこちら↓

0530.jpg


蝶の図案の紋切り型シリーズ「中国の蝶」。
小さなブックレットと切り紙用の型、赤い和紙のセット。
型は思ったより少なかったけど、この薄い赤い和紙は重ね切りによさそう。大きいサイズが欲しい!
でもまず欲張らずに練習しようっと。


勝手に宣伝します。↓↓
大好きな剪紙作家・上河内美和さんの個展が6/30(月)~8/2(土)の期間開かれます!
まだちょっと先やけどHPで告知を見てしまったので勝手ではありますが紹介させていただきます。
この方の綺麗かつかわいい剪紙は私の憧れ。ああステキ。
場所は大阪・玉造のLETというギャラリーだそうです。
会期・会場等詳しくはこちら



ご覧いただき感謝です。剪紙のことって銘打ったけど大した内容やなくてすいませんです。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ
スポンサーサイト

珍し読後感想文〈小野不由美/屍鬼〉

siki.jpg


久しぶりに長ーい本を読んだ。五巻まである本なんかほんま長らく読んでへんかった。
「屍鬼」とゆうタイトルからもお分かりのようにラヴロマンスではありません(多分)。
本の感想文くらい苦手なもんはないけど、面白かったので紹介したいのね。

樅の樹に囲まれ、今なお土葬の習慣が残る山間の村「外場(まんま卒塔婆)村」。
いきなり村の終焉から始まるプロローグ。この先が楽しいストーリーでないことがハッキリ分かる。
で、そこから時間を遡り村で起こる悲劇が描かれていく。
山奥の集落での変死事件をきっかけに原因不明の病でネズミ算式に増えていく死人。破壊された道祖神。深夜に紛れる様に引っ越して来た妙な転入者。そして村人の失踪…。

とにもかくにも人物の整理が大変~。
どこどこに住む誰。その子供、そしてまたその子供。おんなじ名字や名前、職業や人となり・人物相関が複雑すぎて最初の章で挫折しそうになったわ。
でも、一人一人がどんな人物かということが後々とても重要になるのよね。

狭い村社会のまとめ役とも言うべき寺と病院。
その将来を担う若御院・室井静信と若先生・尾崎敏夫を中核にストーリーが進む。
ストーリーを1行で説明すると、

「屍鬼」と呼ばれる起き上がり(=ゾンビ)によって崩壊してゆく村のハナシ。

なーんだ、よくある人間vsゾンビの対決ものかよ。
と最初バイオハザードみたいなんを想像してたんだけど、全然違った。
この本に出てくる「起き上がり」たちは、生前と同じ人格を持っている。
変化したのは人間の血を吸わないと新しい生を維持できないという生命のあり方だけ。
人型の怪物でなく、変化した人間と言った方が正しいかも。
そして、吸血された人間はそのまま死ぬか、起き上がって「屍鬼」の仲間となるのだ。
このへんはゾンビもののセオリー通りやんね。
 
・死んだと思い嘆き悲しんだ大切な人が「起き上がって」きたら?
・それは「生き返った」と同義ともとれないだろうか。
・その心臓に杭を打ち、頭を刎ね、永遠の眠りにつかせる事が正しいことなのか?
・そうして起き上がって来たものたちは、本当に倒さなければならない存在なのだろうか?

こんな悩み、バイオハザードやったらありえへんな。
対象に意思の疎通があるかどうかはかなり大きいらしい。

「起き上がり」の存在が少しづつ現実のものと認識されるにつれ、面倒くさい!と思っていたたくさんの人物達がどんどん存在感と人間味を帯びてくる。
嫉妬や憎悪、恋愛といった感情の絡みがめっちゃリアル。
中盤以降は事件の根源となった転入者たちの身の上や、起き上がった者たちの葛藤や欲望も描かれるようになり、それがまた誰もが持ち合わせている感情で生々しいというか共感できるというか。
最初は5冊分の文章って必要なんか?と思ってたけど、全然中だるみしなかった。


人に脅威となる存在はたとえ人の形をしていても狩るべきだ。そうしなければ村の未来はない、と主張する尾崎敏夫。
対して、「起き上がり」たちの存在を否定する事が出来ない室井静信。
村人を救わなければならない立場にありながら心がついてゆかない彼の姿は、彼の執筆中の小説の主人公と徐々に重なってゆく。
ダメだ~、彼のマイノリティーっぷりには惹かれずにいられないぞ。
幼なじみと村に決別を決めた彼が取る行動は破滅的にも思えるんやけど、最後に出した答えは意外にも
「生きるとはあがくことなんだ。」
そして。。ああ~ここから先は言えません。


正解を見いだせないまま迎えるラスト。
群衆と個、生きているものと死んでいるものが対立する構図やねんけど、誰の行いが正しいかなんて全く分からん。
勧善懲悪のような爽快感は全くない。でも不快でもないんよね。
「起き上がり」という非現実なテーマの物語やねんけど、まるで現実の出来事をすぐそばで見ていたように現実味のある読後感が残った。


ここでふと思う。
「起き上がり」は呼吸なしで生きられるそうな。
ヒトが全員起き上がりになったら、CO2の排出量は激減するだろう。
6%なんてちっさいこと言わずにチーム-50%くらいいくんちゃう?
結局今のところ地球で一番不要なのはヒトなんだろうか…。



ご覧いただき感謝です。変な締めくくりになってしまった。
この感想では何やよう分からんかもしれへんけど、腰を据えて本を読みたいという方にはぜひともおすすめします!
現在ジャンプスクエアでこのマンガ版が連載中らしい。ホームページで画を見たけど…私には全く受け付けへんタイプやってアカンでした。敏夫と静信が若すぎるよ。。もっとオッサンだよ。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

中華の日〈その2/中華・台湾料理「愛愛」〉

5月は母の日、6月は父の日。
横着な私はこの週末に両方まとめて感謝デーを行った。
母の希望で台湾料理の店へご招待。
三宮・東門筋にある中華・台湾料理店「愛愛」。
昔はプレハブのようなテキトー造りの店やったそうだけど、今は改装されてこぎれいなたたずまいとなっている。
こぎれいやけど、高級感があるわけでもないし、若者受けしそうな小洒落た雰囲気でもない。なんちゅうか、中途半端感はあるけど味は美味なんよね。
神戸の中華の味は店構えでは決まりません!

aiai_7.jpg


評判のちょうづめ。旨味がぎゅっと凝縮された濃い味のちょうづめは味ダレとネギでいただくと美味~。

aiai_6.jpg


そしてこれまた評判の餃子。この盛りつけ具合もいい感じでしょ。
こちらも同じくみそだれで。1個も大きいし、中の具もボリューム大でしっかり味。ビールがススム!

aiai_5.jpg


家族で中華の時はどこでも必ずオーダーする海鮮炒め。カニ型のニンジンがかわいらし。
エビ嫌いの私のためにみんなが早々にエビを撤収。いつもすみませんねぇ。
海鮮炒めが不味い中華料理屋ってあんまりないなぁ。ここのんもイカが妙に甘かったけど全体的には問題なし。

aiai_4.jpg


空芯菜炒め。
シャキっとした歯ごたえがクセになる美味しさ。最近スーパーでもよく見るし今度買ってみよっと。

aiai_3.jpg


上海揚げ春巻き。しゃべりながらやったんであんまり覚えてないけど美味しかったはず(ええかげんな!)。

aiai_2.jpg


焼飯。具もシンプルなノーマル焼飯やのにどうしても家ではできへん味。結構終盤でお腹もふくれてたけどあっという間になくなった。

aiai_1.jpg


〆はコレ!。台湾汁ソバ「担仔麺」。
台湾ではこの担仔麺の独特の味付けに相方はノックアウト。妹がどうしても食べたいというのでオーダーしたんやけど…。
めっちゃ美味しいやんか~。見た目は現地のそれなんやけど、味がもう全然違う!
美味しすぎる。何の問題もない。
問題があるとすればこれは「台湾地元の味」でないところやねん。あの独特な感じを味わって欲しかったのに、何の問題もなく美味しいとは!ああ変なジレンマが~。

でもこの店は美味しいのにとってもリーズナブルやしほんま使えます。

お店情報はコチラ

ご覧いただき感謝です。エビ嫌いやのに中華好き。
いろんなもんが食べられるのが大人数で行く醍醐味。美味しかった~。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

中華の日〈その1〉

bokin.jpg


とても遅ればせながらなんだけど。。
ようやく義援金を募金してきた。写真は元町南京町の人気豚まん屋「老祥記」横の土産物屋の店先にある募金箱。
しっかしこのパンダの不細工さはなんだ~??。。憎めん。
と、店の奥を見るとこのパンダが大小山積みになっていた。おいおい、君たちは売り物だったのかよ。
すっごいすっごい不細工なんやけどミョ~に可愛かった。


kireaji.jpg


そのあと元町商店街の「切味乃家(きれあじのいえ)」という素敵ネーミングの金物屋さんで前から欲しかった剪紙に使えそうなハサミを購入。
「切り絵なんかに使えるハサミを探してるんですけど。。」
というと、ガラスケースの中からおばちゃんが次々ハサミを出して来てくれはった。
どれもこれも使いでよさげやったんだけど、お値段が~。
素人の遊びに7000円や9000円の鋏はちょっとムリ!
「あの、3000円台くらいのってないですか?」
という弱気なオーダーにも丁寧に対応してくれて、購入したのがこちら↓

hasami.jpg


手芸用ハサミ、3200円。
何の変哲もないハサミやけど、軽いし先が尖っているし使いやすそう。
で、さっそくハサミを使って剪紙「蟾蜍」を切りました。よろしければこちらからどうぞ。
今回はやや簡素になったので次はもちょっと複雑な形に挑戦しよっと。


ご覧いただき感謝です。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

なごや?ふらんす??

0521.jpg


同僚の名古屋おみやげ。その名も「名古屋ふらんす」。
どこが名古屋でどこがフランスなの?味噌でも入っとるんかしら。
ホームページ(名古屋弁バージョン)によると、「やわらきゃーおもち」を「話題のフランス菓子ダックワーズ」ではさんどる菓子ってことなんだけど。
ダコワーズがフランスで、「もちを挟むという発想」が名古屋ということなんだぎゃー(イメージ名古屋弁)。

袋が開いてるのはご愛嬌。いただきます。

0521-2.jpg


ダコワーズの間に薄ーくもち状のものとチョコペーストが見える。
ホームページのもちがどってり乗っかった写真と比べるとかなり貧相なんですけど~。
一口齧ると、その薄ーいもちがびよーっと伸びてくる。でもってそれにくっついたチョコペースとも一緒についてきて、後に残ったのはぼそぼそのダコワーズのみ。
いや、もしかしたらダコワーズは美味しいんかもしれんけど、ダコワーズってあんまり好きちゃうんよね。
ああ、うみゃーって言いたかったのにー(それだけ?)。
どうせなら味を度外視してもええから(ええのか?)もっと振り切れて欲しかったなー。
もちをきしめんにしてみるとか。

これの前に同じメーカーの「名古屋ふらんすトレゾール」というお菓子をいただいたことがある。

0521-3.jpg


これはフィナンシェをようかんでくるんだこれまたナゴヤ的発想のお菓子でかなり期待したんだけど、こっちも不発。
ようかんが2ミリくらいの薄さでフィナンシェの味に完全に負けててちっとも面白くなかった。フツーのフィナンシェだったんだもん。
ようかんやなくてういろうで包むとか(もういいか)。
せっかくの(?)名古屋銘菓なんだからもっとはじけてちょうだい!


お読みいただき感謝です。
でもここの土地には銘菓に頼るよりも地元のお店にでも入った方がミラクルな食べ物に出会えるのかも?!食のワンダーランド探訪したい~。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

ぴったりフィット!

車検間近、ようやくようやくです。
スーパーの駐車場でやらかしたアレを治す日が!

とはいっても実作業部は相方。私はレーシングクイーンよろしく(??)日傘をさして修理に励む相方を温かく見守っておりましたよ。

fit01.jpg


↑こんなハズカシイ姿で2ヶ月近くも走ってたなんて!
では相方よ、作業開始してくれたまえ。


fit02.jpg


↑ドアの開閉部分をとって、

fit03.jpg


↑内張りをひっぺがして、

fit04.jpg


↑さらに中の薄いシートも身ぐるみはいで、

fit05.jpg


↑ニューミラーをぶっ刺します。
相方がきちんと調べてくれたようであつらえた様にピッタリ(当たり前か)!
ちなみに地面に寝てるのは取り外されてお役御免の先代。ごめんよ。。。
安らかに成仏してくだされ。門戸厄神の人形供養にでも出そうかしら。
これに懲りて精進します!ていうか慎重に運転します!おばちゃんドライバーはやっぱりあきませんなぁ。

fit06.jpg


↑最後にボルトでしっかり固定。
息を吹き込まれたサイドミラーは心無しか本体よりも美しい。。。

fit07.jpg


↑見事完成~。意外とカンタンやった(←相方談)。おつかれさまでした!
正規ディーラーで17500円くらいの見積もりやったのんが何と6300円。
1/3の出費で済みました。あと2回は壊せる?!


お読みいただき感謝です。相方もたまには(?)使えます。今回は感謝。
これで車検もバッチリやね。よかったよかった。
慎重に運転しすぎると今度はKYドライバーになりそうです(もうなってるか)。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

初カブリモノ〈いたち話〉


猫を飼っている同僚からペットのかぶりものをいただいた。
バニーガールならぬライオンいたちになるそうな(語呂悪!)。
猫サイズなので、スナップをつけ小さく調節してかぶせてみた。

lionnimame_2.jpg



にまめさんは地毛とのギャップが激しいですな。


lionmikan.jpg



おや!みかんさん、何だかあんまり違和感ないんですけど…?
さすがお笑い担当やわ。



ご覧いただき感謝です。
ペットに服着せるのんはあんまり好きちゃうけどこれは笑えた。。ハマったりして。
しかし二人の嫌そうやなぁ。立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

今観た!〈実写20世紀少年〉

今ニュースでやってた。

20.jpg


今夏公開の映画「20世紀少年」の実写版の映像を見た。
配役はウェブで見て知ってたけど、皆さんハマってるなー。
とくにオッチョ役の豊川悦治、かなりええわぁ~。素晴らしい。
私の好きな佐々木蔵之介はフクベエ役。こっちもイメージぴったり!
原作のストーリーはトホホな結末やったけど、こちらには期待していい、よね??

お読みいただき感謝です!
同じく漫画原作の「デトロイト・メタル・シティ」も期待大。今年の夏映画は色々と楽しみです。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

小龍包in台北〈台北旅行その1〉

唐突やけども小龍包の話を。
このタイミングやとまるでゴールデンウィークに行って来たようだけどさにあらず。
今年2月の連休のハナシですわ。GWはどっこも行ってませんよーだ。

何からまとめたらよいのか分からず全く手つかずやったけど、思い出したことから…と考えて思い出したのがまず小龍包。
台湾で小龍包と言えば「鼎泰豐」が超有名店やけど、去年の台湾で食したので今回はスルー。
永康街というエリアで2軒のお店に行ってみた。
台湾らしからぬ寒さと雨の旅行を思い出したよ~。


shouronpou_1.jpg


鼎泰豐の前は超人だかりで店構えが全然見えん!

通り過ぎる間にもタクシーがどんどん乗り付けて観光客と思われる人が次から次へと降りてくる。さすが世界に名だたる名店やねえ。
本店を見るのは今回が初めて。人の多さに呆れ驚きつつ最初に目指したのは「群香品」。

shouronpou_2.jpg


でかでかとメニュー(?)が描かれた看板は他の店舗を圧倒する目立ちっぷり。
ガラス張りの厨房では小龍包の蒸籠が積み上げられている。
店内は一昔前の食堂を思わせるプライバシーゼロのオープンな作り。

gunkou_1.jpg


昼時なので店はお客でいっぱい。地元の家族連れっぽい人たちもいて普段使いされているよう。
どこに通されるのか?と思いきや、上の写真右奥の質素な入り口へ。
をや?トイレか従業員用ちゃうのん?と思うも入ってびっくり。

そこは細長い狭い部屋になっており、二人用のテーブルが10席ほどぎゅうぎゅうに置いてある。
明らかに店が繁盛してきたんでとりあえず物置を改造しました~といった雰囲気が…。
ビフォーアフターの「ビフォー」な感じか。
でもこの間に合わせ感がなんだか中華圏ぽくてええわぁ。
かくしてこの個室ならぬ「」室にて食事をすることとなった。

まずは看板メニューの小籠包(130元)は押さえておかんとね。日本語のメニューもしっかりあってとても助かる。

shouronpou_3.jpg


いただきまーす。

あれ?あれれ?
レンゲに乗せて箸で皮を裂くと中から肉汁がじゅわーっと…のはずなんやけど。その肉汁が、ない。
でもって心無しか若干乾いてる気がするんやけど。。。
昼時の忙しい時間帯に行ったのがまずかったんかなぁ。ウェブではかなり褒めてあったんでたまたまハズレやったと思いたい。
味自体は文句なかったんやけどなぁ。次回台北にいったならばもう一回行って真偽を確かめてみたい~!

shouronpou_4.jpg


お次は菜肉餃(150元)。豚肉と野菜の蒸し餃子。
青梗菜のみじん切りがたくさん入ってる。ひだひだが揃っていて形がキレイ。身の詰まったふっくら感もすばらしい!
でも味は結構青臭いんだな。そういや去年鼎泰豐でもこれ食べてまあまあやなーと言ってたっけ。学習能力ゼロ!
まぁヘルシーなお味ってことで。不味くないし。日本ではあまり出会えない感じの味かな。
脂っこいものに飽きたらどうぞ。

shouronpou_5.jpg


そして最後に鷄湯(130元)。蒸し鶏のスープ。
骨付きの手羽元がごろっと入ったスープは濃厚で美味い!
ごちそうさまでした~。


翌日は「永康街高記」へ。
ここは先の店と同じ並び。しかも数軒しか離れていない。

taipei_road.jpg


手前が「群香品」、でセブンイレブンの奥に見えてるのんが「高記」。
近くには鼎泰豐もあるし小龍包激戦区らしい。

shouronpou_6.jpg


こっちの店構えはずいぶんと高そうに見えるし、ばっちり日本語のウェブサイトもあり、さっきのが地元向けならこっちはかなり観光客を意識してるみたい。
店内はパーティションがちゃんとあるし、赤で統一されたデザインといい気を使ってる感じがする。そしてこっちもたくさんの観光客で賑わっており、少し待たされて席に通された。

こちらでは上海小龍包(150元)、鮮肉大包(50元)、炒飯(値段わすれた)をオーダー。

shouronpou_7.jpg


まずは小龍包。いただきまーす。
レンゲに乗せて箸で皮を裂くと中から肉汁がじゅわーっ!
これですよ!美味いっ。シアワセ。

shouronpou_8.jpg


続いて炒飯。
ぷりっとしたカニ身がごろごろ入ってる。相方は台湾ぽい独特の味が苦手なのでちょっとお気に召さなかったらしいけど、しっかり味でとっても美味!
お米一粒一粒がしっかり油を纏っていてキラキラ(ギラギラか?)してる。かなりカロリー高めとみた。でも美味しいからいいよね。

shouronpou_9.jpg


最後に鮮肉大包。小ぶりの肉まんが2個。
歯ごたえのある厚めの皮にしっかり味の餡がぎゅっと詰まってる。これ2個で50元(185円)は安い!
満たされた~。他のメニューも食べてみたい美味しいお店やった。


最後に番外。
滞在先ホテル「パラダイスホテル(どこがパラダイスやねん!と突っ込まずにおれんホテル)」の近くの食堂。

shouron_1.jpg


閉店ギリギリにもかかわらず美人の奥さんが愛想良く蒸してくれた小龍包。
去年も数回食べたけどかなりのヒットなんよね。8個で70元の安さもウレシイ。

shouron_2.jpg


有名店に比べるとかなり皮は厚めなんやけど、これもモチっとしてウマイ。
でもってちゃんと薬味もタレもついてる。もちろん肉汁もしっかり。
お腹いっぱいでも入ってしまう小龍包。ああ~、食べたくなってきた~。


お読みいただき感謝です。ようやく台湾のまとめが1つできました。(単に話題がなかっただけとも言う?!)小龍包て元は中国の食べ物なのにすっかり台湾グルメの代表なのがスゴイ。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

甘ーいジャム?〈菓子's パトリー〉

チェコアニメ映画祭の後、菓子’sパトリーの直売所へ行ってみた。

0509.jpg


本店は新神戸のホテルピエナ内にあり、こちらは直売所というだけあって住宅街の中にひっそりたたずむ控えめなつくり。知らんかったら見過ごしてしまいそう。
横断歩道の横には写真には写ってないけど警備員のおっちゃんが一人。
何を警備してるかって?
この近くには競艇の場外船券場「ボートピア」があるのだ。日曜ともなるとボートピアへいくええ味のオッサンがそこここに…。というわけなのね。周辺の立ち飲み処は日の高いうちからお客で一杯や~。

さて、直売書の「店内」というには狭すぎる店内には生ケーキ、パン、焼菓子、そして本日お目当てのミルキッシュジャムが並ぶ。
このジャム、中身はモンドセレクションで金賞をとるわ、パッケージも賞をとるわ、なかなかよく出来た子らしい。一度食べてみたかったんよね。
1種類かと思いきや、棚には数種のミルキッシュジャムが。うわ、迷うわ~。
でもここは定番で。ということでノーマルのミルキッシュジャムをお買い上げ。
ついでにショーケースに並んでいた生キャラメルも買ってみる。生キャラメルって食べた事ないんよね。楽しみ。

0509_1.jpg


帰宅してまずはキャラメルを試食(本食い?)してみた。
持つとすでにやらかくて簡単にナイフで切れてしまう。いただきまーす。
むむっ、やわらかい!みるみるうちに溶けて甘さが口中にひろがっていく。そんなに急がなくてもええんやけど~。そんでもって噛もうもんなら歯にくっついて仕方がない。
うーん、不味くはないんやけど、キャラメルはやっぱり固い方がええなと昭和の子は思ったのだった。
甘いものが苦手な人にはしんどいかも。

0509_2.jpg


続いてはミルキッシュジャム。
ころんと丸いパッケージが愛らしいやないですか。そして首には「2007モンドセレクション金賞受賞」の箔押しタグが誇らしげに巻かれている。
つけるべきパン等がないので少しすくって食べてみた。
わあ、甘いよ!
甘いもの好きが言うのだから間違いない。先の生キャラメルのドロドロ版だあ。
これをジャムというのか?もっとミルクっぽい味を想像してたけど見事にキャラメル!
でもこういうのって売ってなかったから新しいというのは分かる。
これも甘いものダメな人は食べられなさそう。。私は好きやけど。
パンにちょっとつけたりしたら美味しそう。週末にやってみようっと。



お読みいただき感謝です。甘いもの多いなぁ~。。。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

ビバ!チェコアニメ映画祭

0506_2.jpg


今年もまたまたこの季節がやってきた~。「ファンタスティック・チェコアニメ映画祭
連休最終日の昨日、新開地のアートビレッジセンターへ出かけてきた。
今年のラインナップはA~D+1プログラムの5プロ仕立て。
かわいい東欧モノ流行りのせいか、最近は「ちびとらちゃん」のヨゼフ・バレチェクみたいな絵本ぽいかわいらし色がけっこう強い。
ひねくれ者なので敢えて今回はその中から「ビタースイートプログラム」と「ナンセンスプログラム」の2プロをチョイス。かわいくなさそうでしょ。かわいいのも悪くないけど、かわいいだけじゃ嫌なんだもんね。

「ビタースイートプログラム」より

ブジェチスラフ・ポヤル×イジー・トルンカの「理想」「爆弾マニア」の2本がさすが巨匠!というすばらしさで印象に残った。
ポヤルの短編は「飲みすぎた1杯」がすごく印象的やったけど、「爆弾マニア」の風刺もすごい。ストーリーのテンポといいオチにちらりと顔を見せるスプートニクのライカといいユーモアとアイロニーの混ぜ具合が絶妙!
戦時統制の時代に政府の目をかいくぐり作られた作品は、風刺や皮肉がロコツでブラックなものが多いけど、反骨精神というか執念というか芸術の枠を超えるパワーがあって、現代の作家の風刺ものよりも観ごたえがあって面白い。(とはいえ現代の作品は大して観てないけど)

そして「アイスホッケー」「聖火ランナー」のウラジミール・イラーネク

0506_3.jpg


とぼけた兄弟の「パットとマット」シリーズ(上写真)もとっても面白いけど、線画アニメもすごい!とにかく画がうますぎる~。
「聖火ランナー」、なんでランナーは全裸なんだ?!

あとかなりパワフルやったんが、カレル・トルドリツァという監督の「カンティレーナ」。
チェコの人名はみんな1回でスラスラっと読めへん名前が多いよ。。
1991年作とこのプログラムでは一番近年に作られた作品。レストランを経営する男に無惨に殺されてゆく鳥たちの復讐モノ。
鳥やからくちばしがあるねんけどその下に口が描かれてるのがキュート。ユーモラスな鳥に対して人間の強欲そうな顔!
鳥目線でふわふわ動くカメラワークが面白い。ラストも思わずぎょっとしてしまうブラックさ。画の力強さとストーリーに引き込まれてしまった。


「ナンセンスプログラム」より

ポヤル監督が3作品。先ほどの政治風刺は影を潜め、ユーモラスでくすっと笑える作品達。
中でも「ビリヤード(タイトルの付け方がうまい!)」がテンポがよくて面白かった。笑えるオチもちゃんとあって満足。「ビリヤード」にも使われてたけど、この人の作風で口からマシンガンみたいに言葉がだだだ~っと出る表現がいかにもアニメらしくて好きなのよね。
そしてこちらでもやっぱり光っていたイラーネク作品2種。
家の向かいの通りのビアホールに行きたいだけやのに大変なことになってしまう「ビールが飲みたい」と、自動販売機をユニークに皮肉った「オートマティック」。どちらもムダのない簡素な線画がすごく活きてる。
個人的には「ビタースイート」の2作よりもこちらのプログラムの2本の方が面白かったな。
この回のイラーネク2作品に関しては会場からしばしば爆笑が起こるくらいのウケっぷり。風刺の面白さは万国共通なんやなぁ。
その他もちょっとひねりの利いた作品たちがそろい踏み。長くても15分、作風もバラバラで飽きずにいろいろ観られるのが魅力的。
今年も楽しんだ~。こうなると欲張りなもんで残りの作品も観ればよかったなぁとちょっと後悔したりして。

チェコアニメ映画祭の会期中、ギャラリーでバレチェクの「ちびとらちゃん」原画展としかけ絵本の展示があった。

0506_1.jpg


上映後観に行こうと思ってたのに、しまった~!最終日の昨日は16:00までで、映画が終わったのは17:00。ああ~、残念無念。


お読みいただき感謝です。
毎回思うけど単館モノというのがもったいない!でも今回は子連れのお母さんから老夫婦まで、バラエティーにとんだ客層で数もかなり多かったな。年齢に関係なく楽しめるのが魅力の一つ。まだ上映されてない地域(とはいえかなり少ない上映館数やけど)の方はぜひ一度足を運んでみて!
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

中華をつくるなら

剪紙「万象更新」をアップ。よろしければこちらから。。


休みの日はたまに食べた事ないものとか、めんどくさいものを作りたくなる。
料理好きというほどでもないので、本を揃えるでもなし何かに挑戦したくなったらネットでレシピを探す事が多いのだけど、その中でブックマークするくらいお気に入りのサイトが一つだけある。
ずっと前にあれこれ探していてたまたま見つけた「中華のツボ! 玲舫's ぶろぐ」というブログサイト。
中華料理の作り方を紹介してあるサイトで、メニューも豊富やし写真もとても美味しそう。
でもそれよりも何よりも魅力的なのはその文体(特に「続きを読む」以降!)。面白過ぎ!
たまにのぞいてはニヤっとしてたもんやったけど、今日は初めてレシピを拝借して「福建炒飯」を作ってみた。

0503.jpg


写真はイマイチやけど、味は作った本人もびっくりするくらいの良いできばえ。
私の腕やなくてレシピがいいんやけど。読んで笑わせ作って感動させるなんて素晴らしいっ!
横で口の悪い兄ちゃんがあれこれ指図してくれてるような錯覚に陥るこのサイト、休み中に中華を作ろうかと考えているヒマ人は訪問してみて!


お読みいただき感謝です。
すごい勝手に紹介してしまった。。。でもホンマに面白いですよー。作らなくても読むだけでふふっと笑えてしまう。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


甘い生活

donuts.jpg


関西に居ながらにしてついに食す機会が!
クリスピー・クリーム・ドーナツ。会社の同僚のお土産で。
ブツはすでに食べてしまったのでこのかわいらしい箱だけを記念にアップ(同僚が撮影したのんをいただいただけやけど)。ピザでも入ってそうな平たくでかい箱は簡易包装の世の中とは真逆の道をゆく、いかにもアメリカ~ンな作り。
でもこの箱に穴が見える向きで(ミスドみたく立てて入っているのではない)行儀よく並んでいるドーナツの見栄えはなかなか楽しい。見るだけで幸せな気分になってしまう。
アメリカの人たちはこの箱を何段も積んで、3リットルとかのアイスクリームを各自1個食べつつホームパーティーとかしはるんやね(固定イメージ)。

さて、ドーナツの気になるお味は…。
いただいたのは一番オーソドックスだというオリジナル・グレーズド
ミスドのハニーディップに近いけど、それよりももっと身が詰まった感じ。やのに固くなくフワフワ感もなかなかのもの。食感が話題になってたのもうなずける。
そして何より甘い!
ミスドのはるかに上を行く徹底したこの甘さ!表面にかけられたグレーズソースだけでなく生地もかなり甘い。うーむ。アメリカの味やわ~。

最近は神戸元町のトアロードにできたドーナツ屋「フロレスタ」みたいな砂糖控えめオーガニックでナチュラルなスイーツがウケる傾向にあるけど、私は甘いものを食すなら徹底して甘ったるいものを食べると宣言する!(誰に?)
クリスピー・クリーム・ドーナツが関西に出来たら。。少々遠くても買いに行きそうやな、私。




0429_1.jpg


こちらは六甲にリニューアルオープンした神戸フランツ
前の店舗は白が基調やったけど、リニューアル後は黒×赤でよりゴージャス感がアップ。
ここは76分で1000個完売!の謳い文句のチーズケーキで有名なお店。
キャッチは大げさやけど、ここのチーズケーキはほんまに美味。小さいし何個でも食べられそう。
そして碇マークが大きく配置された真っ赤なパッケージは潔くインパクトもあってデザインも好きなんよね。

チーズケーキを買うつもりで店内に入ったが、目に入ったのは生ケーキ。それも大好きなチョコレートのケーキがあるやないですか!ということでチーズケーキはお預けにして今回はチョコレートのロールケーキとザッハトルテをお買い上げ。

0429_2.jpg


0429_3.jpg


ロールケーキは上品なチョコの味と生クリームがよく合った大人のチョコロールケーキ。
ザッハトルテはチョコ好きにはたまりません。濃厚でどっしり。こんだけどこを切ってもチョコやのにべったりした甘さはあんまり感じない。私が甘いもの好きなだけかもやけど。。。
フランツは神戸に4店舗。チーズケーキもよいですが、チョコのケーキもオススメ!

ああ~、こんな甘いもんばっかり食べてたら。。ひゃー!


お読みいただき感謝です。
甘いもの好きは止められません~。露出の多い季節が近づいているのにそれでいいのか?!いやいいに決まってます!
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。