戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平野へGO!〈その1~古い家~〉

ちょっと前になるけれど。
先日の休みに大阪・平野へ街歩きへ行って来た。
平野区って名前は聞いたことあるけど一体どこなの?
今回の行き先を決めてくれたのは京都・町家暮らしのぽんさん。
ベタな飲み屋で飲みましょう」と持ちかけた所、待ち歩きも提案してくれはったのだ。

地下鉄の路線図を見て、わあ、こんな南にあるんや!とびっくり。
もう数駅で電車の行き先表示でよく見る「喜連瓜破」である。これ、関西圏以外の人読めへんやんね?!
PCで一発変換できたんでびっくりした。ほとんどそのまんまですが「きれうりわり」と読みます。
「喜連」は中国から渡来して住みついた呉人が訛ったもの。
「瓜破」は僧侶の修業中にに神体が出現したため瓜を割(破)って供えた。
という由来があるらしいです。(はてなキーワードより)



閑話休題、平野は大正時代まで「平野郷」と呼ばれた環濠集落だったそうな。今でも古い町家がたくさん残る面白い場所らしい。
天気も良いし、散策日和だ~。
地下鉄の駅で待ち合わせると、もう地図を手にぽんさんが待ってはる。
地図を見ながら、このあたりからまわったらええんちゃうかなあとあれこれリサーチ済み。お誘いしておいて何もかんもおまかせでスミマセン~。



以下写真はクリックしたら拡大表示します。

最初に向かったのは平野郵便局。「ゆうびん局博物館」なる施設があるらしい。

yuubin.jpg

yuubin2.jpg

ショーウィンドーに飾ってあるのは明治5年のポストと局員の服装。
初めてポストが出来た当初のものだということやけど、「郵便箱」を「垂れ便箱」と読み違えた人が公衆便所代わりに使った人がいたとか。。うーん、確かに読めなくもないなぁ。

さて、博物館の中に入れることは入れたけど、休日やったので臨時の窓口が設けられており、職員のオバちゃんやら郵便を出しに来た人たちで何だか落ち着かない。
博物館というには何か…?な空気の中、昔の切手やハガキを鑑賞。
ついたてが邪魔で見られへんものもあったしちょっと残念。



道を折り返し、古い街並が残る地区へ向かう。
大通りを歩いているとどこにでもある街並みが、地図を頼りに商店街の方へ入ると一気に下町色が濃くなってくる。知らん土地の商店街って何でこんなワクワクするんだろう!
しばらく歩いていると素人目にも不思議にうつる建物が。

03.jpg

01.jpg

?2階はホントの窓ですか?
本気で2階部分はだまし絵かと思ってしまった。こんな家初めて見た~。
緑色の銅板張りの壁は何だか遊園地のお化け屋敷みたいやわ。
その色のせいもあってか実際にもそうなのか、2階部分がとても大きく見える。

11.jpg

09.jpg

02.jpg

細かい建物の作りのことは分からないけれど、京都の瀟洒な町家とはひと味違うユニークさがあって見ていてとっても楽しい。

10.jpg

この仕切りみたいな飾りみたいなのは「うだつ」というのを初めて知る。
比較的裕福な家につけられたものだそうで、「うだつのあがらない」の意味が分かってなるほど~と納得。
裕福になると人はとかく外見を飾りたくなるものなんだなぁ。。。
もともと防火壁の役割があったそうやけど、これはもう飾りやんね。

08.jpg

そのほか、こんなアブないお家も。。看板頭に落ちまっせ!

町家を見ながら道はどんどん商店街の奥へ。
心惹かれるレトロなお店がそこここにありましたよ~。


と、長くなってしまったので今宵はここまでにさせていただきたく。。。




ご覧いただき感謝です。長いので小分けになりそうです。
先日の京都、あさはかにも薄着で出かけた私は風邪をひいてしまいました。。まさに鬼の霍乱。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

スポンサーサイト

母とデート@京都

1026_1.jpg

このステキなチラシに惹かれて、昨日京都国立近代美術館へ「アーツ&クラフツ展~ウイリアム・モリスから民芸まで~」を見に行ってきた。
母と二人で出かけるのなんていつぶりだろう?

1026_2.jpg

西宮を出たときは雨は上がってたので大丈夫かと思っていたら、河原町に着くとめっちゃ降ってる!気温も低くて寒がりの私にはキツイよー。


さて、アーツ&クラフツとはなんぞや。
美術史なんてまじめに勉強したことないので、アーツ&クラフツ運動=近代イギリスで始まった工芸見直そう活動、ウィリアム・モリス=壁紙のオジサンくらいの認識しかない。。

そんなんでもファブリックの繊細で美しいデザインはすばらしくて見入ってしまった。

ichigo.jpg

いちご泥棒と題されたファブリック。タイトルもユーモラスでかわいいわあ。
工夫とデザインが凝らされた椅子や家具の数々も、その細やかさは驚くばかりだったんやけど…。
素直にどうなんだと問われると、よく分からへん。。。ごめんよー、芸術オンチ。
モリスを始め、この運動の中心を担った人々の生涯にわたる手仕事(民芸)復興への熱意はすばらしいと思うんやけど、私はどうしても展示後半の日本の蒐集品のがステキやと思ってしまったよ。

地味やけど、橇引き用の法被は見た目だけでなく用の美も持ち合わせたとってもシブいデザインやったし、三国荘の応接室も面白かったし。こっちのが心惹かれたなー。
そうそう、先日ドラマになってた棟方志功の版画もあったな。

ヨーロッパの手工芸品でジョッキがいくつかあったけど、全部フタ付き。なんで?と思ったら、ジョッキを持って踊ったり歌ったりしてもこぼれないようにとの工夫なんだとか。
その感覚、日本人にはなかなか理解できませんなぁ。。


美術館を後にして、おいしい穴子丼のお店があると聞いたので錦市場へ。
雨のせいもあるのか人多い~。もう2時も回ってるけどちらほらある飲食店はどこも人でいっぱい。
そんな中見つけた件の店は…ノーゲストやないですか。うーん、キケンな香りがするんですけど?!
まあ入ってみよかということで穴子丼を注文。

1026_5.jpg

実はネットのレビューでも評価が割れてたこのお店。
どうなんだ?いただきまーす。

・・・微妙。穴子がバサバサしていてふっくら感がまるでないよ~。
それと丼ならお吸い物とか欲しかったかも。
まあ、実際食べてみないと分からんこともあるよね。ということで勉強代1680円也。。

錦市場の途中で「何これ~?」とみんなが口々にいいながら通り過ぎるのを見た。

1026_3.jpg

名物 一度食べてみたい!!チョコレートコロッケ

確かに「何これ~」やなぁ。母も珍しもん好きなので1個づつ買うてみた。
「チョコレートやって~」といいながら足を止める人は多いけど私が見てたときには買う人はいなかった。。

歩きながらいただきまっす。
わあ~、ふしぎ!外はコロッケの衣やのに中からはあたたかーいチョコレートがとろ~り。
惣菜風フォンダン・ショコラ?意外と悪くないぞ。
油物×チョコの濃ゆいコンビやのにそんなにしつこく感じへんかったし。
なんであげてる最中に爆発しないのかとても不思議。
文字通り「一度(だけ?)食べてみたい」変わり種スナック。錦市場で見かけたら食べてみて~。おもしろいから。



時間がまた早いのでどこか行ってみたいところがあるかと母に聞いたら行ったことないので二条城に行ってみたいとのことやったので、烏丸からバスで向かった。

1026_6.jpg

ここ、世界遺産やったんやね。私も初めてやったし知らんかった。
雨も上がって寒いけど外歩きにはええ感じ。もうちょっと紅葉が始まってたらもっとよかったかな。
「城」と聞いて思い浮かぶイメージとずいぶん違うのは、このお城の役割のせいなんだろか?
城らしいのはお堀と城門と石垣だけで、天守閣は跡地だけやし城は厳めしい雰囲気は全然ない。
もっとも、本丸も焼失しており本来の姿ではないそうなんやけど。。
徳川家康が作り、大政奉還の発表もここで行われたなんて知りませんでしたよ。

1026_7.jpg

階段型の不思議な作りの二の丸御殿は国宝。
迫力の障壁画が各間にあるんやけど、暗くて見えにくいのが残念!
天井のちょっと中華チック(?)な模様とかものすごい凝った飾り金具はある意味美術館で見た工芸品より面白かったかも…。
中でも迫力やったのが欄間の彫刻。

1026_8.jpg

35cmの厚さの板の表裏に彫刻がされているんだけど、表と裏は何と別のデザイン。そしてこの細かさと立体感は何や~?!
絵の方はきちんと名前が説明されてあるけど、これは一体誰が作ったの??
見てるだけで気が遠くなりそやわ。すごすぎる。

1026_9.jpg

広い庭園を抜け、

1026_11.jpg

落雷でなくなってしまった天守閣跡にのぼり、ぼちぼちいい時簡になったので帰路につく。
寒さをのければ楽しい散策でした~。




長くなってしまいましたがご覧いただき感謝です。やはり京都は外国人がめっちゃ多かったです。お城もすれ違う人ほとんどが外国人でした。お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


お手軽コンビニお菓子2コ

おにぎりを買いにコンビニへ行って見つけたもの。

1005_2.jpg

おなじみ神戸屋「マイケーキ」。
オリジナルはふんわりしたスポンジケーキの間にバタークリームのはさまったレトロなおやつケーキである。
で、これはキャラメル味の「キャラメルマイケーキ」。
なんかパッケージが微妙に高級な感じがちょっとリッチな気分にしてくれる。

もひとつ別のコンビニでこんなのも見つけた。

1005_1.jpg

MONIMO」とかいてある。チロルの新商品?と思いきや製造元は日幸製菓という会社。
形も大きさも全く同じやねんけど…?
シンプルなイラストに心引かれて3種類全部買ってみた。

ではいただいてみよ。

マイケーキは甘いやろなあ~と思いながら口に運んだけど、やっぱし!
オリジナルもかなりの甘さやねんけど、キャラメルのどってりした甘みとバタークリームの相乗効果にスポンジの甘さも重なってなかなか逃げ場のない甘さである。
マイケーキらしいとチープで懐かしい甘さでもある。バタークリームのせいかな。
冷やしたらもうちょっとあっさり(?)いただけるかも?
しかしマイケーキは基本どこまでいってもバタークリームなんやねー。

割と人気のあるマイケーキ。なんで神戸屋のホームページに載ってないんやろうと思ったら、とある会社の商品に全く同名の商品があるやないですか!
会社的には神戸屋の方が老舗やけど、商品的に向こうさんが先やったんやろうか?
大人な事情でホームページから仲間はずれになってるんだろうか?
同じスーパーに両方の商品があるってことはないのかな??だってもう一つのマイケーキの会社は岡山なんだもん。


そしてMONIMO。
食してみると、ちょっとチロルよりもチープで子供っぽい感じのチョコ。中のサクサクウエハースの食感がまた駄菓子チック。
どんな会社なんやろうとホームページをのぞいてみた。
チョコレートが主力商品らしい。
結構なラインアップがあるけど見たことあるのんは、大袋入りでトランプ柄の入ったチョコだけ。
しかしこのMONIMO形、大きさ、置いてある場所もチロルの横とかなり挑戦的やけど問題なし?




ご覧いただき感謝です。寒くなってくるとチョコのバリエーションが増えますなぁ。とはいえあんまり高価格帯のチョコって買わへんけど。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


出社(BlogPet)

きょう、出社ー!

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

味はしませんけど

最近買物の話が多いなー。
おとといこれを買いました。

1024_1.jpg

13インチ新型MacBook
よくよく考えたら新品のパソコン買うのって初めて!ずーっと中古と倒産した会社からのいただきものばっかしやったもんなぁ。そんでもってノートを所有するのも初めてだ~。
テンションあがるわあ。

1024_2.jpg

アルミの筐体がスタイリッシュ~。凹凸も少なくてすごいスッキリしたいかにもアップルなデザイン。
薄っぺらいけど思ったより重量があるなー。

あら、さっそく興味を持った2本が…。

1024_3.jpg

1024_4.jpg

いたちの鼻水がいっぱいついた。
これでアナタもうちの仲間入りよ。

USBやLANケーブルの穴がなんでか全部左についてる。マウスつけたら使いづらくないやろうかと思ったんやけど?私はマウス使うことはまずないからいいけど。
でもってキーボードが使いやすい!押した感触もええ感じ。
そして指の動かし方で感覚的に操作できるトラックパッドも面白いなー。

しかし遊びの為だけにこんな高価かつ高スペックなマシンは必要なんだろうか…?
使い勝手がええのはわかるけど重い作業もしないしすごさは全く実感しませーん。
Leopardの機能のほとんどを知らんまま終わりそうな気がするわあ。
その前に遊びで買うならどうせやったらWindowsを使えるようになれば?という気もするし…。
Windowsホンマに全然わからへんねん。。

ともあれ、ノートは便利!(そんだけか!)布団やソファの上でリラックスしてブログもかけてしまう。一度手にしたらもう手放せまへん。
高価な大人のオモチャを手に入れましたわ。
こんなキーワード入れたらまた「大人のオモチャ」で検索してくる人が増える~。
ゴメンね、期待ハズレで。

そういや怪しげな大人のオモチャにメラミン混入のニュースを少し前に見た。
チョコレート味」の「成人玩具」って何?って子供に聞かれたら親御さんは困らはるやろうなぁ。
もしこの怪しげな成人玩具を使ったせいで体調不良になっても訴えにくいよな~。ましてや死んだ日にゃ参列者の失笑間違いなしやね。



ご覧いただき感謝です。
みかんですが、まだ肉球はイマイチです。

1024_5.jpg

両前足はざらっとしてるし、

1024_6.jpg

後ろ足は検査ではがれた皮膚から出た血が固まってとても痛々しい。
が、本人はいたって元気でそれだけが救い。

1024 _5

この見上げポーズに萌え~。

お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


また買っちゃいました。

ちょっと前に買ったような気もしないでもないけど、先日また新たに買っちゃったよ。

たまにオークションで「漢聲雑誌」を検索してみるのだけど、何かめぼしいものがひっかかることはまずない。
ある日たまたま検索するとこの本が出て来た。

老月份牌广告

希望落札価格なんと18,000円!
うーん。どないしようかしら。定価はきっとこんなにしないはず。

漢聲雑誌社のオンラインショップにはこの本は置いていない。おそらく廃版の本なのだろう。
でももしかしたら余っていたりしないだろうか?
というわけで善は急げ。拙い英語で漢聲雑誌に問い合わせてみた。
しかし、返信は

 Sorry the '老月份牌広告' just an out-of-print book.

そうやんね。。。
でもここの出版社は問い合わせのレスがめっちゃ早い。だいたいその日のうちか翌日には返信があるのでそれだけでもとてもありがたい。

しかしないとなれば、オークションで買うしかないなぁ。
お金をケチってあとで後悔するよりは目先の痛みに耐えようではないか。
押しちゃえ!「落札する」をポチっ。

というわけで手に入れた。(クリックで拡大します。)

yuefenpai_1.jpg

「月份牌(yuefenpai)」はカレンダーのこと。
20世紀初頭~中頃の中国の企業の広告カレンダーを集めた本らしい。
一枚見本が綴じ込まれていたが、ポスターの下に12ヶ月のカレンダーが印刷されていた。
大きさもさることながら、大分縦長な、掛け軸みたいなもんやったんだろうか?
こんなクオリティ高いもんやったら部屋の飾りにも申し分ないよね。

yuefenpai_2.jpg

上下巻2冊と白紙のメモ帳(?)がついている。箱も天地は布張りで上部は斜めにカット。
これまた凝ったつくりである。ステキ!(↑クリックで拡大します。)
全ての本の作りが袋折りになっているのも贅沢だわ~。
もしかしたら紙の薄さをカバーするためなんだろうか?

上巻は「論述編」と題され、画に関する表現とかレイアウトに関する解説がなされている。
巻末にはこれらが作られた時代背景と思われる解説も載っている。
独特の色合いと、この時代に大流行した美しいチャイナドレスが何とも言えへんなぁ。
女性の目元は妙にセクシイで女性二人のツーショットなんかは何やら妖しげな空気さえ感じてしまう。
でもみんなとってもお金持ちそうね。
また、アール・デコの影響と思われる枠のデザインも画の雰囲気にぴったし。
以下写真をクリックすると拡大します!

yuefenpai_4.jpg

yuefenpai_5.jpg

yuefenpai_6.jpg

yuefenpai_7.jpg


下巻は「図像編」で、描かれている各商品や、枠のデザインをキリヌキで集めたものと、企業別のポスターの一覧が紹介してある。

yuefenpai_8.jpg

yuefenpai_9.jpg

yuefenpai_10.jpg

いくつか「白鶴」や「アサヒビール」「ライオン」といった日本の商品が混じっているのは間違いではなく、統治時代の時代背景が無関係でないと思われる。

ええ買い物したわあ。買ってよかった~。しかしやっぱり文章が読んでみたい。台湾語やしいつになるやら…。

おまけ(?)のノート「手記」。

yuefenpai_11.jpg

yuefenpai_12.jpg

これも丁寧な袋とじ。しかも内側は広告が印刷されている。
こんなもんに書き込めるはずないわ!もったいないっ。

ふと箱の後ろを見たら、

yuefenpai_3.jpg



えええ~?!新品この価格で売ってたの?
ますますええ買い物した…かな?


ご覧いただき感謝です。また誰もよろこばないネタで一人盛り上がってしまいましたわ。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

それで注文しなかった(BlogPet)

きょうにかんが連休とか予約しなかったよ。
それで注文しなかったー。
だけど、装飾しないです。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

肉球が…

おや?みかんの肉球が何かヘンだぞ。

フェレットの足には他の動物同様肉球がついており、ぷよぷよしっとりしていて触るととても気持ちいい。
ところが2種間ほど前になにげなくみかんの肉球を見たら、何だかガサガサになっている。
「何か汚くなってるなー」と思ったものの、その時は特に気にせずそのうち治るだろうと放ったらかしておいた。
ところが先日見たらまだ治っていない。
4つ全部の肉球は潤いがなくなりガサガサになって、所どころ角質がめくれそうになっている。

nikukyu_1.jpg

写真では分かりにくいけど特に後ろ足がひどい。
お迎えして3年、こんなのはついぞ見たことがないけど。。。

ちなみににまめの肉球。

nikukyu_4.jpg

ピンクですべすべしっとりしている。ふだんはみかんもこんなのなのだ。
にまめ爪伸びてるな~。切らんとアカンわ。

しかし困った。何だろうか?

フェレットの足裏が堅くなる現象(ハードパット)で一番よく言われるのは、犬ジステンパーの疑い。
犬の病で有名なこの病気にはフェレットもかかるのだが、一度罹患してしまうと致死率100%という恐ろしい病気なのだ。
もしや?!と思いあれこれ考えてみるも、特に思い当たるフシがない。
2匹ともジステンパーの予防接種は毎年行っているし、頻繁に散歩に出るわけでもない。
何よりまぐまぐゴハンを食べてるし、体重減少の気配もない。ウンコも下痢ではないし、一般的なジステンパーの症状が他に何も見られない。
うむむ、でもこんなガサガサは初めてだぞ。

さらにネットで色々見てみたら乾燥体質のコだとか、トイレ砂が変わったことによる皮膚荒れとか、水虫なんてのもあるらしい。
トイレ砂はずっと一緒なんで、あるとしたら乾燥によるものなんかなぁ。。

素人があれこれ悩んでも解決しないな。ほっといて万一があったらイヤやし。

というわけで会社にことわって、翌朝車を飛ばしてみかんを病院へ連れて行った。
たまたまこの日の担当がなじみの先生で話がハヤイ。
体重は910g。体重減少どころかむしろ増えてるな。
ジステンパーの予防はこの病院でいつもしてもらっており、先生曰くクスリは良く効くと言われているものを使っているからまず心配はないと。
あとはダニやカビ(水虫?)の疑いか換毛期や季節によるものか。
ヒフ検査をしてもらった。

セロテープを肉球にひっつけてはがし、くっついてきたものを調べる方法と、皮膚を削って調べる方法の2種。
皮膚検査は本格的にするとかなり時間がかかるものになるということで、まずはその日すぐに分かる範囲で調べてもらった。

「ちょっと血が出ましたけど。」といって戻ってきたみかんの両後ろ足は血まみれ!

nikukyu_2.jpg

ぎゃ~、ごめんよ~。
まあ本人はもう忘れてるっぽい顔をしていたけど。

結果は特に問題ナシ。
季節的なものの可能性が高いのでしばらく様子見でお願いしますとのことやった。

やれやれ。まずは大病の疑いは晴れたかな。
帰宅してケージに戻し、出社しようとしたら

nikukyu_3.jpg

このじっとり顔。
フェレットバイトあげるから機嫌直してちょ。


nikukyu_5.jpg

診察代3150円也。備考欄に「セロハンテープ法」ともっともらしく書いてあるのがちょっと笑える。


待ち合いで病院を嫌がって暴れる黒ラブを必死で押さえていたオバちゃんに
小動物は大人しいし、病院代かからなくていいわねえ~。」と言われた。
確かに体力勝負はあんまりないけど、鳴かへんだけで決して大人しくないし、これから闘病の確率も高くなって大変なんですよ~。
と話そうかと思ったけど、あまりにも黒ラブを押さえるのに大変そうやったんで「そうですねえ」と濁すにとどまる。

この黒ラブは相当病院嫌いらしく、診察室へ入るのも大変な苦労をしていた。
暴れてソファに駆け上がったりしたあげく看護士さんの手を借りてようやく診察室へ入った後ソファの上を見たら、大きな落とし物が…。あららら。
毎回大変なんだろうなぁ。


ご覧いただき感謝です。足の写真ばっか。
みかんは皮膚を剥がれた場所がちょっと痛々しいけどそれ以外はいたって元気です。
はよ治ってや~。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


ヘルシー2点

連休に六甲の図書館へ行った足で実家に帰った。
図書館の最寄りはJR住吉。ときたら手みやげは「山口とうふ」に決まり!

ぽやーっと考え事をしていたら店の真横を通り過ぎて商店街をずいぶん北に上がってしまった。
あれ?閉まってたから気付かなかったか?と道を戻るといやいや、しっかり開いてました。
夕方遅い時間でもやっぱり数人の行列。人気店やねえ。

今日のお買い上げは

1012_1.jpg

1012_2.jpg

前気になって買わずじまいやった「辛いとうふ」、とデザートとうふのあずきと抹茶。そして看板商品のゆばとうふはぜひ家族に食べてもらいたい。
前回見かけなかった黒豆のおからもかなり魅力的やったけど今回は買わず。そういやちょっと前に黒豆解禁になったもんね。こちらまた次回のお楽しみにしようっと。
黒豆の枝豆食べたいなぁ~。


1012_3.jpg

辛いとうふ。
唐辛子のつぶつぶがいかにも辛そう!いただきまーす。
口に入れるとまずゆずの爽やかな風味が広がってちょっと意外な味に驚いた。
何だ、あんまり辛くないやん。
が、ひと呼吸置いてからぴりりと辛さが!これは結構辛いぞ~。お酒のアテ向けやなぁ。
肉豆腐にしたら美味しいかも!寒くなったら作ってみよう。

デザート豆腐も前回同様満足のおいしさ。ババロアのような食感で言われなかったら豆腐ってわからんかも。前のはマンゴーとチョコという変わり種やったけどやっぱし小豆や抹茶といった和風味の方が合うように思う。。
でも変わり種があったらまた買ってしまうやろな、私は。




泊まって翌日、行ってみたかった家近くの讃岐うどん「凡蔵」へ行ってみた。

1012_5.jpg

須磨で美味しい讃岐といえばここの名前が揚がっているので、家からも近いし一度いってみたかったんよね。
あたたかいぶっかけうどんを注文。だし、めっちゃ熱い!いただきまーす。

1012_6.jpg

だしの色に反して意外にも薄めの上品な味。
うどんのコシはといえば、悪くないんだけどやっぱり讃岐のそれを期待するとちょっとあてが外れてしまった感があるなぁ。。。でも決して不味くはありません。あっさり味も手伝ってつるつるっとイケてしまいます。
でも、讃岐と言うならば素朴で無骨なあのうどんが食べたいんだけどなぁと思ってしまった。

1012_7.jpg

おでんもあったけど、穴子押し寿司といなりで。甘い味付けと固めのご飯が美味。
ごちそうさまでした~。

とうふやうどんやとなかなかヘルシーでよろしいですな。
でもいっぱい食べてたら意味がないで!


ご覧いただき感謝です。またしても地域情報だ~。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


関西の血?

先週の通勤電車で。
とある駅で停車中になにげなくプラットホームを見たら、学生と思われるカップルがべったりと抱き合って座っていた。
朝も早い時間にお熱いことで。というか若いなぁ~。

別の日に地下鉄のホームを歩いていたら、これまたホームのベンチでひしと抱き合う若いカップルが。
先日見たばっかりやったし、涼しくなって寄りそうにはいい季節になったからか?と思っていたら、横を歩いていた若いお母さんと小学校低学年くらいの親子もこのカップルに目を留めたらしい。ひそひそ話し始めた。

母「いや~、すごいなぁ。あんなヒトマエで。」
子「ほんまや、びっくりするわ~」
母「信じられへんなぁ。」
子「すごいなぁ~。」
母「心臓止まるか思たわ。」
子「ほんまや。ギックリ腰になるかと思たわ!

ギックリはならんやろ!
手つきで子供にツッコミを入れたいのをぐぐっと我慢してその親子の横を通り過ぎた。
同じ関西でもオモロいなぁと思う会話が結構あるので、関西圏以外の人が聞いたらさぞかしびっくりするかも。



さらに先日のこと。
会社の経営するカフェで使用するジューサーが事務所に置いてあった。

私「わあ、ええジューサーですね。これどこのメーカーですか?」
同僚「○○ですわ。」
私「ああ~、よう見ますね。そこのやつ。…で、どこのメーカーですか?
同僚「いやいやいや、今言いましたやんか!!」

私の発言後0.5秒の同僚のツッコミは関西の血やけど、私のボケはこれ、ヤバい方のボケですかね??






写真がないので動物たちを。
この前ネットで見たハロウィンのランタンを持つカワウソ。めっちゃカワイイ!
いたちの形をした動物は全部可愛く見えるぞ。
この得意げな顔つきがツボ!

1012_8.jpg


次はおこられた直後の仏頂面のみかん。いつもこんな顔との説もあるけど。。。

1012_9.jpg


昨日実家へ行った時に撮った実家の犬。私が手に持っているおやつをじぃっと見つめてるの図。

1012_4.jpg

首の白い毛の部分がヨダレに見えるよ。。。メダボで散歩嫌い。家族は手を焼いてます。



くだらぬ戯れ言、お付き合いいただき感謝です。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


ミミ寄りな話(BlogPet)

kasparekの「ミミ寄りな話」のまねしてかいてみるね

今日は当日分のみ?
てこと、石釜で、店内はオススメよね。
手ではこぎれいな!
1-23TEL078-6686(パンで下車し、本家と共にこちらの打ち合わせの返答。
ほんのり温かくてトーストしてショーケースを使って前から独立し、きちんと「食パンありますか?」と田舎パンで巻きを狙うのね?予約かしら?
これって食パンだ!とにまめ、本家と共にこちらのページつくりました。
てこと思ってトーストし、先代ぽんきちの写真あります!
の焼きたてらしい。
めずらしく地域情報だ!じゃあいちげんさんは昭和7年開店のやねん…)8:00~19:00日祝定休ご覧いただき感謝です!その耳がまだパリっとよろしくです!パイ?もう売り切れたので耳が楽しみだ!パイ?!としてきめがない作りがする♪
てこと言っている看板を買いに食べていただいたついでにおびただしい数の老舗の返答?
ほんのり温かくてあるならこの焼き上がり時間がしっかりあってええ食して焼き上がり時間が置いてカレードーナツとかぶどうパンをのぞいたら、おや?!じゃあいちげんさんはやっぱり売り切れたのでいろいろある!
と思ってみるとになっても味が楽しみだ!その耳のね。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

ミミ寄りな話

今日は出勤はナシ。外注仕事の打ち合わせの帰りに岡本で下車して前から行ってみたかった「フロイン堂」のパンを買いに行った。
ここは神戸っ子は誰でも知ってるドイツ菓子店「フロインドリーブ」から独立しはった昭和7年開店の老舗のパン屋さん。
手で捏ね、石釜で巻きを使って焼く昔ながらの手作りパンで、本家と共にこちらのお店も阪神間のパン屋ではかなりの有名店。

1008_2.jpg

外はこぎれいな建物なんだけど(植物は横のお店のやねん…)、店内は昭和へタイムスリップ。

1008_1.jpg

無駄な装飾のない蛍光灯の明かりが素っ気ない作りがただの流行りの店ではないことをよーく物語っている。昭和~な掛け時計が目立ってたな。
昼過ぎに行ったのでいろいろあるだろうと思ってショーケースをのぞいたら、
おや?バケットと田舎パンしかいませんよ?もう売り切れ?!
と、外に出ている看板をみたら、各種パンの焼き上がり時間が書いてある。
お気に入りがあるならこの焼き上がり時間を狙うのがベストらしい。てことはやっぱり売り切れたのね。あらら~。
さすが老舗の有名店、あなどれへんわ。どないしよかしら。

と、店内奥を見ると、棚やらテーブルやらにおびただしい数の白い袋が置いてある。
これって食パンだよね?予約かしら。
一応「食パンありますか?」と聞いてみると「ありますよ。」の返答。おお~、よかった!
じゃあいちげんさんはオーソドックスな食パンにしておこう。1/2本をお買い上げ。

帰ってさっそく食してみた。
ほんのり温かくて焼きたてらしい。少し切って焼かずに食べてみた。
外がまだパリっとしているので耳がパラパラ落ちるのがもったいない!
その耳は厚みがしっかりあって耳好きにはウレシイ限り。そして中はしっとりとしてきめが細かい。
味は素朴な美味しさの一言。
素朴と言っても味がないのではなくて、きちんと「食パンの味」がする。

厚めに切ってトーストし、バターを塗っていただいた。
おお~!耳のサクサク感が何とも香ばしくてええ食感!
パイ?バケット?みたいな感じ。
これ耳だけいっぱい欲しいわあ。
1/2本なんで、片側には全ミミの箇所が残っている!わーい、明日食べるのが楽しみだわ。

ありゃ、ミミの話ばっかりになってしまった。ミミ好きにはオススメよ。



フロイン堂
兵庫県神戸市東灘区岡本1-11-23
TEL 078-411-6686(パンの予約は当日分のみ。発送不可)
8:00~19:00
日祝 定休



ご覧いただき感謝です。めずらしく地域情報だ!
今度は時間をみはからってカレードーナツとかぶどうパンにも挑戦してみましょ。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


見てるだけでもいいの

先日到着した漢聲雑誌社の本2冊。
本文はサムネイルです。クリックすると大きい画像が観られるのでお暇な方はどうぞ。

kansei_6.jpg

こちらは「大過」シリーズの午年のもの。
新年の干支の剪紙や干支に因んだ絵画や門神の絵画などのポスターが12枚入っている。
なぜか丑と蛇年は筒版しかなくて、辰年はどちらもない。
ここの出版社は会社をたたんだり復活したりとイレギュラーな活動をしていると聞いたことがあるのでそのせいなんかもしれない。
3年後にはドラゴン出してや~。

さて、筒版は初めて買った。私の持っている大過シリーズは全て冊子版。
筒のものは長辺が若干長い気がするぞ。
折り目がついていないメリット飾るにはええけど、くるくる丸まってて広げにくい!
それに折り目がついていないものを折るなんてできないので眺めにくい…。
部屋中に貼れたらええけど、そんなステキな広さの部屋は、ないんだなぁ。

1006_2.jpg

1006_3.jpg

馬をモチーフにしたステキな剪紙たち。ほんまはまだ数枚あるのよ。

1006_1.jpg

人文字。漢字になってます。こんなん誰が何のためにどうやって考えるんだ??

1006_4.jpg

そしてこれは…カラシナ。って縁起いいのかな。春の草花だから?
そういや別の年のポスターには菜の花もあったなぁ。

そういやもうじき来年の干支の「大過牛年」が出るんやなかったっけ~ホムペ要チェック!




kansei_1.jpg

こちらは「煙画」を集めた「煙画三百六十行」。
煙画って何やろかと思っていたけど、煙草カードのことらしい。
で、煙草カードって何だ?
アメリカ発祥の煙草カードは、商品保護目的で煙草の箱に入れられていた板紙が煙草の販売促進目的としてコレクターズアイテム化したものなんやって。それが世界の煙草会社に広がって一大ブームになったそうな。
今でいう食玩のハシリのような存在だったみたい。元はオマケやもんね。
くわしくはこちらでどうぞ。

kansei_2.jpg

kansei_3.jpg

kansei_5.jpg


この本に集められているのはお洒落なチャイナの女性でもなければユニークな京劇のお面でもない。
衣食住や当時(19末~20世紀初頭?)の文化が描かれた庶民的な画ばかりがずらり並ぶ。

1枚1枚に説明は入ってるねんけど、全部読もう思ったら気が遠くなるくらい時間かかりそうなんで読解はまぁおいおい。。とゴマかしておいて素朴な庶民の生活風景たちを眺めて楽しむ。

何より漢聲雑誌社の本は、文字の読めん外国人には見た目のインパクトで引き込まれるのですよ!


ご覧いただき感謝です。
マイナーな話題に客足が遠のくのが分かるわあ。独りよがりでごめんなさいね~。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


たまにはファンタジ~

1005_7.jpg


行きたかったけど公開時に観に行けなかった「パンズ・ラビリンス」を観た。
アカデミー賞撮影・美術・メイクアップの3部門受賞した「現代のダークファンタジー」。「ダークファンタジー」に惹かれたのが半分。でも「現代のファンタジー」で「アリス・イン・タイドランド」を思い出して一抹の不安があり行かへんかったんよね。(アリス・イン~はぜんぜん受け付けへん映画やったんで。。。)

内戦後のスペインが舞台。
身重の母と共に、主人公の少女オフェリアが母の再婚相手のいる軍の駐屯地へやってくるところから話が始まる。
駐屯地のある山中にはレジスタンスが潜み、軍との一触即発状態となっている。
その軍を指揮するのがオフェリアの新しい父やねんけど、この父親というのがこれでもか!というくらいの冷血漢。

1005_3.jpg

人はばんばん殺すし娘となるオフェリアへの態度も愛情のかけらすらない。
この世の怪物という描き方かな。
戦争という時代も悪い、家庭もちっとも暖かくない。
次第にオフェリアは空想の世界を信じるようになる。。。

ファンタジーやけどちっともかわいげのないクリーチャーたちがさらにストーリーを不安な空気で包んでいる。

1005_2.jpg

「ソウ」シリーズの仮面にしか見えへん迷宮の守護神パン。見方か敵か全くワカラン。
そして

1005_4.jpg

目のないなんやよう分からん生き物。味方やと思ってたけど違うかったわ。
目は皿の上に置いてあって、それを手にはめて追いかけてくる姿はコワいけどちょっとコミカル。
ドラえもん「手足七本目が三つ(ネコの手もかりたい)」を思い出したぞー。

1005_1.jpg

でもどんな怪物より私は随所に出てくる虫でアウトや~。
虫が妖精の化身なら王女の資格はいりません。。



ダークファンタジーと銘打つだけあって、ラストはビター。
オフェリアはパンの出した試練に何とか合格し最後の試練に挑むも、その答えは自分の死という何だか理不尽に思えてしまうもんやった。

1005_6.jpg

魔法の王国で嬉しそうな笑顔のオフェリアと、現実世界でのレジスタンスのオバちゃんのむせび泣きがほろ苦い印象を残す映画。
最後のナレーションで彼女は魔法の王国ですばらしい治世をしたと締めくくっているから一応ハッピーエンドではあるんやろうけど。。。
ファンタジーというより現実の厳しさの方が観る者の心を締め付ける話やわあ。

独りで過ごす秋の夜長にいかが? って悲しすぎるかなぁ?




さて、ファンタジーつながりでもうひとつ。
「チェコアニメ最後の哲人」イジー・バルタ巨匠の長編作がいよいよ来年の夏に公開!
パイロット版ができたのがもう12年も前!。じらしにじらした「ゴーレム」本編がいよいよお目見えか?!
と思いきや、

barta_01.jpg

ちょっと、いや大分毛色の違う作品が出来たよう。

In the Attic(屋根裏部屋で)というタイトルのこの作品はチェコアニメ史上最長の90分という超大作なんやって。
アニメーション作家は短気な人間には絶対つとまらへんなぁ~。私絶対ムリ!
屋根裏部屋で捨てられていた人形やおもちゃたちが、自分たちで世界を作るという子供も楽しめるファンタジーだそう。今までの作風とはずいぶん方向転換したんやなぁ。
笛吹き男」のダークネスっぷりからは考えられないカラフルなスケッチに驚いた。

barta_02.jpg

barta_03.jpg

短い予告編はこの夏各地の催しで上映されてたらしい。観たかったなぁ。
これでがっぽり儲けて「ゴーレム」をぜひとも完成させておくれよ、バルタ先生。

「笛吹き男」のダイジェストはこちら(一番上だけ音がでませーん)↓







「In the Attic」は来年夏に東京公開。ということは、関西は秋~冬くらいかなぁ。
ああ~楽しみが増えた!


ご覧いただき感謝です。
ダイジェストを観てたら「笛吹き男」が観たくなった。今からビデオ引っ張り出して観ます。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


モタった!タメした!



モラタメでモラえました~。

1003_1.jpg

クノール「1日分の緑黄色野菜スープ」の完熟かぼちゃポタージュ。
1個だけわざわざ宅急便で送ってくれるなんて手間やなぁ。アリガトウゴザイマス!
1日に必要な緑黄色野菜120gがこの中に入ってるんやって。お手軽やね~。
普段朝食はとらへんねんけど(そんな時間がない~!)、翌朝にいただいた。
こっくり濃くてかぼちゃの甘みがきいてる。インスタントと思えへん味にびっくり。美味!
あんまりこのテのスープって買わへんねんけど、進化してるんやねえ。
カロリーも1食120kcalと控えめ。美味しくヘルシーにいただきました。
この日だけ体がキレイになったかな?



こっちはモラタメでタメしました~。

1004_6.jpg

何となく気になったので定価の半額で買った「昭和二十一年八月の絵日記

昭和21年に小学校5年生だった著者の実際の日記である。
到着するまで全く気付かなかったけど、表紙の山に描かれているのはもしや市章山

shishouzan.jpg

神戸市のシンボル、市章山は神戸市の市のシンボルマークをかたどった電飾のある山で神戸のランドマークともいえる。
京都・五山の送り火と並ぶ知名度である(ウソ)。
左は碇のマークでその名もズバリ碇山。夜の山に市章や碇が光っているのをを初めて見た人はビックリするかもね。

話は戻って。
これが表紙に描かれてるということは著者は神戸出身?
プロフィールを見るとその通りで、神戸市灘区の高羽小学校に通っていたそう。
神戸市民として親近感が湧きますなぁ(今は私、宮っ子ですけど)。

流し読むだけかなと思ったら意外にも面白くて読み入ってしまった。
いたるところにある紙のシミや、旧字が時代を感じさせる。

1004_7.jpg

1004_8.jpg

別段何か大イベントがあるとか大事件があるとかでは全くなく、当時の小学5年生の夏休みの日常が淡々と綴られているだけである。
でも、今とあまりにも違う生活風景のせいやろうか、とても想像力がかきたてられて最後まで飽きることなく読んでしまった。

戦後1年たってもまだ配給のある生活、畑のウリや配給のパンを家族みんなでおいしくいただく生活、代用食ってどんなものがあったのだろうか?
食べ物の少なかった時代、日記の内容の多くが食べ物のことに触れている。そして家族のこと、来客のこと、気候のこと。
決して裕福な暮らしではなかったはずなのに、絵日記からはとても色鮮やかな風景が想像された。
昔の方がエエ!と思っている訳ではないけど、モノがあふれていれば幸せというわけではないんやなーということを改めて思った。



ご覧いただき感謝です。
なかなかあたらん「モラ」。あきらめずに応募してたらもらえるんやねぇ。これからもがんばろ。
そして市章山の市のマークは何と明治40年からあったということを初めて知った。
神戸にお越しの皆様、見たことなければぜひ見てくださいな。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


ぱるぷんて(BlogPet)

きのうにかんが、生活ー!
だけど、ぱるぷんてと予想するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

甘党の秋~♪

先日スーパーで見かけたバームクーヘン。

1002_1.jpg

あら?美坂屋だ!と思ってすぐ購入。
塩バウムと発酵バウム。あと買わなかったけどチョコがあった。1個120円也。
1年近くも探した塩バームが姿を変えてスーパーでお手軽に変えてしまって何かフクザツだぁ。。
でもお味は保証付き!

塩バウムは自然海塩を使用。ほんのり塩の後味が美味!
発酵バウムは発酵バターを使った甘くてこっくりした食べごたえのあるバウムクーヘン。
そしてどっちもこの価格とは思えないしっとり感がスバラシイ!

噂が噂を読んで要望に応えはったのかどうかは知らんけど、久しぶりに検索したらしっかりお取り寄せホームページが!
バームクーヘン好きはぜひ一度お試しあれ。今は限定商品で地元・鹿児島が舞台の「篤姫」にちなんだ紫芋のバウムもあるそうです。
ちょっと前に食べた、モンシュシュのバームクーヘン(プレーン・抹茶)も予想以上の美味しさやったけど、お手軽さを思うとやはり美坂屋に軍配かな~。
モンシュシュはやっぱし堂島ロールよね!
というか、バウム熱さめたんちゃうん?いやいや、美味しいと聞けば(聞かなくても)飛びつかんと!


今日は一件売り込みの面接があって、南森町まで出かけていた。
近くに日本一長い商店街で有名な天神橋筋商店街があり、寄り道したかったけど時間がなかったのでたった80メートルほど歩いて諦めた。
またこの会社に縁があったら(なくても)、日を改めて来ることにしよ。
で、横道を通ったら。

1002_6.jpg

こんなドーナツ屋があったので入ってみた。「ハニーミツバチ珈琲
ドーナツはプレーンとシュガーシナモンと季節商品のチョコクランチの3種。

1002_3.jpg

テイクアウトして帰宅後いただいてみた。

1002_4.jpg

重すぎないケーキドーナツという食感。

1002_5.jpg

甘すぎず、油っぽすぎず、小腹が減ったときとかおやつにちょうど良い感じ。
味の批評って難しいけど、ドーナツの美味しい不味いってようわからへんな。値段も120円とかなんで不味くても「まあ安いしなぁ」で済ませてしまうし。
ミスドと最近よく見る自然派ドーナツの中間くらい。万人ウケしそうな位置づけやね。
大きさもまちまちやったし、街のドーナツ屋さんかと思いきや、あの「まいどおおきに食堂」「串屋」などのごはん屋チェーンの会社の経営やった。
大阪にまだ3店舗ということはこれからドーナツブームにのっかって(すでに去り気味かな?)増殖するのかな~?


最近のなつかしブームにのっかってついにコンビニでもなつかし商品が!
先月半ばからファミマで始まったR45フェア
45歳なんで、もうちっと若いワタクシにはちょっと縁がないものも多いんやけど、この前ファミマで見つけてつい買ってしもた。

1002_2.jpg

このリボンと包み、そして家では買ってもらえなかったお菓子やったんで、子供心に「よそゆき・高級感」のイメージが強かったアメ。
透明と半透明の砂糖味のアメの中にチョコが入ってるんよね。
大して美味しくないし、アメが割れた時に舌を切ることもあってややリスキーなお菓子やねんけど、味の善し悪しよりもあ~、これこれ!と幼い記憶を楽しんでしまう魔物商品。
こーゆーの、「おっさんホイホイ、おばさんホイホイ」って言うんやってねぇ。トホホ。ゴキブリと同列かよ。
まー、次から次から食いついてくるやろし、メーカーもホクホクやろね~。

お立ち寄りいただき感謝です。
手塚治虫「火の鳥」に、「文明が衰退すると、人類は懐古趣味に走る」というようなセリフがあります。最近の昭和ブームが取りざたされるたびにこのセリフを思い出してちょっと怖くなってしまいます。。なのに、踊らされてるねえ、私も。

ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。