戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾再々々〈台中・鹿港を歩く:その1〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「喜在眼前」をアップしました。

xizai.jpg

よろしければこちらからどうぞ。

その他の作品はこちら



しばらく音沙汰のなかった台湾紀行の続き。
今回どうしても行ってみたかったのが、台湾中部・彰化県にある港町、鹿港
旅々台北でここの紹介を見て以来、ぜひとも訪れたかった街なのだ。
赤煉瓦の塀が続く古い街並をそぞろ歩くのはさぞかし雰囲気があって楽しいだろう。。

胸を膨らませてこれまたお初の台湾高速鉄道(台湾新幹線)に乗り込んだ。
自販機で迷うことなくカンタンに切符も買えました。

090503_3.jpg

台中の駅。ものすごく近代的な駅舎。

090503_4.jpg

不思議なムシを見た。まっかっかだ~。


鹿港へはこの台中駅からバスで約1時間。
1時間待たされて乗り込んだバスは地面の振動がモロにお尻に響き、座っていても体が右へ左へぴょんぴょん跳ねるとってもアトラクション的な乗り物やった。
やっぱし地方へ来ると違うんだなぁと実感。
街の風景も心なしか土臭く風化した建物が多いように見える。

棚にぶら下がってるの、何か分かりますか?

090503_36.jpg

答えは降車のブザーでした。
前~後部座席の上の荷物置きに張られたワイヤーを引っ張ると「じりりりりーん!」とけたたましい音がするレトロ感たっぷりの降車ブザー。
写真に写っている四角い箱みたいなんがどうやらブザーのよう。
ワイヤーが突っ張るとベルが鳴るというシンプルな作り。

じりりりりーん!」を何度か聞き、いつ降りたらいいのか不安になりかけた頃(アナウンスはおろか、当然電光掲示板だってナイ)ようやく到着。
ていうか終点やったんやね。駅ちゅうか車庫だもん、ここ。
このブザー、ぜひとも引っ張ってみたかったんやけどなぁ。


ガイドには「小さい街なのですぐ分かる」というような事が書いてあったけど、地図が現実の世界になると細い路地やらがいっぱいあって全くわかりませーん。
天后宮」の案内板を見つけたのでまずは天后宮から攻めてみることに。
案内板を見つけてから歩く事10数分。参道(?)と思われるメインストリートに到着。

ここで愕然。
ええええ~?!静かでレトロな鄙びた港町やと思ったのに。。。

090503_5.jpg

正月の生田神社さながらの人の波に呆然。
両脇には露天が立ち並び、にぎやかな楽団が練り歩き、スピーカーからは大音量で祭りの音楽が鳴り響く。おいおい、エラいとこきちゃったよ。。
↓露店の様子を動画でどうぞ(残念ながら音は出ません。。)



港町なんでカニやの貝やのコンブやの海産物が結構多い。
でもここではどうも母の食指が動かずで結局何も食べんかったんよね。

090503_6.jpg

何やら気色悪い模様の物体。ムシか思ったら貝。ひー。

090503_8.jpg

試飲歓迎…やけどですが。。。

暑さと人と大音量にクラクラしながらも何とか天后宮へ到着。

090503_9.jpg

ごってごての装飾が台北の龍山寺と似てる。
しかしなんで入り口に電光掲示板があるんだろう。。
ここは道教の女神「媽祖」を祀る廟で、福建省から台湾に初めて分霊された場所だそう。
ばっちりホームページもありますよ。日本語ページもあります。

090503_11.jpg

供えられているのは紙のお金。
参拝者は50cmははあろうかという長ーい線(棒?)香を手に、広い廟内を周り、熱心にお祈りしていた。

090503_10.jpg

すき間なく施された彫刻と屋根にもしっかり陣取る媽祖像やドラゴンに圧倒されっぱなし。

出がけに演舞の一行にぶつかった。





色とりどりのド派手な神輿(?)に大音量の音楽、鳴り響く爆竹はにぎやかで大陸的。
「おごそか」とはどう転んでも言えないなぁ。。。
でもこの賑やかさはキライではないぞ。
この日が何かの祭りの日だったのか、いつも週末はこんなのか、結局分からずじまい。



想像を遥かに超えた驚くほど雑多でにぎやかな街だけど、確かにそんなに広くはない。
比較的狭いエリアに○○宮、○○廟(←違いがよく分かんない)、○○寺がいっぱい。
信仰に篤い街なのだ。

090503_31.jpg

新祖宮。乾隆帝の命により建立された媽祖廟だそう。
先の天后宮のような迫力はないけどこちらも十分ゴージャス。




090503_32.jpg

090503_33.jpg

こちらは鹿港の龍山寺
天后宮が鹿港の観光地の北端だとすればこっちはほぼ南端。
ここまでゆっくり歩いても恐らく20分程度だろう(うろちょろしながらやったから正確な時間、分かんないのよ)



↑こっちは台北の龍山寺。

台北に比べると鹿港の龍山寺は同じ名前とは思えないくらいものすごく質素。
でもやっぱし寺はこういうたたずまいのが落ち着くなぁ。。

090503_34.jpg

境内の真ん中にある大きな木「榕樹」。
榕樹ってガジュマルのことなんだね~。

090503_35.jpg

まるで生き物のような幹。


そうそう、鹿港に来た目的は寺院巡りではなく、古い路地「九曲巷」を歩くこと。

長々とご覧いただきありがとうございますです。
次回に続くです。

スポンサーサイト

天満でベタ買いベタ飲み〈その2〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「喜在眼前」をアップしました。

xizai.jpg

よろしければこちらからどうぞ。

その他の作品はこちら



さて、天満歩きの続きです。
1回目はこちら

さて、肉やら野菜やら、おおよそ人と遊ぶ時には買わへんような食料品をもちながらよろよろとなおも駅前を徘徊。

こんなぶたまん屋さん。「宝包」。

tenma00.jpg

こぶりのかわいらしいぶたまんと野菜まん、ついつい寄り道して買ってしまう。

tenma9.jpg

肉まん100円、野菜まん120円。どっちも1個90Kcalだそう。
あっさり味でぽいぽいイケそうなお味でした。



ドラム缶焼き肉(これ、岩崎塾の系列やった)とか、寿司居酒屋とか、バル風のちょいと小洒落た飲み屋とか、とにかく覗いてみるとどのお店もとっても魅力的。
きちんとした店構えやなくて、扉がなくて屋台風なお店が多いのんも、庶民的で親しみが湧くのかも。アジアの下町に来たみたい。
あちこち覗いたものの、スタートはやっぱし立ち飲み。串カツにビールで。
というわけでこちらのお店へ。

tenma2.jpg

店に入りかけて、「写真とっとこ」と一旦外へ出たら、店のオバちゃんが外まで追っかけるように出てきて「どうぞ~」。逃げた訳じゃないデス。。
しかしこの店、店の入り口両側に自販機があるんだけど使うタイミングはいつなん?
飲んで入るの?出てから飲むの?

立ち飲みテーブルについて、さあ何を揚げてもらおうかと品書きを見るも串カツメニューがない!
店を見てみると、ロの字のカウンターの奥にまだ部屋があり、お客さんの姿が。
店のオバちゃんに聞いてみると、ここの店は真ん中で区切られていてあっち側は串カツ専門店、こっちは一品いろいろの店になっていて行き来はできないとの事。
あああ~、串カツ~~。

tenma4.jpg

気をとりなおして、アナゴの一本揚げをオーダー。ビールにはやっぱし揚げもんでしょ。
「1軒目やしそこそこ…」とか言いつつ、揚げ餃子も…とがっつり揚げ物を頼んでしまった。
お勘定は写真右上の串で。ゴミやないですよ。回転寿しの勘定みたいやね。

前回の立ち飲みツアーで初「梅焼き」にプチ感動していた私。
ここの品書きにも梅焼が。「梅焼きはいらへんの?」と聞かれたけど、、まだ先あるしなぁ。今回はスルー。美味しいけど、おでんに入ってると膨れてけっこうなボリュウムになってるのよね。


小腹(?)が落ち着いたところで本日メインのお店へ。
ぽんさんのブログお仲間オススメのお店。

tenma1.jpg

裏HIROYA。のれんも裏向いてます。
ここ、お昼は見たまんま大衆食堂のお店なんだけど、夜は別のオーナーさんでイタリアンのお店になるそうで。おもしろいスタイルやねえ。

tenma_0.jpg

店内はこんなかんじ。気取らない街のお食事処の雰囲気がええわあ。

tenma5.jpg

前菜5種盛り合わせ。結構なボリュームやしお味も美味!

tenma6.jpg

牛の4つの胃袋トマト煮。内蔵好きはもってこい。ワインにもよく合うわあ。
ワインはデキャンタで900円。安ー!

tenma8.jpg

豚タンのグリル。

tenma7.jpg

ジャガイモのジェノベーゼ。

も一つ写真に撮り忘れ。鱧&セロリも美味でした。

2人で結構食いましたなぁ。。。こんだけ飲み食いして4000円ちょい。
美味いし気取らないし安いし文句なし~。
まだまだ美味しそうなメニューもあったし、また行きたいわあ。

これでお開き?と思いきや、いやしんぼなもんで「もう一軒くらい。。」と再び徘徊。

で、選んだんが、寿司居酒屋。特になんてことない店がまえなんやけど。。
へんなものについつい心惹かれてしまう悪癖があるので、ダチョウにぎりとわさび巻きが食べてみたかったのよ。へんなもんチョイスしてぽんさんすいません~。。
あと居酒屋の定番、スルメのてんぷら。
ちょいとつまむつもりが3軒目にこんな油もんガッツリでええんかいな。

tenma10.jpg

さ・ら・に、実はとった写真がボケボケやって、上の写真無断拝借してしまいました。。
かさねがさねすいません~~~。

ダチョウはあっさりで特筆するとこもなし。
わさびの方はと言えば、いっぺん食べてみたかったんやけど、なかなかの破壊力。。。
脳の中心が一旦止まってしまうような、思考も動きもフリーズするような。
しかしこれが去ってしまうと次に手が伸びてしまう。刺激物好きの宿命か。
ぽんさんの方に書いてあったけど、新鮮なワサビならもっと風味があって美味しいかも。
次回縁があればちゃんとした寿司屋さんで美味しいわさび巻き食べてみたいなぁ。

天満駅前の夜は若い人が結構多くてオッサン臭が薄く、アジアの夜の屋台街のような開放的な空間やった。
行きそびれた面白そうな店もいっぱいあったし、暑い夏の夜にもまた行ってみたいなぁ。
楽しかった~。


絶望(BlogPet)

きょうはkasparekと絶望しようかな。
kasparekは自虐してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

デフォルメ〈剪紙〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「喜上眉梢」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。
剪紙「喜鵲登枝」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。

その他の作品はこちら




大胆でおおらかなデフォルメの美しさも剪紙の魅力のひとつかなーと思う。
でも、デフォルメはもとの形がしっかり分かっていてこそ。

デザインの仕事に就いてるくせにイラストとか絵は実は超~苦手。
今まで切ったものもよく見ると(見なくても)ずいぶん「?」な形のものがある。
ちゃんと美術系の大学とか、学校でも行ってちゃんと勉強しとくべきやった。。。

ふと思い出したのがこちら。

090621_2.jpg

090621_3.jpg

幼稚園~小学校低学年くらいの時に買ってもらった鳥類図鑑。
まさか○十年後にまたまた引っ張り出される事になろうとは。。



090621_1.jpg

図鑑を横目で見ながら切ってみる。
む、むずかしい。。。でも、「足はこんな風になるんや」とか「頭の形をこうしたらちょっとかわいくなるんかな」とか、わずかながらも得る所がないとも言えない気がする。
動物園とか植物園とかにも足を運ぶのんも楽しいかもしれないなー。


鳥づくしの団花を切ってみました。
使用している紙があまり薄くないので、重ね切りはかなりキビしい。
もちろん、ちまちました大きさではダメなので、かなりサイズの大きいものになった。
今回はチカマサのちょっと大き目鋏が活躍。

090618_1.jpg

↑左上の黒い柄のもの。こないだ「山東」さんで加工して頂いたものです。
時々ひっかかりがあるのはおそらく力の入れ方か、はたまた紙への角度の問題か、とにかく使い手の問題なのかと。
切れ味はさすがで申し分なし。ちょっと横滑りして必要なとこまで切ってしまった。。

090621_4.jpg

「喜在眼前」。クリックで拡大画像出ます。
いまいち気に入らなかったから再チャレンジしよっと。

090621_5.jpg

中心がずれたので真ん中の模様がおかしなことに。。。紙の厚さのせいにしとこ(汗)。
鋏の次は紙をさがさなければ。。
でもこっちはかなり難しそう。今度は現地調達?!

鋏のはなし

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「喜上眉梢」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。
剪紙「喜鵲登枝」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。

その他の作品はこちら


京都・町家暮らしのぽんさんと天満巡りをする前に、どうしても行きたかった場所へやっと行くことができた。

剪紙に使う2大道具のうち1つの鋏。
切れ味が悪くなって、以前地元近くの刃物屋へ持って行った。
とにかく先がとんがっていたらいいかなぁと思ってそのように仕上げてもらったら、ところがどっこい、これがそううまく行かなかったのだ。

そんな折、大阪・西成にある刃物屋さん「山東」さんの存在を知った。
こちらは剪紙作家の上河内さんやお友達になった剪紙お仲間も研ぎをお願いしている刃物屋さん。
きっと剪紙鋏の研ぎについてもよくご存知のはず。
郵送でも受け付けてくれるとのことだったけど、お会いしてお願いしようと決めていたので、天満巡りの日にようやく時間がとれたので伺うことに決めた。

お店の最寄り、地下鉄花園駅から歩いてすぐとのこと。
方向音痴なんで地図は必携。ところが…
地下から上がるときは手に持っていたのにふと気づくと、、ナイ。
ええ~?!
焦って鞄をひっかきまわすもどこにも見当たらず。ここまで来てもしかして行けないのか?!
絶望的な気持ちで今さっきみたばっかりの地図を思い出そうと試みる。あれは霞か幻か。。
もうボケがきたのか、私よ。

確か、このまま前を向いて一つ目の信号を曲がって。。
ええい、この近辺だもの。きっとどこかのお店で聞いたら知ってるはず。
おぼろげな記憶を辿って、商店街の酒屋さんにお世話になって、なんとかようやく到着。
なんておバカなんやろうか。。でも無事着いてよかったよ。

店内にいらっしゃった女性に(店主の奥様でした。。)、鋏を研いでもらいたい旨を伝える。
剪紙の鋏だというと、やはりたくさん扱っておられるようで私がごちゃごちゃ言うよりもだんぜん話がスムーズ。
ここのお店に入ってまず気づいたのは鋏の多さ。
いままで行った刃物屋さんというとまず包丁が目につくのだが、ここは鋏。何でかな?
「鋏多いですね。」と尋ねてみると、この近辺は靴の職人さんがたくさんいはるそう。
それで鋏を使う方が多いからということだった。なるほど~。
とても親切な対応&説明をしていただき、5丁の鋏研ぎをお願いして手元に1丁残った分も工房へお邪魔して少し直してもらった。

090618_1.jpg

こちらが出来上がった鋏たち。
左上の黒い大ぶりの鋏は以前、かなり先を尖らせて加工してもらったものの、実際使ってみると紙に切っ先が引っかかってとても使いづらかったのが、ひっかかりもほぼ解消されてとても使いやすい仕上りに。
また、握りの部分から切っ先までも長すぎると使いづらく感じていたので、ネジ元から切っ先までの長さは張小泉のものと同じくらいになるよう、どれも揃えていただいている。

以前研いでもらったものと比べると一目瞭然。

090618_4.jpg

とにかく刃を薄く尖らせてもらった最初のもの(右)は上でも書いたように、紙を切ったときに切っ先が紙に引っかかってしまうことがあり、どうもよろしくない。
とんがっていればいいという単純なもんではなかった。奥が深いなあ。。

山東さんで仕上がってきた鋏(↑写真左)は写真では分かりづらいけど、ネジ元から切っ先までと切っ先のほんの数ミリの角度が違う。
紙に直接当たらない刃の外側も加工がされており、単に薄く尖らすというのとはかなり異なる仕上りになっている。
郵送で送ってもらったので細かい事は聞けなかったけど、加工によって変わってくる事もきちんと聞いておきたいな。次回持ち込みした時に質問してみようっと。

郵送とはいえ、各鋏の作業について注意事項をまとめた用紙が同封されており、それぞれがどういう風に加工されたかが丁寧に説明してあって大変分かりやすく勉強にもなりました~。


よく使う小ぶりの鋏は、もともとがあんまり良い鋏ではないので、どんなに丁寧に加工してもらってもしばらく使っていると鋏を開閉するときにぎしぎしするような滑りの悪さが気になってくる。
それをよくご存知のようで、

090618_3.jpg

手入れ用の油もいただいた。
鋏の開閉時のぎしぎしが気になってきたら、留め具の間に少しさして置いておくと油がなじんでまた使いやすさが戻ってくる。おお~。でもしばらく使うとまたぎしぎし。。
お世辞にも質が良いとは言えない鋏たちなので、長く使うという感覚ではなく、使いつぶすものと思って使いやすいように加工しながら使ってゆくのがいいのだろうな。

となると気になるのが今後の補充について。
そんなことは今のものを使い込んでから考えればいいハナシなんだけどねえ。


090618_7.jpg

こちらは先日入手した張小泉の鋏。
以前記事にしたネイティヴの同僚からではなく、剪紙のお仲間より。
知り合いの中国の方から購入したのを分けていただいた。
すみれさま、いつもいつもありがとうです~。

090618_8.jpg

分けてもらったのは左のサイズで、今使っているものよりもひとまわり大きいサイズ。
先日研いでもらった大ぶり鋏との中間くらいの大きさ。
これを今度は使いやすいようにして加工してもらおうかなぁ。

鋏ばっかしそろえる前に、技の切れ味を良くしなさいよという声が聞こえてきそう。。
こればっかしは人にお願いできないもんねえ。
がんばります~。

外観(BlogPet)

きょうkasparekは、外観へ開腹したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

天満でベタ買いベタ飲み〈その1〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「老虎吃五毒」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。その他の作品はこちら



少し前、京都・町家暮らしのぽんさんと天満駅周辺をうろちょろしてきた。

私は昼間、前から行こうと思っていた大阪・西成の刃物屋さんへ行って、その足で→動物園前→天満へと移動。
刃物屋さんと鋏についてはまた後日に改めて。

刃物屋さんの場所は地下鉄の花園駅。あんまり来ない場所なので電車に乗るのがもったいなくて、方向も定めずにとりあえず気の済むまで歩いてみた。
まあ道がわからなくたって何とかなるさ~。地図があっても方向音痴だから迷うんだもん。

東西南北どっちを向いているのかも分からず歩くこと20分程度。
そろそろヤバいかなぁと思ったら、何だか見覚えのある看板が。

090612_1.jpg

あっ、これは焼き肉&うどんのお店「一斗」の看板じゃあないですか!
豚の女の子が自虐か嫌味か、はたまた彼氏(?)の牛に言っているのかが不明な「私、豚だけどお肉大好き」の名キャッチが写真に収まってなくて残念。。
看板はヘンやけど、かなり評判の良い店らしい。
しかしうどんと焼き肉てめずらしい組み合わせやね。

この看板へ行きついたということは、天王寺方面へ向かおうとしていたので方向的には合っていたらしい。
遠くに通天閣が見えたのでアバウトにそっち方面へ向きを変えて歩いてみると

090612_2.jpg

かの有名な飛田新地の入り口が…。
女子は昼でも冷やかしで通ってはイケマセン。
なので、「鯛よし百番」の外観だけ見て行こうと思ったら…。

ああ恐るべし方向音痴。
気づいたら飛田新地のまっただ中。。。あわわわ。
どの店の前を通っても、やりてばばあと半裸のおねいさんがこっちをガン見なもんで、チラ見すらできません。。。嬉しそうにカメラでも取り出そうもんならそのスジの人がわらわら出てきてエラい目に遭うと聞いたことが…。
ちょうど良く雨が降ってきたので傘で顔を隠しつつ下を向いて外回りに歩いて歩いて、ようやく鯛よし百番にたどり着く。ふうう。

090612_3.jpg


いやあ、立派な外観ですわ。
元遊郭の内観は「さくらん」を地でいくような作り(て写真で見ただけやけど)で中も素敵。


さて、ここから天王寺まではどう行けばいいのかな?
飛田新地につながっていた商店街をてきとうに歩いてみることにした。

カワイラシイホームページがあるけど…、うわあ、めっちゃ濃ゆい~。。
何とも言えへん気だるい空気が溜まっている。飲み目当てのオッサン率の高さ故か。
私が歩いたエリアは9割オッサン。食料品を買いにいくというよりも、日銭で飲みに来るような…。
両側に飲み屋が連なるディープな商店街ではカメラはさすがに出せず。
薄暗いカウンターだけの飲み屋にはほぼかならずオッサンにしなだれかかるオバハンがいて面白かったけどあんまりじろじろ見られへん~。
あ、めっちゃ浮いてる、私。

こそこそと商店街を抜け、天王寺でぽんさんと落ち合い天満へと向かう。


JR天満の駅前はごちゃごちゃっとした狭い通りに、オッサン風の立ち飲み屋からちょっと小じゃれたイタリアンバルみたいな店まで気軽に入れそうな店が軒を連ねている。
わあ、なんて楽しそうなところなんだ~。

でも、まず向かったのは、もと天満市場跡にできたという市場・スーパー等の複合施設「ぷらら天満」。

090612_5.jpg

地下の生鮮食品コーナーへ向かう。外観はスッキリやけど、エスカレーターを降りると昔ながらの商店街がそのまま引っ越したような八百屋や肉屋なんかが立ち並び、やっぱしベタな雰囲気。
奥には業務スーパーのプロ版?「プロマート」というスーパーが。

八百屋の安さに目がくらむ。買いたいっ!
「本気買いする。」と宣言するぽんさんと共に店内を回る。

「プロ」と付くだけあって珍しい品も。。。

090612_4.jpg

誰が買うんや。ていうか本物のクマの手、こんな間近で見るのんはじめて。
プロ中のプロのみが使いこなせる」クマの手はツメやら毛やらがとってもリアル(ホンモノやし当たり前か)。
グラム4000円近いお値段で「ホール」は90000円くらいの値が。。。今まで何度出たか聞いてみたい。

090612_6.jpg

090612_7.jpg

こんなものを買ってしまった。
甘さとトマトの青臭さが絶妙のトマトゼリーはリピートしたくないスイーツNo.1。
ちょっと昔にトマトのスイーツって流行ってたけど、あれは美味しかったんかなぁ?
今度ホンモノを試してみよう。←懲りない奴なんです。
ヨーグルトは悪くなかったけど「美味い!」代物では。。
にんにくみそは、超にんにく味にノックダウン!
付けすぎるとちょっとシンドイのでアクセントづけにちょっとだけ使うのが良さそう。。
一番美味だったのは、閉店時間前の肉屋のセールで半額になってた大きな「国産牛霜降り肉」。霜は小降りやったけど、大きくカットした肉をワインでじっくり煮込んだビーフシチューはとても美味でした~。


フツーに生鮮食品を買い込んでずっしり重くなったカバンを提げ、本来の目的であるバル&立ち飲み巡りに向かう。
ああカバン重いわ。


だから何っていわれるとそれまでですけど

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「老虎吃五毒」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。その他の作品はこちら


photofuniaなるサイト。
好きな写真を選ぶだけ。

nimame0609.jpg

mikan0609.jpg


こんな写真がアラ簡単に。

いろんな写真でお楽しみください。

新型インフルの二次災害(BlogPet)

kasparekの「新型インフルの二次災害」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます。
数日立ってまいりましたみかんと思うけど)インフルエンザが空いてマスクの作品はかからなかったのでおとといの下にポチポチポチっと押して出ても一緒だ。
2週くらい前に敷くゴムのマスクを大量にポチポチポチっと押してあげないなら、開けてしまったけど)しました♪
今回もにやられ、前回もにばんそこが♪
片側の開腹手術をしても5回もある日立ってしまったのでおとといのだ。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

新型インフルの二次災害

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「老虎吃五毒」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。その他の作品はこちら



2週くらい前新型インフルエンザが神戸で蔓延(というほどでもなかったけど)していたころ。
うちでも一応気を使ってマスクを使用していた。
不織布のマスクを袋から出したまま置いていたら…。

あの布食いみかんにやられてしまった。。
片側の耳掛け部分を1/3以上食われてしまうという出来事が。


数日立ってもウンコに混じって出てくる気配ナシ。
これはやばい。。。
この子は実は2年くらい前にもカーペットの下に敷くゴムの滑り止めを大量に食ったことがある。
その切れ端は出てくることなく、ある日体調が急変したみかんを病院へ連れて行くと腸に滑り止めが詰まっており、開腹手術となったのだ。

今回も一緒だ。。

体調が急変する前に病院へ連れて行ってレントゲン、バリウムで調べてもらうとやっぱり!
待っていてもでないなら、、開けてもらうしかナイ。
たまたま先生の予定が空いていたのでおとといの木曜に胃の開腹手術をした。
で、本日無事退院してまいりました。
術後の経過は良好、食欲もあるし特に問題はなさそう。

090606_3.jpg

食いそうなもんは部屋からほとんど駆逐したのに何と言うことだ。
マスクのおかげか(違うと思うけど)インフルエンザにはかからなかったが、

090606_1.jpg

マスクのおかげで超高額な手術費用がかかってしまった。
うっ、前回もおんなじくらいやったなぁ。。イタイっす。

090606_2.jpg

腹はキレイに毛が剃られ、縫い合わせ部分にばんそこが貼ってある。
気になるらしい。

先生に聞くと布食いの子でもう4回も5回も手術した子もいるそうな。
「だめよ!」と言い聞かせて学習してくれるもんじゃないもんなぁ。。親がずっと気をつけてあげないとイカンのだ。。。

人災は 忘れた頃に やってくる

座右の銘。



延々とふやかしフードを食うみかんと興味無さげなにまめ。黒い影はにまめです。

来週抜糸デス。

つれづれ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「老虎吃五毒」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。その他の作品はこちら


ビンボー症なんで残った紙の切れ端が捨てられません。
ちまちまと切れっぱしで切ってみる。

090603_1.jpg

090603_2.jpg

090603_3.jpg

ちっちゃい紙でも意外と使える。資源を大事にしませう。


BABY.jpg

これも作ったの?!ってとんでもない。ちっちゃいつながりで。
中国では6月1日がこどもの日。
名人はこんなリアルな激チビ赤ちゃんたちをこしらえたそうで。。
これ、穀物の粉からできてるんやって。テーマは世界平和か…??


子供つながりで。
今夏にいよいよチェコアニメ界の巨匠、イジー・バルタ(Jiri Barta)の「屋根裏のポムネンカ」が上映!

090603.jpg

右下のオッサンはおいといて、今までのダークな世界観からはずいぶんと離れたかわいらしいビジュアルですな。
しかし、この監督の作品「ゴーレム」はもう作られないんだろうか。
資金繰りがうまくいかなくて…というハナシを何年も前に聞いたけど、もしかして「ポムネンカ」が興行的に成功したらまた再開するのかなぁ、成功を狙ってちょっとカワイイ路線に行ったんやろか?とかちょっと穿ったことを考えたりして。
でもとにかく好きな監督なんで楽しみだわ。


「ゴーレム」パイロット版↓。

未来予想図

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「老虎吃五毒」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。。


未来体重
こんなモノがあるらしいのでちょっと試してみた。。ついついやっちゃうのよね。こういうの。
生年月日、身長、食べた食事等を入力して測定。
アラフォーの私は真矢みきとか檀れいみたいなステキ女性になってるはずよ。ふふん。
きっと~なんねんたぁ~っても~~












5年後。


090602_1.jpg




(; ̄□ ̄;)!
ああああ~!
「体重の近い芸能人」欄にはホクトアキラ!5年後は真矢みきどころかホクトアキラ!!
おなじホクトやったら色白ほっそりブナピーがええんですけど~。



さらに10年後。


090602_2.jpg




わああああ~、立派な洋なしに成長してる!走ってる姿がなんともいえんどすこい体型。
今の生活(特に運動不足!)がアカンらしいけど、運動なぁ。。はあ~。

とりあえず夏に向けてダイエットでもするか?!(ぜったいしない。。)


台湾再々々〈度小月で夕食を〉(BlogPet)

kasparekの「台湾再々々〈度小月で夕食を〉」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。