戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ【剪紙:新年好!双老虎放風筝・改】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


xiaolaofu2.jpg

来年の干支「寅」の剪紙「新年好!双老虎放風筝」です。
ハガキ用に縮小すると切った部分が細すぎたので再トライ。角花もつけてハガキにしたときにバランスよく見えるようにしてみました。

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

その他の作品はこちらからどうぞ。


庭のざくろがはぜてました。

091026_zakuro1.jpg

091026_zakuro2.jpg


1027_shiliu.jpg

ざくろのぎざぎざはたいてい下向きやけど、剪紙図案のそれはぎざが上(例えがイマイチや。。)。
やはり座りがよいからなのかな?


091026_mikanima.jpg

お疲れの2本。
本日入浴&つめきりしました。
みかんは冬毛になると色がどんどん濃くなってきて、ぜんぜん「みかん」ぽくない。。
にまめは年中「にまめ」やけど。


スポンサーサイト

専用めがね…【剪紙:新年好!双老虎放風筝】(BlogPet)

kasparekの「専用めがね…【剪紙:新年好!双老虎放風筝】」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます)重い腰を作って面倒なので大阪のしらせというやつだったことあるぞ。
なんだ今日の朝、「出来たので取りにきてください」と黒の作品は虫の仕業やった方申し訳ありません。
その他のしらせというやつだったんだけど、何ともタイミングよく眺めてます)ほったらかしにおフランス製に戻ったことあるぞ?
小さな音とともになんと眼鏡がまっぷたつ。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

専用めがね…【剪紙:新年好!双老虎放風筝】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


fengzhong.jpg

来年の干支「寅」の剪紙「新年好!双老虎放風筝」です。

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

その他の作品はこちらからどうぞ。




先日の朝、置いていた眼鏡を取るとなんかオカシイ。
おやっ?と思ってよくよく見れば、「へ」の字に曲がってる(「く」ほどは曲がってない)!
ありゃー、ゲラーさんのいたずらかい?!
少し曲げたら元に戻ったので、そのままかけていたのだが、その30分後くらいに外してレンズを拭こうとしたら、

ぺき。

小さな音とともになんと眼鏡がまっぷたつ。



megane_1.jpg

ゲラーさんがこんないたずらしても一銭の得にもなりまへん。フツーに寿命やったということで。

しかし、何ともタイミングよく2週間ほど前に新しい眼鏡を作ったばっかりだったのだ。
その時は衝動買いのような勢いでつい作ってしまったのだが、今思うとこれは虫のしらせというやつだったのか。

10日くらい前にお店から「出来たので取りにきてください」と連絡をもらっていたのだけど、忙しさにかまけて(あとちょっと家から不便ということで)ほったらかしにしていたのだ。

0.02の視力では生きてゆけないので(仕事中は目が疲れるのでコンタクトはしない)重い腰を上げて眼鏡を受け取りに行った。

megane_2.jpg

赤いフレームと黒の柄が気に入って買ったんだけど、家でよくよく眺めてみたら何かこの配色見たことあるぞ。

えーと、なんだっけ。








zaku.jpg



あ。

先代が壊れたのはコイツの仕業やったのか。。。さっさと取りに来いと。
妙に納得(するなって)。


なんだ今日のハナシは。わざわざ来られた方申し訳ありません。。



もちろんこのメガネは「専用」ではありません。(それで売ったら売れそうやけど)
Eye'DCというおフランス製にございます。ステキなフレームが多くてお気に入り。(←本家サイトは重くて面倒なので大阪の代理店のサイトをリンクしてます)





ひさびさの更新〈鋏とイヌといたち〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



しばらく更新していないので同じのばっかしですが。。蛇・鶏・鼠の剪紙です。

laoshuchibaicai_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

kaishidaji_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

shuangshuxiju.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。


その他の作品はこちらからどうぞ。

長らく自分で更新してなかったのでブログペットに2度も更新さしてしまった。。
引っ越しがあってこのひと月くらいバタバタやったのですが、ようやく少し余裕が出てきました。。

KAMI.jpg

失敗の墓場。たくさん切るのも久しぶり。

もうずいぶんと前に、大阪の刃物屋「源利平 山東」さんに鋏の加工をお願いした。

1020_hasami.jpg

以前にお願いした左の鋏よりひとまわり大きい鋏。
どう加工してもらったら使いやすいか考えてみて、まずは小さい鋏と刃の長さを同じくらいにしてくださいと依頼。
刃の部分も幅が広く、細かい作業向きではなかったのでシャープにしていただいてます。

1020_hasami1.jpg

加工後の刃先の噛み合わせの微調整のために握りの部分にはコルクが貼られている。

使ってみた感じは。。ええ感じでした。
あんまり細かい作業にはやはり小さい鋏が良いけど、細かい作業も大きく切るのにもいい作りになったのではないかと思ってます。
せっかくいい感じにしてもらったのだからたくさん練習せんとあきませんなー。

喜んでたら今度は小さい鋏が不調に。切っ先が開きすぎて切れへんくなってしまった。
メールで山東さまに問い合わせると、軸部分にもともとガタつきがあるのでズレて切れなくなってしまうことがあるとのこと。
もともと高級な鋏じゃないし、仕方ないですなぁ。。。
こちらは今調整をお願い中です。


ここから動物噺。
いたちを庭で散歩させてみた。
もっとビビってしっぽがバサバサになるかと思いきや、意外と興味しんしんでうろちょろする2本。

1020_mikan.jpg

犬の水入れに顔を突っ込むみかん。

1020_pon.jpg

と言ってるかどうかは知らんけど、何かもの言いたそうな顔で遠くからじっと見つめる実家の犬(7さい)

そのころにまめは

1020_nimame.jpg

散策中。同化して分からへん。危険や。。


あっ、そうそう、「建築家の腹」ならぬ「みかんの腹」ですが、よーやく回復の兆しが!

1020_mikanhara.jpg

写真じゃ分かりにくいけど、つるっぱげだったお腹の上下(真ん中だけなぜかフサフサ。。)にぱやぱやっと毛が生えてきた~。
前回の手術の時もそうやったんやけど、生え始めると夏草の如く一気に生い茂る。
これで安心だわ。よかったねえ、女の子やのに一生ハゲにならんで。
「かいふく」で変換したら真っ先に「開腹」が。みかんの呪いか?!
開腹の兆し」だけはもう二度とゴメンやわ。


おまけ。
昔実家の犬にイタズラした写真がでてきました。。

mayuge_2.jpg

mayuge_1.jpg

ごめんな~。でもあんまし違和感ないでしょ?


冒険(BlogPet)

きょうはkasparekと更新しようかな。
kasparekは冒険してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

東欧アニメを生活された(BlogPet)

きょうにかんは、東欧アニメを生活された!

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

屋根裏のポムネンカを観た

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



しばらく更新していないので同じのばっかしですが。。蛇・鶏・鼠の剪紙です。

laoshuchibaicai_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

kaishidaji_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

shuangshuxiju.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。


その他の作品はこちらからどうぞ。



「チェコ人形アニメ最後の巨匠」と言われるイジー・バルタの最新作、「屋根裏のポムネンカ」を観て来た。

pomunenka_4.jpg

名作「笛吹き男」から24年、未完(?)の「ゴーレム・パイロット版」から13年。
いよいよ「ゴーレム」完成か?!と思うも、最新作は屋根裏部屋で人に見捨てられた人形たちの冒険物語という何ともカワイラシイストーリー。
異様かつダークネス満載な上記2作と比べるとずいぶんホンワカしてるやん。

でも登場人物を見てみるとさすが!
見た目からしてクセのあるキャラが勢揃いしてるわ。
主役の「屋根裏のアイドル」ポムネンカはハトみたいに無表情な目が不気味。

pomunenka2.jpg

目の縦横が時折90°変わるのんも気色悪い。
眉間のシワとぷっとふくれた唇はかわいらしかったけど。

チェコの伝統的マリオネットのコラソン、テディベアのムハも、目つきが人形の無機質さをそのまんま残していて焦点がどこか定まらず、「愛らしい」という言葉はちょっとハマらへんなぁ。
体(素材?)のくたびれっぷりはすばらしく手が込んでおり、「味」を通り越して「打ち捨てられてかなりの時間がたった」感がよく出てる。日本やったら魂というより怨念が宿りそう。

pomunenka3.jpg

ねんどのシュブルトは王冠やブラシをくっつけた体で、体が文字通りバラバラになっても不屈の粘り強さで(粘土だけに)何度も復活。
そんなシュブルトやのっぺらぼーのチェス駒一家、切符の列車を見ていると、子供のころが思い出された。

完成されたおもちゃをあんまり買ってもらったことがなかったので、子供時代のおもちゃといえば、もらいものの時代遅れな人形やったり、化粧水や乳液の瓶(!)やった。
キラキラ飾り付きのヘアゴムを瓶のネックにくくりつけてハイ、きれいなおねえさんの出来上がり、なのだ。
絨毯の上に本を立てて仕切りをつくればりっぱなお屋敷になったし、四角いカゴは車になって隣の部屋のパーティー会場へひとっ飛び。
完成されたオモチャはほとんどなかったけど、驚異的な想像(妄想?)力を駆使して立派におとぎの世界に潜り込んでいたっけな。
そんな子供時代の頭の中が映像化されたような世界観やった。


悪の帝王(コイツだけが人間というのんも何や意味深やなー)に拉致られたポムネンカを助けるべく立ち上がる屋根裏のガラクタ人形たち。
波さながらに人形たちを襲うシーツの雪崩、コードをひきずりながら(しかし画の中の飛行機にはコードはないのだ)勇ましく飛び立つ飛行機。
全てが「仮」物であったり「ガラクタのつぎはぎ」で、本物のそれではないんやけど、この手の込み具合はさすがチェコのアニメ!と拍手したくなる。
実写と見まごうほどの3D映像が技術の粋なら、こっちはアイディアの粋。
途中やけどトレーラーをどうぞ。これだけでもワクワクするよ。
(注!再生すると音でます)



どうでしたか~?
ストーリーは王道的やけど、随所にヒネリが効いているのがチェコらしい。
単に「愛」とか「仲間のすばらしさ」、「勇気」などが着地点でないところがどこかの国の3Dアニメと違って、さすがやなぁと思ってしまうのだ。

パンフレットのバルタ氏のインタビューを読む。
「ポムネンカが勇敢に悪に立ち向かっているように見えるのは、勇敢なのではなく『本当にこわい』という感情的なことが理解できないからなのだ」
という言葉が印象に残った。
仲良しでありながら妙なしらじらしさ、噛み合わなさを感じた人形たちの会話は計算されてのことやったんやね。
人形たちは、ただ人間の日常生活のカタチをマネているにすぎないのだ。
それはあくまでもカタチであって、感情がそうさせているのではないと。
それとも、ストーリー全体が子供の幻想っちゅう設定なんかな?
子供には「本当の怖さ」を理解するって難しいもんね。

しかし、バルタ氏のコメントはとってもおちゃめだ~。
もう60を超えた初老のおじいさんやけどステキやわあ。惚れた。


人間によって打ち捨てられたあと、その人間の生活をなぞろうとする人形たちの姿はなんだかちょっと哀しく思えてしまう。
「古いものには魂が宿る」というバルタの言葉がそのまま形になった人形たちは、屋根裏でひっそりと蘇る。かつて人間の子供たちと一緒に遊んだ記憶を再現しながら。。
そう思うと何だかけなげでちょっと泣けるストーリーやねえ。

とこんだけホメときながらも途中ややネムかった箇所が。。あかん、DVD出たら買おっかな。


余談。
ものに宿る魂で、ずーっと昔にやった「クーロンズ・ゲート」というゲームを思い出した。
風水師になって異界の胡同を巡るストーリーで、異形のユニークさと世界観が好きですごいハマった。作り直してPS3で再発売したらハードもソフトも買う…かな?(いつするねん)

いためし

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



しばらく更新していないので同じのばっかしですが。。蛇・鶏・鼠の剪紙です。

laoshuchibaicai_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

kaishidaji_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

shuangshuxiju.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。


その他の作品はこちらからどうぞ。


タイトルに「いたち」が入ってるのに全然いたちいないじゃん!
ということで、久々にみかんに登場願いました。

よく、「フェレットって何食べるの?」と聞かれる。
フェレットの主食はフェレットフード。ドッグとかキャットのそれと同じカリカリのドライフード。
もちろん粒の大きさはいたちサイズ。
メーカーも色々あり、幼年期用やらシニア用やら、値段もピンキリで多種多様のフェレ飯がございます。
うちの子たちは、「フェレットセレクション」というシリーズの発育期~4歳まで用のんを与えている。
うまれてからこっちずーっとフードはこれ一筋。
たまにもらった試供品をあげてみても頑に拒んで受け付けない。
というか、食べ物と認識していないのか…?

他にも犬猫同様に、おやつやサプリなんかも色々出てるんやけど、やっぱり全く受け付けず。
みかんにいたっては中身より袋を食おうとするもんだから始末が悪い。(みかんは病院の先生にも呆れられるほどの悪食いたちなのだ。)
唯一好きなんは最強の栄養剤「フェレットバイト」と毛玉ケア用の「ラクサトーン」のみ。
あまりにも食いつきが良いので舐めてみたことがあるけど。。当然どっちも美味しくなかったナ。
昔あげていた「フェレットへアボールリリーフ」はちょっと甘くて美味しかったような記憶があるけど、定かではない。

一心にご飯を食べ続けるいたちをじーっと見てると何かちょっと癒される。
そして、食べる時目が細ーくなってて、その様子が「ウマイっす、ウマイっす」と言ってる(思っている?)ように見えて何だか面白いのだ。

食べる時目細めるのってうちの子だけかな?
ということで、ひたすら飯を食い続けるみかんを撮ってみた。ただただ食べる動画です。
ひたすら咀嚼中になぜか一瞬固まるみかん。
いたちもちっさいアタマで色々考えることがあるんやろか。。。


にかんは計画がほしいな(BlogPet)

にかんは計画がほしいな。
計画ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。