戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱるぷんて(BlogPet)

きのうはぱるぷんては料理しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。
スポンサーサイト

北京で食べた【その1:王府井の夜市】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

win_liyutiaolongmen.jpg

よろしければこちらからどうぞ。





海外に出かけたのに大事な食べ物のことをまだ書いてなかったです。
賞味期限切れ前に今しばらく北京話におつきあいくださいませ。


北京到着初日、宿から歩いて20分ほどの所にある観光スポット王府井へ行ってみました。
王府井はショッピング街や土産物屋が立ち並ぶこぎれいな通りで、完全に外国人(か国内の富裕層?)向けの観光地でした。
こぎれいやけど別に面白い場所ではなかったです。
ここの一角に夜市や小吃街があるらしいので、何か食べてみようと思って行ってみました。

beijing_yoichi_1.jpg

夜市の入り口。

beijing_yoichi_3.jpg

通りにずらーっと屋台が並んでます。ちょっとテンション↑。

beijing_yoichi_2.jpg

入り口からすぐのところにある臭豆腐の看板。
「一臭万年」。ううん、聞いただけでくさそうです。
台北で嫌というくらい嗅いだすっぱいような何ともいえん臭気が漂ってました。
臭いんやけど何かちょっと「あー、海外に来たなー」という実感が。。(笑)

この臭豆腐とほぼワンセットで売られているのがこちら↓

beijing_yoichi_5.jpg

「臭豆腐」のすぐ後ろの「snake」は見えるかと思いますが、その左はムカデ、バッタ(コオロギ?)、何か忘れたけど虫、虫。。。ヒトデとかもあったなー。
ここの名物なんだろうけど(なぜなのかは知りません。。)食ってる人いなかったよ?!
人様のブログによると、油で揚げてからタレとかをつけていただくそうです。
さすがにこれは試す気になれんかったんで、まずは包子をチョイス。


beijing_yoichi_4.jpg

北京初の食事。本場の包子ー。いただきます~。



ま、まずい。。
皮はべったりしてるし餡も美味しくない。
口に合わへんという以前の問題やん。。
一気に盛り下がりましたが、気を取り直して今度は焼きそばにチャレンジしてみました。


beijing_yoichi_6.jpg

なかなかひどい盛りですが、味はどないでしょうか。



こっちもひどいもんでした。うーん、油が悪いのか味付けが悪いのか。
麺はゴワゴワ、油ギトギト。その油も何や酸化したみたいなヘンな味やし。。
さすがに食べられたもんでなかったんで完食できず。
日本でもちょっと話題になった下水油やったりして。
まあ、いっかい口にしたくらいで死ぬもんやないし、いいか。
一口で死ぬような代物やったら今頃北京の人口は1/3くらいに減ってるはず。

うーむ、観光地の屋台にうまいもんなしなんか?
企業努力しなくてもひっきりなしに人来るもんねえ。。
でも台北・士林の夜市はうまかったなぁ。あー、もっかい行って食べたいな。

このまま引き下がるのも何か悔しくてさらにこのあと餃子にもチャレンジ(どんだけ食うねん)。
それだけはまあまあ食えました。
老北京名物の爆肚(ゆでモツ)もそそられたけど、ここではやめました。(結局食べる機会なく帰国)

ここは魅力ありません。きっと価格もよそよりずっと高いやろし。
店も沢山並んでる割には同じようなものしか扱ってないし。
ここで食べるくらいなら他を探しましょう。(それかゲテモノに挑戦するか)



beijing_yoichi_7.jpg

悪口ばっかり言っときながらまだ帰らず小吃街へも足を伸ばしてみました。
こっちはすごい人・人・人!
国内の観光客が多いように思いました。そしてここでは

beijing_yoichi_13.jpg

ぎゃー、ゲテモノ率さらに高し。写真、全部(ヒトデ除いて)虫です。
ちっちゃいサソリが串刺しされた状態でわしわし動いてるのよ~。
これ、ほんまに食い物として売っているのか?
やっぱし食べてる人見なかったけど?!
ですが、「北京 王府井 ゲテモノ」でググったら食べた人の記録がいっぱい。
いるもなんやねえ、チャレンジャーが。




beijing_yoichi_10.jpg

古井食楼。
北京の伝統建築を模したレストランで宮廷料理を食べられるそうな。
高そうなんでぶらっと見てまわっただけ。

beijing_yoichi_11.jpg

雰囲気はありましたよ。



beijing_yoichi_12.jpg

京劇のショーみたいなんもやってたし。




さらにうろちょろしてたら、

beijing_yoichi_8.jpg

こんな店を発見。


分かりにくいけど、日本のたこ焼き屋でした。
「章魚(←たこ)小丸」と書いてありました。
ひと船5元なんでちょっと試してみました。あんまり客が来ないのか、超やる気なさげなおねいさん。

beijing_yoichi_9.jpg

日本のたこ焼きのクォリティーを求めなければ、まずまず方向的には間違ってない味でした。
ただソースがまずい~。日本のソースって優秀だわ。
そういや中国ってタコ料理あったっけ?



ああ~、まずいもんレポートみたいになってしもた。
まずいもん好きとはいえ、この種のまずさはテンションが下がる。
一日目は下がりました(笑)
写真も全部まずそうですいません。
気を取り直して次回はお店で食べたものをアップします~。






それで手詰まりしたかも(BlogPet)

きのう、展示された。
それで手詰まりしたかも。
でも、kasparekと、意図っぽい整理したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

つれづれ【久々にいたち】(BlogPet)

kasparekの「つれづれ【久々にいたち】」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます!
立身出世を食べてるときもあっていただけると嬉しいです。
立身出世を願う「届くしいっか」みたいでしたので丸くならずにその通り♪
なんでやけど、下半身はスイッチOFF。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

つれづれ【久々にいたち】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

win_liyutiaolongmen.jpg

立身出世を願う剪紙「鲤鱼跳龙门」を切りました。
よろしければこちらからどうぞ。


久しぶりにお鼬さま2本を。

100619_1.jpg

暑くなったので丸くならずにのびてます。
もうすこし暑くなったら彼女たちのためだけにクーラーが稼働する日々が始まります。。。
(人間帰宅後はスイッチOFF。なんでやねん)


100619_2.jpg

あ、起きた。



そのみかんですが、この横着な飯の食い方を見てやってくださいませ。

100619_3.jpg


ええと、分かりにくいけど、下半身はハンモックにのっかったまま、上半身だけ乗り出してごはんを食べております。降りるのが面倒らしい。「届くしいっか」みたいな?
まさにこたつに寝そべって菓子を食うオバハン状態。
時々「U字」に体を曲げて食べてるときもあって消化に良いのだろうかと心配になることも。



昨日新入りのおもちゃがやってきました。
会社でいらんもんを整理してたら出てきたので無断でもらってきました。

にまめの反応



なかなかええ反応やけど、彼女は撮られてるのがどうも気に入らなかったみたいでした。
気位の高い奴。



みかんの反応




もう終わり?
とかげちゃんも寂しそうだよー。




おまけ。

timeflies.jpg


この人たちが彗星のごとく登場してからはや16年。16年かぁ。。。
「TIME FLIES」のタイトルが結構重いっす。ほんまにその通り。
聞いてたら当時のあれこれも思い出されましたわ。
「時は金なり」「光陰矢の如し」。そんな言葉が身にしみる昨今、oasisの盛衰とともに少し過去に思いを馳せたりして。




エグい告白

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

win_liyutiaolongmen.jpg

立身出世を願う剪紙「鲤鱼跳龙门」を切りました。
切ったはいいけど昨日いたちに齧られた~!出世の道も閉ざされました。はぁ~。(もとよりそんなものナイけど)
よろしければこちらからどうぞ。




kokuhaku1.jpg

話題の映画「告白」を観てきました。
教師が教え子の中に自分の娘を殺した者がいる。という“告白”から幕をあけるこの映画。
久々にエグい映画でした。
ちょっとだけネタバレ含んでるので観に行こうと思っている人は読まれない方が良いかも。
先に「観て損はなし」だけ言っときます~。



前作の「パコと魔法の絵本」は不思議な病院が舞台で、夢のような映像にビターな物語がのっかった大人向けの絵物語のような映画。
映像美に定評のある中島監督ならではの世界観のある作品でした。
でも、今回は本屋大賞をもらった問題作で学校という現実的な空間が舞台。
原作も読んでへんし、一体どんな映画なんやろうと、とても興味があって観に行きました。


松たか子演じる教師はホームルームで「私の娘は生徒に殺された」と告白します。
その後、教師の職を辞してひたすら綿密な計画を立て、巧妙に2人の生徒を追い込んで行くのですが、その手口は実に自然で巧妙かつ残忍。知らず知らずのうちに手詰まりになる恐ろしさにこっちの息も詰まりそうに。
表情を変える事なく淡々と語る教師役の松たかこ。コワすぎ。ハマってました。

始めは教師の視点から事実が語られるだけですが、教師の衝撃的な“告白”以降は、娘の死に関わる人々の“告白”が続き、それぞれの生々しい思惑や場面が多角的に描かれ、全く先が見えない展開に。
登場人物のドロドロの“告白”が描かれる中、主要登場人物の中でただ一人“告白”のない岡田将生演じるイタい熱血教師の薄っぺらさが際立ってました。
“告白”するような複雑な心すらない?まあ操り人形の役回りやったし。

これくらい登場人物がいると、1人くらいは肩入れしてしまう人物が出てくるもんやけど、誰にも気持ちが傾きません。
ひたすらストーリーに捉えられて食い入るように観ておりました。


加害者の生徒の「複雑な家庭環境」にも「得られなかった母の愛」にも気持ちを動かす事なく復讐を完遂する教師はもちろんコワい。
そして二人の生徒の持つ歪んだ欲求もコワい。
でも、ケータイメールに支配されて集団催眠のような団結力でまとまる生徒たちも相当コワかった。
それに息子を溺愛する母、身勝手に子供を放り出して自分の夢を追う母、そして血の繋がらない息子を体よく離れに追いやってしまう継母の浅はかなずるさだって密かにコワい。

いろんな捉え方ができる映画やと思いますが、人が心の奥に持つコワさやエゴの見本市みたいな映画でした。


さすがにキラキラの映像美ではなかったけど、生々しくて息ぐるしい映像やドキっとするような演出で緊張しっぱなし。
ラストの盛り上げ方も圧巻でした。
原作の素晴らしさもあるのでしょうが、見せ方も巧くて引き込まれます。
ラストはどうなるかと思いましたが納得の幕引き。やられた!

だらだら書いたけどやっぱしエグいの一言に尽きます。
復讐を終えた教師の心中は?そして生徒の末路は?クラスメイトは?
それぞれの「その後」にも思いは巡ります。
エグいけど観ごたえあります。観てがっかりはないと思いますー。


つれづれ【にほんごできます】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




・花嫁は酒をすすめてチャイナドレスに感服して

・宝石は中国式の高端チャイナドレスの芳の舞邪悪な姫を刺繍して滑って

・中国式はチャイナドレスを改良して/夏季にキャミソールを刺繍して/涙を流していて

・奢華紳士がビジネスレジャー半袖ワイシャツのLの号を必ず備えなければならないことを大売出しする


最近Yahoo!のバナーでよく見かけるチャイナモールの広告。入って見たらえらいことに↑
トップはちゃんとした日本語やのに、カテゴリにはいると上のありさま。
売る気あんねやろかと心配になりました。
「キャミソールを刺繍して/涙を流していて」とか言われると怨念入ってそうで怖くて買えませんがな。
80年代のアイドル曲みたいな気もするし。

狭い建物の二階で、夏はキャミソール、冬はチャイナドレスの刺繍にあけくれる不幸な刺し子さんと、一階でワイシャツを叩きうる細身の紳士の恋愛物語を妄想しました。





donut_2.jpg

こっちは職場近くの100均コンビニにて。気になって買ってしまったのですが。

やる気のないパッケージもですが、気になるのは商品名。
何で「4個入」なの~?!

「4個入れ(ちゃいました)」の略?あ、でもそれやったら「リングドーナツ4個入れ(ちゃいました)」か。
というより、私はドーナツに向かって誰かが「はいれ」と言ってるように見えてしかたないんですよね~。

怪しい中国商品か?!と裏をひっくり返してみたら、パンの大手ヤマザキやないですか。
100均向け商品なのはよくわかるけど、この「れ」の意図がすごく気になる。。

中身の味の想像は大体つきましたが、予想を裏切らずまあ100均な味でした。
油っぽいちょっと昔なつかしな感じのドーナツ。
お金ないけどお腹減ってる人向けかな。

あ!「お腹」に「4個はいれ リングドーナツ」??


かなりどうでもよい話でした。






ポーランドの切り絵展

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。



poland_kirie.jpg

恵文社一乗寺店で開催していたポーランドの切り絵展を観に行ってきました。
ポーランドの切り絵は世界一美しいと言われているそう。全然知らんかった。


上海万博のポーランド館もこの切り絵をモチーフにした作りになっているそうで。

polish_6.jpg

polish_2.jpg

すごい!ダンスする女の子かな??観に行きたい~。


ポーランドでは農家のお嫁さんたちが集まって部屋の装飾用として切り絵を作っていたそうです。
切るのは鋏。しかも羊毛鋏で!
上のDMに載ってますが、こんなので切れるんや~と驚きました。



polish_4.jpg


polish_5.jpg

だって、こんなに細かいのに!
黒ベースの切り紙の上に色とりどりのパーツが貼られています。

色紙の普及で広まったポーランドの切り紙はとても色鮮やかで、東欧モノならではのちょっと野暮ったい感じも温かみがあって、見ていて楽しくなりました。

民芸品も販売していて、ポーランドのデザイナーさんが作ったカバンがとても可愛かったです。
買おうかどうしようかだいぶん迷ったけど、フエルト生地やったんでしばらく出番ないなーと思って今回は諦めました。。。


そしてこの展示、7/16~8/1まで神戸にも巡回します!
この記事書くまで知りませんでしたわ。。
場所はチェドックザッカストアにて。
わー、ここでも民芸品の販売やるんやー。次回カバンに出会ったら買ってしまう気が。。
とてもステキなんでぜひぜひ見てください~。




Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。