戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のいたち【いたち噺】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

queqiao.jpg


よろしければこちらからどうぞ。



毎日毎日暑い日がつづきますねえ。
うちもクーラーフル稼働です。お鼬さま方のために。。

夜はまだ昼に比べて涼しいのでまだクーラーはほとんど使っていませんが、いたちにとってはやはり少し暑いようです。

0729_nimame.jpg

ふと見るとこんな感じで転がってたり。


二人でくっついていたら暑いやろなーと思って、ケージの中のハンモックを2段にしてみたのですが、全然使ってくれる様子はナシ。
暑いんやったら別々に寝たらええのにそんなに一緒がええのかな~。


0729_nimamika1.jpg

↑こんな事になっても寝てる。見てる方が暑苦しいがな。


0729_nimamika2.jpg


暑いという前にちゃんと呼吸できているのかしら?
見てる感じではどっちかというとにまめが上の率が高いようにも思います。
やはり上下関係があるのかな。。。?
それか単にみかんがドMとか。


でもたまにはこんな日も。

0729_nimamika3.jpg

もしかしてちょっと嬉しいのか、みかんよ。


0729_nimamika4.jpg

どや顔のみかんを見てやってください!


スポンサーサイト

嫌いですが気になるのです(BlogPet)

kasparekの「嫌いですが気になるのです」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます♪
なんか今年の下のすぐ前の方に鳴いていない時代でしたわぁ?
な?長雨とか気温の悩みの下のすごーく嫌なんで、私も本番、気になってさすがに父が加えられて、来週にまでしょっちゅう『幹自体はちょいちょいあるの春に彼の下の春によく見ること言って鳴き出すようにポチポチポチポチっとするの訃報を覚えましたの変化とかのはちょいちょいあるのタネで、いてから出ていませんでしたことをかなり下衆なのに表でもてはやされてるのすぐ前の声もたまに彼のすごーく嫌なコラムを見るそう言われてるという恐ろしいを考え、幹のが枝を寄せてから出ていただけると母曰く、ちょっと変なのに表でもてはやされて来て。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

嫌いですが気になるのです

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

queqiao.jpg


よろしければこちらからどうぞ。





夏も本番、私にとっては最も神経をすり減らす季節がやってきました。
ヤツが地面の中から出て来て鳴き始める季節が。。

今住んでる実家の門の前には大きい欅の木があって、毎年ものすごい数の「せ」がついてるそうです。
まだ実家に居た頃も、今ほどではありませんでしたが夏の悩みのタネであれこれ苦労したことを思い出します。
なんで、家を出てからはずーっと夏場のこの時期には実家には近づかないようにしてたんですが、今年は住んでるのでそうは行きません。。
あれこれ「対策」を考え、さぁ来いや!とこの季節を迎えたのですが。。。


あれ?
今年、静かやん。。


家のすぐ前の山の中ではクマ「ぜ」がわしわし鳴いてやかましいことこの上なし。
朝6時過ぎには目が覚めてしまいます。
なのに、件の欅からは全く何の音もしません。。。
抜け殻は庭のそこここで見かけてびくっとするのですが、本体は庭では滅多に見かけません。

もう植えてから20年近い欅はそこそこの大きさに育っており、今年の春に父が枝をかなり切り落とし、そんなに高さも幅もない状態。


keyaki.jpg


そういう状態なのでとまりにくいんちゃう?と母は言っていたのですが、幹自体はほとんど手が加えられていません。
なんで、「木が小さくなった=いない」説には納得いかへんなぁと。

去年までしょっちゅう『幹の下の方にまで等間隔でいっぱい「せ」がひっついていてさすがに気色悪かったわぁ。。』という恐ろしいハナシを聞かされていたもんなんで、この静けさには結構拍子抜けしてます。
いや、いないのはもちろんとても嬉しいんやけど、あんまりそうも言ってられんのかなぁみたいな話もちょっとあって。

母曰く、庭のあちらこちらで死んでいるのをよく見るそうです。
盆を過ぎた頃には道ばたで死んでるのを見ることはちょいちょいあるのですが、この時期に?
近所のおばちゃんも同じようなこと言ってはったそうです。
そう言われてみれば私も彼らが鳴き出すようになって1,2度ですが、死骸をみています。

それと、今盛んに鳴いてるのは「くま」ですが、それだけでなく「夏の終わりの代名詞」の彼らの声もたまに聞こえてます。
なんか今年、ちょっと変なのかな?
長雨とか気温の変化とかの天候不順が影響してるんかしら。
土の中でダメージを受けていたんやろか。
居たら居たでものすごーく嫌なんやけど、そんな話を聞くとちょっと気になるなぁ。
ああ、でもまだ7月なんで、来週には「せ」地獄で苦しんでいるかもやけど。



あ、気になるでもう一つ。
昨日のネットのニュースで、村崎氏の訃報を見ました。
学生時代によく読んでいたB級雑誌に過激っちゅうか、かなり下衆なコラムを寄せてた人ですが、10数年ぶりに彼の名前を見たのが刺殺のニュースとは穏やかでなかったので驚きました。
90年代の頭は「サブカル」全盛期。「サブカルチャー」やのに表でもてはやされてるという、訳の分かんない時代でしたが、学生時代の自分にちょっとタイムスリップするような感覚を覚えました。。。




値段は話しないです(BlogPet)

きのうにかんが、値段は話しないです。
それできょうにかんがテーブルとか創業しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

お店3つ【北京にて】(BlogPet)

kasparekの「お店3つ【北京にて】」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます~。次回はハードル高いわー。
一度はファーストフードタイプの嵐の良いと餃子の赤い器の上にピッタリの種類もの食べて二やと思って残りはあっちこっちから30~40元前後?やってきやしましたが行ってたら雲泥の差♪
100種以上もしっかりタッパー持参!今度はそっちには最寄り駅からどうぞ!!
鶏の赤い器のです。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

お店3つ【北京にて】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

queqiao.jpg


ずいぶん時期が過ぎちゃいましたが、七夕の剪紙「鹊桥相会」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。「人物図案」よりお進みください。


前回はトホホな経験談になってしまった北京の食でしたが、やはり食は中国にあり(?)な美味しいお店にも(ちょっとやけど)行ってきました。

beijing_mise1.jpg

1軒目は前回の哀しい思い出が残る王府井にある包子のお店「狗不理包子」。
「狗不理」は「犬も構わない(食わない)」の意味だそうです。
意味についてはこちらをどうぞ~。
150年以上もの歴史があり、天津に本店を持つ包子のお店です。
ガイドブックにも紹介していたお店やったんで、外国人にも敷居が低いかなーと思い、何も考えずに入店したのですが。。

注文カウンターには人だかりが。それって注文するところやんね?!
並んで一人ずつ注文なんて行儀の良い光景はなく、みんなカウンターに殺到して口々にわーわー喚いております。
指さしで注文できるようなメニューはもちろんなく、カウンター後ろに套餐(セット)のメニューが掲げられてるだけ。これはハードル高いわ。。

カウンター内のおねいさんはあっちこっちから飛んでくる注文をてきぱきさばき、横でぼーっと立っている私には目もくれません。
何とかメニューを決めて、おねいさんが一瞬こっちを向いた時にすかさず注文。

そのあと急にビールが飲みたくなったんで「还要一瓶啤酒,啤酒!」と騒いでみたら、
おっちゃんが出て来て冷蔵庫まで連れて行ってくれて「これか?」と聞いてくれ、
何とかゲットできました。こんだけでかなり疲れたわ。。

注文後、二階へ上がれと言われて二階席に座らされるも、あの喧噪の中でちゃんとオーダー通ってるんやろかと不安になりました。
ほどなくちゃんとやってきた時はちょっと感動。あのオーダーの嵐の中どうやってさばいてるんやろか。。


beijing_mise2.jpg

小振りの包子が9個。何とか一人で食べられるかなという量です。
奥の赤い器の汁物は、黍か何か雑穀のスープ(お粥?)。
お味は薄くてイマイチでしたが、何か入れるとか、私の食べ方が間違ってたんかもしれません。

beijing_mise3.jpg

豚肉の包子セットを注文したのですが、1種だけか思ってたらフェンネルが大量に入ったバージョンもあり。
これも意外といけました。豚肉のみの包子もまあまあ美味。
手放しで褒めるほどの味ではありませんでしたが、前日の屋台と比べたら雲泥の差。フツーに美味しかったです。
そして北京の地ビール「燕京啤酒」!純生です。
ライトな飲み口でぐいぐいいけます~。二日目にしてマトモな食にありつけたことに干杯~!

調べてみたら、王府井の狗不理包子はファーストフードタイプだそうです。
それで注文する所がえらいことになってたんやねえ。
前門店等おねいさんが出迎えてくれるレストランタイプのお店の方が味も接客態度も良いとの情報が載ってました。
そうなんか~。次回行ったときはそっちに行ってみよ。
あっ、値段忘れた!




beijing_mise4.jpg

2軒目は、剪紙の先生のご自宅よりほど近い場所にある「天津百饺园」。
こちらも天津に本店がある水餃子の名店だそうで。

ここは入り口でおねいさんがきちんと席まで誘導してくれました。
「百饺」の名前通り、100種以上の水餃子があるそうです。
100種あっても一人じゃなぁ。。一皿は二两から。一两は50gで粉の量だそうです。
二两やと餃子10個分くらいなので、一皿が限界や。。

と、周りを見回して気づきました。どのテーブルの上にもでっかいタッパーがのっかってます。
見ていると残った分はどんどんタッパーに詰めてます。ハナから全部食べるという感覚はないみたい。
これや!ということで、この日以降は小さいタッパーを持ち歩いてました。
でも今日は1種しか食べられへん。。持って帰りたいって言ってみればよかったのかも。嗚呼。
ですがメニューは迷うことなく北京に行ったら絶対一度は食べてみたいと思っていたトマトと牛肉の餃子「牛肉西红柿」を注文。
二两で9.6元(約125円)。安ー。

beijing_mise5.jpg


これ、ほんまに美味でした。。

beijing_mise6.jpg

ジューシーな牛肉とトマトの酸味がベストマッチ。
美味しくて顔がニヤけてました。あー、他の種類も食べてみたかったよ。。
結局再訪することなく帰国。
あの味をもう一度!と自分で作ってみましたが大失敗。。
もう一回食べたい味です。




beijing_mise15.jpg

そして滞在最終日に行った「老辺饺子馆」。
こちらは瀋陽に本店がある創業180年の老舗。地方に本店がある店ばっかし行ってたようですな。
東京にも店舗があり、以前テレビで見て一回食べてみたい!と思っていたので来れて嬉しい!
ただし私が行った店舗は最寄り駅から30分近く歩き。
途中雨にも降られてちょっと大変でした。
でも今日もしっかりタッパー持参!食う気満々で行きました。

ちなみにこのお店の上はきちゃない宾馆(ビジネスホテル)。
下にこんな大きいレストランがあるということは、部屋はゴキ天国なんちゃうん。。といらぬ想像をしてしまいました。


beijing_mise11.jpg

ここも店内は大にぎわい。
若いおねいさんが席まで案内してくれました。ここはとっても対応が良かったです。
難を言うなら、タダで飲める飲み物は白湯しかなかったことくらいかな。
でもタダやし熱されてるし、文句は言えんよね。



beijing_mise12.jpg

冰花煎饺。22元(約290円)
レースみたいな羽根が特徴的な焼き餃子。テレビで見たのんはこれでした。
豚肉の餡がジューシーで絶品!何個でも入りそうやけど、まだ注文してるので。。


beijing_mise13.jpg

カニの蒸し餃子。カニの濃厚な味がぎゅうっと詰まってます~。
30元前後?やったかな。これも美味!
どちらも味のみならず見た目もステキです。


beijing_mise14.jpg

餃子以外もなんか食いたい!
てことで辛そうなこちらを注文。鶏の唐辛子炒め。料理名も値段も忘れたよ。。
30~40元前後やったような。(めっちゃアバウト。すいません。。)

大量に入っている唐辛子は実は全然辛くありません。
カリカリの鶏とパリパリの唐辛子はビールにピッタリのやみつき食感。
全然辛くないのかと思いきや、実は山椒の実が山ほど入っていて、食べ続けてると舌がしびれてきました。

全部半分ずつ食べて残りはお持ち帰り。て、結局自分で食うのですけど。
北京最後の夜やったんで、宿にて一人宴会。ビールと共にしっかり完食してしまいました。
さすがにこの日は食べ過ぎた。。


とはいえ、あんまり色々食べられたとは言えない今回の北京訪問。
実質5日で、昼は学校の昼休みなんで遠出できへんかったしなー。
ですが、美味しいものを食べられた日は幸せでした!
今度は北京の郷土料理も食べてみたいなぁ。

次回は意外に美味やった宿の食堂を~。


メニュー(BlogPet)

きょうは、燃焼♪
でも、kasparekは上メニュークリックみたいなアップしなかった。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

西元町にて

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

jubaopen.jpg

「聚宝盆」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。



繁華街の三宮からずーっと西、神戸駅界隈の西元町付近で最近行ったお店2軒を。
この辺は人が少なくなって寂れた感が漂ってますが、ぷらぷらしてるとその寂れた感も妙に心地よくて、結構好きなエリアです。


味よしコスパよしらしいので前から気になってた西元町駅地下の「さつま」。

100704_5.jpg


「安心の隠れ家」というキャッチが素敵です。
鹿児島料理のお店やのにご主人がバリがお好きなようで、なんとバリ島にもお店があるそうです。
地下街の入り口にあるのですが、奥はこんな感じ↓まっくろです。


100704_6.jpg

平日やからかいな、どっこも空いてまへん。



100704_4.jpg

日替わりの「だれやめセット」は小鉢(or納豆)+本日の料理+ビール(or焼酎)で880円。
ミニチゲ鍋でまずはビール。

100704_7.jpg

薩摩地鶏の刺身。美味~。


100704_3.jpg

だーまつ巻き(ウインナの黒豚バラ肉巻き)・朝比奈巻き(プチトマトの黒豚バラ肉巻き)


100704_2.jpg

出し巻きにさつま揚げ。


100704_1.jpg

最後はさつま焼き。

これだけ食ってさらに飲んで3000円は結構お値打ちやかと。
味よしコスパよし。素敵です。





otsucarry.jpg

元町商店街より1本南の筋で妙に目についたこの店。
看板みたまんまカレー屋っぽいけど、普通の家か住宅街の中のスナックかと思うたたずまい。
入り口は小さくて中がわからへん。。
気になったんで行ってみました。

1階は小さいテーブル席が一つとカウンターがあって暗めの店内。
もっと怪しいかと思ったけど、結構フツウでした。
2階もあるみたいやったんで上に上げてもらいました。

100704_12.jpg

上は畳敷きの和室。形の不揃いなテーブルが4卓。
私の座ったテーブルはちょっと高くて何だか子供になったよう。

100704_10.jpg

看板メニューは「おつカレー」ですが、気になったんで「豆腐チーズカレー」を頼んでみました。
(上メニュークリックで拡大します)


tofucheese.jpg

「豆腐チーズカレーとビタミン(←サラダ)でーす」て。
小出しにベタというかナンセンスというか。

でも美味~。豆腐のやわらかい食感がカレーに意外と合います。
ヘンな組み合わせやけどいけるわ~。
ノーゲストやったんで和室で独りカレーでした。
何だか人の家で「食べて行きー」と言われてお昼をよばれてるような気分でした。

「辛く」とお願いしたのですが、辛くなかったので、他のテーブルを片付けにきたおにいさんに「辛さどうですか」と聞かれた時「全然辛くない」と言ったら、辛いパウダーを缶ごと持ってきてくれて好きなだけどうぞと言われてしまいました。
せっかく持ってきてくれたしお言葉に甘えてがっさり入れたらびっくりしてはりました。。。
ていうか、そのままでも十分美味しかったんやけど。ごめんなさい。

ちょっと話を聞いてみたら、塩屋にあるカレー屋・ワンダカレー店と姉妹店だそうで。
以前買った「須磨・塩屋WALKER」に載ってました。
美味しそうやけど、塩屋、行かへんなあ。。。

ちなみにここの屋号はguest place LUCY
「おつカレー」やなかったんやねえ。

おあいそは「800万円です~」。わあ、ここでもベタが。
あんまり神戸では聞かへん?かも?

今度は看板メニューを食べに行こ。

展示(BlogPet)

きょうはkasparekと展示しようかな。
kasparekは実感してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

くぅ、不完全燃焼。。【シーサイドモーテル】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

win_liyutiaolongmen.jpg

よろしければこちらからどうぞ。






7月1日は映画の日。気なっていた映画「シーサイドモーテル」を観てきました。

seaside_6.jpg

生田斗真、麻生久美子、山田孝之、成海璃子、玉山鉄二、温水洋一、古田新太といった豪華キャストでストーリーは好きな群像劇。
楽しみにして観に行きました。
以下個人的な感想ですが、観に行こうと思ってる方は控えて下さいませ(もう上映ほとんど終わりかもしれませんが)



山奥のボロっちいモーテル「シーサイドモーテル」の4つの部屋で起こる様々な出来事。
サギまがいのセールスマンとコールガールの腹の探り合い、ギャンブラーとヤクザのだまし合いの2つを軸に、EDの社長とその妻、若いキャバ嬢をモノにしたいキャバクラ常連客のドタバタが重なって思わぬ結末へ。。というストーリー。

豪華キャスト陣の中で一番驚かされたのは、暑苦しい長髪&暑苦しいタトゥー&暑苦しいデブの男。
一体誰~?

seaside_2.jpg

よーく観たら山田孝之!
もともとぽっちゃりしてたけどこんなメタボやったっけ。
あまりにも立派な肉体にしばし釘付けになりましたわ。
顔も濃いし役柄も小汚いので暑くるしいことこの上無し。もうちょっと体絞った方がええのでわ?!
と余計な事を思ってしまいました。


それとは対照的やったんが玉山鉄二。
ヤクザ役やったんでえげつない柄のスーツ・シャツ・ポケットチーフという出で立ちやけど、男前で色気もあってごっついかっこよかったです。惚れた。

seaside_1.jpg

まあ好みの差なんでしょうけどねぇ。
あ、この二人って「手紙」のコンビやん。


seaside_3.jpg

麻生久美子は色っぽくてカワイイし、成海璃子のおとぼけキャラもかわいらしかったです。


seaside_5.jpg

温水洋一、古田新太の個性派ご両人もええ味でした。


が、肝心のストーリー的がイマイチ。
この手のストーリーはテンポの良さと伏線の妙が要やと思うのですが、そのどっちもが中途半端。
キャストが申し分ないだけにもったいないなぁと思わずにおれんかったです。

笑うポイントも「ここで笑かすぞ」みたいな空気が見え見えやし、伏線も予想がついて意外性に欠けてたし。
予想済みでも笑かす巧さがないというか。
せっかく古田新太とかぬっくんがいるねんからもっと笑かしてくれ!と叫びたくなっちゃいました。
「アフリカの歌」の方が全然笑えるわ。。。


同じような群像劇でふと思い出したのが「運命じゃない人」。これはやっぱし秀逸やったなー。
巧い伏線て難しいんやね。

「そういうことか~!」というスカっとした笑いがしたかったなーと思いながら映画館を後にしました。
1000円の日で良かった。通常料金やったらもっと辛口になってたわ。


あ、主演の生田斗真についてまったく触れてない。。


Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。