戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルミナリエの神戸で

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。





日にちが古くなってしまいましたが、展示の期間中にぽんさまがわざわざ京都から来て下さいました。
折しもルミナリエ最後の休日とあり、どっちかというとアフターのデイトがメインでした。

神戸住まいが長いのですが、実はまだ一度もルミナリエの会場を歩いた事がありません。。
いよいよお初。

まだ点灯までには1時間以上の時間があったんで、先に一杯と元町の立ち呑み処・世界長へ。
こちらで安く美味しく小一時間くらいをすごして


101212_1.jpg

賑わう南京街を少し散策。




101212_2.jpg

人の多い土日にはあんまりこの辺に来ないんで、ほろ酔いにキラキラ中華イルミと人出でちょっとした旅行気分を味わいました。


ぶらぶら歩いて食材やお土産を買い求め、ではいざと会場へ向かう列に並んだものの。。
終わりの見えない行列に目が点!
もう始まってしまっているのでそんなに並ばへんでもええやろうという甘い読みが完全に外れました。嗚呼~。
一杯飲んだりうろちょろせずにじっと列に並ぶのんが正解やったのでしょうかねぇ。
南京街を抜け、元町商店街を通り過ぎ、JR元町駅からさらに西(ルミナリエ会場と反対方向!)へ誘導されたとき、

「もういいですかねぇ?」
「いいよねぇ。」

断念。
ルミナリエの設営スタッフにでもならない限り、私はきっと今後もルミナリエを見る事はないでしょう。。




花より団子ということで向かった先は、JR高架下にある台湾料理「天一軒」。



101212_3.jpg

よくB級フードの食べ歩きブログで見かけるお店で気になってました。ようやく!
店の外に数人が並んでました。
こじゃれた店やありませんが、美味しい店には人が集まるもんなんやねー。


店内は蛍光灯にタイル貼りの壁というチープアジアな空間。好きな雰囲気です。
ビールを片手に選んだのは


101212_5.jpg

しんぞう・タンの盛り合わせ(¥650)。



101212_7.jpg

ぎょうざ(¥300)
色気なくビールジョッキに注がれたマイルドな味の辣油でいただきました。
野菜多めのあっさり味。


101212_6.jpg

ヤキそば(¥650)

なんちゅうことないシンプルな見た目なんですが、とっても美味ー。
平麺の食感も好きです。この味付けなら麺だけでもいつまでも食べられそう。

こちらはヤキトリも名物らしいです。辣油をたっぷりかけていただくぶつ切りの鶏、ビールに合いそう!
そしてみんなが食べてたオジヤも気になる~。
が、1軒目の世界長でもがっつり食べてしまったんで本日はこれだけで。


といいながらも「もう一軒」と、ルミナリエで盛り上がるカップルたちを尻目に阪急の高架沿いのオヤジ呑み屋ストリートへ向かい、しっかり揚げ物なんかも食べちゃいました。

入った店は高架下2階の居酒屋やったんやけど、ここ、以前台湾の庶民ご飯のチェーン店「鬚張魯肉飯」があったとこやんねぇ。


しかしどんだけ飲み食いするねんな。食い気ばっかり、色気ナシ。。
ですが、楽しい夜を過ごしました。
色気はまた先のお楽しみ(?)にとっときましょ。

ぽんさま、遠いところどうもありがとうございました~。



そして本年の更新はこちらで最後です。
更新も遅く拙いブログですが、ちょくちょくのぞきに来ていただいた皆様に感謝。
今年は久しぶりに実りの多い年になった気がします。
来年はさらなる成長を遂げることができるようがんばります~。

それでは皆様よいお年を!


スポンサーサイト

二泊一日で行ってきました!

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




先週末久しぶりに遠出をしてきました。

101218_shini_9.jpg

こちらの展示を観に。
行き先は何と埼玉県秩父市です。。

埼玉県と中国・山西省は友好都市だそうです。
その記念に創設された「埼玉県山西省友好記念館・神怡舘(しんいかん)」。
こちらでの展示です。
神戸・長田の三国志イベントの時に出店していた事もあり神怡舘の名前は知っていたのですが、まさか足を運ぶことになるとは。。

先月たまたまネットでこちらで剪紙の展示が開催中なのを知り、きっと行かないと後悔する!と思い、すぐに行くことを決めました。
が、実は秩父が何県かも今まで知りませんでしたよ、私。


夜行バス→JR→西武秩父駅到着。ここまで神戸から12時間近く。。


101218_shini_8.jpg

嗚呼、遠くまで来たもんだ。生まれて初めて踏む地ですよ。

もっと鄙びた田舎駅なんかと思っていたけど、札所巡りや登山の出発地点でもあるようで、人も多く土産物屋も立ち並ぶ大きな駅でした。
さらにここから町営バスにて約30分。目的地へ向かうバスは1日数本。
時刻をきっちり調べて来てなかったら完全にアウトやったわ。。。
珍しく行き当たりばったりをしなかった自分を褒めたい。

101218_shini_11.jpg

101218_shini_12.jpg



冬枯れの田舎の風景を眺めながらくねくねと山道を登って降りて、ようやくバス停に到着。
バス停から歩く事30秒で


101218_shini_13.jpg

おっ、看板が。そして


101218_shini_14.jpg

着きました!
日本の田舎~な街にいきなり現れる中国式の大きな建物にはちょっと驚いてしまいます。



101218_shini_15.jpg

館内には山東省についての説明や書画、工芸品などが陳列されています。
まずは黄土高原の生活を記録した映像を観ました。
けっこう広い施設なんですが客は私一人。
贅沢というか勿体ないというか。。

1時間ほどの映像では、黄土高原の「窰洞(ヤオトン)」という横穴式の住居に住み、質素ながらも心豊かな生活を送る人々の様子が綴られてました。
中でも日常のごく普通の一コマとして剪紙が作られ、自然に家族の中で受け継がれてゆく様子が印象に残りました。

この地から生まれたという剪紙。
本でしか見たことのない実際の作品との対面です。
約80点の展示のうちのほんの一部のご紹介ですがご覧ください。




101218_shini_7.jpg

101218_shini_6.jpg

101218_shini_4.jpg

101218_shini_3.jpg


どれもこれも豪放で、繊細で、圧倒的な生命力がみなぎる作品たち。
前に立つだけで作品から発せられる大きな力にのみこまれそうになります。
ホームページの説明では「人々の願い・心の叫び」が込められているとありましたが、まさに!でした。

自分が今作っているものなどは表面上の意味をなぞっただけで、何も聞こえてきません。。
厳しい人生を生き抜いてきた大娘・老大娘(男性の作品もありましたが)たちだからこそ表現できる世界観にただただ感動するばかりでした。




101218_shini_2.jpg

そして日本で活躍されている上河内さんの美しい作品も多数展示されていました。
とてもとてもすばらしい作品世界に酔わせて頂きました!


こんなすごい作品たちを目の当たりにして気力もなくなり。。。
なーんてことはありませんです。
師がいない自分としては、すばらしい先生達と出会えたようでとても嬉しい心持ちになりました。
いつか自分の世界が作れるようになったらええなぁと改めて思った次第です。


101218_shini_5.jpg

魔除けの虎をモチーフにした枕やよだれかけや靴なども展示されてました。
かわいいだけでなく凝った刺繍がすばらしい!
子供のことを思う親の愛情にあふれてます。

しかし土曜やのに、こんなすばらしい展示やのにお客が私一人なんてもったいなさすぎ!!
神戸にも巡回してくれないかしら?!
(あ、でもそしたらここまで来た私の努力が。。。)




101218_shini_16.jpg

清々しい気分で神怡舘を後にして、近くの温泉「薬師の湯」で強行旅程の疲れを癒し、帰宅の途に。
ああ、なんてバタバタなんやろうか。
神怡舘の近辺には目の神様を祀る薬師堂や中華風の展望台などがあったんですが、時間に追われてパス。
もったいない~。

また途中のバス道から見えた昔ながらの商店街は、昭和な香りの看板があちこちに残り、歩ける距離やったらぜひとも散策したい雰囲気。
目的からは外れるとはいえここまで来といて返す返すも残念ですわ。
時間とお金に余裕があれば一泊したんやけどねぇ。。


101218_shini_17.jpg

唯一車窓から撮れた味噌漬け屋さん。
この隣に合った古めかしい醫院もステキやったなー。


101218_shini_10.jpg

こっちは西武秩父の駅前にて。豚みそ丼屋さん(ここも朝やったんで開いておらず。。)の看板。
湯気を出して大はしゃぎのこぶたちゃんのイラストが泣かせます。


豚の味噌漬けと共にこの辺りは蕎麦の名産地でもあるそうです。
「新蕎麦」の張り紙に惹かれぜひ食べて帰ろうと思ったものの、朝は早すぎて開いておらず、帰りは電車の時間がギリギリで店に入る時間が取れず。
ならばせめてとお土産に買って帰った新蕎麦はとっても美味でした。

蕎麦屋に入る時間がなかったんで、「B-1グルメグランプリ!(ただし地方の大会らしい)」ののぼりに吸い寄せられて買ったのがコチラ↓結局こんなんが好きなのね。。。


101218_shini_18.jpg

みそポテト。
大きなじゃがいもをてんぷらにして甘い味噌だれをかけたおやつ。
この辺ではごく一般的に食べる軽食みたいです。
芋・油・衣・甘味噌の4拍子でおやつにしてはかなりのボリューム。
味噌系の食べ物ってあんまり食指が動かんねんけど、これは好きかも~。
甘い味噌の味がくせになりそうです。美味。

移動にかなりの時間を取られた今回の激短旅行。
時間があれば東京でウロウロ。。という時間も皆無でした。
バス乗り場までの道すがら、諸星大二郎の漫画でしか見たことなかった「新宿の目」を見てわぁと思ったことくらいでしょうか。。ショぼいわ~。


久々に一人旅行でもしようかなーと思ってたところに急遽やってきた今回の剪紙鑑賞強行一人旅。
旅行としては内容薄いですが、剪紙を観る目的は十二分に果たせました!
気軽に「行ってみて!」と言えない場所なんが残念ですけど。
そして会期も終了してしまいましたが。
今年最後の大きなイベントでした。




展示おわりました。ありがとうございました。

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




2010_10_tenji.jpg


2度目の展示、無事終了いたしました。
作品をご覧いただいた皆様にはおおむね楽しんでいただけたようで、とても嬉しく思ってます。

師走の忙しい時期に足を運んでくださった方々、温かいメッセージを残して頂いた方々、拙い商品をお買い上げいただいた方々、今展示に関わってくださったみなさま全員に感謝の気持ちをお伝えしたいです。

また、場所を貸してくださったトンカ様には新たな出会いの機会等々色々とお世話いただき、感謝の気持ちだけでは足りないくらいの心持ちで展示を終えさせて頂きました!


今年の3月に初展示をしてから1年足らずですが、色々な出会いがあり今年はとても実りの多い年になりました。
また、人の力は何にも代え難くすごいもんだと実感した年でもありました。
作品ありきとはいえ、私のような者を気にかけてくれた皆様にも心からお礼を申し上げたいです。

幸せな気持ちで年を越せそうです。
剪紙に出会ってなかったらつまんないただのオタクな人間なんで、自分の力というより剪紙のもつ何かしらの力にここまで連れてきてもらったような不思議な心持ちです。。。

来年も新たにやってみたいことがあるし、腕もまだまだ未熟なんで努力しなければいけないです。
今展示の中でも動物がかなりイマイチやったんで、来年の課題は動物になりそうですな。
とにかくマイペースに少しずつ歩を進めればと思っておりますのでどうぞよろしくです。




あ、何か今年のブログ終わりみたいですが、まだ終わりませんです。
もう何本かおつきあいくださいませ~。

年の瀬に知りました(BlogPet)

kasparekの「年の瀬に知りました」のまねしてかいてみるね

お越しいただきありがとうございます!
それが多かったけど夕暮れの展示を観れたのに1日まで緻密に描き込まれた部分は言わずもがなの絵を味わいます♪
何かと喜んで活躍中の詳細は、敗北感を思わせるようということな事件は一つもか。
せっかく京都へいくのブースにどんだけでなくて観光地やねんやろか閉まるの展示さがルーヴル美術館を観て観光地やねんやろか閉まるのブースに界隈まで神戸・をしましたがルーヴル美術館を制作の曲線があるんけど。
要は気の持ちようということなんでまだ気が早く来ている「岸辺露伴ルーヴルへ行く」(上は16時にバスやってましたので入り口だけでも入れてすぐの女性も芸術的な事件は言わずもがなのテーマは一つも色々やった際にし。
もみじ苑が100pの厄年を制作・コミック界でみました楽しい年やった部分からどうぞ!!
しばらく突っ立ってきたことがなくアピールし。
しばらく突っ立って少なすぎ。
しばらく突っ立って思い浮かぶのもみじも色々やった方はルネ・ラルーのテーマは一つも深い関わりを制作・元町の折にしております。
一体一枚のテーマは日本の持ちようということが一枚の曲線があるんは「(ころ=ひょうたん)」です)とД着いた楽しい年やった作品はぜひ手にと喜んでなく…。

*このエントリは、ブログペットの「にかん」が書きました。

年の瀬に知りました

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。



2010_10_tenji.jpg


12月1日より15日まで神戸・元町のトンカ書店にて剪紙の展示をしております。
今展示のテーマは、吉祥物としてだけでなく、中国の創世神話にも深い関わりを持つ「葫蘆(ころ=ひょうたん)」です。
場所等の詳細はこちらよりご覧下さいませ。小さい展示ですが、何かの折に界隈までこられた際には覗いて頂けると嬉しいです。



101202_5.jpg

漢聲雑誌社より毎年出版されている「過年」ポスターシリーズ。
来年版が昨日届きました。ちょうど展示期間中なんで今日展示場所に持って行きます。
来られた方はぜひ手に取ってご覧くださいね。





さて、昨日行ってきました。

101202_4.jpg

京都国際マンガミュージアムで本日まで開催中のマンガ・ミーツ・ルーヴル―美術館に迷い込んだ5人の作家たち

フレンチ・コミック界で活躍中の作家がルーヴル美術館を題材にした作品を制作・出版するというプロジェクトが行われたそうです。そのプロジェクトに荒木飛呂彦氏も招かれたそうで。
あ、今更やけど「ジョジョ」大好きなんですよ、私。


101202_3.jpg

作品は「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」(上は日本の月刊誌掲載分)

極彩色の原画は言わずもがなの美しさだったし、手書きの台詞や白いインク、絵を張り合わせた部分からは制作の生々しさがかいま見られてドキドキしました。
ちなみに上の絵の曲線が表しているのは「日本」で青とピンクの部分は「フランス」だとか。すばらしいッ。
5人の作家の作品が展示されてましたが、やはりみなさん荒木氏のブースに貼り付いてました。
男性が多かったけど腐女子(アタシもか?)風の女性もちらほら。

フランスのマンガ(バンド・デシネと呼ぶそうです)と聞いて思い浮かぶのんはルネ・ラルーの映画しか知らんけど、展示されていた絵はマンガと軽く呼ぶにはあまりにも芸術的なんでびっくりしました。
奥まで緻密に描き込まれていて、一コマ一コマが一枚の絵として完成してます。
一体一コマにどんだけ時間かかるねんやろかと考えると気が遠くなりました。
それが100pのカラーやねんもん。凄すぎ。
せっかくやから日本語訳でストーリーを読んでみたかったです。





101202_2.jpg

せっかく京都に来たので、もう終わりかけの紅葉を観て帰ろうかと北野天満宮まで来ました。
もみじ苑があるんですって。日が暮れかけてきたけど夕暮れのもみじも綺麗でしょうね。

なのに

16時閉苑ですと?( ̄Д ̄;)

着いたんは16時ちょっとすぎ…。
しばらく突っ立って誰にともなくアピールしてみましたが、もちろん誰も入れてくれるはずがなく…断念。はぁ。。
ていうか閉まるの早すぎへんか?
それにバスやって観光地やのに1時間に2本て少なすぎへんか?!
あと10分バスが早く来てたら観れたのになぁ~。
今年は紅葉に全く縁がなかったですわ。

101202_1.jpg

悔しいので入り口だけでも。
その後参拝の列に並んだのですが、その時にぼんやり今年の厄年の表を見て気づいたことが。

私、大厄!

とはいえ、厄年を思わせるような事件は一つもなくて、むしろ今年は充実した楽しい年やったなぁと喜んでたんやけど。
新しい事も色々やったし。
要は気の持ちようということなのかな。
とはいえ来年は後厄なんでまだ気は抜けないのでしょうけどねぇ。


しかし毎回京都へ行くと自分の方向感覚のなさに打ちのめされ、敗北感を味わいます。
駅降りてすぐのはずのcocon烏丸へいくのに10分以上かかりました。。何回か行ってるのにオカシイなぁ。

展示始まりました

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。



2010_10_tenji.jpg


12月1日より神戸・元町にて剪紙の展示をいたします。
今展示のテーマは、吉祥物としてだけでなく、中国の創世神話にも深い関わりを持つ「葫蘆(ころ=ひょうたん)」です。
場所等の詳細はこちらよりご覧下さいませ。小さい展示ですが、何かの折に界隈までこられた際には覗いて頂けると嬉しいです。



展示作品の搬入&前祝い(?)を済ませ帰宅しました。
4ヶ月ほど前から始めた今展示の準備ですが、一応当初考えていたような形に何とかうまく収まりました。
昨日おとといは「こんなんでええのかなぁ」と妙にナーヴァスになっていたのですが、ここまできたら善し悪しはともかく色んな人に見て頂けると幸いです。
在廊日はありませんが、来られる日にち・時間帯がお決まりの方はご一報いただければ可能な限りご挨拶にお伺いいたします~。

折しも明日からはルミナリエが開催されます。
点灯時間までにお時間のある方はぜひお立ち寄りくださいませ。
私もこれを機に(?)未だちゃんと観に行ったことないルミナリエ、観てみようかなぁ?!



Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。