戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4たび台北【こんなもの売ってました】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。

昨年12月の展示作品をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。



台北で見かけるパッケージはどれもこれも結構おされというか、日本人も受け入れやすいというか、とにかく違和感のないものが多いように感じました。
2年前よりも日本語が通じるように思えたりもして、初めて旅行に来た人でもまったく不自由せず街歩きができそうです。

ですが、そんな台湾でもたまに不思議な日本語に出会うことも…。
ちょっとしかないですが、ご覧ください。


1101_taiwan_nihongo_1.jpg

こういうのって、在台の日本人向けなのか、何を誰にアピールしているのかが不明なんですが。。



1101_taiwan_nihongo_2.jpg

なんだか得意気だなー。でもできる奴に見えてきた。




1101_taiwan_nihongo_3.jpg

いや懐かしい形です。若者は知らんでしょうなぁ。。
カーステレオのカセット部分に突っ込んでmp3を再生するもんかと思いましたが、よく見るとDVDとかGAMEの文字が…手に取ったけど使用法はよく分かりませんでした。
なんやろ、知ってる人いたら教えて!



1101_taiwan_nihongo_4.jpg

マンゴーミルクのアメ、商品名通りおいしそうやけど、「におう」と言われると何か…。



1101_taiwan_nihongo_5.jpg

同じ会社の製品ぽいですが、こっちもちょっと。。



1101_taiwan_nihongo_6.jpg

駅の自販機にて。
よくわかんない。甘いお茶なんかな。電車が来たので近寄って見られませんでした。
あっ、自販機て台湾にもあるんや。。全然気にしてなかった。


すいません、こんなもんです。
珍しく体調がよくないのではよ寝ます。。。(私、だいたい寝たら治るのです)




スポンサーサイト

4たび台北【こんなとこ行きました】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。

2010_10_tenji.jpg

昨年12月の展示作品をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。



そのほか雨の中うろうろした所など。



1101_taiwan_fuukei_4.jpg



1101_taiwan_fuukei_5.jpg

空港にて。台北ではちょうど花博開催中。
こんな奇妙な動物たちがお出迎えしてくれました。
しかしアヴァンギャルドですなぁ。
そして日本人の目から見たらもっとアヴァンギャルドなんが



1101_taiwan_fuukei_23.jpg

あれ。日付が一ヶ月もどったような。。
きっと旧正月が来るまでこのまんまなんやろね。



1101_taiwan_fuukei_24.jpg

町中や瑞芳駅でもキラキラのツリーを見かけました。



1101_taiwan_fuukei_26.jpg

その瑞芳駅の弁当屋(朝早いので閉まってます)にはこんな暖簾が。
日本の観光客にアピールかな?でも全然違和感ないなー。




人ごみの士林夜市。人酔いした私らは脇道を通り抜けました。



1101_taiwan_fuukei_1.jpg

その時に見つけた廟。



1101_taiwan_fuukei_2.jpg



1101_taiwan_fuukei_3.jpg

立派な廟ですが、裏手は普通の家のようでした。
子供が観音様の前で遊んでたし。
先日のNHK番組「世界ふれあい街歩き」でも生活の中に信仰が普通に存在している様が紹介されていましたが、ここ台北でもそのような習慣が根付いています。




1101_taiwan_fuukei_6.jpg

その台北で一番古い廟、龍山寺にて初詣。今年ほんとに初なんよね。
こちらには仏様と道教の神様たちが祀られてます。



1101_taiwan_fuukei_7.jpg

7本の長い線香を手にお参りします。

欲張って月下老人様に縁結びも祈願しました。
櫛形で裏表のある木のおみくじがあります。
二ついっぺんに投げて、表と裏が出たら縁結び成就ですって。
3回まで投げてOKなんですが、表表、裏裏、表表。。。ああ~orz。

が、廟を出たとこで思い出しました。お供え物の紙銭を忘れてた!
だから聞いてくれなかったのね。ということにしときましょう。





1101_taiwan_fuukei_14.jpg

永康街への道すがら見つけたケーキ屋さん。
まあにぎやかなケーキたちが並んでました。お値段は1500円前後。



1101_taiwan_fuukei_15.jpg

美味しそうかと問われるとアレですが、めでたい度は300%!






1101_taiwan_fuukei_13.jpg

鼎泰豊の本店がある永康街にはカワイイ雑貨屋さんがちらほらあります。
日本人観光客の多いエリアでもあります。



1101_taiwan_fuukei_12.jpg



1101_taiwan_fuukei_11.jpg

食べ物と乗り物以外の物価は日本とあんまり変わらない台北。
カワイイねんけど、旅先とはいえなかなかたくさんは買えませんなぁ。
名刺入れにと小さいポーチを買ったのみで後は冷やかしただけでした。

たくさん買えなかった理由はもう一つ。





1101_taiwan_fuukei_16.jpg

そう、ここに行かなければ帰れません!
漢聲巷、二度目です。
このひょうたん型の門を見ただけでドキドキ。
門をくぐると、何か飛んできました。



1101_taiwan_fuukei_17.jpg

あっ、スーパーマンだ。




1101_taiwan_fuukei_18.jpg

前は居なかった元気なスタッフが増えてました。
可愛い~。



1101_taiwan_fuukei_19.jpg

とにかく人なつこい子で、たっぷり10分以上は妹の膝の上でくつろいでました。




1101_taiwan_fuukei_20.jpg



1101_taiwan_fuukei_21.jpg



1101_taiwan_fuukei_22.jpg

店内のステキさは言わずもがな。
壁にはさりげなく掲載誌と思われる「TIME」誌のポスターも。

レジにいる女性はいつもネットでのやり取りをしてくれる鄭さんだよなぁ。
前来たのは2年前やし覚えてないよな~と思いながら、欲しい本があったので探してもらおうとカタコトで話かけてみました。

買うものをまとめてお会計の時に、鄭さんの方から「前来ました?」と。うそ~?!
慌てて2年前母と。覚えてるんですか?と聞いたらニコニコして「ほら」とレジ横の状差しから見せてくれたんは、私がずっと前に送ったハガキでした。
以前本の問い合わせをした時にとても丁寧な対応をしてくれたのでお礼のハガキを出していたのですが、それを置いていてくれたのでした。嬉しい~。

すごくコーフンして舞い上がってしまったので、後からもっと落ち着いてお話すれば良かったとすごーく後悔しました。。
次回もう少し語学力をマシにして来てきちんとお話しよう。。

美味しいお茶も出してもらい、妹もかわいいわんこと触れ合って大満足でお店を後にしました。
ほんとに感じのよいお店です。
観光スポットとしての知名度も上がってきているようで、日本のガイドブックにも載ってます。
台北に行かれるときはぜひぜひ~。

さわやかに別れたものの、永康街で買った紙を店に忘れてまた取りに戻った私。
ああどんくさい。


妹も(主に食に)満足してくれたし、雨やったけど楽しい連休を過ごせました。

お留守番の2本はどうでしたかいな。



110126_mikan.jpg

うっ、スイマセン。


年明けから浮かれて遊ばせて頂きました。
今年もいろいろ新しいことが起きそうです。気を引き締めて頑張ります~。
年末に見た占いによると、今年の射手座はすごーく良い運気に恵まれてるそうな。
ええやないですか~。頑張っていろいろ良い空気を引き寄せましょ。

だらだらと長い旅行記におつきあいくださってありがとうございます。
あ、まだお土産編がちょっとありますのでまたお付き合いくださいませね。



4たび台北【こんなん食べた@台北・その2】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
年賀状に作った兔の剪紙「兔年来了」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。
12月の展示の時の作品も近日中に順次アップ予定です~。


台湾に着いた日は夕方ごろで、ホテルへチェックイン後は夜市へ出かけました。
初台湾の妹を連れて行くならやはり適当なのは士林かなということで再び士林夜市へ出かけました。
週末ということもあるのか、やはりすっごい人・人・人。



1001_taipei_shoku1.jpg

おばけエリンギ。比較がないんで分かりづらいけど日本の2倍以上はある大きさ。



1001_taipei_shoku2.jpg

おばけイカ。




1001_taipei_shoku8.jpg

一度は食してみようということで、行列にならんでみました。



1001_taipei_shoku5.jpg

特大フライドチキン、大鶏排。
とってもスパイシーで、香辛料が効いてます。
しかし、これ、最初に食べたらあきません。。。
ただでさえ油もんやし、下の方は骨が多かったけどかなりのボリューム。
いきなり4分ほども腹が膨れました。
普段よう食べる妹も移動疲れでややパワーがありません。



1001_taipei_shoku9.jpg

結局座って食べたんはこれだけ。
右はビーフンで、左はイカと野菜のスープ。
スープはイカが大きくてちょっとのつこつする感じ。
ビーフンは甘めの味付けで美味でしたが。

最後に水煎包2種(高麗菜=キャベツ、豚肉)を食べてあっさりおしまい。
こればどっちも文句なしに美味しかったです。

前回のがよう食べてたなー。




小龍包も外せません。
今回行ったんは、中山駅にほどちかい「京鼎楼」。



1001_taipei_shoku30.jpg

ホテルからも歩いて10分ちょっとくらいの場所でした。
関東にも数店舗あるようですね。



1001_taipei_shoku31.jpg

入ってすぐの厨房では小龍包の蒸篭が積み上がってました。



1001_taipei_shoku32.jpg

今回行った食べ物屋の中では2番目にキレイな店内です。
店内はさておき、



1001_taipei_shoku_59.jpg

小龍包。
私はレンゲの上で皮を破らずまるごと口に放り込みます。
千切りのショウガを載せてつるんとした皮を口に入れて噛みしめると肉汁がじゅわぁ~。
ああ~至福。何回食べてもシアワセだわ。
何個でも食べられそう。小龍包だけやったら何セイロ積めるかしら。
ですが、目移りするんで他のもオーダー。



1001_taipei_shoku34.jpg

丼いっぱいの酸辣湯に蝦仁蛋炒飯。
ほどよい酸味で辛さはほとんど感じません。とろみスープには卵にタケノコ豆腐にネギがたっぷり。
けっこうなボリューム。美味い!
炒飯は卵と海老の風味が生きたシンプルな味付け。
エビ本体はムリでしたが美味しくいただきました。


すっかり小龍包にハマった妹は、翌日も小龍包が食いたいといい、永康街高記へと行くこととなりました。
私は2度目なんですが、ここも美味いです。
ちなみにここが今回行った中で一番キレイな店でした。




その永康街にて。



1001_taipei_shoku41.jpg

永康刀削麺。
この辺は日本の観光ガイドブックにももれなく載っている地域なんで、日本人も日本語もあちらこちらに。
ここの店でも日本のガイドブックの切り抜きが貼られ、店のオバちゃんも片言の日本語でおすすめを言います。
便利ちゃあ便利なんやけどねー。



1001_taipei_shoku40.jpg

日本人一番人気の炸酱麺をスルーして選んだんは牛肉湯麺。
不覚にも牛肉の五香粉を忘れてた。。。やや苦手な味付け。
やはり日本人向けを選ぶべきやったか。
でもコシのある太い麺は美味かったなー。



1001_taipei_shoku39.jpg

こっちはちょっとハズレ。
瑞芳の餛飩の味をもう一度!と思ったんやけど、安いカマボコみたいな歯触りの悪い肉団子は味気なかったですわ。。



1001_taipei_shoku46.jpg

雑貨屋を冷やかしたりして疲れた体を癒すために入ったお店「巧克哈客(チョコホリック)」。
名の通りチョコスイーツの店。
有名店「永康15」のかき氷をと思ってたけど、雨と寒さで。。
今度は暑い時期に来ないとなぁ。



1001_taipei_shoku42.jpg

今回一番おされな店内。



1001_taipei_shoku43.jpg

突き出し(おい)は塩味のきいたチョコサブレに生チョコ。
ああ~疲れも寒さも吹っ飛ぶ濃厚な甘さ。素敵。



1001_taipei_shoku44.jpg

チョコレートサンデ~。
寒い寒いとぶーたれてたくせに、こんなもん頼むなんてアホですかいな。
でも、パフェなんて数年食べてなかったし、上から下までチョコだなんて魅力的すきます。
かなりのボリュームで、体も十分冷えました。。。
でも美味しかったし疲れとれましたよ。



1001_taipei_shoku45.jpg

妹オーダーの「台湾セット」。
かりんとうとふ菓子みたいな食感のお菓子。
ふ菓子を半分こしようとしたら粉と菓子くずが飛び散って机の上が哀しいことに。
おされなお店はやはり私には合わん。。。嗚呼。



最後の食事はもう一回行きたかった山東福大蒸餃店へ。



1001_taipei_shoku50.jpg

蒸餃子に



1001_taipei_shoku51.jpg

水餃子に



1001_taipei_shoku52.jpg

紫菜蛋花湯に



1001_taipei_shoku49.jpg

小菜2品。
手前の千切り干し豆腐の和えもの大好き!
しかし全部前回行ったときと同じチョイス。成長してへんな。。
でも他のにすれば良かったと後悔しない美味さです。
餃子は一つ一つが大降りでとてもボリュームあります。
モチモチの皮もジューシーな具も文句つけようがありません。
妹は食事中ほとんど「美味い~」しか発言してません。
一つ一つ減っていくのが寂しすぎる!




1101_taiwan_shoku_fuda.jpg

ものすごく繁盛してるし日本人も多いのに、勘定はめっちゃ適当。
最初に注文した料理が書かれた付箋が自分のテーブルに貼られるのですが、後は放置。
追加したものとか小皿はスルーって…。
会計で蒸餃子と水餃子しか請求されんかったんで、さすがにこれはイカンと自己申告しました。
こんなんありかいな。。
二人で満腹でも200元ほど(600円弱)!
また台北へ行ったらここは三たび行ってしまいそう。今度は違うもんを食べよ。





突然ですが

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
年賀状に作った兔の剪紙「兔年来了」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。
12月の展示の時の作品も近日中に順次アップ予定です~。



突然ですが、勝手にお知らせ。
本日22時~のNHK総合「世界ふれあい街歩き」は台中・鹿港の旅です。
2年前に母と行ったんですが、素朴でなんか懐かしいとっても素敵な街でした。

その様子はこちら

お時間ある方はテレビ見てくださいませ~。

4たび台北【こんなん食べた@台北・その1】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。





あれこれ食べたものの話。
とはいえ、私が行くような所は庶民・B級でございます。
うっとりするような内装や美しく盛りつけされた料理の数々等は期待されぬよう願います。。


瑞芳駅にて。
平渓ローカル線に乗る前に、朝ご飯を食べようと駅の北側をうろうろしました。



1001_taipei_shoku_53.jpg

9時前の街はまだ眠ったようで観光客もおらず、もちろん屋台もお店も開いてません。
どーしよっかと思ったらありました。1軒。



1001_taipei_shoku14.jpg

「QQ堡」。
人もそこそこ入っている様子。(他に開いてるとこないしねぇ)
地元の人ばっかりぽいけど、入ってみることに。



1001_taipei_shoku10.jpg

いかにも街の庶民的な食堂といった雰囲気です。




1001_taipei_shoku13.jpg

外看板にはハンバーガーとか焼きそばとか、そういう表記しかなかったんでありゃーと思ったけど、店内の写真やメニュー看板にはちゃんと中華メニューも。良かった。
で、こんなもんを食べました。



1001_taipei_shoku11.jpg



コーンスープ(玉米汤)に大根餅(港式萝卜糕)。
大根餅は焦げ目があるのが好きですが、悪くはない味でした。



1001_taipei_shoku12.jpg

上海水煎包。(蒸し焼き包子)
店で手作りしてるぽくはない形やけど、美味ー。
上にはみたらしのタレみたいな甘辛のタレがかかってました。
飲み物は甘いコーヒー牛乳。
Sサイズやったけど十分二人前の量でした。



1001_taipei_shoku6.jpg

注文時にはぶっきらぼーなオバちゃんやと思ったけど、頑張ってオーダーしたのが良かったか「どこから来たんや?」とか「この辺を観光するんか?」とか聞いてくれました。
後になってもっと会話頑張ればよかった~と思ったけど、その時はあっぷあっぷでしたわ。
しかし後ろの棚、不思議なもんが色々ありますな。



平渓散策の帰りも瑞芳にて。今度は駅の南側へ。



1001_taipei_shoku_55.jpg

バス通りですが、道路ギリギリに八百屋やら日用品屋が軒を並べてます。
雨ですが昼も回ってるんで、そこそこ賑わってます。



1001_taipei_shoku_54.jpg

足やら内蔵やらがどっさり並ぶ肉屋。
奥には皮を剥がれた丸裸のあひるちゃんが。。
この近くにあった総菜屋でご飯に合いそうな総菜を試食。美味。



1001_taipei_shoku24.jpg

鉄道の駅からほど近い場所にこんな場所がありました。
美食街か。'80なおねいちゃんのイラストが誘ってます。面白そう、行ってみよう。



1001_taipei_shoku23.jpg

日本の下町の市場みたい。そしてガラ空きの士林夜市みたいでもあり。



1001_taipei_shoku16.jpg



1001_taipei_shoku22.jpg



1001_taipei_shoku_58.jpg

小吃店が立ち並んでいて楽しい~。
結構な大人数でテーブルを囲むグループも目立ちます。



1001_taipei_shoku21.jpg

その中で目に留まったんが「自助便當」の文字。
セルフ弁当、自分で好きなもんを取って食べるんやって。
眺めてるとおっちゃんがほれほれと器とトングをくれたんで、食べてみることに。



1001_taipei_shoku15.jpg

わー、目移りするわ。
野菜メインの総菜からいろんな部位の肉まで実に豊富!
スーパーのお惣菜盛り合わせなんかが入っているような器にビニールがかぶせてあり、その上にとった総菜を載せていくようです。ビニールはどういう意味があるのかしら。
残ったもんはビニールをひっくり返してお持ち帰りできるようにとかかな。



1001_taipei_shoku17.jpg

左上からゆでタケノコ、もやしと野菜の和え物、豚肉の煮込み(固まりやったんを食べやすい大きさに切ってくれました)、青菜の炒め物、豆腐と牡蠣の醤油煮込み、キクラゲと野菜の炒めあんかけ。
キワもんはないです。。不思議な形の肉とかもあったんやけど。

青菜の強めの香辛料がちょっと苦手やっただけで、後はとっても美味。
日本人の口に合う味でコメが欲しくなりました。願わくば温かい方がよかったなぁ。。
ビールはいらんのかと言われたけどまだ移動するのんでお断り。
そういや横のグループは昼間っから盛大に盛り上がってたわ。



1001_taipei_shoku18.jpg

こっちは妹が買ってきた「温州大餛飩」。
最初スープ薄味すぎるな。。と思ったんですが、食べすすむにつれあら不思議。ちょうど良い美味しさに感じるようになりました。
そしてごろごろ入っていた大ぶりの餛飩(ワンタン)の美味なこと!
コシのない麺がメインのワンタンうどんかと思ってましたが、帰ってちゃんと調べたら「饂飩(うどん)」やなくて「餛飩(ワンタン)」でした。道理でワンタンが美味しいはず。

肝心のお値段、すっかり忘れちゃいました。
でも恐らく200元いってないかと。。



満足して美味街を後にしようとして足が止まったんがこちら。



1001_taipei_shoku20.jpg

旅々台北で見て気になってた胡椒餅の店。
名前がすでに美味しそうやないですか~。



1001_taipei_shoku19.jpg

タンドリーチキンのように縦長の筒の内側にタネを引っ付けて焼きます。
1個40元。手にしてみるとすごい重量感!
九份へ向かうバスの中でいただきました。さっき昼食べたばっかやねんけど。。



1001_taipei_shoku25.jpg



1001_taipei_shoku26.jpg

パイみたいなポロポロの生地の中には、肉餡がたっぷり。
ですが、餡の味付けは五香粉が効いた甘辛味でした。
牛肉によく使われてる五香粉の味、好きやないんよね。。
餡は豚で胡椒たっぷりのスパイシー辛さは大好きやったんですが、ちょっと予想外の味でした。

胡椒餅は牛とか豚とか羊とかバリエーションがあるそうです。
味付けは店によって大差があるのか大体こんな感じなんかが気になるとこです。。


あんまり美味しそうに見えへんとか言わないでくださいませ。あくまで庶民ですから!






4たび台北【ローカル平渓の小旅3】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




十分大瀑布は十分駅と大華駅のほぼ中間にあり、十分駅で下車した私らは、来た道を戻らず大華駅へと向かうことにしました。
歩きは歩きなんやけど、おっちゃんが指差した先にあるのは道やなくて線路。
確かにガイドブックなんかには線路を歩いてって書いてたけど、ホンマなんや~。



110110_dahua_1.jpg



110110_dahua_2.jpg



110110_dahua_3.jpg

こんな看板があっちこっちに。
200元以上2000元以下の罰金やって。。でも、



110110_dahua_4.jpg

みんなフツーに歩いてるし。
廃線やないですよ。リアルにさっき乗ってきた電車が走ってた線路です。
この歳になってスタンド・バイ・ミーやるなんてねぇ。



110110_dahua_5.jpg

こんな狭いトンネルじゃ電車来たらすりつぶされるんちゃうかいな。
電車来てもオバちゃん走られへんで~。
というわけで、瑞芳駅で駅員さんにもらった時刻表が意外なところで役に立つことに。
ていうか、これを見越してくれはったんやろね。



110110_dahua_8.jpg

時刻表を見て電車が来そうやったんで少し開けた場所でやりすごします。



110110_dahua_9.jpg

私、撮り鉄のようですな。



110110_dahua_6.jpg

電車のスピードは遅いけど近いので結構な迫力です。
単線なんでもたもたしてると反対側から電車が来てしまう!



110110_dahua_7.jpg

早足で歩いてようやく到着。20分くらいのスタンド・バイ・ミー体験はおわり~。
なかなかできない体験で面白かったです。



ここから瑞芳駅へ戻り、その足でバスに乗って九份へ。
個人的には興味ない場所なんやけど、初めて台湾へいく妹はやはり一度は訪れたいと。
その気持ちはよっくわかりますよ。




110110_jiufen_2.jpg



110110_jiufen_1.jpg

前はGWに来たので恐ろしい人でした↓
今回は多いと言ってもしれてます。



090502_14.jpg



ここは特に何も。
雨も本降りで寒いしお茶は高いし、完全に観光地なんでなんだか風情もあんまりないしなぁ。。と言いながらなんやかんやで3回も来てますが、さすがにもういいかなぁという感じです。


やはり天気がよければもうちょっと足を伸ばせなーという残念感が拭えませんでしたが、食べ物はやっぱり美味しかった!
ていうことで次は食べもの関連を。




4たび台北【ローカル平渓の小旅2】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。






先の記事で一駅と欠きましたが正しくは3駅でした。
平渓から3駅目の十分駅で下車。
ここから歩いて十分大瀑布を観に行きます。
十分大瀑布は「東洋のナイアガラ」と呼ばれているそうです。。。ホンマかいな。




110110_taiwan_shifen_01.jpg

プラットホームにわんこが一匹。



110110_taiwan_shifen_02.jpg

アメニモマケズ、結構な人数の観光客がいました。
みんな元気やねえ。この日はむっちゃサムかった~。



110110_taiwan_shifen_07.jpg

ローカル線ということで、鉄道ファンも多いそうです。
鉄道グッズのを売るお土産屋さんもありました。



110110_taiwan_shifen_12.jpg

駅舎のなかにこんな竹筒がたくさん吊るしてありました。絵馬みたいなもんかしら?
帰ってから知りましたが「台北に舞う雪」という映画で平渓線の終点の菁桐駅がロケ地となっており、この竹筒を吊るすシーンも出てきたとか。
DVD借りて観よっと。



110110_taiwan_shifen_03.jpg

線路のぎりぎり際までお店がせり出してます。
柵なんてありません!日本やったらありえへんなぁ。



110110_taiwan_shifen_05.jpg

手前の赤いのもトマト?ピーマンとのあいのこみたい。ピーマンかパプリカの仲間かな?



110110_taiwan_shifen_04.jpg

真っ赤っかの腸詰や総菜を売るお店。



110110_taiwan_shifen_06.jpg

ラムネがある!と思ったら日本語が。



110110_taiwan_shifen_08.jpg

「ガジュマルの樹の下の汁ビーフン屋」という汁ビーフン屋。
立派な樹でした。



110110_taiwan_shifen_11.jpg

川沿いの道を通り、



110110_taiwan_shifen_10.jpg

吊り橋を渡り、



110110_taiwan_shifen_09.jpg

犬につけられようやく到着。
この子、たっぷり10分はついてきてました。
おやつ欲しかったんかな。何にも持ってなかったんよね。ごめんよ。

十分大瀑布周辺は有料の公園になってます。80元払って中に入るとすぐに見えてきました。






110110_taiwan_shifen_13.jpg

東洋のナイアガラが!



110110_taiwan_shifen_14.jpg

予想通りの東洋サイズでしたよ。ははは。。
幅は40m、落差は20mだそうです。
でも、雨で水量が増えていたのか、なかなかの大瀑布でしたよ。
雨と水しぶきの中、一眼レフ持参で写真を撮るおっちゃんがいました。
ここも晴れやったら観光客であふれてるんやろか。
ある意味ラッキーやった?
ということで、大瀑布の動画はいかが?
※ザーッという滝の音が出ますのでご注意を。






滝しぶきと雨でもう好きにして~。
カッパを持参しなかったことが悔やまれます。(まあええやろと思って持ってこなかったんよね。。)
ということで散策もそこそこに駅へ向かうことに。
ここから起点の瑞芳駅に向かって一駅分歩きます。
公園の切符売り場のおっちゃんに次の駅「大華」はどっちかと聞くと指差してくれたんやけど。。。



4たび台北【ローカル平渓の小旅1】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。





台湾より無事帰って参りました。
前回の記事で雨を呼ぶ妹をネタにしました。
結果は。。。

ずーっと雨・雨・雨~。

到着日は日が射していたので「お、予報外れた?」と思ったのもつかのま、空港から市内へ入ると徐々に雲が多くなり、チェックイン後夜市へ向かった頃にはぽつんぽつんと雨粒が…。

その日はそれくらいで持ち直しましたが、メインの二日目と三日目の日中はずーっと雨、しかもサムい~。
彼女の力がいかんなく発揮された旅でした。
ま、当の本人は食べ物は美味しいし人も親切やし良かった!と大満足で帰って来たんで、天候はどうあれ良い旅行になったかな。


今回のメインは平渓(ぴんしー)線に乗っての小旅行。
平渓線は台北から特急電車で1時間弱程北上した瑞芳駅から乗れるローカル鉄道です。


110109_taiwan_pingxi_03.jpg

駅で平渓駅までの切符と言うと、1日使い放題の周遊券があるよと教えてくれ(ここの駅は日本人観光客が多いので日本語OK!)、時刻表までくれました。
しかも今日の時刻表のページに折り目をつけて!
なんて親切なんやろか。
この時刻表が後で非常に役立ちました。。





110109_taiwan_pingxi_01.jpg

平渓線の列車は見た目もローカルなんやけど



110109_taiwan_pingxi_02.jpg

車両の中央にある不思議なアーチもなんだか野暮ったさ具合がとってもレトロでローカルな電車でした。
ですが、きちんときれいなトイレがついてるんよね。
寒くてトイレ近かったんで重宝しました。。




110109_taiwan_pingxi_04.jpg

平渓駅。南国ちっくな雰囲気です。
平渓は旧正月の時期に行われるランタンフェスティバル(天燈節)で有名だそうです。




110109_taiwan_pingxi_14.jpg

プラットホームには可愛らしい天燈が吊るされてます。
かつてここはしばしば盗賊が出没しており、盗賊が村から去った事を村人に合図するため天燈を飛ばしたのが由来だそう。
くわしくはこちらをどうぞ

ランタンフェスティバルの中では国内でも3本の指に入る程の規模で、毎年20万人ほどもの人が訪れるとか。
たくさんの天燈が夜空に昇る様子は写真で見てもとっても素敵。
今度はこの時期に行ってみたい。もちろん雨はイヤヨ。

この駅のすぐそばには老街があり、ちょっと散策しました。





110109_taiwan_pingxi_05.jpg

このあたりは観光地なんで、晴れの日にはたくさん観光客がいるのではと思われるけど、さすがに今日はまばら。
そぼ降る雨も手伝って、街並の鄙びた感もいっそう増してるように見えます。




110109_taiwan_pingxi_09.jpg

鶏の唐揚げの看板。



110109_taiwan_pingxi_06.jpg

豚肉屋さんのカワイイ看板。黒毛猪(豚)肉って書いてる。。



110109_taiwan_pingxi_07.jpg

写真を撮ってたら店先にいたおばちゃんが、この看板は80年前から使っているのよと教えてくれました。
外国人でも関係なくぽんぽん話しかけてくる台湾の人てほんとに気さく。
細かい部分は聞き取れないのでポカーンやけど、ほんの一言でも言葉が通じるとすごく嬉しいです。
今回はそういうちょっと嬉しい思いを何度もしました。
おばちゃんの後ろにある機械も80歳で現役だそうです。すごい!



110109_taiwan_pingxi_11.jpg

店先に肉がぶら下がっている光景や



110109_taiwan_pingxi_10.jpg

日本の田舎みたいな風景だったり



110109_taiwan_pingxi_12.jpg

壁に描かれた絵があったり(電車の時刻が迫ってて走りながら撮ったんでよくわからんかった)。




110109_taiwan_pingxi_08.jpg

よその国の風景なんですが、何だか懐かくしてあったかいです。
人々の暮らしの様子が垣間見えるのもとても興味深かったです。

そして電車に乗ってさらに一駅移動。十分へ向かいます。

110109_taiwan_pingxi_13.jpg

車窓より。
鯉のぼりが?!



呼ばれすぎ~

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




あしたから4日間台北に行ってまいります。
妹と共に。
妹は自他ともに認める「雨を呼ぶ女」。。。




110106_tenki.jpg


その力をいかんなく発揮してくれました。

私はあんまり天候に泣いたことがないので旅行のときでも滅多に天気予報は見ません(ただのぐうたらか?)
妹に言われて初めてチェックして唖然としました。

この時期の台北は一年で一番雨の少ない時期なんですよ。
他のアジアの地域はほとんど晴れやのに。


以前ハハと妹がシリア・ヨルダンへ旅行した時も、ほとんど雨の降らない砂漠地帯に雨が降り注いだそうです。
登山好きな彼女ですが、計画を立てると結構な確率で雨(台風・大雪等)に当たります。

本人も気にしてるようなんであまり追求せんとこと思ってますが、それにしてもすごいもんやと感心せずにはおれません。
彼女も言うておりますが、世が世なら霊力でもって雨を降らせる巫女として活躍できた事でしょう。
いや、いまでも旱魃地帯に置いといたらもしかしたら。。。

そんなわけで、まあ土砂降り予報ではないのでいいかと気休めを言いつつ、いろんなものに防水スプレーを振りかけました。


さて、現地の天気は如何に?!
もうこうなったら楽しみが増えたってことで。
全日程土砂降りやったら、私は『雨降らし』妹のマネージャーに転職しますわ。

ではでは行って参ります。





あけまして【兎年来了】


2011_nenga.jpg


寒い寒い年明けとなりましたね。お体にはお気をつけて。
みなさま本年もどうぞよろしくです。


Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。