戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ【まぬけ】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
「福在眼前」、「抓髻娃娃」、「莲生贵子」、「五福临门」を追加しました。
よろしければこちらからどうぞ。





まぬけが際立つ日ってないですか?
私はあります。昨日がそれでした。


朝、事務所の手前の階段でについてなにげなしに後ろを見たら、
スカートめくれてる( ̄Д ̄;)!!
薄手のネット素材のスカートで、裏地がついたものなんやけど、後ろ2/3が裏地だけ状態に。。。
事務所の階段を上がりかけたままフリーズしてしまいました。
いつからこの状態やねん。。
多分家から~。。。ああああ。
誰か言ってくれよ。



昼休みに同僚と会社の近くにできた家系ラーメン屋へ行ってみました。
ラーメン屋での失敗で恐らく3本の指に入ると思われるベタなやつをやらかしてしまいました。

ゴマを(もうわかったでしょ?)入れようとごますりをこりこり。。あれ、出えへん。
詰まってんのかな?と底をゆるめたら。。。
もう次の瞬間には麺が見えへんくらいのゴマが器にいましたΣ( ̄ロ ̄|||)。

こういう時って、ほんとにただ眺めるしかできへんもんやねえ。
やさしい同僚がゴマをもらってくれました。こんな先輩で申し訳ないです。。。
二人ともセサミン大量摂取したのできっと10歳くらい若返ってるはず。
あっ、ラーメンはおいしかったですよ。


二度あることはというので次は何が起きるかドキドキしておりましたが大丈夫でした。
みなさまもお気をつけて。


スポンサーサイト

おしらせ

お越しいただきありがとうございます。


110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
「福在眼前」、「抓髻娃娃」、「莲生贵子」、「五福临门」を追加しました。
よろしければこちらからどうぞ。


ニュースでも復興のニュースが取り上げられる事が多くなりましたね。
前向きなニュースなんやけど、被災地の方の笑顔を見るとなぜか泣きそうに。。。(歳か?)
一方で、原発の被害は日々深刻化してますね。。
世間の非難が東電に集中してますが、今日東電の社員の家族のインタビュー記事を読み、とても複雑な心境になりました。
内部の作業は被曝もさることながら食事やトイレといった環境も劣悪やそうです。
家族の方が「国民の厳しい視線は理解できますが、いま体を張っているのは家庭を持つ普通の市民であることもわかって欲しい」と。
ここのしゃちょー、いっこも見てない気がしますが、、何で?



さて、わたくしごとですが、お知らせを。


hitotubo.jpg


このたび初・ワークショップをさせていただくことになりました。
詳細はこちら


お話を頂いたとき、師もいない人間が人に教えていいのか、とかまだまだの身やしほんとにええのかなとか色々思ったんですが、既に実績のある方だけでなく、これからの方とも一緒に作っていきたいワークショップなので大丈夫ですよーとの温かいお言葉をいただき、良い機会やと思い引き受けさせていただきました。

ほんとにドキドキなんやけど、1回目がなければ2回目もありません。がんばります~。
そして記念すべき1回目の場所は大好きな(笑)新開地!
何かの縁?!赤い糸??嬉しいわー。

自分がきちんと説明できることを紙にまとめたり、少しでも楽しんでいただけるワークショップにできるよう準備してます。
興味のある方はご参加いただけると嬉しいデス。




映画2本(ジャンルばらばら!)

ぼちぼち通常のネタに戻ります。。

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



ずいぶん前になるからもう終わってる場所のが多いかな。
最近見た映画2本を。



kaitan.jpg

海炭市叙景 

「叙景」とは「そこにある風景を見たまま切り取る事」だそうで。
感動も涙も爽快感もカタルシスもなく、ただ淡々と、一般人の日々ってそうだよなーと共感しながらうんうんと静かに納得するような、まさに叙景を見るような、そんな映画でした。
暗い?ええ、暗いです。
暗いついでにトレーラーをどーぞ(※音でます!)







舞台は北海道の架空の街海炭市。
そこで暮らす人々の物語が5つのオムニバス形式で綴られます。
身近な日常生活が題材のせいもあるのか、どのストーリーもとてもリアルで生々しく感じます。
プロの俳優さんと一般人が入り交じっていて、加瀬亮とか小林薫とか有名な俳優さんもけっこういたけど、生活に疲れた感が出過ぎて地元人にしか見えへんかったです。
特に、一話目の竹原ピストルさんという人、誰やねんて思てたけど、とっても良かったです。本業はミュージシャンだそうで。

大規模なリストラで職を失った兄(竹原ピストル)。その兄と一緒に初日の出を見に山へ登る妹(谷村美月)。
お金がないから妹だけロープウェーで下山させ、「俺は歩いて降りるから」とそれを見送る兄。
そしていつまで待っても戻らない兄をひたすら待つ妹の姿で終わる第一話。

不安な予感を残しつつ続く残り四話も、怒りとかやるせなさとか無力感といった日々の疲労が濃密に描かれます。そしてラストには第一話の結末が明らかに。
ああやっぱりの悲しい結末。。。
何か文章だけ観てるとごっついネガティヴなんやけど、トーンの低い北国の叙景になんでか分からんけど引き込まれるんよね。

共通しているのは、近くにいるのに気持ちが届かない距離感なのかなーという気がしました。
兄と妹の間の空気とか、バラバラの家族との暮らしに疲れて過去を思い出す父親の姿とか、うまくいかない再婚生活とか、父にわだかまりを持つ息子の姿とか。
ですが、ラストで老婆が飼うネコが家出から戻り、老婆の膝の上にいる姿を見ると「またいつか」が誰の処にも来る…かも?と思いたくなるのです。
沁みる映画でした。ただ、152分はちょっと長い。。。2時間に収まるくらいが良かったよ。。






「海炭市叙景」がブルーグレイな色やとしたら、こっちは真っ赤!
そして真っ白に燃え尽きるのだ!!


ashita.jpg

あしたのジョー

やー、2時間程度の映画に力石との死闘までのストーリーがきれいにまとまってたですよ。
私は原作がとても好きなんですが、ダイジェストを観てるような感じで映画もぜんぜん楽しめました。
さすが「ピンポン」も良かった曽利監督(でも「ピンポン」以外知らん)。
映像もお洒落で、刑務所やリングの上のクロスカウンターのシーンなんかめっちゃかっこよかったです。
原作を知らない人にもきちんと分かりやすいストーリーになってたのではないでしょうか。
いっこだけ言うなら尾藤イサオの歌うテーマ曲が聞きたかったなー。↓↓(※音でます!)







2番以降、初めて聞いたよ。。

ジョーが山Pてどうよ~?と思ってたけど観始めたらあんまり違和感なかったし、香川照之のおっちゃんは完璧やったし、伊勢谷友介演じる力石のカラダは肉体美に興味のない私もおおっ!と思わずにおれん素晴らしさで見入ってしまいました。4%の体脂肪率って何?!
そんでもって計量シーンの骸骨のような力石の体は俳優さんのプロ根性を見せていただきました。
ほんま、すごかったです。

マンガなんやけど現実、現実なんやけどマンガ。
現実離れしてるもんを実写で現実ぽく見せて納得させる、このバランスが良かったです。
番外ですが、食堂のおかみさんの西田尚美、めっちゃ可愛いかった~。
好きなんよね~、西田尚美。私もあのハエたたきでたたかれてみたい(笑)

見た目の話ばっかですけど、結局マンガ原作の実写てそこに尽きるやんね。。
ぜったい画と比べちゃうもんね。
でも、続編とかはもう別にええかなって感じ。キャストは興味あるけど。



祈ります

少しずつではありますが、復興に向けての動きがはじまってますね。
まだまだ大変な思いをされている方が大半ですので手放しでは喜べない状況やと思いますが、今後の作業が滞りなく少しでも早く進んでゆくことを願います。。



110320_fuzai.jpg

「福は目の前に」を意味する剪紙「福在眼前」。


110320_zhuaji.jpg

繁栄の神様、また、手に持った鶏で「吉をつかむ」を意味する剪紙「抓髻娃娃」。


震災前に作っていたものなんですが。。。
被災した方々や、被災地で作業をされているみなさんのところに福や吉事が舞い降りることを祈ります。




図案の説明をご覧になりたい方は、こちら。「吉利图案」よりご参照ください。
その他、多産を願う「莲生贵子」、「五幅」を願う「五福临门」も新しく追加してます。


わあ、きたよ。

あるていど予想はしてたけど、きました。

ウチの会社、東京方面に飲食店たくさん持ってるんですが、今回の影響をまともに受けてて売り上げガタ落ちだそうです。
で、切れるとこといったらやはり人件費…。
てなわけで、私たち非正規労働者にそのシワ寄せが。
いきなり切られる訳ではありませんが、勤務実績の少ない人等は無期限の自宅待機、その他の人も勤務時間削減命令が。
私は削減ということになりました。

売り上げが落ちてるのは間違いないやろし、削減出来るとこっていったらまず人件費というのんは当然やと分かるけど。
ちょっと乗じたとこ、あるんじゃない?と勘ぐったりもしてみたり(しそうな社風なんで…)。
しゃちょーの外車とか、別宅とか売れよ、とか思ったりもしたですけどね。このご時世じゃ売れへんよなぁ。
ま一、そんなくらいじゃ埋まらん損失なのでしょうね、と思っておきます。

このまま大人しく嵐が過ぎるのを待つか、身の振り方を考え直すか。
同じ境遇の同僚とともに無事に乗り切る事ができればよいのですが。
波乱の春になりそうな予感です。明日はどっちや。。。


兵庫の被災者支援

今日は神戸も雪が降り、とても寒い一日でした。
ニュースで寒さの中暖房も燃料もほとんどない中で避難生活を余儀なくされている人々を見ると暖かい部屋でブログなんて何か申し訳ない思いがして仕方ないのですが。。。

義援金や物資の募集がどんどん始まってますね。
私も日本赤十字社へ募金してきました。郵便局で振替用紙もらえます。窓口からの振替やと手数料が免除になります。
兵庫県でも募金・ボランティア(現地ではなく三木市にて支援物資仕分けの作業)、救援物資の受付(新品・新古品のみ)などの活動を始めたようです。

兵庫県の関連サイトはこちら
神戸市の救援募金の案内はこちら

刻一刻事情が変わる原発のニュースも連日続き、気持ちがなんだか浮わついてすっきりしない日が続きますが、自身の生活はきちんとしていかないとなぁと思ってます。。。
何もかんもが終わるわけじゃないし。被災してない自分が下向いてちゃだめですね。
今からが大事やんね。


もしかしたら程度が軽微で、見通しが明るいということにならないかと思ってテレビを見ても見ても、厳しい現実がつきつけられるだけで…。
ニュースを見るたびにどんどん増える数字があまりにも現実とかけ離れていて、人の命の数だという事実がなかなか受け入れられません。

阪神の時、まだ煙の臭いが残るがれきの山となった街を目の当たりにして感じた成す術のないどうしようもない気持ちをを思い出しましたが、それを遥かに超える被害の大きさに被災者の心のうちを思うと本当にやりきれないです。
私に今できることはお金を送る事しかありませんが、被災者の方々のほんの少しでも助けになることを祈るばかりです。

義援金、受け付けはあちこちで始まりつつありますが、残念な事に便乗する悪質な偽サイト・電話・街頭募金等も多数あるようです。
送金の際には確実な機関かどうかよく確認しましょう。。


北野のパン屋さん

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


zhengwu.jpg

中国の切り紙・剪紙を作っております。
ネコと牡丹の剪紙「正午牡丹」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。






気になっていたパン屋さん「サ・マーシュ」へ行ってみました。



110309_1.jpg

アーチをくぐってアプローチを少し歩きます。パン屋へ行くとは思えない優雅な作り!



110309_2.jpg

店構えもとってもお洒落。レストランみたいやねえ。
パン屋というと申し訳ない。お洒落に「ブーランジェリー」とか言わんとあかん?

店内は対面販売で、ケーキ屋のごとくスタッフが丁寧に対応してくれます。
休日やったせいもあって店内は人が多く、右の端から左の端まで移動しながらの注文はちょっと面倒でしたが(パンの名前が覚えられへん!)、直接説明を色々聞けるので良いかも。
柵越しに体を乗り出して注文するシステム、どこかの記事でも読みましたが、たしかにちょっと見せ物というか、どうぶつえんチックというか…(笑)

コムシノワの職人さんが独立されて作られたというこちらのお店。
パンの種類もハード系、総菜、甘い系と豊富。ちょっと変わり種みたいなのもあり、いろいろ食べてみたい心がくすぐられます。

三宮のコムシノワ、好きなんやけど私の行動範囲からは結構めんどくさい場所に感じてしまうんよね。
こちらやと散歩ついでにちょっとの感じで寄れるので嬉しいです。
横のビル2Fの北欧雑貨のお店もかわいらしかったですよ。
なーんて、何やら今日は女子ぽい記事ですな。


ところで肝心のパンの写真ですが、ないのよ。
翌朝写真をと思ったらすでに大半が家族の胃袋に収まってたよ。。
残ってたのをいただきましたが、どれも美味でした。また買いに行こうっと。

てなわけで、お店やパンの内容あれこれについてはこちらをどうぞ(丸投げ)
この辺のマメさがないのが女子失格。
ええねん、別に。


つれづれ【剪紙など】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


zhengwu.jpg

中国の切り紙・剪紙を作っております。
ネコと牡丹の剪紙「正午牡丹」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。



ご縁があって、とあるミニコミ誌から取材をしていただきました。
なにぶん初めての経験なもんで何やらバラバラと話してしまい、こんなので良かったんかどうかも分からんままに終了してしまいました。。
(私が話ベタなんは友人・知人の方はよーく知ってるかと)
なもんでほんまに記事になるんかどうかはとっても疑問なんですが、よい経験をさせていただきました。

剪紙へ惹かれる理由や剪紙に込められている意味(自分が知る限り)をお話したり、作品の写真とか(自分も!)撮って頂いたのですが、何より嬉しかったんは漢聲雑誌社の本をほんの一部ですが見て頂けたことかなあ。
すばらしいデザインの本たちを手に取ってその美しさに驚いてもらえただけで目的達成の気分でした。

あとは、「中国の切り紙」ということで、南京町(の土産)のイメージで来たけども思っていたのと全然違う!という感想も嬉しかったです。
南京町の土産物店とかで一般的に目にする剪紙は細かくて写実的ないわゆる中国南方の剪紙が多いように思います。
私が興味を惹かれる北方(西北地方)の剪紙はデフォルメされた大胆で素朴な風合いで、お土産物の剪紙とはずいぶん趣が違います。
本日お会いした方は「脱力(ゆるキャラやったかな)系?」と仰ってましたが(笑)

中国北方の女の人たちが作る、素朴で力強い作品世界を少しですが紹介できて良かったのですが、私の説明がうまく伝わっていないかもという不安が若干、いやかなり残ります。。
本職で活動されている方々が読んだら怒るんちゃうやろかと若干びくびくしている小心者。
なら受けるなって話やけど。

掲載決定のアカツキにはまたご紹介しますー。





110303_1.jpg

繁栄の神様・一族の守り神、抓髻娃娃。



110303_5.jpg

桃の節句にちなんで桃と蝙蝠。桃は長寿の意味を持ちます。



110303_2.jpg

蝶。影がきれいやったんでなんとなく載せてみました。






110303_4.jpg

帰りに寄った香港王で「モンガに散る」のロケ地マップがあってつい買うてしまいました。



110303_3.jpg

龍山寺は行ったのに、周辺ロケ地だらけやん…orz
嗚呼、観てから行きたかったなぁ~。
次回の台湾は台南・台中で食い倒れて台北でロケ地巡りに決定やな。。




敗犬

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


zhengwu.jpg

中国の切り紙・剪紙を作っております。
ネコと牡丹の剪紙「正午牡丹」をアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。



-1.jpg

ぜんぜん目新しい情報ではないですが、「敗犬女王」にちょっとハマってます。
いまサンテレビで再放送中なんですよ。
こないだ紹介した台湾映画「モンガに散る」に出演している男前イーサン・ルアン繋がりで観始めたのですがこれが意外と面白くて~。

30過ぎで結婚もせず仕事一辺倒の「敗犬」女性が主人公の恋愛コメディーもの。
「敗犬」はかつて日本でも大流行りした「負け犬」とほぼ同義。
日本ではめっきり聞かへん気がしますが、、今でも言うの?


クリスマスにハーゲンダッツにお一人様で行った主人公が「本日はカップルのみ!」という理由で断られるとか、ひんぱんにセリフでモノローグが語られるとことか、「できすぎやろ!」とツッコまずにおれへんタイミングの良さとか。
演出が80年代の日本のドラマみたいで超ベタなんやけど、恋愛ドラマにハマれる歳でもなくなった今こういうツッコミどころの多いドラマの方が楽しかったりするんよね。
韓流にハマる日も近いんやろか。。ひー。

イーサン・ルアンですが、最初は「?」と思ったんですが見ているうちに不思議なもんでかっこよく(ていうかかわいく)見えてきました。

8つも下の男前に好かれるなんて、現実にはまずもって(とくにオバさんには)ないハナシやもんねえ。
このテのストーリーにオバさんがうっとりというのも若干分かる気がしてきたよ…。
面白いけど私もついにどっぷりおばさまの領域に(年齢的にはとっくにやけど)来てしまったのか…?とやや複雑な気持ちもありつつ毎週観てます。
しかし設定32歳と6ヶ月の主人公が周りから「オバサン」と連呼されるのんは何やらこっちもツラいですわ。。。






Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。