戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ【たまの剪紙】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。


九州南部では梅雨明けしましたねー。
九州の6月中の梅雨明けは56年ぶりで、梅雨明けが早いと猛暑になるとか…。
去年より暑いのか、と思うと先が思いやられますねえ。。

先週のテレビ番組のお天気のコーナーで、梅雨にちなんだ豆知識として、てるてる坊主の由来をやっていました。
中国ではかつて長雨の時期に「扫晴娘」という雲を払う女性を象った剪紙を吊るす習慣があり、それが由来となっています。

ずっと前に「扫天婆」という剪紙をつくっていたのですが、これを番組コーナーの担当の方が読まれたようで、画像を使っても良いかという連絡がありました。
後で観ましたが、テレビに自分の作った剪紙が映ってるのは不思議な感じでした。
現在でも陕西省では学校の授業で作っているそうです。ええなぁ。
来年くらい、黄土高原行ってみたい。
しかし中国語、もうちょっと何とかならんかねえ。語学センス無。
というか努力が足らんだけか。


110629_1.jpg

こっちは昨日切った「扫天娃娃」。呼び名は色々ですが、意味は同じです。



10月には今年1回目の展示をします。カフェでの展示となるので、これをやってみたいなーと。

110629_2.jpg

キャンドルです。試作してみましたが、悪くないです。
でも丁度いいホルダーがなかなかないのよ。
φ90×H100mmくらいの筒型で、熱に耐えられる。もし誰か知ってたら教えて下さい。。。

そして週末は2回目の一日教室が。
今回は人数少なめだそうですが楽しんでいただけるよう頑張りますので参加者の方、どうぞよろしくお願いいたします。
詳細についてはホームページトップよりご覧下さい。



久しぶりに剪紙についてつれづれ(汗)




スポンサーサイト

暑いー、のか?【いたち噺】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。



久しぶりにいたち。
暑さが増す今日この頃、いたち様の為にエアコンをぼちぼち稼動させようかどうか考え始めてます。
その前に、毛むくじゃらがくっつき合ってたら暑いだろうと思ったんで、ハンモックを2枚にして別々に寝かせてみました。


110626_1.jpg

ほら、快適でしょ。



しかし、数分もすると、

110626_2.jpg

あれ、登ってる。
みかんには私の気持ちが伝わらんかったようです。。。
何ですかその得意げな顔は。
にまめと一緒にいたいのか、おばかさんやから高い方に登りたいだけなんか…。
ハハの心子知らず。


ついでにうちのもう一匹は。

110626_3.jpg

扇風機は犬にはあんまり意味がないのかもしれませんが、こちらもハハ心です。。
30年ちかく使い続けてるレトロな扇風機ですが、まだまだ現役。お犬様の為にがんばっていただきましょう。
うちの家のものは妙に寿命が長いものが多いです。。ガス炊飯器だって勤続約30年。すごいと思います。人間も見習わへんとね~。

今年の夏も暑いみたいです。動物にとっちゃ大変な季節ですが、がんばって乗り越えようね。


予測不能の不思議ワールド【和田淳と世界のアニメーション】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。




滑り込みで観に行ってきました~。

110623_1.jpg


和田淳と世界のアニメーション
トレーラーを観てすごく興味を惹かれてたんですが、予想以上の不思議ワールドにどっぷり。
頭で理解するというよりも感覚で楽しむ、そんな印象の作品たちを堪能してきました。

タイトルも「わからないブタ」「声が出てきた人」「鼻の日」などなど…。
何?って思うでしょ?
観てもやっぱり何?なんやけど、次の展開がまったく分からないし、柔らかそうな世界観(何か全体的な触感が)が気持ちよくて観入ってしまいます。
人が生えてくる(!)音とか、壁を鼻に押し付ける音、泡が弾ける音も映像の不思議さにぴったり。

触覚に訴えかける、映像やのに「触ってみたくなる」、そんな印象の作品たちでした。
というか、自分もこの映像世界の中に飛び込んでぐるぐる回ってみたり、鼻を押し付けてみたい!
触覚というとシュヴァンクマイエル的な感じもするけど、もっとユルい。
不条理具合は吉田戦車みたいな気もしたけど、さらにユルい。
制作のきっかけを読んでるとにやっとしてしまいます。
私の感想じゃあ伝わりにくいので、トレーラーをどうぞ~↓










この他、最近の国際映画祭で上映されたという海外のアニメーションも併映。
こっちも面白かったです。
ですが、もう明日で上映終わりなんですよね。。。

久しぶりにチープな

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。




久しぶりにチープな食べ物ネタを。


三宮方面に用事があったんで、前から行ってみたかった串カツ屋に立ち寄ってみました。



110616_4.jpg

まこと
正統派?立ち呑み串カツ屋です。口コミの評判も良いお店です。
夕方までは店頭販売のみ?なのかな、入り口がショーケースで塞がれていました。
夕方5時~ということやったんですが、ちょっとはよついて入り口に立ってたら、「ええよ~」とおっちゃんが開けてくれました。。すんません( ̄Д ̄;;

というわけで、一番乗り。
ノーゲストの店内を撮らせてもらいました。
「ブログ用か」、とおっちゃん。仰る通りでございます。。


110616_5.jpg

こぎれい、こじんまりした店内です。

アルコールはビールと日本酒のみ。潔し。。。
一応女子なんで、気を使ってか大将のおっちゃんが「烏龍茶もあるでー」と言ってくれましたが、串カツにはビール!ビール(小瓶のみ/270円)をいただきます。


110616_6.jpg

お品書き。全て90円。本日のおすすめは黒板に。
かいばしら、にく、万願寺、くじらをお願いしました。キャベツは食べ放題。
おっちゃんとおばちゃんだけで切り盛りしてるんかと思いきや、しばらくすると娘さんと息子さん(?)も登場。
繁盛店らしいので、すぐに混んでくるんでしょうな。


110616_7.jpg

ですが、この時点でまだノーゲスト。なんですぐに出てきました。いただきます~。
さっくり揚げたての串カツはええですね~(o^∇^o)。ビールにもぴったし。
日のあるうちにいただくビールはええですね。
追加でたちうおをいただいて、小腹が満たされたんで退店。720円也。
滞在時間わずか10分少々。。
私のすぐあとに来たおっちゃんは5分くらいで食べて出て行かはりました。
サク食いサク呑み。串カツ&ビールは大人のおやつ(?)ですねえ。
20時前後には閉店とのことで、仕事終わりに行けないのんが残念!
仕事ない日にまた行こ(o^∇^o)




先日、センター街の地下の三宮市場を歩いていたら、新店を見つけました。
愛知県今治名物の「焼豚玉子飯」のお店。B級グルメとして知られてますね。
ちょっと前に工事してたのは知ってたけど、こんなお店ができたんだ。
以前妹が現地で食べて来て絶賛していたんを思い出したんで入ってみました。

席に着いて見回すものの、メニューがなかったんで聞くと、ありませんと。
いいですかと聞かれましたが、いいと言うしか…(笑)
ほどなく出てきました。あ、ここでもノーゲストやん。。。

110618_1.jpg

焼豚と玉子とご飯。メニューの名前そのまんま(笑)


110618_2.jpg


食べ方の説明がありました。半分づつ混ぜて食べるみたいです。いただきます~。

半熟の玉子が甘辛の焼豚に絡んで美味しいです。
美味しいです。。。が、
家でぜんぜん出来るんちゃうん、これ…。と思ってしまいました。
もともとまかない飯だったらしいですが、地元を出て専門店で勝負って。
B級グルメ流行といえど、大丈夫なんかいな。
三宮のディープ&チープエリア・三宮市場といえど、どうなんやろか。
400円を安いとみるか高いとみるか、微妙な感じ。

こういうのんは地元のひなびた雰囲気のお店でいただいて「おや、旨いやん!」と思うのが王道なんやろなー。
と、いいつつ、このテの店を見かけたら「神戸でも食べられる!」って入っちゃうんだろうな、私は。
三宮市場、最近新店ラッシュ(?)のようで、いろんなお店ができてます。

シュヴァンクマイエル年

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。
先日のワークショップの様子をまとめたページを作りました。
よろしければこちらからどうぞ。



110614_1.jpg

今夏よりいよいよ、御大シュヴァンクマエル氏の映画「サヴァイヴィングライフ」が始まりますね~。
ああ~、めっちゃ楽しみ。
それだけでも心拍数あがるのに、さらに展覧会も始まります。しかも京都で!
関西で開催なんてすごい嬉しい~。(地方でしかやってなかっても行ってると思うけど)

そして今回は前後期の2回に分けて、夏~秋の長期開催。
映画で実際に使われた作品やドローイングなどに加え、日本の為に特別に制作された作品(木版画もあるらしい)たちも公開されるそうです。
そして、展示のほとんどは日本初公開のものだとか。
贅沢すぎるよ…。

ずーっと前の「GAUDIA」展を観に行った時も映画に出てくるオブジェたちに大大興奮したものですが、今回の見たら興奮のあまり倒れてしまうんちゃうやろか。。。
想像するだけでドキドキします。



「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 the works for Japan」
会場 京都文化博物館
期間 2011年7月22日~8月14日


「ヤン&シュヴァンクマイエル展 ~映画とその周辺~」
会場 京都文化博物館
期間 2011年10月7日~10月23日


絶対必見です!彼の作品を観たことないかたもぜひ~。
展示の詳細はこちら



さらに、東京ではこんなイベントも~。

110614_2.jpg

The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9

会  期 2011年9月1日(木)~9月30日(金)
詳細はこちら

シュヴァンクマイエル、エルンスト、上原木呂の3人のシュルレアリストによる400点もの展示です。
これも見てみたい。。
自分の展示の準備に追われてそうやけど何とか時間つくって行こうかなぁ。

今年はほんと、シュヴァンクマイエル年だ~。



渋谷でまもなく開催のカレル・ゼマン展も見たいよ~。


癒され島旅【その5:犬島・精錬所】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
よろしければこちらからどうぞ。
先日のワークショップの様子をまとめたページを作りました。ブログのものと写真がちがうだけですが…。
よろしければこちらからどうぞ。


あー、ようやく来ました、犬島(の記事)に。長かった…。

牛窓からバスを乗り継ぎ、宝伝港から10分ほど高速艇に揺られていよいよ犬島上陸です。
犬島の銅の精錬所は明治42年~大正8年の間稼動していました。
閉鎖以降は取り壊される事もなく、廃墟好きの間では名の通った場所となっていましたが、ずいぶん前から「犬島プロジェクト」の名前のもと、製錬所を保存・整備しするというアートプロジェクトが進められていました。
で、現在は「精錬所」と「家」の二つの見学可能なアートプロジェクトがあり、直島に続く瀬戸内のアートスポットとなっています。
平日でしたが見学と思われる若いカップルや観光客がちらほらいました。

110604_29.jpg

110604_1.jpg

犬島港の目の前にはアートプロジェクトの総合案内所があります。
中もとってもキレイで小さな島の施設とは思えないくらい(失礼!)きちんとしています。
ここで「精錬所」と「家」の共通鑑賞券を買って、いよいよ精錬所へ。
ほんまはその前に島に点在する「家」プロジェクトを見つつ島の中をうろうろしてたんやけど、それはまた後で。


110604_28.jpg

建物のすぐそばには真っ黒な砂浜がありました。
銅の製錬過程で出た廃棄物だそうで、以前は白浜ならぬ「黒浜」と呼ばれていたそうです。
精錬所は10年ほどの短い操業期間だったそうですが、その間に島の自然はかなり破壊されてしまったそうです。

先の黒い建物から精錬所入り口ゲートまでまっすぐ道が伸びています。


110604_8.jpg

ゲートは15分ごとに自動で開閉するしくみです。
ゲートをくぐるとスタッフの方が待っており、精錬所見学の注意事項を説明してくれます。やー、ちゃんとしてますねえ。

精錬所は遺構群からなる「近代化産業遺産」エリアと、ギャラリー「精錬所」エリアに大別されています。
「精錬所」では柳幸典氏の「ヒーロー乾電池」という作品を見る事が出来ます。
作品はもちろん撮影禁止やったんですが、とても面白かったです。上のリンクで少し作品の写真が見られます。

不思議な作品たちを堪能した後は、精錬所の遺構を自由見学!わくわくします~。


110604_9.jpg

110604_10.jpg

110604_11.jpg

レンガ造りの遺構群。ここが何の施設だったのか知りたかったですが…。
ここのレンガはぜんぶ黒っぽいレンガで、近寄ってみると少しキラキラしたものも見えます。
「カラミ煉瓦」と呼ばれており、その成分は大半が鉄であとはガラス、銅などを含むそうです。
鉄分のせいで黒っぽく見えるのだとか。「家プロジェクト」で長話をしたボランティアのおばあちゃんが教えてくれました。


110604_12.jpg

110604_14.jpg

110604_15.jpg

110604_16.jpg

110604_18.jpg

↑前島の宿で「犬島に行く」と言ったら、おかみさんが「煙突の島ね」と言わはりました。
おそらくこの2本の煙突が牛窓方面から見えているのではないでしょうか。

110604_19.jpg

やー、私はテンション上がるんですが、写真があんまりうまくないんで伝わりにくい…スイマセン(涙)

そして近代化産業遺産の目玉はやはり先の記事でも紹介した「発電所」!

110604_20.jpg

110605_1.jpg

匂いガラス」のシーンそのまま~。(同じ場所やし当たり前やねんけど…)
※↑リンク先youtubeで音が出ます。犬島のシーンは動画開始20秒くらいに。

110604_21.jpg

110604_22.jpg

110604_23.jpg

↑ドラマで仙道敦子が落ちた穴の下です。

110604_24.jpg

うまく伝わらなかったかもしれませんが、美しかったです。
でも、できれば整備される前に忍び込んで見てみたかったなぁ…。
ともあれ、ずーっとずっと来てみたかった犬島にようやく来る事ができて、ほんとに嬉しかったです。
廃墟に興味なくても、のんびり散歩にもうってつけな島です。
夏の旅行にいかが?私はまた行きたいです(o^∇^o)


タイムリーなことに、「第八回犬島時間」が7月30日~8月7日まで開催されるそうです。
そして、維新派の芝居も9月に行われるそうで。
今年の犬島はアツいです。
維新派、実はまだ一度も観た事ないんよねー。行ってみよかなぁ…。

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。