戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ@トンカ書店のお知らせ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。

1108_jixiang.jpg

12月1日(木)~22日(木)の期間、神戸元町・トンカ書店にて展示行います。
動物をモチーフとした展示をさせていただきますので、よろしければお越し下さい。


ぎりぎりですがゴール見えてきました。あともうちょい。仕事犠牲にして今日もがんばります(コラッ!!)

びっくりしたんですが、おとつい血尿になりました。。(文章おかしいか)
用を足してふと見たら真っ赤で!!
赤色は好きですが、これはちょっとかなんです。
数回で治まったし翌日からは何ともなくなったんですが、無理のあんまりきかん歳になったんやなぁと改めて思いました。。来週また一つ歳をとっちゃいますしね。。
すいません、ヘンな話で。何でもネタにするなと。
本人いたって元気です。落ち着いたら年1回の健康診断行ってきます~。


さて、ぎりぎり感をアピールしている割には遊んでいる私。先日美山へ行って参りました。

111124_6.jpg

かやぶきの里。
ここ、すっごい観光地なんですね。天気はイマイチやったんですが、駐車場は乗用車とかおばさまたちてんこ盛りの観光バスでいっぱいでした。

111124_5.jpg

111124_3.jpg

111124_4.jpg

111124_7.jpg


まだ盛りではなかったけど綺麗に色づいた紅葉や銀杏がたくさん。キレイやったなぁ。
ですが、山里の天候は変わりやすい。晴れたかと思ったら大雨に見舞われたり、めまぐるしく変わる天気と今シーズン初めての1ケタ温度に翻弄された一日でした。



さて、そんな説得力のない生活をしている私ですが、告知をもう一つ。

111124_candle.jpg

展示中の12月16日(金)、に展示会場のトンカ書店さんにて小さいワークショップをさせていただきます。
小振りのキャンドルホルダーに張る剪紙を切るワークショップです。
ちょっと細かい作業になりますが、興味ある方は詳細は下の画像をクリックしてご覧下さい。
すみません、画像の方18(金)となってますが、16(金)の間違いです。。

111124_2.jpg

お申し込み・お問い合わせは書店まで→こちら



スポンサーサイト

ふたたび展示のおしらせ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。


気温もようやく下がって来て秋本番…というか、冬間近ですね。
今シーズン初めてコートを着ましたよ。ほんとに今年は例年よりさらにましておかしな天候ですね。。
来年の人類終末説さえあながちウソちゃうかもなーなんて思ったり。

ええと、12月1日(木)~22日(木)の期間、神戸元町・トンカ書店にて展示行います。


1108_jixiang.jpg


動物メインの吉祥剪紙を展示させていただきます。

が、進み遅し(汗)
展示までひと月切ってるんでやや焦ってますが、ごにょごにょ言う間に動けということで、かなり珍しく頑張ってます。
額以外に欲張って今回もモビール、そして期間中のどこかでワークショップさせてもらおかなと思ってます(詳しい内容はまた後日…)。

そうこうしているうちに、来年早々の一日教室のお話をいただいたり、知り合いの方にウェルカムボードを作らせていただく機会をもらったりで、さらに頑張れ自分と老体にムチ打ってます。
作っていていつもいつも思うのが、もっとたくさんの引き出しがほしい!
が、すぐ増やせるもんなら苦労しませんがな。。。現実を見て今出来る事を精一杯頑張ろ。

今回も物販の売り上げ全額(店舗管理費除く)は寄付します。
よろしければお立ち寄りくださいね。

お知らせでした。


夢は第一の人生…なんかも【サヴァイヴィング・ライフ】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。


111103_1.jpg

観てきました~。

予算が足らん、尺が足らん、コメディやけど笑えへんで、などなど御大のぼやき(笑)で幕を開けるヤン・シュヴァンクマエル監督の「サヴァイヴィング・ライフ」は全編コラージュのカットアウトアニメーション。
普通に俳優さんに演技させる方がよっぽど時間も予算もかからへんのんちゃうんか~とツッコみたくなりますが。

111103_4.jpg

うだつの上がらん日々を送る初老男が夢の中で美女と出会い、夢の虜となっていく悲喜劇です。
シチュエーション的には劇と現実との境目があやふやになり、果ては劇に呑み込まれてしまう「ファウスト」のようであり、精神分析が絡むストーリーやラストの救いのなさは前作「ルナシー」を思い起こさせました。

111103_3.jpg

111103_2.jpg

夢という大きな暗喩の中に、さらに様々な事象が暗喩として散りばめられ、エロ、グロ、シュール3拍子なまさにシュヴァンクマエル!な超絶空間が次から次へと繰り出されていました。

しかし、前作もでしたが内容難しいよ~。
私も鑑賞中途中少々夢の中へ行ってしまいました。。疲れてたんよ~(言い訳)
ずーっと前から騒いでたくせに、不甲斐ない。

単純に映像の面白さに浸るだけでも充分かもですが、ストーリーの核が夢を読み解く精神分析なんでやっぱし面白い!よりも小難しい印象が残りました。
あんなシーンもこのセリフなんかもあれこれ意味があるんやろなーとか思うものの、なかなかついて行けへん。
フロイトとユングの肖像がケンカするシーンで何度も大笑いしていた人がいたけど、全然笑えんかったしな~。
全編起きた状態でもっかい細かいシーンまで観たいけど、何回観てもわからんもんはわからんかも。

「オテサーネク」までの氏の作品は「難しいけど面白い!」でしたが、近年の2作は「面白いかもしれないけど難しい!」印象です。。
近作から氏の作品を観たらとっつきにくさのほうが残っちゃうかなあ。
過去の作品と比べるとちょっと観るのに体力いる作品かもです。
しかし相変わらずなんは登場する食べ物がどれもこれも恐ろしく不味そうなとこ。
ハデな嘔吐シーンまであったし、ほんまに氏の作品は食欲減退しますわ。


ラストは予想通りの救いのない展開でした。もちろん起きてちゃんと観ましたよ。
夢の中の愛する女性が実の母であったという事実を知った主人公。
目を覚まし現実世界に戻るかと思いきや、涙を見せるヨメに背を向け、夢の中へ一目散します。
ああ~、かわいそうなヨメ。思わず感情移入しちゃいました。

夢の中では自殺したはずの女性(ハハ)がぱっちり目を開け、「泳ぎ方を教えてあげる」と言いながら手を差し伸べてラストへ。
バスタブに浮かぶ巨大化した母親に向かって血の湯船をバシャバシャ不器用に泳ぐ主人公は、まさに羊水の中の赤ん坊。
現実世界では職を失い、医師からは見放され、嫁にも背を向けて出て行った彼の人生はもう夢の中にしかないんでしょう。
どうやら彼にとっては女性の最初の予言(?)通り、夢が第一の人生になってしまったようです。
彼はここからどんな新しい人生をスタートさせるんやろか…と考えるとなんだか切なくなっちゃいました。

しかし男子にとって母親の影響というのは計り知れんものなんでしょうね。
長年連れ添ったヨメでさえハハにはかなわないらしい。。切ないですねえ。

…おっと、そんな感想でいいのか。



Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。