戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荘厳な大聖堂やら教会やら【プラハ・ポーランド】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


国内で教会を見学したことはありますが、そういえば海外のキリスト教大聖堂を見るのは生まれて初めてです。
プラハでもポーランドでもたくさんの大聖堂や教会、修道院を見学しましたが、その広さや細かな装飾に圧倒されました。時には荘厳というより威圧感さえ感じました。
中世における宗教の権力がどんだけのもんやったんか、建築物を見るだけでも窺い知ることができます。


旅行最初の観光は、プラハ城でした。
城といっても、周囲には王宮や従者たちの住んでいた住居などなど、見所はたくさんあります。
中でもひときわ目を引くのが聖ヴィート大聖堂です。

130527_1.jpg

130527_2.jpg

130527_3.jpg

130527_4.jpg

14世紀に建てられたゴシック建築物。想像以上の大きさで息を呑むくらいでした。
このちっさい写真やとスケール感が全然伝わりませんが。

130527_5.jpg

たくさんの巨大なステンドグラスはどれも圧巻。大きいだけでなく精密でとても美しく、大聖堂の荘厳さを一層深めるものでした。

130527_6.jpg

こちらはお馴染みアルフォンス・ミュシャの造ったステンドグラス。
他のものと比べると趣が違います。何と言うか、絵画っぽい。

しかし石でようこんなでかい建築物造るよなぁ〜。
完成までに要した時間は、中断もあったものの約600年!だそうです。
完全な形を今の世で見る事ができて幸せ。一部修復中でしたが。


最初にすごいもん見たなーと思っていましたが、他所でも素晴らしい大聖堂、教会をたくさん見ました。以下印象深かった場所です。

130527_18.jpg

↑プラハのティーン教会。こちらも重厚なゴシック建築。
他の建物と比べてもずば抜けてでかい!左右対称か思ってたけど違うのですね。


130527_9.jpg

130527_10.jpg

↑プラハ・旧市街の聖ミクラーシュ教会。
白と金色が印象的なバロック様式。雰囲気も華やかで教会というよりお城みたい。


130527_7.jpg

130527_8.jpg

↑プラハのストラホフ修道院。この写真分かりにくいけど「神学の間」の天井画が素晴らしかったです。
神様にすぐそばで見られているみたいです。こんなとこで勉強してたらさぞかし集中できたことでしょう。
撮影は有料(たまにこういう場所ありました)。おばちゃんが見はってます。

130531.jpg

130527_11.jpg

130527_12.jpg

↑ポーランド・クラクフの聖マリア教会。毎正時になると塔のてっぺんの窓からラッパ吹きが音楽を鳴らします。
かつて、モンゴル軍に攻め込まれた時に敵襲を告げるラッパを吹いていた兵士が音楽を鳴らしている最中に喉を貫かれて死んだそうです。
そのため今でもラッパの音は途中でぷつんと途切れたように終わります。
現在のラッパ吹きは消防士さんで、吹き終わると下に集まった観光客に手を振ってくれます。


130527_13.jpg

↑ポーランド・グダンスク郊外のオリーヴァ大聖堂。
18世紀に「世界で最も美しい音色」に認定されたパイプオルガンがあることで知られています。

130527_14.jpg

130527_15.jpg

祭壇。もくもくした雲の中からおびただしい数の天使が生えています(黒っぽいぷつぷつしたやつ)。
みんな中央のキリストとマリアのステンドグラスを見つめていました。
正直ちょっと気色悪かったナ。。

130527_16.jpg

130527_17.jpg

こちらが件のパイプオルガンです。
6月から9月にかけて毎日数回約20分、パイプオルガンの無料ミニコンサートが開かれます。
パイプの数は8000本。パイプオルガンはひとつのパイプから1音しか出ないそうなので、8000種の音が出るということでしょうか。

生で聴くオルガンなんて初めてです。「こんなに豊かな音が出るんや!!」と驚きました。
トライアングルのような音、金管楽器のような音、雷のような地響きのような音…。
さらに、オルガンには様々なからくり仕掛けがあり、視覚的にも楽しめました(というかビックリやった。。)
広い大聖堂に響き渡る音色に包まれ、とても厳かな心持ちにりました。贅沢な経験やったなぁ。。
↓オリーヴァ大聖堂のオルガン。



スポンサーサイト

こんどは西へ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


今年のGWに前々から行ってみたかったチェコとポーランドへ行きました。
欧州は2度目。しかも前行ったんはユーロができる前やからかなりの昔です。

暑かったり寒かったりで結構大変でしたがとても楽しい旅でした。
それはきっと昨年の中国旅の教訓を活かしたからや。。。
相方と綿密に行程を考え、生まれて初めて旅のしおりを自分で作りました。
その結果分かった事は…旅行はきちんと計画しやんとあかん!!(…当たり前?)

130521.jpg

ポーランド中央にある街ウォビッツにて。
ここは切り絵の街として有名なのです。色んな体験が出来て楽しかった!

今度は記憶が薄れる前にきちんと文章に残しとこ。



そして、大反省。。。【切り紙の街・白家塬村】


お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


珍しい窰洞ホテルを後にし、さらに地方の街へ向かいました。

130518_1.jpg

剪紙の街です。ここでいくつか博物館を回ることになっていたのです。
しかし。。

130518_2.jpg

↑一軒目。
建設中なのか?入れません。本当にここなのかも怪しかったのですが。。

130518_3.jpg

↑二軒目。
今は荒布の工房になっており、剪紙の博物館は閉鎖しているとのこと。
残されていた剪紙もちょうど北京で行われている展示に出品中とのことで見る事叶わず。。

130518_5.jpg

130518_6.jpg

窓に残された剪紙たち。

130518_8.jpg

↑三軒目。
ホテルの地下にある民族博物館。がっちり閉まっておりました。。。
一階に土産物売り場があって、そこの人に聞いてみると「今日は休み」やって。。。


130518_20.jpg

130518_7.jpg

130518_10.jpg

街中のあちこちで剪紙が見られ、発祥地であることが窺えるのですが街の人はイマイチ関心が薄いように見えました。
確かに、伝統芸術の街だからといって街の人全員が興味を持っている訳ではないのは日本でも同じ。
ですが、わざわざやって来た側からすると何だか拍子抜け。。
一軒目の博物館の道が分からず、ガイドさんが街の人に尋ねるもほぼ誰もが「知らない」というそぶりでした。

一つも観ることが出来ずでものすごーーくがっかりしたのですが、そもそもは私の準備不足。
今回は、西安にある旅行会社にお願いしてこちらの希望を伝えつつ旅程を組んでもらいました。
旅行会社には事前に探してもらっていたのですが、情報が足りなかったとのことでした。
でも、本当に見たいんやったら人任せにしないで自分できちんと調べて探すべきやったとすごく反省しました。。。
自分の不備で貴重な旅を満足いかないものにしてしまい、今でも思い出すと悔やまれますわ。。



何とか気をとりなおして街を抜けさらに走ります。
もう一カ所、行きたいとお願いした場所に向かってもらいます。

130518_11.jpg

道中ロバをひくおじいさんがいました。
ロバの肉、2度食べたのですが、もしや働くロバたちだったのかなぁと思うと何だか申し訳ない。
でもロバ肉は想像以上に美味でしたよ。。

くねくねとした山道を登っていきます。
ドライバーさんはカーブのたびにクラクションを鳴らして対向車にアピールします。そんな鳴らさんでも。。と思ったら時々すごい勢いで車が降りて来てヒヤリ。
そんなこんなで着きました。

130518_12.jpg

白家塬村。

130518_14.jpg

130518_15.jpg

このあたりではリンゴ栽培が盛んだそうです。
政府が推奨するため、それまで作っていた農産物をやめて転向する人が多いと聞きました。
畑はきれいに整備されていますが、人をあまり見かけない…というか、居住している人自体少ないのかも。

130518_13.jpg

今も使っているらしい、大きな石臼。

この村には世界的にも有名な剪紙づくりの高鳳蓮さんというおばあさんがいらっしゃいます。
剪紙の本などでは必ずと言って良いくらい作品を目にします。
数年前に一度、埼玉の山西省友好記念館で開かれていた剪紙の展示で実物を見た事があるのですが、作品から発せられるすごいエネルギーに圧倒されそうになりました。
自宅まで来れて幸せ…やけど、アポなし。大丈夫か。。。

130518_16.jpg

村の入り口から少し歩くと立派な門構えが見えてきました。
「高鳳蓮芸術館」とあります。作品のレリーフが刻まれた凝った造りの門です。
あいにく不在でしたが、1.5時間ほど待ってみた所運良くお会いする事ができました。
この日はお孫さんの結婚式だったそうです。お疲れやったのに家に通していただきました。
急な訪問だったのに申し訳なかったです。。
断りなく掲載するのは気が引けるのですが、少しだけ紹介させていただきます。

家は住居とギャラリーのある窰洞となっていました。
この日は汗ばむ陽気やったのですが、屋内はクーラーもないのにひんやり快適。
本当によく出来たつくりです。

130518_17.jpg

130518_23.jpg

外観の至る所に作品のレリーフがあります。その豪華さに目を見はってしまいます。すごいなぁ。。

130518_18.jpg

室内ギャラリーには巨大な作品が幾つもありました。
下絵はまったく描かず、心の風景をそのまま形に切り出すそうです。

130518_21.jpg

ギャラリーには剪紙だけでなく、刺繍作品もありました。
どれも迫力があり、命が宿っているようです。

日本からはよく訪問者があるそうでさほど珍しくないそうです。
こんなに著名な作家さんのいる村だから、村中でも剪紙づくりが盛んなのかと思いきや、今は誰も作るものがいないことに驚きました。
外国からわざわざ見に来た側としては、せっかくそんな高名な人がいるのに何だかもったいないなぁという気がしたのですが、伝統よりも目の前の生活の方が大切ということなのかな。
普通の人々が剪紙をつくるような光景は、もっと奥地へ赴かなければ見る事ができないようですね。。。
別れを告げると、門の前でいつまでも見送ってくれた高おばあさんの姿が印象的でした。

もうひとつ、後日戻った西安で幸運にも庫淑蘭さんの作品も目にする事が出来ました。
漢聲雑誌社の本や雑貨で目にしており、とても好きな作家さんなのですが。実物は思っていたのよりずっとヴィヴィッドな色で驚きました。

今回は何だか消化不良の旅となってしまいましたが、わずかですが見る事ができたのが救いでした。
いつか、きちんとリサーチをして陝北の剪紙をまた観に行きたいです。
言葉はきっと上達しないだろうけど、少しでも切り紙の腕を上達させて(いつになるねん)。。



Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。