戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸のオバさんのつくりかた

自立した若者や、結婚した男性がよく恋しがる「おふくろの味」。
実家を離れるとどういうわけか地味ーな煮物とかの味が恋しくなる人が多いようで。
私も実家のごはんが食べたいなーと思う事もあるけれど、「芋の似たんが食べたい!」みたいな決まったメニューは特に思い浮かばない。漠然と実家のご飯が食べたくなるだけなのだけど、確かに家の味が食べたくなることってあるなぁ。
で、特定の何かってあったかなぁと思い返してみると、今の季節にしかないものが思い浮かんだ。

福岡在住時に実家からの贈り物でとても嬉しかったのが「いかなごのくぎ煮」。
ちりめんじゃこ大の小さな魚の甘辛い佃煮で、神戸・明石の春の風物詩。
佃煮の見た目が折れ曲がった釘に似ているから「くぎ煮」と呼び、この時分にはスーパーや魚屋で1kg単位で生いかなごが売られている。
そしてくぎ煮に必要なみりんやのざらめといった材料やいかなご専用保存パック(手頃なタッパーに「専用」の帯を巻いただけなんやけど)までもが特設ブースに並んでおり、それらを見るにつけ「春がきたなぁ」と思うのである。

こんだけ盛り上がってはいるが、所詮は地方の特産品。
福岡ではそんなもんスーパーにはまったくなかったし、同居前長い事関西に住んでいた相方ですら「いかなご」という単語すら全然知らんかった。地方の隠れた特産なんてそんなもんなんよね。
実家にいた頃は当たり前のように毎年食べていて、あんまりありがたみのないもんやったけど、一旦余所に出て戻って来てからはすっかり自分の中で「故郷の味」として定着した「くぎ煮」。
それからは神戸のオバサンとしての使命を果たすべく毎年いかなごの佃煮を炊くようになったのだ。(とはいえ、まだ2年目。)

ikanago.jpg


ザラメ、醤油、みりんで黒くなるまで炊き上げた甘辛いいかなごのくぎ煮は白いご飯(写真は玄米やけど)にぴったり。
おにぎりの具にもとっても合う。
生姜や山椒を入れるのが一般的やけど、何年か前に友人のお母さんからいただいたものはオレンジピールが入ったシャレたくぎ煮やった。
そう、各家庭で味付けが異なるくぎ煮は「故郷の味」でもあり「おふくろの味」でもあるスグレモノなのだ。

そんなくぎ煮の特徴がもう一つ。
どういう訳か、スーパーだけでなく各家庭レベルでの流通がとっても盛ん。
ご近所であげたりもろたりはもちろん、遠い友人親戚等々にもしっかり送る。
上のオレンジピールはかなりのオリジナル商品やけど、人の家のんは味や固さが違うので、自分ちのと食べ比べてみるのもまた一興なのだ。
郵便局ではこの時期になると「いかなごの発送はエクスパック・ゆうパックで!」と書かれたのぼりを出してアピールしてるし。
かく言う私も神戸を離れた友人たちに送りましたとも。

ここまでやってこそ立派な神戸のオバちゃんが完成するのだ。今は西宮のオバちゃんやけど。




3月は「福禄寿」モチーフの剪紙を切りました。HPはコチラ


お読みいただき感謝です。
去年は少し日が経ったものを送ってしまい、傷みがきてたにも関わらず食してくれた友人がおりました。感謝。今年は新鮮なのを送ったから安心ですヨ~。
いかなごは瀬戸内海沿岸地域の特産らしいけど、岡山・広島あたりでも「くぎ煮」はあるのだろうか?
ご覧頂いたついでにポチポチポチっとよろしくでーす。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

« みかんちゃん、何たべてんの?〈動画〉|Top|スナックなのに何てリッチ!(ポテトチップチョコレート) »

コメント

故郷の味

凄い!!!!!!
佃煮系を作れる&ふるさとの伝統を受け継いでいるなんて!!
ひたすら感心してます
素晴らしき日本の心ですね

うちは転勤族なので故郷と呼べるような土地がないので、羨ましい限りですよ~

いかなごは風物詩みたいですね~
今日お友達にいただける予定です♪ふふ、自分では炊いたことがないので^^;
オレンジピール入りっての、食べてみたいなぁ

でたぁ~!

い か な ご ・・・

ほんと他県では人気ですよね。
知名度は低いが、一度食べたら病みつきになるという・・

私の実家付近では(舞子~垂水付近)
「いかなごの歌」というものまであるそうな・・・・
聞くとホント馬鹿らしい歌詞なんですよ。
誰が作ってん、と何故か怒りが滲むようなw

今年も道端が醤油臭くなる時期が来ました。

美琴さま

!!と褒められる程でもないんす。
調味料合わせて後はひたすら煮るだけ。作ってみたらチョーシンプルでした。だれでも出来てしまうお手軽料理ですよ。
転勤族だったのですか。
うちの相方も引越の多い家庭で育ったので、言葉がいろんなとこの方言がまじってます。
子供の頃は何だか漠然と憧れましたが、実際親も子供も大変ですよね。。

ぷりんさま

作り方、とってもカンタンですよ。煮るだけで。
友人に作り方教えてもらったんで来年はオレンジピールいかなごに挑戦します(^-^)

みやこさま

何か文面から怒りのようなものを感じますが…(笑)

他県で人気とは知りませんでした~。
確かにハマる味ですけど。
送った友人達からは「子供が大喜で…」というメールが申し合わせたように返ってきました。

そして、いかなごの歌、今しがた探して聴いてしまいました。。
「くぎにダンス」ってどんなんやねん!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/123-80fdc797

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。