戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小龍包in台北〈台北旅行その1〉

唐突やけども小龍包の話を。
このタイミングやとまるでゴールデンウィークに行って来たようだけどさにあらず。
今年2月の連休のハナシですわ。GWはどっこも行ってませんよーだ。

何からまとめたらよいのか分からず全く手つかずやったけど、思い出したことから…と考えて思い出したのがまず小龍包。
台湾で小龍包と言えば「鼎泰豐」が超有名店やけど、去年の台湾で食したので今回はスルー。
永康街というエリアで2軒のお店に行ってみた。
台湾らしからぬ寒さと雨の旅行を思い出したよ~。


shouronpou_1.jpg


鼎泰豐の前は超人だかりで店構えが全然見えん!

通り過ぎる間にもタクシーがどんどん乗り付けて観光客と思われる人が次から次へと降りてくる。さすが世界に名だたる名店やねえ。
本店を見るのは今回が初めて。人の多さに呆れ驚きつつ最初に目指したのは「群香品」。

shouronpou_2.jpg


でかでかとメニュー(?)が描かれた看板は他の店舗を圧倒する目立ちっぷり。
ガラス張りの厨房では小龍包の蒸籠が積み上げられている。
店内は一昔前の食堂を思わせるプライバシーゼロのオープンな作り。

gunkou_1.jpg


昼時なので店はお客でいっぱい。地元の家族連れっぽい人たちもいて普段使いされているよう。
どこに通されるのか?と思いきや、上の写真右奥の質素な入り口へ。
をや?トイレか従業員用ちゃうのん?と思うも入ってびっくり。

そこは細長い狭い部屋になっており、二人用のテーブルが10席ほどぎゅうぎゅうに置いてある。
明らかに店が繁盛してきたんでとりあえず物置を改造しました~といった雰囲気が…。
ビフォーアフターの「ビフォー」な感じか。
でもこの間に合わせ感がなんだか中華圏ぽくてええわぁ。
かくしてこの個室ならぬ「」室にて食事をすることとなった。

まずは看板メニューの小籠包(130元)は押さえておかんとね。日本語のメニューもしっかりあってとても助かる。

shouronpou_3.jpg


いただきまーす。

あれ?あれれ?
レンゲに乗せて箸で皮を裂くと中から肉汁がじゅわーっと…のはずなんやけど。その肉汁が、ない。
でもって心無しか若干乾いてる気がするんやけど。。。
昼時の忙しい時間帯に行ったのがまずかったんかなぁ。ウェブではかなり褒めてあったんでたまたまハズレやったと思いたい。
味自体は文句なかったんやけどなぁ。次回台北にいったならばもう一回行って真偽を確かめてみたい~!

shouronpou_4.jpg


お次は菜肉餃(150元)。豚肉と野菜の蒸し餃子。
青梗菜のみじん切りがたくさん入ってる。ひだひだが揃っていて形がキレイ。身の詰まったふっくら感もすばらしい!
でも味は結構青臭いんだな。そういや去年鼎泰豐でもこれ食べてまあまあやなーと言ってたっけ。学習能力ゼロ!
まぁヘルシーなお味ってことで。不味くないし。日本ではあまり出会えない感じの味かな。
脂っこいものに飽きたらどうぞ。

shouronpou_5.jpg


そして最後に鷄湯(130元)。蒸し鶏のスープ。
骨付きの手羽元がごろっと入ったスープは濃厚で美味い!
ごちそうさまでした~。


翌日は「永康街高記」へ。
ここは先の店と同じ並び。しかも数軒しか離れていない。

taipei_road.jpg


手前が「群香品」、でセブンイレブンの奥に見えてるのんが「高記」。
近くには鼎泰豐もあるし小龍包激戦区らしい。

shouronpou_6.jpg


こっちの店構えはずいぶんと高そうに見えるし、ばっちり日本語のウェブサイトもあり、さっきのが地元向けならこっちはかなり観光客を意識してるみたい。
店内はパーティションがちゃんとあるし、赤で統一されたデザインといい気を使ってる感じがする。そしてこっちもたくさんの観光客で賑わっており、少し待たされて席に通された。

こちらでは上海小龍包(150元)、鮮肉大包(50元)、炒飯(値段わすれた)をオーダー。

shouronpou_7.jpg


まずは小龍包。いただきまーす。
レンゲに乗せて箸で皮を裂くと中から肉汁がじゅわーっ!
これですよ!美味いっ。シアワセ。

shouronpou_8.jpg


続いて炒飯。
ぷりっとしたカニ身がごろごろ入ってる。相方は台湾ぽい独特の味が苦手なのでちょっとお気に召さなかったらしいけど、しっかり味でとっても美味!
お米一粒一粒がしっかり油を纏っていてキラキラ(ギラギラか?)してる。かなりカロリー高めとみた。でも美味しいからいいよね。

shouronpou_9.jpg


最後に鮮肉大包。小ぶりの肉まんが2個。
歯ごたえのある厚めの皮にしっかり味の餡がぎゅっと詰まってる。これ2個で50元(185円)は安い!
満たされた~。他のメニューも食べてみたい美味しいお店やった。


最後に番外。
滞在先ホテル「パラダイスホテル(どこがパラダイスやねん!と突っ込まずにおれんホテル)」の近くの食堂。

shouron_1.jpg


閉店ギリギリにもかかわらず美人の奥さんが愛想良く蒸してくれた小龍包。
去年も数回食べたけどかなりのヒットなんよね。8個で70元の安さもウレシイ。

shouron_2.jpg


有名店に比べるとかなり皮は厚めなんやけど、これもモチっとしてウマイ。
でもってちゃんと薬味もタレもついてる。もちろん肉汁もしっかり。
お腹いっぱいでも入ってしまう小龍包。ああ~、食べたくなってきた~。


お読みいただき感謝です。ようやく台湾のまとめが1つできました。(単に話題がなかっただけとも言う?!)小龍包て元は中国の食べ物なのにすっかり台湾グルメの代表なのがスゴイ。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

« 今観た!〈実写20世紀少年〉|Top|甘ーいジャム?〈菓子's パトリー〉 »

コメント

お初でーす

もっと早くコメントを書くべきだったのにちょっといつもの引っ込み思案が出てしまい今になってしまいました。まだ行ったことはないのですが台湾の友人がこちら(ドイツのハンブルク)にいて美味しい話はいつも聞かされています。チェコアニメ映画祭、見たかったナー、バルチェクの絵本の原画に見覚えがあり懐かしいです。ブログ仲間にしてくださいね!

ヘルブラウさま

はじめまして!
かくいう私もぽんさんのところからちらちらと読み逃げておりました(;´・`)。先にコメントいただき恐縮です。。。
観光巡りはほとんどしておりませんがなぜか惹かれる台北の街。ご友人がいらっしゃるなんて羨ましい~です。

ドイツのアニメ作家さんといえばロッテ・ライニガーが思い出されます。美しい影絵にうっとり。。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!

ううっ小龍包が食べたくなってきました
しかし周りのうまいお店知らないので、チャーハンで我慢します・・・

美琴さま

小龍包ってあんまり店の数ないですよね。
餃子やラーメンはたくさんあるのに。。
でも東京には鼎泰豊の支店があるじゃないですか~。羨ましい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/152-558078b7

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。