戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須磨をぶらぶら〈その1/須磨寺はアニマル寺か?〉

ふと小さい頃の思い出をたどりたくなって、須磨を散歩。
実家はもう少し山奥やけど、子供の頃には家族で海水浴やハイキングやでJR須磨駅周辺はよく通ったものだった。
子供の頃にはあんまり興味がなかったけど、このあたりは源平の戦いで有名な「鵯越の坂落とし(正確な場所については須磨ともうすこし東方の2説ある)」があった場所で、名所(?)などもたくさんあり、源平ゆかりの地を訪ねて歩くウォークラリーなんかも実施している。
本気の史跡めぐりはまたいつかにして、今回はユルくぶらぶら歩いた。

三宮から山陽電鉄に乗って須磨寺駅で下車。最初の目的地は須磨寺。
人もまばらな青空商店街を抜けて寺へ向かう。


sumadera1.jpg




子供の頃に来た事はあるけど全く覚えてへん。とにかく歩いてみよう。すぐまわれるやろ。
が!思ってた以上に広い!田舎の寺と思ってなめてかかってた~。
くまなくは歩ききれんかったのでちょっと面白かったものだけ紹介しよ。


sumadera3.jpg


門をくぐってすぐのところに2体の人馬の像がどーんといてる。
青いコンクリートが妙にケバケバしいこの場所は「源平の庭」。手前は源氏方の熊谷次郎直実、青いコンクリの方は平敦盛
一の谷の合戦で敦盛(あつもりで変換しようとしたら厚盛りに!)は直実に討たれる。
その時敦盛が腰に下げていた笛は「青葉の笛」と呼ばれ、ここの宝物館で見られるそう。
敦盛の美しい笛の音を聞いた事があった直実は、敦盛の腰の笛を見て、「あの笛はおまえか!」と言ったかどうかはしらんけど、世の無常を感じて後に出家する。なんとも日本らしい歴史話ではないか。

合戦の悲話を伝える像の横の細い坂を上がると

sumadera7.jpg



亀の背中に玉が乗っかってる。何ぞや?
横の立て札によるとマニコロ(転経器。確か回すと経を唱えるのと同じ効果があるとかやったような…)らしい。
結構重い!
上の玉には七福神が描かれており、亀に乗るのはええけど玉に乗るとバチが当たるって。
バチの前に危険やと思うけど。


sumadera6.jpg


そのお向かいにはカエルの像。立て札には「ぶじかえる」とベタな名前が。こっちもどうやらマニコロだ~。
こっちは両めだまと首が回る。さっきのよりコンパクトなので軽く回る。
ビックリしたい人は目玉を、借金に困っている人は首すといいらしい。ビックリと借金ってずいぶん重さが違うよ…。

sumadera9.jpg


頭をなでるとのっそりと手足を動かす猿たち。
「見ザル、言わザル、聞かザル、怒らザル、見てごザル」、しめて「五猿」。。。ここの住職さんはダジャレがお好きなのか。

sumadera11.jpg


そしてその反対側にいるのは…くま?!

シベリア満蒙戦没者慰霊碑やった(この奥は墓地群なのね)。てことはくまのミーシャか?
2体いて片方は猿と同じく頭をなでると何だか寂しげなメロディーが…。
音楽シリーズはまだほかにもあるらしい。サービス精神旺盛だなァ~。

sumadera8.jpg


本坊の方へ行くとなぜか獅子が。なぜ?ていうか動物多すぎ~。
何種類の動物がいるか、クイズラリーができそうやん。
最後に本堂へ回るとさらに!

sumadera13.jpg


わーお!
悟空を横目にシンプルな本堂を半周して駆け足参拝終了~。
あ、でもちゃんとお参りもしたし、出世稲荷に出世祈願もしたよ。
動物の他にもマジメなものもきちんと見ました。

sumadera14.jpg


↑こちら本堂です。シンプル也。
源義経が首実検の際腰掛けたという松の木や

sumadera12.jpg


先の平敦盛の首塚とか。

sumadera10.jpg


あっ、切り紙や。

sumadera15.jpg


大根とねずみかな?


地元と思ってたらかなりのみどころ。これでもまだ半分くらい。寺のホームページはこちら
お近くの方はぜひゆっくり参拝してみてくださいな。
ご覧いただき感謝です。次回は名所旧跡と街歩き…かな?
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

« 須磨をぶらぶら〈その2/名所旧跡をちょこっとね〉|Top|十三でぶらぶら〈その2〉 »

コメント

素敵なお寺ですね!!
ほんとアニマル石像みてるだけでもお子さんでも楽しめそうですね(でも記憶には残らない(笑))
建物に比べて石像の作成年月が新し目なのもいいかんじです
源平の合戦って、関東に住んでるからかいまいち親近感がないのですが、かといって徳川家康に親近感があるかと言ったらないのですが(笑)
神社仏閣大好きなので、いつか行って見たいです!!!

美琴さま

いつか行ってみたい!ほどではありませんが…(苦笑)。
子供の頃の目線とまた違うので楽しかったですね。
神社仏閣は好き!という程ではありませんし知識も全然なんですけど、雰囲気やお香の香りが好きなもんで…(所詮こんな程度)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/174-32ed7063

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。