戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画・闘茶を観て来た

toutya.jpeg

前から観たかった映画「闘茶(音出ます!)」を滑り込みで観に行って来た。
神戸は明日で終了。セーフ!


幻のお茶「黒金茶」を巡る親子の絆の物語…かな?日本と台湾の合作で、監督はワン・イェミン。

冒頭、「黒金茶」の伝説がアニメーションで描かれる。
今やアニメ好きやなくてもその名前は知っている「スタジオ4℃」のアニメーションである。
映画終了後に横に座っていた女の子が友達に「4℃のアニメ観られただけでも来た甲斐があった~!」と大喜びしてスタジオ4℃について熱く語ってた。
今回の画の感じは個人的にはあんまり好きではなかったけど、おもしろい作りでついつい引き込まれて観てしまった。

古代中国にあった「黒金茶」には雄と雌があり、雄黒金茶の部族が雌黒金茶の部族を滅ぼしてしまった。
争いの元となった「闘茶」を持ち込んだのはとある日本人だという。
そしてその日本人は滅ぼされた雌黒金茶の呪いを先祖代々受け継いでいるらしい。

で、舞台は京都。
「茶」ののれんがかかるものの、どこか寂れた様子のたたずまい。
亡くなった母の仏壇で手を合わす娘(戸田恵梨香)の後ろから登場するのは香川照之扮する父親。
シリアスな役かと思ってたけど、これが見事に予想を裏切ってくれるやん!
45歳のアルバイター、2日前にクビになったばっかり(ということは無職か)。そして女にだらしないダメおやぢを見事に演じてはる。
東京出身とあるのに見事な関西弁!!関西人と言うても遜色ないわ~。ステキやわ~。
ちなみに戸田恵梨香は兵庫は灘区の出身だけあって板に付いておりましたわ。

雌黒金茶の呪いを先祖代々受け継いでいる日本人はここの茶屋であることは説明の必要なし。
で、母親の死は「黒金茶」の呪いだと頑に信じ、以来店は開店休業、ダメダメ人間となってしまった父を立ち直らせ、もう一度茶屋を開業すべく台湾のお茶の学校へ行こうとする娘。
お茶の世界のことは全然知らんけど、わざわざ台湾で勉強する必要はあるのだろうか?

家の蔵の中の書物を見て、雄黒金茶と雌黒金茶で「闘茶」を行い、勝つと呪いが解けると知った娘・美希子。
そしてさらに幻の雌黒金茶の茶木がまさに自分ちの庭に生えているのを見つけてしまう。
ていうか、めっちゃでかい木なんですけど?!いくらなんでも先祖の誰かが気いつくやろ~~。

チャット友人の「雄黒金茶を持っているから台湾へおいで」の言葉を信じて台北へ飛ぶ美希子。もちろんワナなんだけど。
このへんストーリー展開がややゴーイン。
台湾マフィアがチャットで茶を探すか?もしかして茶だけに??

マフィアといえば、ストーリーテラーとして仙人(?)みたいな役で出てくるオッサンがいるねんけど、よくよく見れば「インファナル・アフェア」シリーズに出ているマフィアの大ボス役の人やないですか。優しげなお顔をしても最後までヤクザにしか見えへんかった~。

渡台前に茶会で美希子と大げんかした父も後を追って台湾入り。さらに娘に気があるバイト友達(細田よしひこ)も台湾入り。ここから舞台は台湾!



ええねえ台北。ちらほら見たことある風景や雑多な街中を眺めてるとまた行きたくなって来たよ~。

狭い小路で道に迷う美希子の前に現れたのは激甘フェイスのオトコマエ。誰??これ?
私は全然知らんかったんやけど、台湾でも日本でも人気のF4というアイドルグループの一人、ヴィック・チョウとゆー人やったらしい。そういやF4って聞いたことあるぞ。あっちでドラマ化された「花より男子」の人やったのね。

チョウ君演じるヤンは雄黒金茶族の末裔で、一族は60年前に中国から台湾へ渡り、茶の闇取引で大もうけしている。
そんな彼にもつらい恋の過去があるのね。てっきりヤンと美希子の宿敵同士の恋物語やと思ったけど、ヤンの元カノも登場し、雌黒金茶めぐって三つどもえの様相になってくるのだ。

クライマックスは雄黒金茶と雌黒金茶、そしてダメおやぢになる前の父親が最後に作った茶の闘茶シーン。
闘茶のさなか、過去のつらい想い出に潰れそうになった時誰もが気付く。「闘茶とは、誰かと競うのではなく自分自身との闘いなのだ」と。。。



冒頭のアニメもそうやし、撮影の仕方とかストーリー展開とか所々に挟まれる笑い(面白ないのも結構あったけど)とか、全体的にマンガチックな作りやなーという印象やった。
かといって特に目新しさがあったわけでもなかったけど。
でもセオリー通りの面白さはあったし台北が舞台やったので十分楽しめた。
そして香川照之はやっぱりスゴイ。観てよかった。あと、なぜ、ほんこんを使うのだ??

夏休みは超大作が多いけどこんな良作もありますよー。
しかし盆休みまっただ中、昼間の回やったのに客少なかったなぁ。


お立ち寄りいただき感謝です。闘茶てほんとにあるのね。知らんかった。
香川照之はもうじき公開の「TOKYO!」でもひきこもり歴11年のオッサン役で出てはる。こっちも要チェック。
そして細田よしひこは「デトロイト・メタル・シティ」のジャギ様役やないですか~。こっちも楽しみだ~。
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

« どぎつさにノックアウト!(冒険王・横尾忠則展)|Top|シュワシュワ魔王vsヒヤヒヤ大王 »

コメント

この映画、ちょっと気になってたんですが、面白かったですかー。
香川照之は凄いよね。けど、顔が関西人してると思う(笑)
ついこないだ、「世界で一番美しい夜」見てきました。ほんまに今村昌平そのもの。さすが息子。

この映画みたいよー

ご無沙汰でーす。
旅先のパソコンでは日本語がダメでコメント書けなくて残念でした。
香川照之はいいよね。市川猿之助と浜木綿子の息子じゃなかった?
ポチッしました!
いつもここに来るとしていましたよ気づいていたかしら?

ぽんさま

超オススメ!というほどではありませんが、香川照之だけでも。。確かに関西人の顔ですね(^-^)

ヘルブラウさま

バカンスからお帰りなさいませ!
人の顔をなかなか覚えない人間で、「キサラギ」を観るまで香川照之は知りませんでしたが、ええ俳優さんですね。大好きです。

ポチ、知ってますよ~。ここ数日はランキング下降してましたもん(^-^;
いつもありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/206-297c8949

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。