戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もてなしのイロハ[前編]

ここ数年私の中で恒例化しているの瀬戸内の島の旅
おしゃれスポットもなければ雰囲気のええ宿もなく、あるものはのんびり穏やかな空気と四方に広がる海、そして何よりも瀬戸内の海の幸!
そんな島の魅力に取り憑かれている私は、今年も盆休みに1泊の島旅を相方に無断で強引に決めてしもた。

今年選んだのは兵庫県は姫路市の沖に浮かぶ家島諸島の本島家島。前述のとおり、海水浴や釣り以外特に目玉スポットはない。宿も1月ほど前に余裕でとれた。
渡船乗り場までは西宮から1時間半そこそこでついてしまう。盆休みだけあって、海水浴目当ての家族づれや学生がかなり多い。予想より多い人出に驚きつつ高速艇に乗り込んだ。

ieshima00.jpg


30分ほどの短い船旅で降り立った港は予想通り小さく、観光地の趣はまったくナシ。年内で賑わうのは今の季節だけなんやろなー。
宿までは歩いて5分程度とのことやったけど、港のすぐ脇に宿の名前の入ったバンが停まっており、すでに乗っていたファミリーと共に私らも乗せてもらって宿へ向かった。

宿の詳細は先であんまりええこと書かへんので伏せさしてもらいましょ。

宿の前には一本の道路が島の形に沿ってくねくね続いている。着いたのは夕方やったけどまだ食事には時間があったので道の先に見える神社まで散歩に出た。

ieshima01.jpg


普段は嫌~なセミの鳴き声も旅先では何故か少し心地よく聞こえたりなんかして。
ここでは少し季節の進みが早いのか、ツクツクボウシが鳴き、トンボがたくさん飛んでいた。
もう秋やねぇとか何とか思いつつ足下を見ると、いたぁ!大敵ふなむしが!!ひー。
唯一島で苦手なんはコイツら。キモチワリィ~。ひー。

奴らに脅かされつつも神社のある山の麓まで何とか到着。ふー。
木の生い茂る急な石段を上がり少し歩くと、家島神社に行き当たる。
かの菅原道真が、太宰府へ流される途中に立ち寄った際建てた神社だとか。
島の名を冠しただけあってか、小さいけど最近改築したらしく遊歩道も神社もこぎれい。

ieshima02.jpg


賽銭を入れようとふと見あげると、賽銭箱の斜め上にはご丁寧にも防犯カメラが2台も!ちょっと興ざめ。
でもこちらもがめつく20円の賽銭に釣り合わぬくらいあれこれお願い。ふふふ。
厚かましく「重々ご縁がありますように」という意味で20円。ほんまは25円にしたかったんやけど、5円玉がなかったんよね。
あっ、もしかしてご縁がナイ…?嗚呼~。

小高い山の上から眺める風景はのんびりしていてええ感じ。


ieshima03.jpg


もう少し散策もよかったけど、暑さ疲れと夕食の時間も迫ってきたので宿へ戻った。
頼んでいた時刻を15分ばかし過ぎた頃、「食事の準備ができました~」の電話が。わ~い。

今回のキモはほんまはここからやねんけど、長くなりすぎたので意味なく後編へ続くということで。ゴメンナサイ。

オチもない話をお読みいただき恐縮です。
ついでのついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

« それでただとか急死した(BlogPet)|Top|京都で涼を »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/24-7010303f

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。