戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはファンタジ~

1005_7.jpg


行きたかったけど公開時に観に行けなかった「パンズ・ラビリンス」を観た。
アカデミー賞撮影・美術・メイクアップの3部門受賞した「現代のダークファンタジー」。「ダークファンタジー」に惹かれたのが半分。でも「現代のファンタジー」で「アリス・イン・タイドランド」を思い出して一抹の不安があり行かへんかったんよね。(アリス・イン~はぜんぜん受け付けへん映画やったんで。。。)

内戦後のスペインが舞台。
身重の母と共に、主人公の少女オフェリアが母の再婚相手のいる軍の駐屯地へやってくるところから話が始まる。
駐屯地のある山中にはレジスタンスが潜み、軍との一触即発状態となっている。
その軍を指揮するのがオフェリアの新しい父やねんけど、この父親というのがこれでもか!というくらいの冷血漢。

1005_3.jpg

人はばんばん殺すし娘となるオフェリアへの態度も愛情のかけらすらない。
この世の怪物という描き方かな。
戦争という時代も悪い、家庭もちっとも暖かくない。
次第にオフェリアは空想の世界を信じるようになる。。。

ファンタジーやけどちっともかわいげのないクリーチャーたちがさらにストーリーを不安な空気で包んでいる。

1005_2.jpg

「ソウ」シリーズの仮面にしか見えへん迷宮の守護神パン。見方か敵か全くワカラン。
そして

1005_4.jpg

目のないなんやよう分からん生き物。味方やと思ってたけど違うかったわ。
目は皿の上に置いてあって、それを手にはめて追いかけてくる姿はコワいけどちょっとコミカル。
ドラえもん「手足七本目が三つ(ネコの手もかりたい)」を思い出したぞー。

1005_1.jpg

でもどんな怪物より私は随所に出てくる虫でアウトや~。
虫が妖精の化身なら王女の資格はいりません。。



ダークファンタジーと銘打つだけあって、ラストはビター。
オフェリアはパンの出した試練に何とか合格し最後の試練に挑むも、その答えは自分の死という何だか理不尽に思えてしまうもんやった。

1005_6.jpg

魔法の王国で嬉しそうな笑顔のオフェリアと、現実世界でのレジスタンスのオバちゃんのむせび泣きがほろ苦い印象を残す映画。
最後のナレーションで彼女は魔法の王国ですばらしい治世をしたと締めくくっているから一応ハッピーエンドではあるんやろうけど。。。
ファンタジーというより現実の厳しさの方が観る者の心を締め付ける話やわあ。

独りで過ごす秋の夜長にいかが? って悲しすぎるかなぁ?




さて、ファンタジーつながりでもうひとつ。
「チェコアニメ最後の哲人」イジー・バルタ巨匠の長編作がいよいよ来年の夏に公開!
パイロット版ができたのがもう12年も前!。じらしにじらした「ゴーレム」本編がいよいよお目見えか?!
と思いきや、

barta_01.jpg

ちょっと、いや大分毛色の違う作品が出来たよう。

In the Attic(屋根裏部屋で)というタイトルのこの作品はチェコアニメ史上最長の90分という超大作なんやって。
アニメーション作家は短気な人間には絶対つとまらへんなぁ~。私絶対ムリ!
屋根裏部屋で捨てられていた人形やおもちゃたちが、自分たちで世界を作るという子供も楽しめるファンタジーだそう。今までの作風とはずいぶん方向転換したんやなぁ。
笛吹き男」のダークネスっぷりからは考えられないカラフルなスケッチに驚いた。

barta_02.jpg

barta_03.jpg

短い予告編はこの夏各地の催しで上映されてたらしい。観たかったなぁ。
これでがっぽり儲けて「ゴーレム」をぜひとも完成させておくれよ、バルタ先生。

「笛吹き男」のダイジェストはこちら(一番上だけ音がでませーん)↓







「In the Attic」は来年夏に東京公開。ということは、関西は秋~冬くらいかなぁ。
ああ~楽しみが増えた!


ご覧いただき感謝です。
ダイジェストを観てたら「笛吹き男」が観たくなった。今からビデオ引っ張り出して観ます。
お付き合いいただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ


« 見てるだけでもいいの|Top|モタった!タメした! »

コメント

ええ~

最近のファンタジーといえば、ハリポタだったりナルニアだったりパコだったりで、最後は心にじ~んとするのかと思ってましたが、
こういう映画もあるんですね
全く知りませんでした・・・
でも現実に戦争していたら私も魔法の国に逃げたい・・・

ちょっと最近仕事に追われてるもんで、いたちの国に逃げたい気持ちで一杯です(笑)

美琴さま

あんましハピーではありませんでしたが、映像はアカデミー賞撮るだけのことはあるな~というステキなものでした。
エグいクリーチャーも嘘臭くなくてリアリティーがあったし。
ま、オススメはしませんけど。。

私もいたちの国に逃げたい(笑)!
いたちの国の香りはいたち親やないときっと死にますね~。でも私いたちの香り好きなんです。ふふ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/240-e087b10c

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。