戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾再々々1〈漢聲巷ようやく〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング



円形の切り紙「团花・牡丹」「团花・兔子」をホームページにてアップしました。
よろしければこちらからどうぞ。。


台湾三たび行って参りました!
天気にも恵まれ、予定も全てこなし充実の日々を過ごしてきました~。
何度訪れても楽しい台湾。帰ったそばからまた行きたいなと。

今回の私の一番の目的は前々からしつこくしつこく書いているように、「漢聲巷」へ行く事。
詰め詰めのスケジュールの中で行ける日は到着日のみ。
飛行機の到着時間は夕刻やったので閉店時間の20時までには余裕を持って行けるはず。

夕刻の到着は初めて。まだ明るい車窓から街が見えてくると、ああ異国へ来たなぁと心が弾む。

090501_2.jpg

いつか入ってみたい圓山大飯店。台湾のホテルの代表格。実物見るの初めて。偉容という言葉がフサワシイわ。
しかしでかい!

旅行中滞在したホテル、国聯大飯店(TAIPEI UNITED HOTEL)はMRT國父記念堂駅から数分、都心部にあり、移動もとても便利なホテルやった。徒歩圏内には小龍包の超有名店「鼎泰豊」の2号店もありました。
なにより漢聲巷からとても近い!…のはずが。。。
ホテルに到着して、荷物を置くのももどかしく街中へ飛び出したのはいいけど、一瞬で道に迷って敢えなくタクシーを使うハメに…。
今回の同行は母。すいません、超方向オンチで…。 

しかし暑くも寒くもなく動きやすい良い気候。よかった!

タクのおっちゃんには正確な住所を渡したのでぴったり建物の前に到着。

090501_3.jpg

おおおおおお~。
憧れの場所が目の前に!感無量。
勇んで行ったものの定休だったとか何かとツイてないことの多い私だけど、今日はもちろん開いてる。

090501_4.jpg

瓢箪型の入り口を入るとすぐ左手には吉祥茶のボックスが綺麗に積まれている。
壁の神字は「金玉滿堂」…かな?「金」ではないように見えるけど。。
そして足下の箱には「大過」シリーズの筒が無造作にいくつも置かれていて(上の写真右下にちょこっと映ってます)嫌が応にもテンションが上がってしまう。

手前の部屋には漢聲巷が取り扱う児童書があり、そのさらに奥には漢聲出版社の美しい装丁の本たちが…。

090501_5.jpg

090501_6.jpg

ネットでうっとり見ていた本たちが何冊も積まれているよ~。
テンション上がりすぎて鼻血どころかいろんなもんが出てきそうやわ。。

ふらふらと本棚に吸い寄せられていくと、奥から女性のスタッフが出てきはった。
写真を撮っていいか聞くと、快くどうぞどうぞと勧めてくれはった。

2名いたスタッフの方はどちらの方もものすごく親切で、本を見ている間にお茶を入れてくれるわ本の説明を丁寧にしてくれるわと至れり尽くせりの対応をしてもらい、とても楽しい時間を過ごす事が出来た。
私の赤子のような中国語も、筆談を交えて(こっちがメインか)なんとかわずかに意思疎通することもできて、これもまた小さな喜びだったりして。



そしてもう一つ予想外のサプライズ。

店に入ると奥の方から話し声がしていた。
そちらにも本がありそうだったので覗いてみると、長テーブルに座ってスタッフの方と話していたのは白髪に痩身の男性。
ああっ!一目でわかるそのいでたちはもしや…。

近くにいた別のスタッフにおそるおそる、「あの方は黄氏ではないですか?」と尋ねると「对」という答え。
わああ~、やっぱり!
漢聲雑誌社のアートディレクター、黄永松氏だ~。

黄永松氏は漢聲雑誌社の前身「Echo of Chinese Things」から今日に至るまでの素晴らしい装丁の本のデザインを一手に行っている。日本のデザイナー、杉浦康平氏とも親交が深いそうで。
漢聲巷の魅力にはまって以来、憧れの(崇拝?)存在の方である。その人が目の前に!
勝手にどきどきしながらなおも本を物色していると、やがて席を立って帰ろうとする氏の姿が。
すると先のスタッフの方が私の方へ来て、「サインもらわなくていいの?」と。
えええっ?!そんなものいただいてもいいの??

結局、黄氏にはサインをいただいただけでなく、雲南省の少数民族のお話までたくさんしていただくという、この上ないプレゼントをもらってしまった。

hansheng_sign.jpg

写真では気難しい感じの方なのかと思っていたけれど、実際お会いしてみるととてもあたたかく柔らかい雰囲気を持った方。
スタッフの方曰く、「あんまりここには来ないのよ。あなたはとてもラッキーね。」と。
そうなんだ~。

もっともっと丁寧に色んな本を見たかったけど、そろそろ移動しなければならない時間となり後ろ髪を引かれる思いで店を後にした。
またぜひとも訪れたい素敵なお店。
もし台北旅行で時間のある方は立ち寄って見てくださいな。

漢聲巷
台北市八路4段72巷16弄1號1樓
月~金 13:00~20:00 土 11:00~20:00 日曜休
地図はこちら

約2年越しの念願も叶った上にこんなサプライズまであって、何と幸先の良いことか!

素敵な幕開けとなった台湾旅行記、まだまだしばらく続きます。。

« 台湾再々々1〈漢聲巷ようやく〉(BlogPet)|Top|レトロ&オッサンの街大阪歩き〈京橋でオッサン呑み〉(BlogPet) »

コメント

私も台湾へ行ったときは、円山大飯店の近所の安ホテル。
毎日、ここを見てはあこがれたなぁ。

あの豆腐ルポ、楽しみ!

「好き」っていうパワーが、どれだけ素晴らしいものかわかる日記ですね!読んでてこちらまでわくわくしました。
いつか愛蔵の品々を見に行かせていただきたいです~!

ぽんさま

一回泊まってみたいですねえ。円山大飯店。
豆腐は次回に。。ちょっとだけご期待くださいませ。。

フジタさま

実は頭に血がのぼりすぎて周りをちゃんと見る余裕すらありませんでした。。
なのでまた行って今度は落ち着いてゆっくり店内も本も鑑賞したいです~。
またそのうちおいでくださいませ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/340-d5231802

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。