戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋏のはなし

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


剪紙「喜上眉梢」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。
剪紙「喜鵲登枝」をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。

その他の作品はこちら


京都・町家暮らしのぽんさんと天満巡りをする前に、どうしても行きたかった場所へやっと行くことができた。

剪紙に使う2大道具のうち1つの鋏。
切れ味が悪くなって、以前地元近くの刃物屋へ持って行った。
とにかく先がとんがっていたらいいかなぁと思ってそのように仕上げてもらったら、ところがどっこい、これがそううまく行かなかったのだ。

そんな折、大阪・西成にある刃物屋さん「山東」さんの存在を知った。
こちらは剪紙作家の上河内さんやお友達になった剪紙お仲間も研ぎをお願いしている刃物屋さん。
きっと剪紙鋏の研ぎについてもよくご存知のはず。
郵送でも受け付けてくれるとのことだったけど、お会いしてお願いしようと決めていたので、天満巡りの日にようやく時間がとれたので伺うことに決めた。

お店の最寄り、地下鉄花園駅から歩いてすぐとのこと。
方向音痴なんで地図は必携。ところが…
地下から上がるときは手に持っていたのにふと気づくと、、ナイ。
ええ~?!
焦って鞄をひっかきまわすもどこにも見当たらず。ここまで来てもしかして行けないのか?!
絶望的な気持ちで今さっきみたばっかりの地図を思い出そうと試みる。あれは霞か幻か。。
もうボケがきたのか、私よ。

確か、このまま前を向いて一つ目の信号を曲がって。。
ええい、この近辺だもの。きっとどこかのお店で聞いたら知ってるはず。
おぼろげな記憶を辿って、商店街の酒屋さんにお世話になって、なんとかようやく到着。
なんておバカなんやろうか。。でも無事着いてよかったよ。

店内にいらっしゃった女性に(店主の奥様でした。。)、鋏を研いでもらいたい旨を伝える。
剪紙の鋏だというと、やはりたくさん扱っておられるようで私がごちゃごちゃ言うよりもだんぜん話がスムーズ。
ここのお店に入ってまず気づいたのは鋏の多さ。
いままで行った刃物屋さんというとまず包丁が目につくのだが、ここは鋏。何でかな?
「鋏多いですね。」と尋ねてみると、この近辺は靴の職人さんがたくさんいはるそう。
それで鋏を使う方が多いからということだった。なるほど~。
とても親切な対応&説明をしていただき、5丁の鋏研ぎをお願いして手元に1丁残った分も工房へお邪魔して少し直してもらった。

090618_1.jpg

こちらが出来上がった鋏たち。
左上の黒い大ぶりの鋏は以前、かなり先を尖らせて加工してもらったものの、実際使ってみると紙に切っ先が引っかかってとても使いづらかったのが、ひっかかりもほぼ解消されてとても使いやすい仕上りに。
また、握りの部分から切っ先までも長すぎると使いづらく感じていたので、ネジ元から切っ先までの長さは張小泉のものと同じくらいになるよう、どれも揃えていただいている。

以前研いでもらったものと比べると一目瞭然。

090618_4.jpg

とにかく刃を薄く尖らせてもらった最初のもの(右)は上でも書いたように、紙を切ったときに切っ先が紙に引っかかってしまうことがあり、どうもよろしくない。
とんがっていればいいという単純なもんではなかった。奥が深いなあ。。

山東さんで仕上がってきた鋏(↑写真左)は写真では分かりづらいけど、ネジ元から切っ先までと切っ先のほんの数ミリの角度が違う。
紙に直接当たらない刃の外側も加工がされており、単に薄く尖らすというのとはかなり異なる仕上りになっている。
郵送で送ってもらったので細かい事は聞けなかったけど、加工によって変わってくる事もきちんと聞いておきたいな。次回持ち込みした時に質問してみようっと。

郵送とはいえ、各鋏の作業について注意事項をまとめた用紙が同封されており、それぞれがどういう風に加工されたかが丁寧に説明してあって大変分かりやすく勉強にもなりました~。


よく使う小ぶりの鋏は、もともとがあんまり良い鋏ではないので、どんなに丁寧に加工してもらってもしばらく使っていると鋏を開閉するときにぎしぎしするような滑りの悪さが気になってくる。
それをよくご存知のようで、

090618_3.jpg

手入れ用の油もいただいた。
鋏の開閉時のぎしぎしが気になってきたら、留め具の間に少しさして置いておくと油がなじんでまた使いやすさが戻ってくる。おお~。でもしばらく使うとまたぎしぎし。。
お世辞にも質が良いとは言えない鋏たちなので、長く使うという感覚ではなく、使いつぶすものと思って使いやすいように加工しながら使ってゆくのがいいのだろうな。

となると気になるのが今後の補充について。
そんなことは今のものを使い込んでから考えればいいハナシなんだけどねえ。


090618_7.jpg

こちらは先日入手した張小泉の鋏。
以前記事にしたネイティヴの同僚からではなく、剪紙のお仲間より。
知り合いの中国の方から購入したのを分けていただいた。
すみれさま、いつもいつもありがとうです~。

090618_8.jpg

分けてもらったのは左のサイズで、今使っているものよりもひとまわり大きいサイズ。
先日研いでもらった大ぶり鋏との中間くらいの大きさ。
これを今度は使いやすいようにして加工してもらおうかなぁ。

鋏ばっかしそろえる前に、技の切れ味を良くしなさいよという声が聞こえてきそう。。
こればっかしは人にお願いできないもんねえ。
がんばります~。

« デフォルメ〈剪紙〉|Top|外観(BlogPet) »

コメント

なんにでも

専門家という人がいてやはり普通人とは違うことがよくわかります。
もちろん腕もありますが、されど鋏でやはり重要ですよね
Kasparekさんの鋏にかける気持ちがわかります。
クール美人(ぽんさんから聞きました)のあなたが・・・なってるのがいいね。

何度も書き直し・・・笑

ヘルブラウさま

何事も形から…とは思いませんが、持ち物はある程度ちゃんとしたものの方がいいと思います。かといって滅茶苦茶高価なものも不釣り合いですしねえ。。必要だから探しているといった感じでしょうか。

クールびじん…。「冷たい奴」とはよく言われますけどね~(笑)

ほおう!図鑑見ながら切り出してしまうなんて・・・
凄いっす

私もわりと新しく始めたことは物から入るほうです

でもやっぱり安物買いの銭失いもしょっちゅうですが(笑)

美琴さま

あんなにくねくねのコースを車で走れることのほうがよっぽどアンビリーバボーです。。
形から入ると何となくテンションあがりますよね~(o^∇^o)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/362-95053551

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。