戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

したたかさに感心〈笑う中国人〉

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



剪紙「榴开百子(再)」をアップしました。

liukaibaizi2.jpg

石榴の模様が気に入らなかったので、榴開百子を再度切り直し。
でもまだ何か違う…。うまくいかないことにぶつかると改めて「地道」ということばの重みを感じるなぁ。何事も一日にしてならずや。。。
こちらからどうぞ。



以前購入した、北京の剪紙作家さんが書かれた剪紙の教本。
型紙だけ見て練習したらいいかと思っていたけど、やっぱり内容もきちんと読みたくなって、辞書とにらめっこして何とか読もうと奮闘中。
でも知らん単語だらけでほんの数行の文章に2時間くらい余裕でかかってしまう。。
1週間に見開き1ページのペースで一体どれくらいかかるか数えてみたら…、何と半年
いやー、気の長いハナシですわ。。

そんなこんなでやりたい事いろいろ、更新がちょっとスロウになってしまいそうデス。



印刷や製造を価格や人件費の安さから中国へお願いする会社は多いはず。
かく言ううちの会社も中国企業の協力なくしては立ち行かない。
以前もちょっと触れたけど、かの国とはいつも?が10個くらいささるくらいの不可思議なやりとりをしている。

例えばパッケージの展開データを作成した場合。
・展開データだけでは「わからない」と突き返される。
・ので、立体サンプル作成・写真撮りしたものを一緒に添付して送付

もちろん立体サンプルはいろんな角度から撮って、絵柄がどこに入るかわかるような親切設計。
でも、これだけの作業をしても、「サイズがわからない(データに記載してるって~)」、「サンプルをよこしたらその通りに作るからサンプルをよこせ(展開データでわからないのは何故に??)」などなどなど半ばこぜりあいめいたやりとりが延々続く。
日本の会社に頼むのとは10味くらい違うやりとりを繰り返すのだ。

私はあちらの担当者と直接話す訳ではないので半分おもしろがっているけど、直接やり取りしているスタッフはさもうんざりしてることだろう。
それだけ細かくやり取りしても、ある日店の売り場で偶然商品を発見して目がテンになることだってあるのだ。

国が違うので「一般常識にあてはめて。。」なんて言葉は通用しない。
あちらとこちらでは「一般常識」のベクトルが全然違うのだから。
ということを以下の本を読んで改めて感じた。


0730.jpg

「笑う中国人」。相原茂/著。
新刊ではないんだけど、図書館で見かけたので読んでみた。
毒の効いたジョークや韻を踏んだ「戯れ歌」なる小唄を集めた本なのだけど、なかなかこれがお国柄の一端を感じる面白い内容やった。

その中に、「中国人は仕事=自分の権利(利益)の発生があってこそと考える人が多い。」というような一節があってはっと思った。
多くの中国人にとって、仕事とはうまく付加価値を見いだして、個人の利益(うまい汁?)アップにつながって初めて意味を持つということらしいが。。。

そうか、木で鼻をくくったような返答しかよこさないのにはこの原理が関係しているのでは?
「小日本の小賢しい仕事を一生懸命やったとこで私には一銭の利益もないもんねー。」
という気持ちが少なからずあるのではないだろうか?
このドライすぎとも思える仕事への価値観がこちらから見ると「いいかげん」に映るんやろなぁ。
「仕事も人間関係のうち」やけど、その「人間関係」についてもちょっと、いやだいぶん違いがあるようだ。

日本人同士やったら、こっちがちょっと負担してでも…というような歩み寄りがあるけど、トクにならないことを何でめんどくさい思いしてしなきゃならないの?てなとこなんかなぁ。
でも「じゃあアンタとこと仕事はしないよ。」とは言えないので、こっちの作業は増える一方なのだった。。

と、何かにつけ「何いっとんじゃ~~」と吠えているけど、まーお国柄だもんねえと諦めている。
そしてこの本を読んだら諦めを通り越してそのタフさに感服。これはどー足掻いても勝てまへん。
実際ジョークネタのようなやり取りが実際行われているかどうかはわからないけど、こんなジョークを生み出すお国ならきっと本よりも面白いやり取りが行われているんだろう。
口べたのワタシには逆立ちしてもまねのできないキレ味の良いやりとりに感心するばかり。
ううむ、4000年繁栄を続けるお国の歴史はさすがやと思い至るのだった。


ジョークの切れ味もさることながら、漢字をうまく利用した戯れ歌が○。
「卡拉OK(カラオケ)」とか「汉堡包(ハンバーガー)」とか、外来語をそのまま漢字に置き換えてしまう国ならではの芸当はうまいッ!の一言につきる。

男の20歳は奔騰(ペンティアム)…」

↑これは漢字の本来の意味と語呂をうまーく利用した有名な戯れ歌だそうで。。。
実は下ネタやねんけど一番ウケた。
続き・解説が気になる方は「続きを読む」からお確かめください。
淑女の皆様は立ち入り禁止ですよ~。

-----------------------------------------------------------------------------



ようこそ「続き」の小部屋へ。。。見にきちゃいましたね。
ここに来た貴女はもう淑女じゃありませんよ。

男の20歳は奔騰(ペンティアム)/男人二十岁叫奔腾
男の30歳は日立/男人三十岁叫日立
男の40歳は正大(中国の大企業)/男人四十岁叫正大
男の50歳は松下/男人二十岁叫奔腾/男人五十岁叫松下
男の60歳は微軟(マイクロソフト)/男人六十岁叫微软
男の70歳は聯想(レノボ)/男人七十岁叫联想

表向きは世界の一流企業の漢字表記なんやけど、その漢字の意味を分解すると…

奔騰…奔(勢い良く走る)騰(そそり立つ)
日立…日立(毎日立つ)
正大…正大(正に大きい)
松下…松(やわらかい)下(だらりと下がる)
微軟…微(マイクロ)軟(ソフト)
聯想…聯想(聯想する)

。。。となるそうな。
お下劣な!なんて怒らないで~。
ここまで来たアナタだって同じですヨ。
しかしよくこんな巧く語呂合わせしたなぁと感心しません?


真面目な感想を書くつもりが下ネタでしめくくりかよ。。
もちろん他の内容も興味深くてとても面白かったですよ。興味持たれた方は雑学として読んでみては?

« 季節外れの正月料理|Top|漢聲巷で買った本 »

コメント

谷崎光さんの「中国てなもんや商社」は読んだ?
情報としてはだいぶ前の中国やけど、面白いよぉ。小林聡美で映画にもなったし。
今は会社を辞めて中国に住んではって、「ブログ 中国てなもんや日記」もなかなかそそりたちます。もとい、そそられます(爆)

うちにも時々中国人がくるけれど、考え方の違いに唖然とする事が多いです。でも、中国人だし、しかたないか、、、、とあきらめるのは潔さをむねとする(?)日本人だからかなあ、、。国際競争で負けるはずだわこりゃ。

ぽんさま

>谷崎光さんの「中国てなもんや商社」は読んだ?

さっそく図書館でかりました。まだ途中ですが、とても面白いです(o^∇^o)
ていうか、今も昔も中国企業のやり方ってそんなに変わってないんやろうなーと。。
ブログもおもしろそう!こっちもそそりたち…イヤ、そそられますねえ。

しぇるさま

たしかにフツーの人は負けますよねえ。。
島国と大陸の差ですかねえ。台湾の人はどっちかというと日本人に近い感覚を持っているように思えたので。。
でも、私にとってはやっぱりいろんな意味で魅力的な土地ですわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/377-b0663dbd

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。