戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京あれこれ【その2】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。よろしければこちらからどうぞ。



北京のつづきです。人のいる風景を。

やはり人はどこに行っても多かったです。
特に5月1日は「劳动节」で、地下鉄の駅はどの駅もどの電車も恐ろしいほどの人人人!
駅があんなに人で埋まっている風景って見たことない。
写真撮ったけどブレブレでアップ不可。


beijing_hito5.jpg

なので珍しく人気のないしーんとしたホーム。あ、「人のいる風景」と言っときながらいきなり人いないやん!
普段でもいつ乗っても人は多め。こちらは電車が過ぎ去ったあとと思われます。
駅自体は結構キレイでした。
電車も綺麗で、行き先の電光掲示板の表示がついてる車両がほとんどで、予想外でした。
走行中でも携帯の電波は届くようで、会話やメールしている若者もたくさんいました。
日本とちがって車内はとってもガヤガヤしてました。
人もうるさいけど、車内に取り付けられたテレビモニターの声もまたでっかいねん。。

あ、それと車内で喜捨を要求する親子を見かけました。
目の不自由な子の手をひいたお母さんが車両を渡り歩いて何かを訴えながら袋を差し出す光景。
無視する人もいれば、お金を入れる人もあり。
3度ほど遭遇したので(別々の親子)、よくある光景のようですね。

乗り方や券の買い方は日本と当然システムが違うので、最初はどうしたらええのか全く分からんくてドキドキしました。
ちゃんと本を見たら書いてあることやと思うけど、全然スルーしてた。。。
改札のすぐ横には空港にあるような手荷物検査の機械が置いてあって、乗る人は手荷物チェックを受けてからでないと改札できないシステム。へえ~。
もちろん機械は一台なんで、人の流れが多い駅ではここでも行列。

自動券売機は各駅にあるのですが、釣り銭がすぐなくなって、ただでさえ慣れない券売機の前で右往左往すること数回。
問題なく入場カード(切符は下車時に再回収されるICカードになっている)が買え、さて荷物検査と思ったら、駅員が飛んで来て「今出てきた釣り銭と札を両替してくれ」とシワになった1元札と小銭を無理矢理交換させられたりもしました。
隣の券売機が釣り銭不足で止まっちゃってたのね。お客さんはぶうぶう言うし、困ってたんでしょうな。
ですが、シワ札は機械の読み取りが甘いのか、すぐ吐き出されてこれまた困ること多し。なので、できれば小銭で買うのがスムーズなんだけど。。。
キレイはキレイやけどこのように若干トホホな部分が微笑ましい。
台湾はその点完璧やったなー。

とはいえ、地下鉄はほんとに安くて便利で重宝しました。
でも、1駅乗っても5駅乗っても同じ2元て。。。
外国のシステムて不思議。日本がきっちりしすぎてるのか?


beijing_hito4.jpg

地下鉄の駅にあったポスター。
異様なくらい満面の笑みの子供と幸せそうな顔をした両親にマイホーム。こういう構図のポスター、よく見かけました。笑顔が「すぎる」のよねえ。。



beijing_hito2.jpg


町中にて。
なんか懐かしい匂いが…と思ったら焼き芋でした。


beijing_hito3.jpg

道ばたで自転車を直す風景も見かけました。
でも、道路の自転車は(イメージより)ものすごーく少なかったです。
空港から宿へ向かう途中に何車線もある道路の真ん中をフツーに自転車が走っている光景にはびっくりしましたが。。


beijing_hito9.jpg

こちらは北京最大の書店北京图书大厦
恐ろしくでかい書店ですが、ここも人だらけ!
そんな本買うの?と思いきや、中へ入ると納得。


beijing_hito7.jpg

皆さまあっちこっちで「座り読み」してはります。。
座り読みはまだええけど、バナナ食いながら読む子供や、本棚にペットボトルがフツーに(捨てて)あったりするのはどないなんや~?!
でも服屋とか雑貨屋でも、アイスや串物をほおばりながら見ているお客さんをたくさん見かけました。
これはどうやら一般的らしいです。
まー、最近日本でも電車で平気で食事をしている人も結構いますけど、さすがに店ではね。
食べ物の持ち込みお断り!」とか張り紙してある店なんかもあって、小さなカルチャーショックを受けました。
高そうな芸術書がガラスケースに入ってあるのもうん、頷ける。。
モラルの喚起より自衛!が正解なんやね。
それに、モラルの基準も国によって異なるわなー。
とはいえやっぱし物を食いながら売りモンにさわっちゃイカンぜよ。と思わずにおれん光景でした。


beijing_hito1.jpg

後日アップ予定の南锣鼓巷にて。アヒル職員。
パジャマみたいなのんを来たおっちゃんが連れてはって、アヒルの方が偉そうに見えました。
アヒルの足下のマンホールは電気のマーク。あ、そういや電線なかったっけ?忘れちゃった。



beijing_hito6.jpg

文宝四房の街琉璃厂にて。
フツーのおじさんが帚に水をつけて文字を書いておりました。おお~。
何を書いてるのんかわからんけど中国ぽい。もしかして駐禁の文句やったりして。


beijing_hito8.jpg

故宮のすぐ近くにある赤い壁。中山公園?わかんないけど写真でよく見ます。
この近辺は(この日は、か?)ものすごーーく空気悪かったです。
北京滞在中に歩いた場所で最も空気が汚れている気がしました。
10分も歩いたらのどがイガイガに。。
しかし寝ている強者もいました!
毛細血管みたいな鼻毛がぼうぼうしてるのかも、と思わず想像。。。


今回、現地の語学学校へ行っていたのですが、先生曰く、「日本からもいろんな土地の人がくるけど、慣れるのが一番早いのは関西人」だそうです。私も思っていたよりもすぐ慣れました。
やかましくてセコくて雑でもオッケーな感じの北京の街の空気は関西人に(大阪方面だけか?)はなじみやすい土地柄なのかも?意外と気が合う人も多かったりして。
短い滞在期間なんであくまでも第一印象どまりですけど、予想通り?たくましい人たちがたくさんいましたよー。


わー、長くなってしまった。お読み頂きありがとうございます!
お礼に名物?風景をどうぞ。
夕刻の公園にて。なんやったっけ「健康跳舞」?やったっけ。なんしかダンスです。
みんなノリノリで上手やけどたまーについて行ってへんオバちゃんが。。


« 回収された(BlogPet)|Top|北京あれこれ【その1】 »

コメント

や~中国。
やきいもとか自転車修理とかの風景って、ワタシが想像している
「中国」ってかんじ~。
灰色っぽーい色合いが。

いつかは行ってみたいが、まずは台湾からかな~。

そうそう

上海でも人の多さにまず吃驚、そして年老いた物乞いの多さ、
そして横断歩道を渡るのが怖いかったなぁ~・・・

でもこの箒で車の横になんやら書いてるオッちゃんは達筆やなぁ~・・・笑

しょくぱんさま

>やきいもとか自転車修理とかの風景って

うん、私もこういうのん想像してた。
北京は街中しかあるいてないけど、色んな名所旧跡に行ったらもっと面白かったかなーと思いました。

台湾はええよねー。街の建物の雰囲気もとても好きです。
ぜひとも次の出張には無理矢理同行してくだされ(笑)

ヘルブラウさま

最近新聞でもよく見かけますが、本当に貧富の差の激しい所なのだなと感じました。高級ブランドショップが立ち並ぶビルの辺りへ行けば高級車に高そうな服をお召しになった奥様の姿もたくさん見かけましたし。

そうそう、横断歩道も毎回キンチョーしました~。
歩行者が青でも人がいなかったら突っ込んでくる直進車はほんとに怖かったです(右左折車は人がいても突っ込んできました)!

ほんと人が多いんですね~Σ(゚Д゚)
ダンスがなんともいえず・・・(苦笑)

意外に近代的で驚きました
といっても北京も台湾も行ったことないのですが・・・

しかし、中国人って逞しいですね~
関西人(大阪の人?)も逞しいので順応できるってことでしょうか(関東人の勝手な想像ですが)

美琴さま

人はとっても多かったです~。
街は見た目は近代的でしたが、学校の日本人スタッフの人に聞いたら、見た目は立派でも中身は「え?」なホテルとか結構あるそうです。。やっぱし。

北京を網羅したわけでもない私が言うのんも何ですが、街歩きが楽しいのはやはり台湾ですかねえ。

あっけらかんとした人が多い関西(大阪)の人はすぐ入れるんちゃうかなーと思います。私の勝手な想像ですけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/480-e923ba1d

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。