戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちら療養所。死ね!死ね!死ね!〈ひなぎく〉

hinagiku.jpg


先日までリバイバル上映をしていた「ひなぎく」を観に行った。

1966年のチェコ映画。ヴェラ・ヒティロヴァという女性監督の作品で、「チェコ・ヌーヴェルバーグ」の代表作品。おしゃれ女子のお約束映画でもあるそうな。
チェコで映画といえば必ず紹介されてるので、前から観たかったのよね。

主人公は2人の姉妹とも友人ともつかぬ女の子。
ひとつ部屋に暮らす二人はいつも一緒。言いよる男性を騙して食事を奢らせるわ、ナイトクラブで暴れるわ、自分たちの部屋を燃やすわと、無邪気に笑いながら好き放題をやらかすシーンが脈絡なくてんこもりに繰り広げられるハチャメチャなストーリー。

チェコの映画黎明期の作品ということで、映像自体もずれたような色合いや、切り貼りのような手法などとても実験的。
二人のファッションもとてもキュートなんで今なおお洒落な映画として人気があるのだろう。

終盤のほうで、二人が運搬用の狭いエレベーターに入り込んでどんどん上っていくシーンが個人的にはツボ。
エレベーターについている小さな狭い窓からは外の部屋の様子や忙しく働く人々など各階の様子が覗き見られるねん。隠れてこっそり悪いことをするドキドキ感が何ともいえん。

同じくチェコの作家、ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」にも似たようなシーン(こっちは降りるやけど)があったのを思い出して、もしかして「ひなぎく」のこのシーンにヒントを得たのかなーと思ったり。

映画が作られた60年代、チェコ(スロバキア)では社会主義政権が立てられ、政治的にかなり混乱した暗い時代だったらしい。
二人の自由すぎるほどのふるまいも、異常な程の食べっぷりも、テーブルの上の豪華な食事をメチャクチャにするのんも、すべてがメタファーであり、強烈な政治風刺なんやなーというのがみてとれる。
チェコ人やないし、チェコの歴史にも疎い私にはそれぞれが何を意味してるかなんて全然分らへんけど。。

まー、そんな説明めいたこと言わなくても素直に楽しめる映画。ストーリーがないとイヤな人にはちとキツいかも。面白かったけど別にオススメはしません。ということで。


お読みいただき感謝です。ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ


« どう思いますか?!|Top|きのうは主張したいなぁ(BlogPet) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/49-f3022e90

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。