戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・オブ・カルト映画を観ました

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー


中国の切り紙・剪紙を作っております。

よろしければこちらからどうぞ。



rampo1009.jpg


以前から観てみたかった「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」を観てきました。

江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」をベースに、「屋根裏の散歩者」「人間椅子」の名場面などを織り込んだ石井輝男監督の映画です。
キング・オブ・カルト映画とも称されているそうですが一体どんな映画なんかしら。


冒頭は精神病院の一室から。ナイフを持って笑う女性のアップというただならぬ雰囲気から始まります。
半裸(やそれに近い)気の触れた女性たちの部屋に迷い込んだ挙げ句押し倒され、いきなり大ピンチの主人公の人見広介。どうやって入ったんや?!というツッコミはおいといて…。
その人見が自身の出生の秘密を探るべく、病院を脱走(あまりにも簡単に!)し、裏日本のとある村へ向かい、恐ろしい秘密を知ってしまうというストーリー。

禁止語句のオンパレードで、たとえ深夜でもテレビ放送は無理っぽい。。レンタルすらないというのんも頷けますわ。
劇中目をひくのはやはり土方巽演じるパノラマ島の島主と暗黒舞踏団の奇ッ怪な舞踏シーン。
暗黒舞踏のショー映画といわれても納得!の存在感でした(船の火持ちの女のポーズは笑えたけど…)。
そして異形・異常者・近親相姦…
と書いてしまうとただの奇をてらったエログロ映画ちゃうのんかと思われるかもしれませんが、実はタイトルからは想像できへんけど愛情(憎?)がテーマの映画でした。

異形の特殊メイクは今みたく技術がないので(1969年の作品)チャチさが目立ち、昔のお化け屋敷みたいで「奇形人間」と聞いて思い浮かべるようなものではありません。
でもベースが乱歩なので怪しげな世界観はしっかり。そしてお色気も結構あり。
昔の映画ですが胸やら足やら露で皆様カラダ張ってます。
また、お笑い要素もあって結構盛りだくさん。


前~中盤は謎や怪しげな人物が次々出てきてサスペンス・オカルト色満載やけど、異形を作り、彼らのパラダイスを作ることに腐心するパノラマ島島主の本心が明かされる終盤部分にさしかかると、それまでのおどろおどろしさは薄れ、屈折は(かなり)してますが実は純粋すぎる愛情ゆえなんだと気づかされます。
とはいえ、浮気した嫁を洞窟に監禁して姦通相手の屍肉を食った蟹を嫁に食わせるのはやりすぎ~。
あー、蟹嫌いになりそう。

ラストにいきなり颯爽と登場してあっけなく謎解きをする明智小五郎の爽やかなどや顔がちょっと笑っちゃうくらいのミスマッチですが、彼の謎解きで一気に衝(笑?)撃のラストへ。
「おかあさ~ん」の叫び声が耳に残る人間花火で締めくくられるラストシーンは言葉を失ってしまいます。。
というか失笑も出ていたか?


知らない役者さんばっかりの中、唯一知っていたのが近藤正臣でした。
が、あまりにも激しい特殊メイクやったんで、あらかじめ役を知っていたにも関わらずどんなに目を凝らしても全然分からんかったです。
そして女装趣味で人間椅子に入ってウットリするヘンタイ執事の小池朝雄という俳優さんは「ジョーの子守唄」の歌い手さんでしたか。♪打たなきゃ、昨日に逆戻り~♪


さすがはキング・オブ・カルト映画。一度は観られてよかった。
もう一回?となるとうーん。。。ですが。

長いトレーラーがありました。興味ある方はどうぞ。(もちろん音がでます。お気をつけて)









サスペンス・オカルトといえば「熱海の捜査官」、面白くてハマっております。
ずーっと昔に「ツイン・ピークス」にハマった人にはちょっとツボなのではないでしょうかね。
いろんなとこで言われてるけど、似てますよね?
ラストは似ないことを祈るけど。。

« キング・オブ・カルト映画を観ました(BlogPet)|Top|マークした(BlogPet) »

コメント

わああああ。ついに見たのねっ(苦笑)
あのラストシーン、未だに忘れられません。いや、やっぱりあそこは笑うとこでしょう。石井輝男も狙ってたと思います。

それにしても近藤さん。知っててもわからへんし、彼にとっても隠しておきたい過去なのでは?けど、足でピアノを弾いたりもしてはったしなぁ。

熱海の捜査官、私も好きです。ツインピークスは見てへんけど、三木監督の作品の抜けたとこが好きです。期待はずれやったうぬぼれ刑事より面白い。

ぽんさま

ついに観ました(笑)
噂に違わぬカルトっぷりを堪能いたしました。
ラストは口ポカーンのち笑。面白すぎます。。

平日の夕刻でしたが、30人以上は入っていたし、若者よりも映画好きぽいおじさまが多くて、この映画のコアなファン層を物語っている気がしました。

ツインピークスはすごくハマって観ていたので、このドラマ観た瞬間「にてる!」と思いました。
もう最終章ですね。結末が楽しみなようなコワいような。。です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/520-23e9c121

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。