戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ【素敵な顔】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。



2010_10_tenji.jpg


12月1日より神戸・元町にて剪紙の展示をいたします。
今展示のテーマは、吉祥物としてだけでなく、中国の創世神話にも深い関わりを持つ「葫蘆(ころ=ひょうたん)」です。
場所等の詳細はこちらよりご覧下さいませ。小さい展示ですが、何かの折に界隈までこられた際には覗いて頂けると嬉しいです。




先日レイコ・クルックさんの講演会に参加させていただく機会に恵まれました。
とはいえ、お話をいただくまで全くどういった方なのか知らずで…。

こういった経歴の方だそうです。

長崎県諫早市出身。 1971年渡仏。 <アトリエ メタモルフォーズ> をドミニク・コラドンと設立。 当時、未開発だった特殊メーキャップのパイオニアとなる。 以来、映画界、演劇界などで膨大な仕事を手掛ける。 ときに舞台監督も務め、自ら監督として、映像製作にも携わり、さらに、彫刻家としての顔 も持つ。
作品例 / ヴェルナー・ヘルツォーク監督「ノスフェラトゥ」 C・ルルーシュ監督「愛と哀しみのボレロ」 平山秀幸監督「愛を乞う人」他多数。 著書 / 12月の発売を待つ『ば化粧師』(リトルモア)の他、『メタモルフォーズ』(1998年/美術出版社)



この数行だけでもすごい経歴なのが分かります。

101113.jpg

↑先日の新聞(神戸版)にも紹介されてました。クリックで拡大します。

何も知らんのに参加してもええのかしらとかと思いながらも興味があったのでノコノコ行って参りました。
最初に30分程の映像を観ながらお仕事の内容についての説明を、その後は質問に答えるという形で約一時間の講演時間でした。

特殊メイクに関わる仕事をされながらも、「メーキャプアーティスト」「特殊メイク」という呼ばれ方を良しとせず、日本語の「化粧」が持つ「化ける」という意味にこだわりを持つレイコ氏のお話は興味深く、知らない世界の舞台裏の映像は刺激的でした。

妥協せず常に挑戦し、徹底的にアナログ手法にこだわる仕事の仕方を「ほんとにアナログ人間で」と笑いながらも、そこに揺るぎない誇りを持っているのだという表情が印象的でした。

子供の頃の負の体験も日本でのキャリアを捨てて渡仏したこともすべて受け止め、現在の糧となっているんやなぁということが伝わってきました。
ショービジネスという特殊かつ厳しい世界でお仕事をされているのですが、自身のあり様はとてもシンプルに思え、生き方に確固とした自信を持っている姿が本当に美しく見えました。

良い機会をいただきました。素敵な時間でした。
質問、すればよかったなァ。。。
今は思い浮かぶのにその場ではいつも思いつかへん頭の回転の遅さにがっくし。



そして昨日も素敵な出会いがありました。といってもテレビなんやけど。
朝の出がけの時間やったんですが、「左手のピアニスト」という紹介に何だろうと思って観てしまいました。
ピアニストの舘野泉氏です。もちろんクラシックも疎いので全く知りませんでした。

プロのピアニストとして数十年のキャリアがあったのですが、脳溢血で倒れ右半身に麻痺が残ってしまったそうです。その後、左手のみで弾くピアニストとして復帰し、現在も活躍されている方です。

左手のピアニストとして復帰するまでにはかなりの時間と葛藤があったそうです。
その苦しさは到底わかりませんが。。
でも今では「またピアノに向かえることが嬉しくて仕方がない」と柔らかい表情で話されていました。
この方も、その顔つきがとても印象的でした。
左手だけで弾くので高音域を弾くときは体を捻らなければならず、両手に比べ体力も使うそうです。
ですが「しんどいことも楽しいじゃないですか」と話す顔には、穏やかさと心の底から楽しいんでいる様子が感じ取られ、観ている方の心にも響きました。


立て続けに出会ったお二方に抱いた共通の大きな印象は、自分の人生を受け入れて納得して生きている人の顔は素敵やなぁ。ということでした。
当たり前のことなんかもですが、目の前でそれを見ると改めてそう感じずにいられない静かな力がありました。
歳を重ねるとそれまでの生き方が顔に表れると言いますが、お二人の顔は本当に良い顔をしていました。



納得して前向きに人生を生きる。私もそのような生き方を目指したいもんです。
…かのジャイロ・ツェペリ氏も言ってました。
『納得』は全てに優先すると。ええ言葉ですねえ。





脱線:京都国際マンガミュージアムで開催中の「マンガ・ミーツ・ルーヴル――美術館に迷い込んだ5人の作家たち」
荒木氏の「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」も出展。こりゃ行かないと!



ありゃ。思わぬ方向で終わってしまいました。。
つれづれ話に最後までおつきあい頂きありがとうございました。



« 化粧(BlogPet)|Top|ほめられましてん »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/537-8475e820

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。