戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二泊一日で行ってきました!

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



中国の切り紙・剪紙を作っております。
よろしければこちらからどうぞ。




先週末久しぶりに遠出をしてきました。

101218_shini_9.jpg

こちらの展示を観に。
行き先は何と埼玉県秩父市です。。

埼玉県と中国・山西省は友好都市だそうです。
その記念に創設された「埼玉県山西省友好記念館・神怡舘(しんいかん)」。
こちらでの展示です。
神戸・長田の三国志イベントの時に出店していた事もあり神怡舘の名前は知っていたのですが、まさか足を運ぶことになるとは。。

先月たまたまネットでこちらで剪紙の展示が開催中なのを知り、きっと行かないと後悔する!と思い、すぐに行くことを決めました。
が、実は秩父が何県かも今まで知りませんでしたよ、私。


夜行バス→JR→西武秩父駅到着。ここまで神戸から12時間近く。。


101218_shini_8.jpg

嗚呼、遠くまで来たもんだ。生まれて初めて踏む地ですよ。

もっと鄙びた田舎駅なんかと思っていたけど、札所巡りや登山の出発地点でもあるようで、人も多く土産物屋も立ち並ぶ大きな駅でした。
さらにここから町営バスにて約30分。目的地へ向かうバスは1日数本。
時刻をきっちり調べて来てなかったら完全にアウトやったわ。。。
珍しく行き当たりばったりをしなかった自分を褒めたい。

101218_shini_11.jpg

101218_shini_12.jpg



冬枯れの田舎の風景を眺めながらくねくねと山道を登って降りて、ようやくバス停に到着。
バス停から歩く事30秒で


101218_shini_13.jpg

おっ、看板が。そして


101218_shini_14.jpg

着きました!
日本の田舎~な街にいきなり現れる中国式の大きな建物にはちょっと驚いてしまいます。



101218_shini_15.jpg

館内には山東省についての説明や書画、工芸品などが陳列されています。
まずは黄土高原の生活を記録した映像を観ました。
けっこう広い施設なんですが客は私一人。
贅沢というか勿体ないというか。。

1時間ほどの映像では、黄土高原の「窰洞(ヤオトン)」という横穴式の住居に住み、質素ながらも心豊かな生活を送る人々の様子が綴られてました。
中でも日常のごく普通の一コマとして剪紙が作られ、自然に家族の中で受け継がれてゆく様子が印象に残りました。

この地から生まれたという剪紙。
本でしか見たことのない実際の作品との対面です。
約80点の展示のうちのほんの一部のご紹介ですがご覧ください。




101218_shini_7.jpg

101218_shini_6.jpg

101218_shini_4.jpg

101218_shini_3.jpg


どれもこれも豪放で、繊細で、圧倒的な生命力がみなぎる作品たち。
前に立つだけで作品から発せられる大きな力にのみこまれそうになります。
ホームページの説明では「人々の願い・心の叫び」が込められているとありましたが、まさに!でした。

自分が今作っているものなどは表面上の意味をなぞっただけで、何も聞こえてきません。。
厳しい人生を生き抜いてきた大娘・老大娘(男性の作品もありましたが)たちだからこそ表現できる世界観にただただ感動するばかりでした。




101218_shini_2.jpg

そして日本で活躍されている上河内さんの美しい作品も多数展示されていました。
とてもとてもすばらしい作品世界に酔わせて頂きました!


こんなすごい作品たちを目の当たりにして気力もなくなり。。。
なーんてことはありませんです。
師がいない自分としては、すばらしい先生達と出会えたようでとても嬉しい心持ちになりました。
いつか自分の世界が作れるようになったらええなぁと改めて思った次第です。


101218_shini_5.jpg

魔除けの虎をモチーフにした枕やよだれかけや靴なども展示されてました。
かわいいだけでなく凝った刺繍がすばらしい!
子供のことを思う親の愛情にあふれてます。

しかし土曜やのに、こんなすばらしい展示やのにお客が私一人なんてもったいなさすぎ!!
神戸にも巡回してくれないかしら?!
(あ、でもそしたらここまで来た私の努力が。。。)




101218_shini_16.jpg

清々しい気分で神怡舘を後にして、近くの温泉「薬師の湯」で強行旅程の疲れを癒し、帰宅の途に。
ああ、なんてバタバタなんやろうか。
神怡舘の近辺には目の神様を祀る薬師堂や中華風の展望台などがあったんですが、時間に追われてパス。
もったいない~。

また途中のバス道から見えた昔ながらの商店街は、昭和な香りの看板があちこちに残り、歩ける距離やったらぜひとも散策したい雰囲気。
目的からは外れるとはいえここまで来といて返す返すも残念ですわ。
時間とお金に余裕があれば一泊したんやけどねぇ。。


101218_shini_17.jpg

唯一車窓から撮れた味噌漬け屋さん。
この隣に合った古めかしい醫院もステキやったなー。


101218_shini_10.jpg

こっちは西武秩父の駅前にて。豚みそ丼屋さん(ここも朝やったんで開いておらず。。)の看板。
湯気を出して大はしゃぎのこぶたちゃんのイラストが泣かせます。


豚の味噌漬けと共にこの辺りは蕎麦の名産地でもあるそうです。
「新蕎麦」の張り紙に惹かれぜひ食べて帰ろうと思ったものの、朝は早すぎて開いておらず、帰りは電車の時間がギリギリで店に入る時間が取れず。
ならばせめてとお土産に買って帰った新蕎麦はとっても美味でした。

蕎麦屋に入る時間がなかったんで、「B-1グルメグランプリ!(ただし地方の大会らしい)」ののぼりに吸い寄せられて買ったのがコチラ↓結局こんなんが好きなのね。。。


101218_shini_18.jpg

みそポテト。
大きなじゃがいもをてんぷらにして甘い味噌だれをかけたおやつ。
この辺ではごく一般的に食べる軽食みたいです。
芋・油・衣・甘味噌の4拍子でおやつにしてはかなりのボリューム。
味噌系の食べ物ってあんまり食指が動かんねんけど、これは好きかも~。
甘い味噌の味がくせになりそうです。美味。

移動にかなりの時間を取られた今回の激短旅行。
時間があれば東京でウロウロ。。という時間も皆無でした。
バス乗り場までの道すがら、諸星大二郎の漫画でしか見たことなかった「新宿の目」を見てわぁと思ったことくらいでしょうか。。ショぼいわ~。


久々に一人旅行でもしようかなーと思ってたところに急遽やってきた今回の剪紙鑑賞強行一人旅。
旅行としては内容薄いですが、剪紙を観る目的は十二分に果たせました!
気軽に「行ってみて!」と言えない場所なんが残念ですけど。
そして会期も終了してしまいましたが。
今年最後の大きなイベントでした。




« ルミナリエの神戸で|Top|展示おわりました。ありがとうございました。 »

コメント

ぎゃああああああ

なんですか!コレは!
埼玉ぁ~ああああああああ。。。
知ってたら、行ったのに・・ですぅ。。

剪紙アンテナを立てねばなりませぬぅぅぅぅ!!
なんと情報の疎いこと!



がっくし・・・・

す、すげぇ行動力。そら、腰も痛くなるというものです。
けど、こういう展覧会って、なんぼよかっても地域的に好きそうな人口が圧倒的に少ないのやろねぇ。もったいないけど。

豚のPOPにつけたツッコミが泣かせます(笑)

ひろんさま

あ、ひろんさまは近い場所やったんですね!
もっと早くに行って宣伝しておけば良かったです。。

私は公共交通機関を使ったので、乗り継ぎも気にしないといけなかったし不便な場所だなぁと感じたんですが、車だったらそんなに大変な移動じゃないかもですね。
またこちらで展示があったらぜひ行ってみて下さい!

ぽんさま

自分でもよう行くわと思いました(笑)

>地域的に好きそうな人口が圧倒的に少ないのやろねぇ。

そうですね。仮に都会やったとしてもなかなか難しいのかもですね。。ほんとにもったいない話やと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/546-b5d7636b

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。