戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の奇妙な建築物

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



110325_liansheng.jpg

中国の切り紙・剪紙を作ってます。
先日の一日教室の写真をアップしました。よろしければこちらからどうぞ。



先日舞洲にある奇妙な建物を尋ねてきました。
同行人は大阪人やのに長い事USJやと思っていたそうです。
でもそれも分からんではないなー。お互いの場所も目と鼻の先やし、

110721_1.jpg

こんな建物なんですから。

遊園地かマッドサイエンティストの自宅かという奇天烈な建築物は、実はごみ処理場なのです。
有名なんで関西の人はご存知かと思いますが。
建築を手がけたのはフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーというオースト
リアの芸術家。

自然回帰を唱え、直線を一切使わず曲線のみで作品を作るという独自の様式を生み出した氏の建築物は、すごい毒…いや、独創性に満ちており、近くで見てみたい!の欲求を刺激されずにおれません。
てなわけで、ようやく観に行って参りました。
税金の無駄使いやとの批判をしょっちゅう浴びてるそうやけど、どんな施設なんや?
(外観がすべてを物語ってる…か?)

110721_23.jpg

見学ツアーには事前予約が必要です(タダ)。
大人は私たちの他にもう一組、そしてどこかの子供会か何かと思われる10数名のグループが同じ時間に見学するようで、エントランスに集まっていました。

110721_21.jpg

エントランスもかなり奇抜です。
簡単な施設説明を受けた後、職員の方の引率で約1時間半の見学スタート。
なかなか本格的な工場見学やね~。

が、見学が始まってすぐミスったかも~と思いました。。。
この日は土曜日。施設は稼動はしていますが職員の数も少なくて、どんどん回収車がやって来てガンガン機械が稼動している、という想像とはまったく違うユルい空気にちょっと拍子抜け。

110721_22.jpg

エントランス前。
使われている柱は陶器製。「自然に同じものは二つとない」というフンデルトヴァッサー氏の考えに基づき、同じデザインのものはなく、しかも顔料が日本では手に入らないもので、わざわざ本国のものを使っているそう。
こういうところにお金がかかっているのね。

110721_6.jpg

ゆるキャラもおりました。

110721_7.jpg

渡り廊下。酔っぱらいの視界みたいやけど、直線を嫌う氏のデザインです。

110721_8.jpg

ボタンを押すとランプが光り処理の流れがわかる装置とか、

110721_9.jpg

何十分の一かの模型とか、
他にも破砕されて容量の少なくなったゴミのビフォーアフターや破砕するカッターの見本、不燃ゴミが破砕される様子をリアルタイムに映し出すモニターなどなど随所に見学ポイントがありました。

それらを立て板に水のごとくなめらかに説明してはった職員のおっちゃん。
さすが~!なんですが、やはり関西のおっちゃんなもんで、だじゃれや脱力発言も随所に。。。
途中で子供らのグループと大人4人の見学者は別行動になってたんやけど、関西人の私らでもややお腹いっぱい気味のおっちゃんの引率、関東からわざわざ来られたというお二方にはどう映ったんやろか、といらぬ心配をしてしまいました。

110721_10.jpg

ここではゴミ処理の余熱を利用して発電を行ってるそうです(奥の青い箱が発電機)。
施設の電力を賄い、さらに余った分は関電に売ってるそうで。
この見学のちょうど数日前に新聞でも紹介されていました。
関西でも節電が呼びかけられいる今夏は電力供給の高まる昼~夕方の時間帯にゴミ処理を集中させて発電量を増やす試みをしているそうです。
だからといってゴミをたくさん捨ててねってことではないですよ~。

110721_11.jpg

制御室。前方のパネルまで曲線やん。と思ったらこれもフンデルトヴァッサー氏のデザイン。
さらには職員さんが向かっている机のデザインもだそうで。
よくよく見たら縁部分が曲線で出ばったりへっこんでたり。
引率のおっちゃん曰く、「実はものすごく使いにくい」(笑)「芸術と実用性は相容れませんね。」って。
世界的な芸術家の作ったもんやし、おいそれと駄目出しはできへん。そうでしょうよ。
「だって、安藤忠雄さんの建築にダメだしできへんでしょ。」…確かに。

丁寧な説明で施設内部の様子がよく分かりましたが、自由に建物内を見学できる時間もあればもっと楽しいかも、なんて思っちゃいました(博物館ちゃうんでムリやとは思いますが…)


そんなこんなで見学が終わり、外観を散策。
…と思ったらここにも土日の落とし穴が!
土日は職員の数が少ないので施設の外に作られている庭園の見学はできないとのこと。
ええええ~。ここまできたのに(泣)とりあえず不思議な外観をご覧下さいませ。

110721_12.jpg

まずはこの工場のシンボルの煙突。窓は全てイミテーション。
赤い筋は絶対血やと思ってましたが、工場の炉の火がイメージされているそうです。
大阪オリンピックが実現していたら、内部にエレベータを設け、上部の金色の所は展望台になっていたらしい。
総工費80億の予定やったって。
先のおっちゃん曰く「できてたらエラいことになってた。」と(苦笑)
でもちょっと登ってみたいなー。

110721_24.jpg

根元はこんな感じ。
「建物を造ると環境を壊すから施設内には植樹しなければならない」という氏の理念どおり、施設内は非常に緑が多く、この極彩色の建築物とすごくよく合ってます。

110721_14.jpg

110721_16.jpg

建物だけ取り上げるとへんてこなんやけど、景観と合わせて見ると美しさを感じます。
オーストリアには氏の作った市営住宅があるそうですが、写真をみるとすごく素敵。
住んでみたい気もします。こちらで紹介されてました。
この工場も数十年とか経ったらオーストリアの住宅みたくなるのかも?!

110721_5.jpg

110721_18.jpg

大小・形もさまざまの窓はほとんどがイミテーション。本物は1/3くらいだそうです。

110721_19.jpg

110721_13.jpg

110721_25.jpg

見にくいけどてっぺんには大阪市のシンボル・みおつくし。

110721_20.jpg

庭園に向かうスロープの手すりもくねくね。

110721_15.jpg

奥の庭園はもっと緑が多いのですが、休日はここまで(泣)

この舞洲工場のすぐ近くに、ここより後に出来たというスラッジセンター(下水処理施設)もあり、同じくフンデルトヴァッサー氏の建築を堪能できます↓

110721_26.jpg

今回は行ってへんねんけど、ネットで見てたら何かこっちの方が面白そう?な気がしました。
次回行くなら平日に~(←懲りてへん)
確かに金の無駄っちゃあ無駄なんかもしれませんが、こういう面白い建築ならあってもいいんちゃうん…と個人的には思いました。削れるとこってもっと他にもありそうですし。



余談。この建物を見て、チェコの奇天烈映画「カルパテ城の謎」を思い出してました。
外観とか何にも似てないんやけど、衝撃度が似てる(笑)↓

110721_28.jpg

110721_27.jpg

110721_29.jpg

この耳のついた奇妙な機械はヤン・シュヴァンクマイエルによるもの。
(この映画の美術監督なのです。納得)


« たれ|Top|キターー! »

コメント

600回おめでとう。

スラッジセンター、私もエントランスしか見てませんけど、まぁゴミ処理場だけでお腹いっぱいになると思うわ(笑)
説明のオッチャン、あまりの熱の入りぶりに、思わずハガキを買いましたっす。私は2時間ぐらいでしたよ。聞くほうもヘロヘロになりました。
ま、こういうのが好きなので、確かに無駄づかいやろうけど、あってもええかなと(大阪人ちゃうし言える。)

ぽんさま

ありがとうございます~。
引っ越し前のブログからやともうちょっと多いと思いますが、飽きっぽい私にしては驚異的です^^

私もハガキ、買う予定やったんですが、お腹いっぱいすぎてすっかり飛んでました(笑)ディスカウントまで言ってくれてはったのに~。

私も大阪市民ちゃうんで(笑)、あってもええかなぁと。
面白いですもんね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/601-7ac0f747

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。