戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示のお知らせ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー




中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。


早いもんでもう9月になっちゃいましたねえ。。
展示のお知らせです。

110902mianmian.jpg

綿綿★葫蘆

神戸・山手のカフェ、SALLOWにて。
10/4(火)~18(火)※11(火)、17(月)は定休日
11:00~20:00(最終日~18:00)

相楽園のすぐ近く、神戸の方なら分かりやすいかな?
古民家を改装したステキなカフェです。
「綿々と続く瓢箪たち」のような感じでつけたタイトルで、前回の展示と同じ名前です。
テーマは前回と同じ瓢箪なのですが、前回よりも「葫蘆生子」神話(瓢箪から人類の始祖が誕生したという中国の神話)に寄った展示内容になっています。
もちろん、作品も前回から一新してます。



葫蘆生子神話とはなんぞや。長いですが説明をさせていただきますと…

大洪水が起き、牛と葫蘆(ひょうたん)を乗せた小舟が漂っていた。腹の減ったウシが葫蘆を舐めると穴が空き、種がこぼれ海に落ちた。水が引いた後種は大きな葫蘆を実らせ、飛んで来た小鳥が穴を空けるとそこから人が出て来た。

大洪水の時、葫蘆が流れて来て中から8人の男子が出てきた。うち4人は仙人により女に姿を変えられ、4組の夫婦となり人類は繁栄した。

天から二つの葫蘆が降って来た。一つ目からは男、二つ目から女が現れ9男9女をもうける。それぞれが結婚して九つの部族の人間を生んだ。 etc...

中国の少数民族の間で語られるこれらの神話にはいろんなバージョンがありますが、瓢箪から人が出て来て人類が繁栄する、という結末は同じです。(私調べなんで数もしれてますけどね)


途絶える事なく綿々と健やかに命が紡がれる喜び、祈りを自分なりに形にしてみた次第です。

今回は額装の作品以外に、窓を使わせていただいて窗花とか、ちょっとしたモビールとか、キャンドルも置かせてもらうことになってます。
興味をもっていただけましたらご覧頂けると嬉しいです。
今回はカフェでの展示となりますので、恐縮ですがお越しの際にはちょっとお茶とかしていただければ幸いです。。。
ランチやちょっと休憩のついでにいらしていただければと思います。



その他にも、瓢箪はその形から子宮(母体)にも例えられ、母系氏族社会期の古代中国の少数民族の間では、命を生み出す象徴として崇拝されていました。
さらには内部は宇宙・神仙世界と通じ、仙人が自由に出入りしていたとか、魔を退ける力があるとか、五福(長寿、富貴、康寧-無病息災であること-、好徳-徳を好むこと-、善終-天命を全うすること-)を兼ね備えているとか…。
そして、だんだんと実が大きくなり蔓がどんどん伸びる様は繁栄の象徴ともされています。


« 展示のお知らせ・追記|Top|新開地で本格広東料理 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/609-83fd96f3

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。