戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらぶら玉島【前編】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。


更新が何だかまばらになってますが、変わりなく過ごしております。元気です(誰へアピール?)
しかしもう3月。早いもんやなぁ。。


先月中頃、岡山県の玉島地区をぷらぷらしてきました。
江戸時代に港が開かれ、「山陽の小なにわ」として栄えた街だそうです。
江戸~昭和のレトロな雰囲気を楽しんできました~。


120216_2.jpg

ついてすぐはまず腹ごしらえから。
玉島名物・「しのうどん」。幅広の麺で、これは20cmくらいに切ってあるけど元は1メートル位のながーい麺です。一本で一椀分だそう。

120216_4.jpg

つるんとしていて美味。切ってない方がインパクトあるのになぁと思ったけど、この状態でも結構苦戦。
食べるごとに箸で折り畳みながら口に運んでました。切れてなかったら大変やったかも。
元は禅寺のふるまいで、長いまま食していたそうです。

120216_3.jpg

こっちはカレーしのうどん。美味でした。
このうどんで町おこしをしようという動きもあるそうで、ほかの店ではホルモンしのうどんなるメニューもあるらしい。さすが岡山。
鍋にいれてもおいしそう。ほうとうみたいな感じかな。

120216_1.jpg

そして、名前で思わず頼んでしまった「カステラ」。
玉島おでんの具といえばこれ!だそうで。おでんにカステラ?!
正式名称は「鮮魚カステラ」という練り物でした。でも鮮やかな黄色と焼き目はまさにカステラや~。
梅焼きみたいなふんわりした食感やと思ったら意外にみっちりぷりぷり。箸が入らへん!
昨今流行の半生カステラの真逆行ってます。
歯ごたえのあるかまぼこといった感じ。甘くておいしー。

おなかが満たされたんで歩きます~。


120216_5.jpg

ごっつい気の長いパソコン教室。私いらちやし絶対ムリ!!


120216_7.jpg

広い道路沿いに歩くと、大きなお屋敷が見えてきました。

120216_8.jpg

地ソース「タテソース」工場のようです。
中見てみたかったけど、この日は日曜。。ぴったり閉まってました。残念!

120216_51.jpg

こっちはポップな醤油の看板。

さらに歩くと、突然レトロな建物が。

120216_9.jpg

湊湯という名前の銭湯のようです。なんて素敵な銭湯だ~。入ってみたい!
が、ここは閉館。。。

120216_11.jpg

120216_10.jpg

「ゆ」の看板がさびさびになってます。
でも、取り壊すのはもったいない造りだなぁ。

120216_12.jpg

すぐ横にある羽黒神社へ登る階段からの眺めはまるで教会のよう。
ありし日の姿をこちらでみかけました。
中もめっちゃレトロで素敵。のれんもキッチュでかわいいわー。



120216_54.jpg

120216_13.jpg

はす向かいにはこんな建物も。何のお店やったんやろう。



大通りは少し寂れた田舎町の雰囲気ですが、少し道を入ると急に違う時代に来てしまったような錯覚を覚える場所がたくさんある町です。
今回は昭和編、かな。

狭い小路を入ると現れたのは長屋。(多分)人の住む気配もあります。

120216_15_L.jpg

反対側は川に面した、というか川へせりだしていました。
向こう岸から見たら、こんな感じ。

120216_16.jpg


120216_18.jpg

120216_19.jpg

看板も時間停まってます。
物乞い、今でも来るんかしら。。。

120216_17.jpg

長屋が終わった先には水門がありました。
ここ、「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケ地やったそうです。
この昭和感、確かに雰囲気ありますねえ。



120216_20.jpg

さらにずーっと歩いくと、今度はドラム管の浮き橋がありました。
喜んで渡るも、この時の水深は30cmくらい。
ドラム缶はしっかり水底にくっついていて、渡った感はなんの変哲もない頑丈な橋でした。
さらにまっすぐ行くと、古い商店街にたどり着きました。

120216_22.jpg

ここは通町商店街というそうです。
日曜だからか、すでに寂れてしまっているのか、開いている店も人影もかなり少な目。

120216_21.jpg

120216_23.jpg

120216_24.jpg

120216_26.jpg

屋号もデザインも昭和が色濃く残ってます。
活気あふれる商店街も楽しいけど、こういう取り残されてしまったような商店街にも惹かれてしまうなぁ。

120216_25.jpg

昭和の頃にさらにレトロ感を狙ってつけたのでしょうか。「大正ロマン・通町サロン」。
こちらは休憩所のような施設で、中には昭和の頃の商店街の写真も飾ってありました。
「まだ活気があった頃の通町商店街」というキャプションが物哀しかったなぁ。


120216_28.jpg

不思議な護符も見つけました。宇宙人のような、バッタのような…。
これ、何だろう??

横道にそれたり、行きつ戻りつで商店街の入り口へやってきました。

120216_29.jpg

これまたなんて昭和なアーケードなんだ~。さらに横には

120216_30.jpg

おお~。
ほんまに屋号の通りとなってしまったたたずまいが侘し。
しかしなんでパチンコ屋の屋号が「思ひ出」なん??
過去の思ひ出に浸りつつ背中を丸めて台に座るオッサンを想像してさらに侘しい気分になっちゃったよ。

120216_31_L.jpg

120216_52.jpg

このポップな壁紙も目をひきます。
あと、写真ではわかりませんが、パチンコ屋にしては今じゃ考えられないほどのこぢんまりさです。
ガレージをうろちょろしてたら中から人の気配が。
現在何に使われているのかわかりませんが、コワいおぢさんたちがいたらヤバい!と思ってささーと退散しました。。
思ひ出に浸ってるオッサンやったら昔話でも聞いてみたかったけどなー。

120216_53.jpg

ほんまにタイムスリップしてきたような風景です。



120216_33.jpg

商店街のすぐ近くで見つけたのは「オリンピック」なる夫婦焼屋さん。
なぜオリンピック?!
そして私、夫婦焼というモノが何なのか全く想像がつきませんでした。
ふらふら吸い寄せられていこうとしたら、相方が「回転焼きちゃうん。」そうなん?
「ふたつ合わせるから夫婦なんちゃう。」あっ!なるへそ~。
屋号といい、商品名といい、洒落てるねえ。
大判、とか回転、とかの名前しか知らんかったです。


そしてまだまだ歩きます。
とちゅう、ちいさなお稲荷さんへ向かう上り坂の途中、

120216_34.jpg

またいた!!さっきとビミョーに違うデザイン。
こっちはすぐ近くのお寺のもの。行って聞けばよかったよ~。
君、名前は??

120216_35.jpg

そしてお地蔵さんやと思ったら木の根っこ。オテサーネク!

もうちょっと続きます~。






« うぇるかむ|Top|ねむいねむい【実家の犬】 »

コメント

うおっ、これまたええとこへ行ってきたなぁ。シビれる~
たぶんおデートやろけど、たまには私も誘ってね(笑)

その護符は、比叡山の元三大師のもの。このお坊さんは自らを鬼の姿に変えて民を守ってくれはったそう(変身ヒーローのはしり?)。で、角があるねん。
このお札を貼ると、厄除けになるの。
先の小さいお札は比叡山で授与してはる本家のお札やと思うけど、後の大きいのは、地元の天台宗末寺で作ってはるのと違うかなぁ。

ぽんさま

ご一緒出来ず残念です(笑)
こういう場所きっとすごい楽しまはるやろなーと思ってました。
今回残念ながら行けなかったんですが、もう少し南に下ると旧赤線地帯の街並が残る場所もあるみたいです。
今度ここと犬島、堪能しましょ~(笑)

元三大師、初めて知りました。ありがとうございます!
調べようにもこの護符だけやったんで手がかりもなく。。
勉強になりました~。
しかし鬼にしてはユーモラスなお姿ですねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/637-3e875038

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。