戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剪紙【狮子滚绣球、鲤鱼跳龙门】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


展示予定作品です。

120601_1.jpg

「狮子滚绣球(狮子滚绣球)」 しーず ぐん しーちう

雌雄の獅子が鞠で遊ぶ図です。獅子は邪を退け家を守る神獣と考えられています。
二頭の獅子が戯れる中で絡み合った毛が鞠となり、その中から子が生まれてくるという俗信より、慶事や瑞祥を表す図となります。
「獅」は「事」と読みが近く「事事如意(万事思うままに)」の意味を持ちます。
また「師」にも近いので、古代の官名「太師・少師」にちなみ、高い地位に取り立てられる事を願う意味も込められています。

どこが獅子やねん!な獅子ですが、剪紙で見る獅子ってこういうマヌケというか、のほほーんとした顔のものが結構あるように思います。。見た事がないから想像で切っていたそうです。
犬がモチーフやったかな、違うかも(汗)


120601_2.jpg

「鲤鱼跳龙门」(鯉魚跳龍門) りーゆぃ ちゃお ろんめん

黄河を上って来た鯉が、龍門山の滝を飛び越え龍になったという伝説があります。
不屈の努力で目的を達成し龍となった鯉の故事より「鯉魚跳龍門」は科挙の合格や難関を突破して出世するという意味を持ちます。
また、後漢末、李膺(よう)という人物が行った官僚の登用試験において、難関の試験を突破し李膺にとりたててもらうことを、龍になった鯉の伝説から「龍門を登るようなものだ」と言ったそうです。「登竜門」はこのことに由来します。

5月中にこれだけ作る!と思っていたものが出来てなんとか目的達成できました。。。良かった。。

先日修理に出していたカッティングマシーンが直って帰ってきました。
作品はもちろん自分の手で切りますが、マシンを使ってちょっとした雑貨とかを今年の展示で出せたらなーと画策してます。(昨年は時間がなくてできんかった)




« 美しい影絵映画【夜のとばりの物語】|Top|犬島再訪 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/655-21e33cde

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。