戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安で食べた

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。

GWに出かけた西安方面の記録です。
まずはやはり(?)食べたものから。
西安にいたのは実質2日程やったんであんまり食べてないのですが。

2012xian_cai_1.jpg

チャイナエアラインの機内食(関空→北京)。いたって普通の鶏肉飯です。
機内食嫌いな人結構いるようですが、私は好きなんですよねー。(不味いもん好きなんで)
大したもん出てこおへんの分かってるけど(エコノミーしか乗った事ないし)、いつもワクワクしてしまいます。

2012xian_cai_2.jpg

こっちは北京→西安のもの。むっちゃシンプル。
メインはパイとパンの中間みたいなバンズにロースト肉(牛?羊?)が挟まったもの。
西安で食べた肉夹馍(西安式ハンバーガー)に似てました。
付け合わせの茎わかめ(?)が多すぎて食えんかった。。
器からはみ出てるし、このへんもイージーですねえ。

ホテルの朝食はビュッフェスタイルでしたが、特筆する程のもんではなかったんで割愛です。
で、西安初の外食はこちら。妖しいおっさんのイラストのあるこのお店。

2012xian_cai_4.jpg

biangbiang面の専門店です。ってなんやねん。

2012xian_cai_7.jpg

こーんな不可思議な漢字を重ねて「びぁんびぁん」と読むそうです。
箸袋の裏には「biangbiangの字歌」なる長い歌が印刷されていました。

2012xian_cai_5.jpg

わからんかったんで一番上の「三合一面」の小碗を。
香草いるかとかあと何か聞かれたけど聞き取れんかったです。

2012xian_cai_6.jpg

こちらがbiangbiang面。見るからに辛そうですな。

2012xian_cai_8.jpg

ワンタンの皮みたいな幅広の麺が出てきました。これがbianggbiang面ですか。いただきます~。
幅広の麺に辛~い餡がよくからまって美味!
花椒のしびれ感がたまりませーん。麺の食感もつるりとしていてなんぼでも入る感じ
。麺がつかみにくいねんけど箸が止まりません。
大碗にすれば良かった~。小椀で10元(140円くらい)。

この日の夜は北院門界隈へ。

2012xian_cai_17.jpg

2012xian_cai_16.jpg

お土産や屋台の建ち並ぶイスラム街です。雰囲気については後ほど。
観光スポットなんやけど、ここのにぎわいが楽しくて西安にいる間はいつも夜になるとうろちょろしてました。

2012xian_cai_9.jpg

その北院門でええ香りにひかれて最初に食べたものは餡餅。
薄い小麦粉の皮の間に具を挟んで揚げ焼きにしたものです。
丸い形に焼いたらオバちゃんが包丁でだーんだーんと4等分して無造作に袋に放り込んで渡してくれます。
値段忘れた。10元くらいやったかな。

2012xian_cai_10.jpg

2012xian_cai_13.jpg

いろんな野菜に牛もしくは羊のミンチを挟んでくれます。(どっち頼んだか忘れた)


2012xian_cai_11.jpg

2012xian_cai_12.jpg

もうひとつ、横でジュージューいってて美味そうやったので鍋貼ももらいました。
鍋貼は日本の焼き餃子。細い棒状になってます。
味は野菜だけのものとか肉のものとか、3種類入ってました。10元くらいやったかと。

熱々を歩き食い。アツアツ、パリパリでウマーい。
ちょっと薄味かなあ。醤油ほしい。
日本では馴染みのない味付けですがビールのアテにいい感じ。
でもここはイスラム街でアルコールありません。
ホテルで残ったん食べたら油まわってマズなってた。。。がっくし。

2012xian_cai_14.jpg

ホテルの隣にコンビニがあったんで滞在中重宝しました。ビールを買ってホテルで上の小吃と共に一杯。
これ、パッケージに「9°」ってあるからてっきりアルコール度数の高いやつや~、中国にもあるんや~、と喜んで買って裏の表示見たら実は3.5°くらい。
って。。。紛らわしいねん。
でも滞在中かなりの頻度で飲んでました。日本ではもう見ないプルタブですな。


ご当地B級グルメも少し。(上もB級か)

2012xian_cai_18.jpg

泡馍(ぱおもー)。
あっさり味のスープに春雨とちぎったパン、そして肉(羊か牛)が入ってます。
柔らかく煮てある羊肉がとっても美味~。羊特有の臭みまったくありません。
そしてスープに浸されたパンのほどよい食感もアクセントになっており、B級感と共に味も良くて満足の品でした。

このパンですが、ほんとは自分でちぎるもんみたいです。
先にパンだけが出て来て、満足いくまでちぎったらお店の人に渡してスープに入れてもらって上の状態になって出てくるというのが正しい食べ方らしいです。
私の入った店は旅行者向けなのか、ちぎってる人いなかった。自分でやってみたかったな~。

左横の小皿に添えられてるのは甘酢漬けの大蒜。
これ、さっぱりしていてとても美味でした。自分の中のヒット食品。もっかい食べたい。


2012xian_cai_20.jpg

こちらの立派な建物は贾三灌汤包子馆。
灌汤包(ぐあんたんばお)の有名店です。
スープ入りの具が入った小龍包みたいなものだそうです。

2012xian_cai_21.jpg

外は立派やけど中は割と大衆的。大勢のお客でにぎわってました。
先にカウンターで注文して、レシートをテーブルに置いたら店員がチェックして料理が運ばれてくるシステムみたいです。
見よう見まねで注文終了して空いてる席(もちろん相席)についたらすぐ店員がやってきました。

2012xian_cai_23.jpg

メニュー名のとこにツメで印つけたら終わったよ、の印。

2012xian_cai_22.jpg

こちらが羊肉灌汤包。やる気のない小龍包みたいなビジュアルです。
ですがお味は肉汁たっぷりで美味~。味もしっかり味で日本人の口にも合う味でした。
こちらで食べた羊肉は多くはないけど、どれもすごく美味しかったです。

ところがこの灌汤包、ちょっと難点が…。
せいろの編み目がやたら荒く、灌汤包の皮をせいろから引きはがすのに慎重さを要します。
しかも所々から編み目のはじっこが飛び出しているので、焦って取ろうとすると皮がひっかかるアクシデントに見舞われます。
皮がひっついたりひっかかったりで2つほど肉汁をせいろに吸われてしまいました(泣)。
しかしこれで17元(250円くらい)は安いですねえ。


2012xian_cai_24.jpg

ついでにここの店先で売っていた肉夹镆(ろうじあもー)も食べてみました。8元(115円くらい)。
固いパン(先の泡馍と同じパンかな)を真ん中で切って、中に細切りの肉を詰めて最後にソースをかけて出来上がり。

2012xian_cai_25.jpg

肉、赤いなー。
しっかり味の具にソースの滲みた固いパンが思ったより合います。
しかしはよ食べやんと肉汁が紙に滲みてきて手がベトベトに~。
不味くはなかったけど味覚えてへんわ。。


羊といえばシシカバブ(?)。

2012xian_cai_15.jpg

こちらはいつも行列のできていたシシカバブのお店。
もうもうと煙の立ちこめる中、私も並んでみました。
焼き具合に合わせて3カ所に分けられた串刺しの肉の山をおっちゃんがリズミカルに焼いていきます。

2012xian_cai_19.jpg

一本10元(140円くらい)。
ぴりっとした香辛料が効いたジューシーな羊は冷えたビールが欲しくなる美味しさ!(そればっかし)
美味やったんで翌日もふらふら吸い寄せられてしまいました。
その時は何故か串から外してカップに入れてました。雰囲気的には串のままかぶりつきたかったですが。


2012xian_cai_26.jpg

みんなが飲んでたので気になって買ってみた「銀耳冰糖梨」。5元(70円くらい)
梨、ナツメ、白キクラゲが入った飲み物だそうでです。
底の方に入っているごにょごにょした食感のがキクラゲやったんかな。
みかん水ならぬナシ水といった昔懐かしなやさしい味の飲み物でした。
これ、容器が思った以上にふにゃふにゃ。
受け取る時にうっかり強くにぎってジュースが飛び出て来て焦りました。。


次回は西安以外で食べたものをあれこれ。驢馬肉デビューしましたー。
地方の食堂がほとんどです。




« 見てびっくり、食べて美味!|Top|美しい影絵映画【夜のとばりの物語】 »

コメント

そ、そ、られる~。
bianggbiang面は、「びろびろめん」と読むんでしょうか。
きしめんとかワンタンとかビロビロした麺が好きなんで、これは絶対に食べてみたい。激辛でなければ(泣)
どこへ行っても、澄ました店よりB級に限りますな。あー行きたい。

ぽんさま

私も幅広麺大好きです!
麺食文化圏だけあって種類も色々、滞在時間がもっとあればなーと思ってました。

bianggbiang面、読みはそのまんま「びぁんびぁん」なんですが、どういう意味なのかわかりません。。
びろびろ、はぴったしなニュアンスですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/657-abd6b239

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。