戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安以外で食べた【その1】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


西安方面への旅行の続き。ってどんだけひっぱってるねん。
もう夏ですよ。。
展示も迫って来てなかなかブログまで手まわりませんが、細々でも続けたいと思います。

西安からの道中でもいろいろ食しました。
こちらではガイドさんとドライバーさんがいたので食べ物でげんなりすることはありませんでした。

黄帝陵の近くの大衆食堂にて。

120705_8.jpg

手前の薬局がハバきかせてますが、奥の「西岐第一碗」です。

120705_1.jpg

中こんな感じ。

120705_2.jpg

ぜーんぶ麺のメニューです。関中地方で食されている麺のようです。
どれもこれもまったくイメージが湧かないのでガイドさんにききながら。「罐罐排骨面(ぐぁんぐぁんぱいぐーみぇん)」というものを頼みました。

120705_3.jpg

まず「蒜泥黄瓜」。
ニンニクと酢などの調味料でキュウリを味付けしたもの。トマト入り。
日本でもよく見かけますが、ビールのアテにぴったし。

120705_4.jpg

ビールと一緒にガイドさんが渡してくれたんは生のニンニク。
「地方の食堂は不衛生だからこれで口を消毒する」とのことですが…。これって一般的なんですか??
生のニンニクはさすがに齧ると消毒どころか口中ニンニクになったんで、これ以後は遠慮してました。。
でも一回もお腹壊さなかったよ~。

120705_5.jpg

こちらは同行の2名が注文した「岐山臊子面」(たぶん)。
トマト風味でキュウリと卵が具。私の注文がまだこないので横からつまみ食いさせてもらってました。
麺はリングイネみたいな形。リングイネみたいにコシはないけどつるんとした食感でするする入ります。
シンプルですが、さっぱり味のスープが太い麺によくからんでとても美味でした。

120705_6.jpg

ずいぶん待ってからようやく運ばれて来た「罐罐排骨面」
こちらもトマトが入った酸っぱ辛いスープの中にスペアリブとびろんとした麺が入っています。

120705_7.jpg

つぼ(罐)に入っているから「罐罐」なのですね。
つるつるもちもちの麺と辛いスープが美味!でも熱い!

同行のお二人はさっさと食べ終わって店員のオバちゃんと世間話。
中国の人って初対面の人でもまるで昔からの友達みたいにフランクに話すんですね。この二人はどこへ行ってもそういう感じでした。
何話してるか全然わかんないけど、そういうのって楽しそうやなーと思って見てました。

移動中に道ばたで車を停めたので何かと思ったら、

120705_9.jpg

リンゴの卸売り市場でした。左手奥にはなんやらリンゴのドームみたいなんも見えますな。
ここ洛川はりんごの産地で有名だそうです。しかも銘柄は「ふじ」。って日本のやん。
10年ほど前に日本の「ふじ」を輸入して栽培を始めた所、有名になり中国でも有数のリンゴの産地となったそうで。

120705_11.jpg

120705_10.jpg

品定めして箱ごとお買い上げするガイドさんたち。もしや私がお支払しているガイド料からかだろうかと一瞬思ってしまったけど、あまり深くは考えないようにしよう。。。
一つ手渡されて食しました。皮ごとはやや抵抗あったけどそんなこと気にしてたら何も食べられへん。
食べてみると瑞々しくサクサク歯ごたえのまさに「ふじ」の味でした。
しかし、この季節にあるんだねえ。。

120705_12.jpg

スイカもあちこちで売ってました。これも何度か食しましたが、甘くて美味!
リンゴとスイカが一緒にあるって何か不思議。

延安について夕食に入った食堂。

120705_15.jpg

門構えは立派やけど中はフツーの食堂です。

120705_16.jpg

まずはビール!疲れた体に沁みました~。

120705_17.jpg

ジャガイモの千切りピリ辛炒め「尖椒土豆丝」(やったかな)
シンプルな塩味の炒めものやけどビールによく合います。

120705_18.jpg

豆腐のこれまたピリ辛炒め。

120705_20.jpg

こちらは小麦を蒸した(?)皮に野菜が巻かれた生春巻きみたいなもの。
手前の辛いソースにつけていただきます。
ソースの器、ビニールかかってるよ。。水の節約でしょうかね。

120705_19.jpg

そしてこちら、ピーマンとロバ肉炒め。
ロバ肉、生まれて初めて食べたよ。。
固くて臭いのかと思っていたら以外と柔か。食用ロバとかいてるんやろか。
さんざ働かされた挙げ句に食われるとしたらあんまりにも切ねいですよ。。
味付けが前出の料理と比べ物にならん位の激辛やったんで、味とか臭みがどうとか全然分からんかった。。
ピーマンもどっちかというと獅子唐、いや、唐辛子か。ああ辛い。
辛いもん好きも黙る辛さでしたよ。
ガイドさんが言うには、ロバ料理はこれじゃないものがあってそっちのが美味しいんだとか。
別の日に食したのでまた後日に。
長くなったんで一旦終わります~。






« 剪紙【抓髻娃娃】|Top|いたちその後 »

コメント

なんか普通の食べ物でガッカリ(爆)
ロバ、馬肉みたいにあっさりした感じなんですかね。気の毒ですが、肉として出てきた以上は、ありがたく食わねば。たぶん私は犬が出てきてもそう思うやろなぁ。

しかし、生野菜料理が出てくるって、中国も変わったなぁと思います。私が今いったら、浦島太郎やわ。

ぽんさま

>なんか普通の食べ物でガッカリ(爆)

やっぱりそう思いますか?(爆)
残念ながら、ぽんさんのツボな食べ物(笑)は出て参りません。。
ロバはこの後にも食しましたが、臭みはありませんでした。
羊も何度も食べましたが臭みなくとても美味。何か特殊な調理法でもあるんでしょうかね??

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/661-91d8dbf7

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。