戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタバタと紅葉狩り

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


紅葉の季節ですね。
先週登ってきました、比叡山に。ケーブルカーでですがね。
時間が少し遅かったもんで駆け足の参拝&紅葉狩りになってしまいました。

121118_1.jpg

レトロな駅舎でケーブルカーを待ちます。
紅葉シーズンに入るため、この日から15分に1本の増発ダイヤだそうです。

12_1118_9.jpg

ケーブルカーが動くや否や、鉄っちゃん?が数人わらわら前へ詰めてパシャパシャ。
このケーブルカー、長さ日本一だそうで。マニアの心をくすぐるのかな?

12_1118_2.jpg

細かいことは分かりませんが、眼下に広がる琵琶湖や切り立った谷の景色は素晴らしかったです。
頂上の比叡山駅に到着。外に出ると。。寒!!
秋から一気に冬を思わせる冷たさ。気温9℃、そら寒いわー。
お土産屋にくっついている食堂で遅めのお昼を済ませてまずは一番遠い横川へ。

ひえいざん、最澄が開祖やでという小学生でも知ってるような知識しかありません。。
ここからたくさんの宗派の開祖が巣立ったのですね。
でも今日は、もう一つ目的がありました。

120216_28.jpg

以前、玉島で初めて目にしたこのお札。
元三大師という比叡山の僧が、鬼に化身して疫病神を祓ったといういわれから門口に貼るお守りとされているそうで。
これを知ってから、ぜひ横川の四季講堂(元三大師堂)へ行きたいと思っておりました。

12_1118_5.jpg

紅葉が美しいです。まだピークではない感じですが、充分見頃。

12_1118_4.jpg

元三大師の石碑と「おみくじ発祥の地」の碑も。
箱に百本のくじが入った「元三大師百籤」というものが今のおみくじの起源だそうです。

12_1118_6.jpg

講堂には鬼に化身する元三大師の逸話が掲げられています。
お札を買って、15時半の終バスに急いで乗り込みます。慌ただしい〜。
でもこれでうちに疫病神は寄り付かないはず。

時間はないけど、せっかくの紅葉をもう少し楽しまなければ!

12_1118_3.jpg

東塔へ戻り、国宝の根本中堂へ向かいました。ああ忙しい。

12_1118_7.jpg

こちらの紅葉も美しいです。

12_1118_8.jpg

この後文殊楼に登って文殊菩薩を拝んだところで拝観時間終了ー。
人も少なくなりつつある東塔をぐるっと散歩したところで終ケーブルの時間が近づいてきました。。
当たり前やけど、ゆっくり見るならもうちょっと早く出なければ。
そして、車で回る方がおすすめかもです。

まだまだ紅葉シーズンなので、こんどはまたどこかゆっくり時間をかけて。




« 湯豆腐は食べんかったけど|Top|少しお知らせ??? »

コメント

あのお札の現物を見に行くのがきっかけで比叡山に紅葉狩りて、いかにもやねぇ(笑)
比叡山はお酒さえのまへんだら、ドライブがエエですわ。


ぽんさま

えへへ、いかにもですかね、やっぱし。
ドライブウェイがあるようですし、今度はクルマでゆっくり出かけてみます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/676-dffd35ec

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。