戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安にて【兵馬俑博物館】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


一年くらい前に、中国へ行きました。
陝北へ行ってみたい、できれば現地で剪紙を見てみたいと思い立って出かけたのです。
が、自分の準備不足で結果的には失敗に終わってしまいました。。
そんなだったもんで、なんだかブログにする気も起こらず放置していたのですが、
だんだん記憶も薄れてくるので、今頃ですがようやくまとめておきたいという気になってきました。
よろしければご覧下さいー。

中国・西安はかつて長安と呼ばれ、多くの都が置かれた古都です。
西安のみならず、近郊にも歴史的に価値のあるたくさんの見所があります。

そんな中で、西安到着の翌日の訪れたのが兵馬俑。
言わずと知れた秦の始皇帝の墓に埋葬された副葬物群です。

120321_bingmayong1.jpg

市内からバスに乗ったけど、降りる場所を間違えて、バス乗り場まで延々歩くハメに。
西安の城壁を見ながら歩く事20分程度でようやくバス乗り場に着きました。

120321_bingmayong2.jpg

が、このバス停はあちこちの郊外観光地へ行くバスが出ており、人でごったがえしてました。
しかもぼったくりバスもあって、客引きが強引!
ようやくあやしげな客引きを振り切り、この看板を見つけて行列に並びました。
ちなみにぼったくりバスは倍額でした。

120321_bingmayong3.jpg

あいにくの雨の中、シートの薄ーいバスに乗っていざ兵馬俑へ。

120321_bingmayong4.jpg

バスは途中これまた観光地の「華清池」付近でも停車。
かの楊貴妃が湯浴みしたという温泉跡があるそうですが、私はスルー。
「国家AAAAA級遊景区」とあります。Aが多すぎちゃうん。。。

そんなに長時間かかることもなく兵馬俑博物館に到着。

120321_bingmayong5.jpg

入り口は以外とこぢんまりしてましたが、ここからチケット売り場まで結構歩いた。。。

120321_bingmayong6.jpg

こっちがホンマの入り口。入場料確か150元(2100円くらい)。高!!

120321_bingmayong8.jpg

しかしまだまだこっから歩かされるのでした。

120321_bingmayong7.jpg

延々と庭園のような中を歩きます。カートがあったけどなるほど〜の広さ。たっぷり10分位は歩いたような。。

120321_bingmayong9.jpg

で、ホンマのホンマの入り口。気い持たせまんなあ。
花畑もあり綺麗に整備されてお金かかってる感じです。まああれだけ入場料とってるしねえ。
奥に見えるカマボコ型の建物が1号坑。現在は1〜3号坑までありますが、まだまだ発掘は進んでいるそうです。
順番通り1号坑から。いちばんメジャーな展示があるとこです。

120321_bingmayong10.jpg

入ってまず最初の感想は広い!!
だだっぴろい体育館のような空間のずーっと奥までひたすら兵馬俑です。
ガイドブックによると、約2000体だそうで。。

120321_bingmayong11.jpg

この日は中国でも連休にあたる日で観光客もかなりの数やったんですがそれもあんまり映らんくらいの施設の広さです。

120321_bingmayong12.jpg

120321_bingmayong14.jpg

120321_bingmayong13.jpg

兵馬俑は等身大で、その顔つきは一つ一つ全て違うそうです。
どんだけの時間と労力が費やされたのやら。。恐るべし始皇帝。
驚きの消えないまま2号坑へ。

120321_bingmayong16.jpg

120321_bingmayong17.jpg

表情も動かさず、微動だにしない兵士さんが印象的でした。

120321_bingmayong18.jpg

中に入るとゆるキャラ?がお出迎え。

120321_bingmayong19.jpg

一応お愛想はしておりますが、首が重いのか?おかしなポーズです。

120321_bingmayong20.jpg

やっぱし重いらしい。ついには。。。

120321_bingmayong21.jpg

こらこらー。

120321_bingmayong24.jpg

120321_bingmayong23.jpg


こちらでは兵馬俑をより近くで眺める事ができました。
本当に精巧につくられており、その技術の高さに驚かされます。
その他には布陣系の兵馬俑などが展示されていました。

このあと3号坑を経て最後に文物陳列丁へ。

120321_bingmayong29.jpg

こちらでは青銅の馬車などの展示が見られます。

120321_bingmayong31.jpg

暗くてわかりづらいですが、紀元前の昔に作られたとは思えない精巧な作りです。
やっぱり中国は歴史とスケールが違うよなあ〜と改めて思い、施設を後にしました。
あれだけの歴史的価値のあるものが大量展示してるのに、写真全然OKなんがちょっと驚きでした。
博物館の外はお土産屋&食べ物屋がいっぱい。

120321_bingmayong32.jpg

兵馬俑はその昔農家のおじいさんによって偶然発見された遺跡なのですが、その発見者のおじいさんのみやげもの屋もあるとか。さすがやなぁ。行かへんかったけど。

120321_bingmayong35.jpg

120321_bingmayong34.jpg

120321_bingmayong36.jpg

120321_bingmayong38.jpg

バスを降りたとこと全然違うとこに出て来てしまった。
帰りのバス乗り場を探すのにごっつい苦労しました。。


« 西安にて【大雁塔】|Top|春やなぁ。。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/690-4e1e83a2

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。