戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマゴづくし〜【日本玩具博物館】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。

中国旅の途中ですが。
先日、前から行ってみたかった「日本玩具博物館」へ行ってきました。
以前剪紙のワークショップに参加してくれた方がこちらにお勤めで、お話を聞いて初めて知った博物館です。
姫路の中心街より車でさらに15分程度。
先に姫路城の桜を観に行こうと思ってましたが、予想以上の大渋滞でして。。( ̄□ ̄;)
予定変更して先にこちらへ向かいました。

130403_1.jpg

のんびりした田園風景にとけ込むようなたたずまいです。

130403_2.jpg

蔵?みたいな建物の入り口をくぐると

130403_3.jpg

天井の大きな凧がお出迎え。

130403_24.jpg

右側の陳列棚には何やら鳥がいっぱいいました。
こちらは鳥笛などを始めとする、鶏の玩具の紹介でした。
古来、鶏は太陽の化身や春のシンボルと考えられていたそうです。
夜明けを告げる鶏に対するイメージは東西を問わず同じなんですねー。

130403_5.jpg

130403_6.jpg

130403_7.jpg

130403_8.jpg

様々な国の個性あふれる鶏たち。
実物はあんまりかわいくないけど、絵や造形にするとかわいらしくユーモラスになるなぁ。
私も鶏の剪紙を作るの好きです。

130403_9.jpg

130403_10.jpg

130403_11.jpg

こちらはヴィチナンキと呼ばれるポーランドの切り絵。
数年前に見て以来、大好きになってしまった切り絵です。

さて、この日ここへ来たのは、特別展示のイースターエッグを見たかったからです。
イースターの行事自体は、キリスト教やないのでどのような事をするのか知りませんでしたが、綺麗にペイントされた卵は知ってる人も多いかと。

博物館ホームページの説明によると、イースターとはイエス・キリストが十字架上で亡くなって3日目によみがえったことを祝う行事。
この日はクリスマスより重要な意味をもち、すべての生命が目覚め、再生するスタートラインであるとも考えられているそうです。
卵は生産力の源として神聖視され、目覚めや再生を象徴するものであったことからこの行事と結びついたと考えられているそうです。
そして、美しくペイントされた卵は、“自然”と“人生の価値”を象徴するものだということです。

130403_12.jpg

ため息が出そうなほど美しい模様。模様の一つ一つにも意味があります。

130403_13.jpg

こちらはワイヤーでデザインされたもの。作る工程がめっちゃ気になります。。

130403_15.jpg

チェコのボヘミア地方の陶器の模様をペイントしたもの。

130403_14.jpg

蜜蝋と特殊な器具を使って丁寧に絵付けをするそうです。
気が遠くなるような作業やねえ。。

130403_16.jpg

ガチョウの卵にドリルカッターで穴をあけたもの。
レースのような美しさです!

130403_18.jpg

薬品を使って殻を溶かし、模様を浮き彫りのようにしたもの(左)。

130403_17.jpg

こちらは彩色したタマゴを削って地色を出す事で模様を描く手法。
これまた細かい!色や模様が渋くてステキです〜。

130403_20.jpg

先ほどのヴィチナンキを貼付けたもの。
かわいい!欲しい!!
てか、ちょっと作ってみたくなった。。。

130403_19.jpg

こちらは少し大きいサイズのエミューの卵(やったと思う)

130403_21.jpg

サイズ感ありませんが、こっちはなんとウズラの卵!
目潰れそうや( ̄Д ̄;)

130403_22.jpg

一口にイースターを祝う飾りと言っても、タマゴと侮るなかれ。
とてもやないけど、鶏のお尻から出て来たもんやとは思えまへん。
手法もデザインも様々で、古来より受け継がれて来た人の願いが込められた大変素晴らしいものでした。
ワークショップにも参加したかったんですが、日が合わずで残念。。


130403_23.jpg

イースターの卵を運んで来るとされるかわいらしいウサギのオブジェもたくさんありました。

この他にも常設展示や特別展示の雛飾りなどなど、こぢんまりした博物館かと思ったら、別棟もあって見るものがいっぱい!
あっという間に2時間くらいが過ぎ去っておりました。
とても見応えのある素敵で楽しい博物館です。
イースターの展示は5月21日まで。
今度は夏秋の展示「中国の民間玩具」展に来なければ!


130403_44.jpg

130403_43.jpg

帰りに立ち寄った姫路城にて。
しだれもソメイヨシノもほぼ満開で綺麗でした(o^∇^o)
せっかくだから、天守閣を見学できるエレベーター「天空の白鷺」にでも…と思ったんですが、1時間待ち!
天守閣の囲いの周りには長蛇の列ができており断念。
すごい人気なんやねえ〜。


« 西安にて【城壁サイクリング】|Top|西安にて【書院街】 »

コメント

おお~。面白い展示やね。
茶色い(素焼き?)の鶏がツボ。いいなあ。

ワタクシは今度、兵庫県立美術館にオタクな展示を
見に行くつもりです。
やっとそんなことを考える余裕が・・・ふふ。

しょくぱんさま

私も茶色の鶏気に入りましたよ。

>ワタクシは今度、兵庫県立美術館にオタクな展示を
見に行くつもりです。

↑アレですね(笑)わたしも実はちょっと気になってて。。。
子育て生活も順調なようで何より!
GW終わったら遊びましょ〜。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/693-70f0cd3e

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。