戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道中にて【黄帝陵と黄河壷口】

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー

中国の切り紙・剪紙を作ってます。よろしければこちらからどうぞ。
販売はじめてみました。よろしければこちらからどうぞ。


中国滞在3日目からは西安を離れて北へ向かいました。
ドライバーさんとガイドさんの3人旅です。

1304_huanghehukou2.jpg

1304_huanghehukou3.jpg

だんだん家が少なくなって、くねくねした山道に入ってきました。
すると、山肌に時々見える蒲鉾型の建物が。
これはこの地方特有の「窰洞(やおとん)」と呼ばれる横穴式住居です。
もう使われず放置されて崩れかけてるいるものが多かったです。

1304_huanghehukou4.jpg

このあたり一帯は黄土高原と呼ばれる地域です。
1500年ほど前のはるか昔、この地から剪紙が生まれたといいます。

10数年前、母が敦煌へ行った時にこの黄土高原の上を飛行機で飛んだそうですが、当時は植物がまったく見えず、どこまでも黄色い台地が延々と続く様がとても印象的だったそうです。
ガイドさんの説明によると、最近始まった緑化活動で植林がさかんに行われ、以前のような姿は少なくなってきたのだとか。
よく見れば黄土色の地面から延びる木々はほとんどが若木でした。
もっともっと奥地へ行けば、まだ以前の姿を残しているところもあるのかも知れませんが、私が行った地域はほとんどがこのような姿でした。
写真を見ると今でも昔ながらの暮らしをしているような集落に行ってみたかったなぁ。。という思いがやはり湧いてきます。。。(今回は行けなかったんで)

1304_huanghehukou5.jpg

途中立ち寄ったサービスエリア。

1304_huanghehukou6.jpg

日本のそれと同じで食品や土産ものなど置いておりますが、なにぶん田舎だけあって活気ナシナシ。
電気も消えているので最初は閉まってるのか思ったくらい。

さてここで私、人生初「ニイハオトイレ」を利用しました。。
かつての中国を旅した人からはよく聞く話ですが、穴があるだけのもので、仕切りのついたてもなーんもないトイレです。
先のサービスエリアに水洗トイレがあるのかと思いきや、そこにはないみたいで、向かいのガソリンスタンドの方に行けと。
WCと書かれたカベの裏に回るとそこがニイハオトイレ♫
汚物は溜まりっぱなしだわ(食事中の人いたらすいません〜)、いろんな虫がうようよいてなっかなかの光景でしたよー。
でも用足しましたよ、もちろん。だって他に選択肢ないんだもん。
でもこれが日本やったらぜったいムリ!それやったら草むらでするわ〜。
恐るべし旅行マジック。。。

きちゃないついでですが…、地方のトイレはどこも(水洗でも)汚かったです。
病院のトイレさえも衛生的とはほど遠く、ていうか真逆(笑)
公衆トイレやと「どうやったらそんなとこに!」と思うとこについてたり。。スイマセン、汚い話で。
ほんとに日本のトイレは世界一ですわ。
ですが、そういう国に生まれたんが果たして幸なんか不幸なんか、海外で迫力ある(笑)光景に出くわすとよく分からんくなります。


閑話休題。人里に降りてきました。

1304_huanghehukou11.jpg

1304_huanghehukou12.jpg

麺屋さんみたいです。
そして目的地が見えてきました。

1304_huangdi1.jpg

黄帝陵。
伝説の人物・黄帝の陵墓遺跡です。
黄帝は文字や農業、鋳造、医学などを発明したとされており、中華民族の祖と言われ中国人から敬われてるそうな。
ものすごーく綺麗に整備されている印象でしたが、ガイドさんによれば「整備して観光客を集めてお金落として欲しいだけ」って。。
旅の間もよく政府の悪口を言ってました(苦笑)。一般人はきっと色々不満あるんだろなぁ。

1304_huangdi2.jpg

陵墓へ向かう途中に何やら楽しげな宴の看板!

1304_huangdi3.jpg

正面に立つとその広さが分かります。

1304_huangdi4.jpg

上から見下ろすとこれまた広い!

1304_huangdi8.jpg

歴代の主席は必ずここを訪れてきたそうです。
年に一度は祭祀も行われるとか。この日もツアーや個人のたくさんの中国人観光客が来ておりました。


1304_huangdi6.jpg

門を抜けると目の前に大きな木がありました。
柏の木なんですが、何とこの木は黄帝が自ら植えたものだそうです!
ガイドさんの説明によれば、黄帝が天に帰る時に別れを惜しんだ民衆の為に植えたという逸話があるそうで。

1304_huangdi7.jpg

樹齢五千年、高さは19メートル、幹の太さは11メートル。
世界中の柏の木の父とも言われる堂々とした木です。

1304_huangdi9.jpg

さらに進むと、黄帝の廟があります。

1304_huangdi10.jpg

中には黄帝のレリーフ。

1304_huangdi12.jpg

1304_huangdi14.jpg

歴代の統治者の直筆を象った石碑がずらりと並んでいます。
歴史で習ったなぁ。。(遠い記憶)という名前もたくさん見かけました。

1304_huangdi11.jpg

陵墓の後ろにもまだ大きな建物が!
こちらは祭祀などをするためのものだそうです。行かなかったけど。
ほんまに広い!


黄帝陵を後にして、まだまだ走ります。
山道に入り、小さな集落をいくつも抜けると、黄河壷口という景勝地に着きます。

1304_huanghehukou7.jpg

ゆったり雄大に流れるイメージの黄河ですが、ここでは川幅が急に狭くなるため、集められた黄河の水が滝となって勢い良く流れ落ちています。
幅、長さ共に50メートル。落差はさほどなく、この時期は水量が少ないとの事でしたが、轟々いう音と水しぶきで近くまで行くとかなりの迫力です。

1304_huanghehukou8.jpg

手前は陝西省、黄河を挟んで向こうは山東省という省境でもあります。

1304_huanghehukou10.jpg

川辺には西瓜屋さんや小吃屋さんなどが軒を並べてます。
スイカ、うまかったなー。



« 石窟宾馆にて【杨家岭石窑宾馆1】|Top|西安にて【北院門】 »

コメント

中国のトイレ事情、恐るべし!(笑)
想像しただけで卒倒しそう~。

宴の看板、おもしろいね。
ひつじ、ろば(食べるの?!)、豆腐あたりはわかるけど
老席って・・・?
まさかね~~~~~ぇ

しょくぱんさま

でもきっと昔に比べたら格段の進歩なんやろと思う。。(;^_^A

ろば、食べたよー。美味しかったよ〜(o^∇^o)ノ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/696-a17820eb

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。