戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきました

余命3ヶ月の宣告をいい意味で裏切ってくれることを願っておりましたが、23日に虹の橋を渡ったにまめ。
病院には最後の最後まできちんとしてもらって感謝なのですが、これだけは外れて欲しかったなあ。。

24日に遺体を火葬しました。
急遽相棒も赴任先から戻って来てくれました。
普段仕事に追われてるのですが、この日だけ大丈夫だったとの事。
そういえば、前日にまめが旅立ったのは私が病院についてすぐでした。
看取る事は出来ませんでしたが、病院内で亡くなったので私は病院のスタッフさんに色々気遣ってもらえました。
まるで私が一人で悲しまない様にとにまめが日を選んだかのようです。

時間の都合もあり、移動火葬車での火葬にしました。
後で知ったのですがこれって悪徳業者がけっこうあるんですね(汗)
今回の業者さんは、大変対応がよく問題なし、良かった。

焼いてしまう事でこの世からその存在が完全になくなってしまうんだということに再び喪失感を覚えずにいられません。
迷惑にならない場所へ移動し、最後のお別れをしてから1時間足らずでにまめは小さな骨になり帰ってきました。

みかんの時は、病気のあった内臓部分に黒い炭のようなものが残っていましたが、しっかりと骨格は残ってました。
でも、にまめの骨は頭部と背骨・指の一部を残してほとんどポロポロで形を成していませんでした。
さらに、白い骨の他に病巣のあったと思われる腹〜胸部には何やらケミカルな緑色をした灰がいっぱいついてます。
これ全部病に冒されて部分なんだろうか?
体がこんなになっても病気と闘って生きようとしていたんやと思うと胸がしめつけられる思いです。
できるかぎり拾って連れて帰ってきました。


この日、カレンダーの販売以降ずーっと閑古鳥が鳴いていた切り紙の販売サイトから注文が入りました。
タイミングの良さに、もしやこれはにまめのお礼?などと思ったり。
軽くなった身体で自由に動き回ってほしいけど、たまには会いに来て欲しいな。

« 気配|Top|おつかれさま、にまめちゃん »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/740-bc9b4e8f

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。