戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を探して○○里〈その2〉

回の続き。

さて、ホームページが消えてしまった台湾の出版社「漢聲雑誌社」。

kansei02.jpg


とか

kansei03.jpg


こんなステキなデザイン&装丁の本をたくさん出版している会社である。
その会社が営むギャラリー「漢聲巷」にどうしても行きたい!だがその前に会社はあるのだろうか?
そこで思い出した「とあるツテ」の存在。

半年ほど前のこと。
台湾訪問で購入した漢聲雑誌社の本にすっかり取り憑かれた私は、干支ポスター「大過」シリーズをそろえたくてしかたなくなっていた。
そこで取り扱い書店を探すべくネット世界を彷徨っていた。
少ないながら見つかったものの、日本の書店では輸入の際の手数料やらなんやらが上乗せされて、元の価格の2倍くらいの値段がついている。輸入本はこれがあるからなぁ~。
いくらなんでも倍は高すぎる!これは納得いかん!
というわけでさらに彷徨うこと数日。とある書店に行き着いた。

そこは台湾の書店のサイト。そして何と日本のスタッフがいて日本語にも対応しているではないか。
これこそ天の助け!蜘蛛の糸ならぬ縄バシゴでも下ろされた心持ちで喜び勇んで漢聲雑誌社の本を探している旨をメールした。もちろん日本語で。

海外なので返信が来るかどうか不安やったけど返事は思っていたよりもずっと早く来た。ありがたや~。
とても丁寧な返信内容で、書店では取り扱っていないが取り寄せ可能との事が書いてある。おおっ!
そしてさらに嬉しい事に、現地からの発送なので本の価格も上乗せ無しの現地プライス!良心的やないの~。言葉の壁もなくこんなに簡単に運んでいいのだろうか。
そんなこんなで取り寄せをお願いして何とか欲しい本を手に入れる事ができたのだ。

taika.jpg


こちらが「大過猪年」。こちらの書店のおかげで「辰・巳・午」以外は揃った。嬉しい~。


数日前に戻る。
言うまでもなく冒頭の「とあるツテ」とはこの書店のこと。正しくはこの書店の日本人スタッフの方のこと。
さすがに今回のお願いは見当違いやし申し訳なかったんやけど、ええい、背に腹は代えられん。
迷惑を承知で漢聲雑誌社の現状を尋ねるメールを送信。もちろん日本語で。
翌日早速返信が。何ともありがたい対応の早さ。
喜び半分不安半分で文面を追うと、ばっちりホームページのアドレスが記されているではないか!
URLが変わっただけやったんや~。つぶれてなかったんやね。またもやテンションUP。
しかし、その下に気になる一文が。

 HP上にお正月休みの告知が出ていましたので(2月5日~12日まで)…

ん?私の旅行日程とおもいっきりかぶってへん??
中国や台湾は旧正月を派手に祝う国。それは知っていたけど、去年の訪問時も旧正月まっただ中。でも店が閉まっていて困ったという経験を全くしていなかったので、勝手に開いてるもんやと思ってたのだ。うかつやったぁ。 
会社存続は分かった。しかし本当に休みなんだろうか?
もしかしたらギャラリーは開いてるということはないだろうか。
ああ気になる。

さらに前のホームページの時から気になっていた書籍等の通販ページの存在。
会員でないと買物できへんシステムになっていたが、外国人でも会員になれるのだろうか?
我要加入漢聲巷會員」から登録ページには行けるけど。。。
あああ気になる。

あっ、じゃあ直接聞けばいいやん。

ということでまたまた長くなったので次回へ。


珍しく長々とひっぱってますがこちらが「漢聲巷」のホームページ
ステキ本や雑貨の数々にうっとり。件の書店のスタッフにはほんとにお世話になりました。
ご覧いただいたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。写真にマウスをのせると拡大します。
kasparek's の鼬's へ

« 本を探して○○里〈その3〉|Top|本を探して○○里?〈その1〉 »

コメント

ぐわー、こういうのが好きなのか。うれしいわ。
十二支シリーズ、犬のんだけ「世界の犬種図鑑」みたいなやつが異質なんですけど(笑)

女の子の切り絵、赤塚不二夫のマンガみたいに目がつながっててブキミ。けど、色づかいとかめっちゃええよね。
秘密の工作シリーズ? 動物の足跡とかええっす。

ぽんさま

>こういうのが好きなのか。うれしいわ。

なんて言ってくれはるのんぽんさんくらいですわ(笑)
確かに赤塚不二夫!有無を言わせぬ迫力がありますね。
「大過」シリーズのポスターは中身のチョイスがバラバラで面白いです。中国の美人画みたいなんもあります。

色彩感覚が素敵ですね~
トリかと思えば金魚だし☆

HP行ってみました~。切り絵?の鳥が素敵やった~。
kasparekさんが「こうゆうのに食指が動く」の、なんか納得です。

ぷりんさま

日本ではなかなかない色がステキなんですよね。ダイナミックかつ繊細と言うか。惹かれます!

フジタさま

なかなか刺激的でしょ?
うっかり仕事中に見ようもんなら見入って大変なことになりそうです。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kasparek.blog108.fc2.com/tb.php/95-a5fe84b4

Top

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。