戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根裏のポムネンカを観た

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



しばらく更新していないので同じのばっかしですが。。蛇・鶏・鼠の剪紙です。

laoshuchibaicai_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

kaishidaji_2.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。

shuangshuxiju.jpg

説明・大きい画像はこちらからどうぞ。


その他の作品はこちらからどうぞ。



「チェコ人形アニメ最後の巨匠」と言われるイジー・バルタの最新作、「屋根裏のポムネンカ」を観て来た。

pomunenka_4.jpg

名作「笛吹き男」から24年、未完(?)の「ゴーレム・パイロット版」から13年。
いよいよ「ゴーレム」完成か?!と思うも、最新作は屋根裏部屋で人に見捨てられた人形たちの冒険物語という何ともカワイラシイストーリー。
異様かつダークネス満載な上記2作と比べるとずいぶんホンワカしてるやん。

でも登場人物を見てみるとさすが!
見た目からしてクセのあるキャラが勢揃いしてるわ。
主役の「屋根裏のアイドル」ポムネンカはハトみたいに無表情な目が不気味。

pomunenka2.jpg

目の縦横が時折90°変わるのんも気色悪い。
眉間のシワとぷっとふくれた唇はかわいらしかったけど。

チェコの伝統的マリオネットのコラソン、テディベアのムハも、目つきが人形の無機質さをそのまんま残していて焦点がどこか定まらず、「愛らしい」という言葉はちょっとハマらへんなぁ。
体(素材?)のくたびれっぷりはすばらしく手が込んでおり、「味」を通り越して「打ち捨てられてかなりの時間がたった」感がよく出てる。日本やったら魂というより怨念が宿りそう。

pomunenka3.jpg

ねんどのシュブルトは王冠やブラシをくっつけた体で、体が文字通りバラバラになっても不屈の粘り強さで(粘土だけに)何度も復活。
そんなシュブルトやのっぺらぼーのチェス駒一家、切符の列車を見ていると、子供のころが思い出された。

完成されたおもちゃをあんまり買ってもらったことがなかったので、子供時代のおもちゃといえば、もらいものの時代遅れな人形やったり、化粧水や乳液の瓶(!)やった。
キラキラ飾り付きのヘアゴムを瓶のネックにくくりつけてハイ、きれいなおねえさんの出来上がり、なのだ。
絨毯の上に本を立てて仕切りをつくればりっぱなお屋敷になったし、四角いカゴは車になって隣の部屋のパーティー会場へひとっ飛び。
完成されたオモチャはほとんどなかったけど、驚異的な想像(妄想?)力を駆使して立派におとぎの世界に潜り込んでいたっけな。
そんな子供時代の頭の中が映像化されたような世界観やった。


悪の帝王(コイツだけが人間というのんも何や意味深やなー)に拉致られたポムネンカを助けるべく立ち上がる屋根裏のガラクタ人形たち。
波さながらに人形たちを襲うシーツの雪崩、コードをひきずりながら(しかし画の中の飛行機にはコードはないのだ)勇ましく飛び立つ飛行機。
全てが「仮」物であったり「ガラクタのつぎはぎ」で、本物のそれではないんやけど、この手の込み具合はさすがチェコのアニメ!と拍手したくなる。
実写と見まごうほどの3D映像が技術の粋なら、こっちはアイディアの粋。
途中やけどトレーラーをどうぞ。これだけでもワクワクするよ。
(注!再生すると音でます)



どうでしたか~?
ストーリーは王道的やけど、随所にヒネリが効いているのがチェコらしい。
単に「愛」とか「仲間のすばらしさ」、「勇気」などが着地点でないところがどこかの国の3Dアニメと違って、さすがやなぁと思ってしまうのだ。

パンフレットのバルタ氏のインタビューを読む。
「ポムネンカが勇敢に悪に立ち向かっているように見えるのは、勇敢なのではなく『本当にこわい』という感情的なことが理解できないからなのだ」
という言葉が印象に残った。
仲良しでありながら妙なしらじらしさ、噛み合わなさを感じた人形たちの会話は計算されてのことやったんやね。
人形たちは、ただ人間の日常生活のカタチをマネているにすぎないのだ。
それはあくまでもカタチであって、感情がそうさせているのではないと。
それとも、ストーリー全体が子供の幻想っちゅう設定なんかな?
子供には「本当の怖さ」を理解するって難しいもんね。

しかし、バルタ氏のコメントはとってもおちゃめだ~。
もう60を超えた初老のおじいさんやけどステキやわあ。惚れた。


人間によって打ち捨てられたあと、その人間の生活をなぞろうとする人形たちの姿はなんだかちょっと哀しく思えてしまう。
「古いものには魂が宿る」というバルタの言葉がそのまま形になった人形たちは、屋根裏でひっそりと蘇る。かつて人間の子供たちと一緒に遊んだ記憶を再現しながら。。
そう思うと何だかけなげでちょっと泣けるストーリーやねえ。

とこんだけホメときながらも途中ややネムかった箇所が。。あかん、DVD出たら買おっかな。


余談。
ものに宿る魂で、ずーっと昔にやった「クーロンズ・ゲート」というゲームを思い出した。
風水師になって異界の胡同を巡るストーリーで、異形のユニークさと世界観が好きですごいハマった。作り直してPS3で再発売したらハードもソフトも買う…かな?(いつするねん)

旧ソの洗脳アニメ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ


ランキングバナー



家族の誕生日の贈り物に切りました。鶏・鼠ときて最後の蛇です。誕生日やのになぜか干支。。。

shuangshuxiju.jpg

よろしければこちらから説明・大きい画像をどうぞ。

その他の作品はこちらからどうぞ。





RUSSIA.jpg

旧ソ連時代のプロパガンダ・アニメーションの特集「ロシア革命アニメーション」を観てきた。
Aプロが観たかったんやけど時間の都合でBプロのみ。
AとBの間が6時間以上も空いてたらさすがに次まで時間をつぶす気力が…。

共産党のプロパガンダのアニメーションと聞くと、お堅くてしんどいイメージがどうしても拭いきれなかったけどどんなもんなんか一度観てみたくて。

アニメーションとはいえ、かわいらしい東欧アニメとは一風も二風も違う硬派な特集だと、やはり集まる客層も全然ちがう。
ふわんとした森ガール系女子の姿はゼロ。40~60手前くらいのオッサン多し。
一歩間違えたらすぐ横の競艇場のお客さんかと。(失礼!)
中にはメモを片手に一番前に陣取ってはる方もいた。ん、これって…、あ、やめとこ。


レーニンにボルシェビキ、五カ年計画に資本主義批判。。
昔学校で習ったなーという単語に皮肉と批判たっぷりの映像。
差別がなく皆が平等な共産主義世界。。なんて素敵なんだ~!
おっと、もう洗脳されていた。

アートというよりまず政治思想ありきの作品たち。
時代背景に疎い私にはちょっと意味が分かりにくいものもあったが、おおよそ全てが一部のブルジョワだけがオイシイ目をする資本主義社会を攻撃し、五カ年計画を褒めたたえ、アメリカ式経済社会をスルドク批判する(サブプライム問題に端を発した経済恐慌を予知?!とのコメントがホームページにあったけど、それよりずっと早く共産主義のソ連が崩壊してしまっているのが何ともはや)という作り。

ストーリー性・メッセージ性がストレートに分かりやすくて面白かったのが半分。
あとの半分は。。。正直目が閉じそうになってました。平和な時代に育ってますわ。
今でこそ目が閉じそうになるけど、どこを切っても強いメッセージ性と煽動に満ちた言葉の洪水のアニメーションたち。
もののない時代、こんなもんばっかり毎日観せられてたら洗脳されますがな。


トレーラーをどうぞ(注意!音が出ます~)↓




つれづれ

お越しいただきありがとうございます。
ついでにポチポチポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング



剪紙「老虎」をホームページにてアップしました。
よろしければ
こちら
からどうぞ。。




剪紙作家・上河内美和さんが今朝テレビで紹介されてました。
先週の剪紙教室に一緒に行った友人が朝メールで「出てはるよ!」と教えてくれたので見逃さずにすんだ~。ありがとう友人!
色々な紙アート作品を紹介するコーナーで紹介されてはったんやけど、もっと見たかったわあ。何度見てもため息もののハサミさばき。ステキ~。

その余波か、私の拙HPも今日はアクセス多し。そしてここのブログでもしょっちゅう上河内さんの話題を出させていただいているので上河内さんの名前とか「剪紙」での検索がびっくりするくらい多し!
テレビの力ってすごいんやねえ。。



今朝メールをくれた友人に貸したDVD「ファンタスティック・プラネット」を久しぶりに観たら、他のも観たくなって。。

tokinoshihaisha.jpg

時の支配者。4年ほど前に亡くなったフランスのルネ・ラルー監督のSFアニメーション。
事故でひとりぼっちになってしまったピエール坊やと彼を助けに行く大人達のストーリー。
ストーリー展開はやや雑な感じもするんやけど、ちょっと切ないラストが好きなんよね。。。


こっちは文句無しに面白い。ファンタスティック・プラネットの予告↓



これ観るたびに諸星大二郎を思い出すのは私だけ?

〈みんなのうたと地震を調律する男〉

先日会社の同僚の若いコが「これ、めっちゃトラウマやったんです~」といって教えてくれたNHK「みんなのうた」。



メトロポリタンミュージアム」という歌だそうで、はじめて見たんやけど確かにラストがなぁ。。一方通行の夢旅行…。ひい~。
2Dアニメやなくて人形ていうのがアカンのかな。画面も暗いし、ミイラやし。
私の世代やと「みんなのうた」といえばこっち↓なんだけどな~。トラウマちゃうけど。



こんなテクノポップな曲やったんや。すっかり忘れてたわ。
編曲坂本龍一なんや。。なるへそ。
「コンピューターおばあちゃん」て、イジー・トルンカの名作アニメ「電子頭脳おばあさん」から着想したタイトル??
こっちは「メトロポリタン…」よりもっとトラウマやな。。



ずいぶん逸れた。
「メトロポリタンミュージアム」がトラウマやったらこちらの映像とラストはもっとトラウマ!な映画を先日観てきた。

1231_1.jpg


ピアノチューナー・オブ・アースクエイク
「メトロポリタン~」も「電子頭脳おばあさん」もぶっとぶ衝撃のキング・オブ・トラウマ人形アニメ「ストリート・オブ・クロコダイル」の生みの親、ブラザーズ・クエイ監督の長編映画。

壊れかけた人形、耽美、退廃、狂気に幻想。
この言葉のどれかが好きや!と言う人にはハマるクエイ兄弟の映像作品は難解で意味不明なもんがかなり多い。
私も「ストリート…」はその映像美にくぎづけになったけど、それ以降の作品は難しすぎて数本を除けば短編にも関わらずネムくなってしまうものが実はほとんど。
映像はすごく好きなんやけど、彼らの敬愛するヤン・シュヴァンクマイエルみたいにもうちょっとハッキリしたストーリー性があればステキやのになぁと思うのは凡人の考えなんか?


そして今回はじめて足を運んだのが、大阪・九条にある「シネ・ヌーヴォ」。

1231_2.jpg

入り口の作りでもう期待どおりの空気感が伝わってくる。
白塗り劇団「維新派」の座長・松本雄吉氏が手がけはった劇場内は、狭さといい地下というロケーションといい、壁にずらり並ぶ映画雑誌やマイナー映画のフライヤーといい、どんどん少なくなっている単館劇場のいい雰囲気をぎゅぎゅぎゅっと濃縮したようななんとも言えへん濃ゆい空気。
ずーっと前にあった梅田の「シネ・ヌーヴォ」をもっとひっそり派手に(??)した感じか。
しかしかなりの狭さにもかかわらず、女子トイレの個室は充実の3つというのがなんか笑える。

さらに劇場の内装も目をみはる。
泡が壁面に描かれており、イスに座って天井を見上げると、まるでクラゲの体内から水面を観ているような奇妙な感覚になる。
ああ~なんか夢の中にいるようないないような。。
意味分からん??一度行ってみてくださいな。


そういう空間で観るクエイ兄弟の最新作。
実写とアニメーションの融合、離島で試みられる不気味な計画、魂を抜かれた美しい歌姫、数々の奇妙な自動人形たち。。クエイ兄弟の創るダークな世界感はどんなものか、期待がふくらむわあ。

が!!

中盤何度睡魔に襲われたことか!!
以下超カンタンネタバレ。いないとは思うけど、観る予定のある人は飛ばしてね。

美しい歌姫に恋したマッドサイエンティストのオッサンが奇妙な術で歌姫の魂を抜き、自宅のある離れ小島へ拉致ってくる。
そして自分の作った自動人形たちを調律するために天才的な聴力をもつピアノ調律師を島へ呼ぶ。
調律された自動人形たちと歌姫を使い、マッドサイエンティストが企むのは完全なる自分ワールドを作り上げることだった。。。

文字で読むと分かりやすそうに思えるストーリーやけど、映像になるとまあ小難しいというか回りくどいっちゅうか意味不明っちゅうか。
だって、「地震を調律する男」って言われても「ハァ?」って感じやんね。

まぁ睡魔に襲われたとはいえ、孤島の邸宅や自動人形の造形美はすばらしかったし、始終何かを演じている庭師たちも奇妙な空間を演出する効果大。
ラストに向かっての緊張感や(博士の胞子放出はちょっとワラエタが)完全に閉じた博士の狂気の世界の描写、歌姫を救えなかった調律師が永遠に繰り返す時間の中に閉じ込められてしまうという哀しくも美しい情景はツボやったけど。

けど、せっかく人形や奇妙な機械が出てきてワクワクしてるのに、チラ見せで隠されたという感がかなり残った。
もうちょっと「おおっ!!そんな風に使うのか?!そんな動きをするのか!!」と驚かせてほしかったんやけど。
ちぇっ、そそっといてそんだけしか見せないのかよ。みたいな。
「製作総指揮」がどのくらい映画の内容に関わっているのかは知らないけど、苦手なテリー・ギリアムが製作総指揮。眠くなったのは彼のせいか~?!人形見せろ~!
クエイ兄弟のエグイ世界が観たかったんだけどなー。


集中が足りへんかったか、もう一回観るべきか、迷うとこやなぁ。。



ご覧いただき感謝です。今年の最後はとっても陰気なハナシでシメてしまった。。。
でも、シネ・ヌーヴォはとてもすてきな場所でした。映画ではなく「この映画館へまた行きたい!」と思う映画館に出会えてよかった。(遅いか)
こんなブログですが今年一年おつきあいいただいた方や、たくさんコメントくださった皆様には大大感謝!
ほんとにありがとございました。
皆様、よいお年をお迎えください。そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。
あっ、ついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

サンリオの秀作、女子の夢!〈くるみ割り人形〉

kurumi.jpg

生まれて始めて観た長編人形劇はおそらくこの作品やと思う。
先日見つけたので即レンタルしてしまった。
サンリオ制作「くるみ割り人形」。
解説によれば、E・A・ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』を下敷きにして、チャイコフスキーのバレエ組曲『くるみ割り人形』の音楽を用いた作品ということらしい。
原作は読んだ事ないし、バレエももちろん観た事無いので、今でもくるみ割り人形というとこの作品のイメージがとても強いんよね。


kurumi_2.jpg

なかなか眠らない主人公クララに「眠らないとジャンカリンがやってきますよ。」と諌めるばあや。

kurumi_1.jpg

薄笑いを浮かべ、夜の街を徘徊するシルクハットのオッサンは子供にはトラウマ間違いナシ。
かくいう私もこれを見た後親によく「ジャンカリンが来るよ!」と言われたもんだった。

サンリオ作品と聞いて鼻で笑ったアナタ!子供向けのちゃちな作品とは全然違うんだよ~。
人形アニメならではのトラウマ的な不気味さもちゃんと残っているし、大人もちゃんと観られるとってもよく出来た作品なのだ。

kurumi_3.jpg

ジャンカリンにクリソツのドロッセルマイヤーおじさんからもらった(うばった?)ブサイクなくるみ割り人形をきっかけに、夢ともうつつともつかないクララの人形の国での冒険が始まる。

途中途中に挿入される実写のバレエが何ともちぐはぐなんやけど、バレエ組曲だからそこは押さえとかんとアカンのかな?
森下洋子というバレリーナは日本を代表する凄い方らしいけど、すっごい違和感があったぞ。



柱時計の中に広がる人形の国では、敵対するネズミたちとの戦いにより、呪いをかけられネズミ顔になってしまった姫の呪いを解くために国中から名士が集められている。
ここで姫の婚約者のフランツ王子登場。赤毛のりりしい若者。運命を感じるクララ。

kurumi_7.jpg

うわー、ベタな演出だ~~。

また、時代のハヤリを彷彿させるようなシーンも。
名士たちの論戦シーンでは聞いたことあるよな声が飛び交う。
後で確認すると、大橋巨泉、坂上次郎、愛川欽也、藤村俊二…。凄い豪華やん!
大サービスで「あ~あ、やんなっちゃうな~。」を歌うのは牧伸二


クララに助言を得て愛する姫の呪いを解いたフランツ王子。
しかしネズミに魔法をかけられ姿を変えられてしまう。その姿は、もうおわかりですね。ブサイクなくるみ割り人形になってしまったのだ。
卵が先か、ニワトリが先か。一体どっちがホンマの姿なの?とちょっと辻褄がわからんけどこの話のキモは辻褄ではない。

kurumi_9.jpg

呪いが解けた姫は、ブサイクな人形になってしまったフランツを見て「こんなみっともない人形なんて大嫌い!」とフランツ人形を投げ捨ててしまう。アンタも人形だろ!
分かりやすい展開やねえ。

姫に捨てられた王子、もといくるみ割り人形を抱き、魔法を解く方法を探すクララ。
森の奥で出会った時計屋のオッサンに、魔法を解くには「本当の愛」が必要だと教えられる。そしてそれができるのはお前だけだと。
ちょっと説教臭いが、まあ要約するとお伽噺のお約束で、容姿にとらわれない本質を愛することができるかという事やね。
王子と結ばれるためにはヒロインのひたむきさが試されるのだ。
全然関係ないけど時計だらけの異様なオッサンの家は、似てないけど寺山修司の「さらば箱船」を思い起こすぞ。

ネズミの残党の魔の手からくるみ割り人形を守り抜いたクララ。
彼女の「真実の愛」がフランツにかけられた呪いを解く。
気づくと彼女がいるのは家のベッド。あれは夢か幻か。
そこへ現れるのは、数年ぶりに彼女を訪ねて来たフリッツお兄様(親戚の設定?)。
もちろん彼の姿形はあの王子フランツそのものなのだ。

kurumi_13.jpg

フランツにやさしい言葉をかけられうっとりするクララ。思わずこっちまでウットリ…。
だけどよくよく見ると、フランツとクララ、スケールが違いすぎる!クララ顔でかい~。
とにもかくにも、試練を乗り越え本当の愛を貫いたヒロインには素敵なゴールが用意されているのだ。
ところでフランツ王子はあさはかな姫の心は見抜けなかったのだろうか。
彼に真実の愛は宿っているのか?クララの先がちょっと心配だぞ。

それはともかく、ええ話やわぁ~。とエンドロールをみていて一気に酔いが醒めた。
可憐でかわいいクララの声は杉田かおる
嗚呼、年月と現実は残酷だ~。
さらに、劇中の挿入歌の作詞は何と寺山修司だ!
私は劇中音楽が流れるたびに「そして時がすこ~やかに…」が思い出されてならなかったんだけど。。。ともあれこれまた豪華!


1粒で2度3度オイシイ、年月が経った作品ならではのいろんな楽しみ方ができました。20数年ぶりに観たのですがとっても良かったです。
途中にちらりと混ぜ込まれているサンリオキャラはちょっとあざとかったけど。。
お子様のいらっしゃる方はぜひ一緒にどうぞ!寝ない子もすぐ寝るようになりますよ(?)
立ち寄られたついでにポチポチポチっとよろしくです!

にほんブログ村 地域生活ブログ 兵庫情報へ

ランキングバナー

FC2ブログランキング

みかんとにまめ、先代ぽんきちの写真あります。剪紙のページつくりました。
ホームページkasparek'sへ

« Prev|Top|Next »

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。