戯れ言といたち噺

切り紙のこと、日々の戯れ言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント参加してきました(^^)

東京での2日間のイベントに参加してきました。

150725_1.jpg

150725_2.jpg

しっかり準備したつもりやったけど、いざ搬入となるとちょいちょい忘れ物があって、ツメが甘い!と毎度の反省。
本当にいつもこういうことをやらかすんよね。。

同じく参加していた小学校からの友人や、遊びに来てくれた共通の友人とつかの間の再会を楽しみました(^^)
また、ブログで知り合った方が来て下さったり、オーダー品を直接受け取りに来て下さった方など、嬉しい出会い・再会もありました。

そして、たまたま観て興味を持って下さる方もたくさん。
こういう一日だけの様々な出会いがイベントの醍醐味かなぁ。
おかげさまで販売も予想以上でした。
一部を「桃・柿育英会」に寄付させていただきます。

これにてイベントには当分の間参加しません。
トシのせいか2年前の参加の時よりどってり疲れた2日間でしたが、色々楽しかった!

告知、その他いろいろ


ハンドメイドインジャパンフェス2015

7月25(土)、26(日)に東京で行われるハンドメイドインジャパンに参加します。
ブースなどのお知らせは→
26日には90分だけですが、ワークショップもあります。詳細は→
お越しになる予定の方はどうぞお立ち寄りください(^^)


今日自転車で信号待ちをしていたら、横に同じく自転車にのったおばあちゃんがすーっと近づいてきました。
急に「さっきねえ、」と話しかけられてビックリ!
内容は、信号のない場所で手を挙げて車道を渡るこどもがいたのよ〜という他愛のないものでしたが、アカの他人にいきなり世間話をふられる事があんまりないので驚きましたが、そーいやこっち(浜松)へ来てから何度かあったな…と思い当たるフシがいくつか。
住むにつれ、素朴で人なつっこいこちらの人の雰囲気が好きやなあと思うようになりました。

先日テレビで「他人の握ったおにぎりが食べられない人が増えている」ということを取り上げていました。
県別でアンケートを取った結果、ぜんぜん抵抗なしの一位は静岡県。
おおらかな人柄がこういう所にも出てるんやなぁと何だか嬉しくなってました(^^)
しかし私も見知らぬ人が作ったおにぎりやゴハンはちょっと苦手。


切り紙のこと。
図案に縁起のよい意味があるものが多い中国剪紙。
そのせいか、作品を買って下さる方の中には贈り物などの目的でという方が結構いらっしゃいます。

ちょっとした挨拶の事もありますし、贈る相手に何かしらの思い入れがあってという事もあります。
日々の感謝の気持ちであったり、入院中の友人に早く退院できる「帰る」ようにとカエルの切り紙を購入してくれた方もいらっしゃいました。
作品が贈り主の気持ちを乗せて誰かのところへ贈られる時は、図案の持つ意味合い以上の大切な意味が込められているので、いつも特別な感覚を覚えてしまいます。

下は先日オーダーで作らせてもらったものです。

150722_01.jpg

ご友人が大きな病気を患っており、何か少しでも元気が出るようなものをということでした。
題材にしたのは「阿福」です。

afu.jpg

阿福とは、上記写真のような福福しい丸っこい子供の人形で、今では吉祥物として人気があります。
古い伝説に由来があり、もともとは魔除けや安寧を祈るものとされていたものです。
退治した魔物を自分のペットに変えたという伝説から、懐に獅子などを模した動物を抱えるものも見られます。
この切り紙でも獅子を抱く姿にしました。
頭にかぶっているのは、同じく邪を祓うとされる虎の帽子。
四隅の角花には、桃とコウモリ、そしてその方が好きだという蝸牛をあしらっています。
蝸牛はあまり吉祥物としてなじみはありませんが、前にしか進まない姿や、ゆっくりと着実に進む様が縁起が良く忍耐強さの象徴ともされるそうです。

150722_02.jpg

もう一枚は以前にも象の作品をお買い上げいただいた方から、オーダーで再び象をということでした。
切り紙のみならず、象のモチーフが大変お好きだそうです。
子供が象に乗る「骑象」という言葉は「吉祥」に音が通じ、縁起がよいとされます。
直接お渡しなので、できれば象への思い入れを伺ってみたいものです(^^)

ありがとうございました(o^∇^o)

1506_tuanhua2.jpg

先日神戸の展示を終えました。

展示を始めるようになって5年経ちましたが、今回になってようやく人に見てもらえるくらいの作品が出来てきたかなぁと思えるようになってきました。
「自分が見たいと思うものが作りたい」と思ってやってきてますが、そこにはまだまだ…。
また心機一転、前に進みます。
物販の売り上げはお知らせしておりました通り一部を「桃・柿育英会」に寄付させていただきました。

ほとんど在廊しなかったので会う事のできた人がとても少なかったのが残念( ´△`)
わざわざ足を運んで下さった方々には本当に感謝してます。
今度は日数は少なくても在廊がたくさんできる場所を、と考えています。
自分の今住んでいる東海地方で…というのも希望なのですが、人来ないかな。
搬出後にお店を出てから、今回の展示写真を一枚も撮っていない事に気づく。がっかりや…(自分に)。

7月には東京でイベントに参加します。
この2年ほどの間、イベント参加や雑貨の制作など色々範囲を広げましたが今回でひと区切り、どちらも終了します。
今後は作品制作や勉強に時間を充てたいです(^^)  講座は継続して行います〜。



7月の土日家さんワークショップ

兵庫の珈琲屋、土日家さんでの7月のワークショップです。

150703.jpg

日時:2015年7月3日(金) 18:00~ ※要予約/所要時間約2時間程度
7月は予約制になります。
ハサミで赤い紙を切って小さな作品を作ります。
場所などの詳細はこちらからごらんください。

終った〜(ひとまず)

1506_tuanhua1.jpg

6月1日より神戸にて展示を行います。詳細は→
お近くへお越しの際はお立ち寄りください(^^)

本日展示用の作品が神戸へ旅立ちました。
3月からこっち、色々重なって忙しかっただけに無事作品ができてひとまずほっとしてます。
あとはうまく搬入できるかが難所。
切り紙を初めて6年目に突入しましたが、ようやっと人に見てもらえるものになってきたかなぁという感じです。
もちろん、これまでもその時自分ができるだけの事はしてきましたが。

先生もいないし留学の経験もない自分が作品を作ったり講座を持たせてもらうことには長いこと疑問や引け目を感じてきました。
ですが最近は「そんなんでもこういう事できます!」でいいんちゃうかな、とも考えられるようにもなってきました。
あれこれ悩む間があったらたくさん作れ、勉強しろ、で今後も前に進みます。

150526_1.jpg

150526_2.jpg

5月のGWに行われた「浜松まつり」。初子の誕生を祝うものだそうです。
空に舞うたくさんの大凧(最大は十畳ほどにもなる)には子供の名前が記されています。

150526_3.jpg

夜は屋台の引きまわしや初子の生まれた家々を回る「練り」の集団が深夜までラッパを吹き鳴らしており、大変賑やかでした。
全員が参加するものではないそうですが、地域のお祭りがある場所で育っていない私はちょっと羨ましいなぁと思って見てました(←でもきっと参加しない組)
6月も気づいたらもう目の前、ほんまに早いなぁ。。


« Prev|Top|Next »

HOME

切り紙、旅行のことなどなど
中国の切り紙をモチーフとした作品等のHP→こちら。販売はこちら。
FB

kasparek

Author:kasparek

mikan.jpg









みかんです。
2005年12月3日生まれ。マーシャルフェレット/シナモン
マヌケ&お笑い担当。
★2013年8月1日 虹の橋を渡りました

nimame.jpg









にまめです。
マーシャルフェレット/ブラックセーブル
腹黒担当。 ★2014年6月23日 虹の橋を渡りました(8さい6ヶ月と6日)


*script by KT*

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。